【旅行体験談】バリ島の魅力満載!バリ舞踊や寺院に魅せられて

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、インドネシアのバリ島に渡航したピョコさんから、お話を伺いました。

連載一覧はこちらから


今回の旅行者

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:ピョコさん

埼玉在住、会社員。20代後半からあまり海外に行かなくなったそうですが、新婚旅行をきっかけに夫婦で色んな場所に行ってみようと考えるようになったそう。

今回の旅程

こんにちは。
今回は、インドネシアのバリ島に旅行に行かれたという事で、まずは旅程から教えて頂けますか。
1日目 10:50に成田空港第一ターミナルから、ガルーダ・インドネシア航空にてバリ島までの直行便で出発。

ホテルに到着し、ヴィラの扉をあけると、非現実的で本当にロマンチックな客室が広がっており、歓喜の声をあげてしまいました。
夜は、近くのバーで軽食とお酒を。

2日目 朝食はフレッシュなジュースが2種類も付き、私はナシゴレン、主人はスクランブルエッグの食事。

この日は“BINTANGMARKET”という大きなスーパーを見つけ、商品のお手ごろさにびっくり。
夜までお土産屋さんなどでお買い物を楽しみました。
夜はマッサージでリラックス。

3日目 オプショナルツアーに参加し、ウブドへ向かいます。
名物の棚田、ゴアガジャ、宮殿、そして世界遺産のタマン・アユン寺院へ。
美術館にも寄って、夕日がきれいな海辺のレストランで夕食。
ホテルに戻り、ハネムーン特典のケーキを食べた後、マッサージ。

4日目 どうしてもバリの舞踊が見たくて、自分で調べた“KUMANGI”という舞踊を見ながら食事も楽しめるレストランに予約。

ヴィラのプールで遊んだり、ショッピングエリアで買い物後、夕方にそのレストランに行き、舞踊を満喫。
美しさや音色に酔いしれました。

5日目 マッサージを受けた後、ヴィラに付いているプールで。
クタのビーチにも向かい、ビーチを散歩。
海が見えるバーでお酒を楽しみ、近所でイタリアンを食べた後に空港へ向かい深夜便で帰路に。

6日目 8:30に成田空港に到着しました!

バリ舞踊に魅せられて

今回はインドネシアのバリ島に行かれ、様々な体験をされているようですが、印象に残ったことはありますか。
KUMANGIというレストランで見た、バリ舞踊が印象的でした。
まず、民族楽器でしょうか。
木琴の様な心地よい音楽が流れ、きらびやかな衣装に身を包んだ女性たちがしなやかな動きで舞います。
また、戦争に行く前の武士の様子を描いたダンスは、これまでのゆったりとした動きと違い、勇ましく激しい動きと音楽で、この様なダンスもあるんだ!と驚きました。
私たちが見たのは、多分レゴンダンスというものだったかと思います。
バリ舞踊ですね。
独特の雰囲気と音楽に魅了されたようですね。

本当は、舞踊はウブドの宮殿やホールで1日に2回ほど披露されている「いかにも!」なものを見たかったのですが、それは次回行ったときに見たいと思います。

でも、このレストランの舞踊も本格的で、最後にはダンサーの皆さんと写真を撮ってもらえたりもしたので、このお店ならではの貴重な体験ができたと思います。

 
いい思い出ができましたね。
他にもどこか印象的な所がありますか。
あと印象的だったのは、世界遺産の「タマン・アユン寺院」です。
広いスペースに整然と祠が建てられています。
その整然とした出で立ちは美しいです。
その祠がディズニーランドの「魅惑のチキルーム」に似ているなぁ!と感心してしまいました。

 
世界遺産にも指定されている「タマン・アユン寺院」に行かれたのですね。
歴史を感じられる雰囲気でしたか。
そうですね。
世界遺産といっても、結構手が加えられていて、古さはあまり感じられませんでした。
また、祠が建てられているスペースには立ち入ることができないので策の外から見る感じになります。
歴史好きの私たちとしてはそこがちょっと残念でしたね。

でも、寺院がある土地はとても広々としており、門も壮大で美しかったので、全体的な風景を楽しむことができました。

宿泊したホテルについて

バリ島ではどんな所に泊まられたのですか。
「ディシニ・ラグジュアリスパヴィラズ」に泊まりました。
スミニャック・オベロイ地区にあります。
通りから少し入った所にあり、喧騒から離れた場所です。

客室は入った瞬間に女性ならば「わぁぁぁ~~~!」と歓喜の声をあげてしまうでしょう。
特に夜は、照明が美しいので、本当にロマンチックです。

 

 
部屋も雰囲気が良さそうですが、具体的にはどのようなお部屋だったのですか。

katsuya

Writer:

かつて仕事の都合で東京←→京都を年100回往復していました。京都の西七条に家を借り、なんと結婚相手も京都で見つけました。「地元民ではないけど、だからこそわかる京都」の魅力をお伝えします。

この記事のカテゴリ

インドネシア
旅行体験記

関連記事を見る

インドネシアの記事を見る

インドネシアの世界遺産一覧。世界最多の島嶼をもつ国の不思議な遺産の数々
バリ島から40分!心の充電が必要なときに訪れたいリゾート「ロンボック島」
インドネシア・バリ島の「ウルワツ寺院」で感じる自然の神秘!行き方や見どころは?
【バリ島の歴史】エキゾチックな「癒やしの島」バリ島は、こうやって観光地となっていった!
ジャカルタ観光で絶対行きたい!圧倒的な建築物の数々、歴史的な絶景8選
ビーチだけじゃない!バリ島みたい神秘的な絶景10選
欧米列強に翻弄され、今日も紛争続く…インドネシアとパプアニューギニアの歴史
【旅行体験記】夕焼けを見るために並ぶバーでの思い出の時inインドネシア、バリ島
インドネシア・バリ島に行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選
インドネシア「デラワン島」の絶景ビーチに癒やされる旅
インドネシア・バリ島で見れる絶景、グルメ、体験…バリの見どころ・スポットまとめ
インドネシア「コモド島」で見たい景観ランキング