世界の絶景&日本の絶景・世界遺産が集まる旅の情報サイト | wondertrip[ワンダートリップ]

日本の原風景が色濃く残る日本の世界遺産『白川郷』

日本各地に残されている江戸や明治の集落の中でも、その優美な景観から国内外問わず多くの観光客が訪れる白川郷。ここではそんな、日本の絶景である岐阜県が誇る世界文化遺産、白川郷についてご紹介します。

 日本の原風景が色濃く残る日本の世界遺産『白川郷』

参考画像 by find-travel.jp

白川郷は岐阜県内の大野郡白川村と高山市荘川町(旧荘川村)および高山市清見町(旧清見村)の一部に相当する地域の名称です。
 日本の原風景が色濃く残る日本の世界遺産『白川郷』

参考画像 by find-travel.jp

合掌造りの集落で知られ、その独特の景観は1995年には五箇山(相倉地区、菅沼地区)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
 日本の原風景が色濃く残る日本の世界遺産『白川郷』

参考画像 by mamesoku.com

梁の上に手の平を合わせるように木材を組み合わせて建築される「合掌造り」。勾配の急な茅葺きの屋根を持つ住居です。こうした建物はほかの地方にも見られますが、白川では屋根の両端が本を開いて立てたように三角形になっているのが特徴。積雪が多く雪質が重いという自然条件を生き抜くための知恵が生んだ、この土地ならではの形状です。
 日本の原風景が色濃く残る日本の世界遺産『白川郷』

参考画像 by blog.livedoor.jp

山間部に位置し、特に冬は豪雪により周囲から孤立することから、白川郷では古くから個々の家が助け合って暮してきました。田植えや稲刈り、養蜂など様々な面で協力しあってきましたが、なかでも多くの人手を必要とする茅葺き屋根の葺き替えは、共同労働を代表するものでした。
 日本の原風景が色濃く残る日本の世界遺産『白川郷』

参考画像 by travel.shinoko.tokyo

世界遺産として登録された今でこそ、世界共有の文化財として手厚く保存されていますが、それより以前は集落に住む人々が代々力を合わせてこの景観を守ってきたのです。
 日本の原風景が色濃く残る日本の世界遺産『白川郷』

参考画像 by girlschannel.net

白川の風向きを計算して南北に面して建てられた家々は、風の抵抗を最小限にすると同時に、屋根に当たる日照量を調節してくれます。そのため夏は涼しく、冬は保温されるようになっているのです。
 日本の原風景が色濃く残る日本の世界遺産『白川郷』

参考画像 by vanbi.com

自然と共生し生き抜くための知恵と、機能性だけに寄らない日本人の美意識。白川郷は、私たちが忘れがちな何かを思い出させてくれる、日本が誇る文化遺産です。

白川郷(岐阜県)への行き方

さあ、旅へでかけよう

公共交通機関を利用した白川郷へのアクセスは、名古屋、金沢等の電車駅からのバス利用となります。名古屋駅からは岐阜バスで約3時間、高山駅からは濃飛バスで約1時間、高岡駅からは加越能バスで約2時間半、金沢駅からは濃飛バスで約1時間15分の道のりです。
車の場合は東海北陸自動車道白川郷インターチェンジを降り156号線に入るとすぐです。

関連記事