できれば加入したくない!?世界一周でかかる海外保険の費用を抑える方法

世界一周中には様々なリスクがあります。怪我や病気、物を壊してしまった場合に、海外保険に加入していないと数百万から数千万の請求を受ける場合も考えられます。そうならないために必ず、海外旅行保険に加入する必要があると思います。世界一周経験者ライターがお届けします。

海外旅行保険は高い

とは言っても海外旅行保険は安いものではありません。
安い保険を選んでも月に1万円程の出費になりますし、夫婦二人の場合は月に2万円も出費することになります。
半年間夫婦二人で世界一周するとなると、2×6=12万円の出費になってしまいます。

12万円もあれば物価の安い国では一ヶ月暮らすことができますし、できれば保険料を支払わずに抑えたいというのが本音だと思います。
海外旅行保険には加入しなくてはならないが、できるだけ加入したくないと感じている際に役立つ海外保険を抑える方法をご紹介したいと思います。

海外保険会社の保険に加入する

前述したように、日本の保険会社を利用する場合、通常は月に1万円程度は費用がかかってしまいます。
もちろんどちらの会社もプランによって値段に相違はありますが、月1万円以下の保険を見つけることは難しいと思います。
そこで渡航国の保険会社を利用する方法をとります。
海外の保険会社を利用することによって保険料を抑えることができる場合が多いです。

申し込みは英語になり、アフターフォローなどは日本の保険会社と比べると、良いとは言えませんが費用のみで考えるとお得です。
加入する際には、約款や規約をよく確認してから申し込む必要があるので、英語が苦手な場合は友人や知人に手伝ってもらうと安心だと思います。

クレジットカードの付帯保険を利用する

クレジットカードの付帯保険を利用する

image by iStockphoto

クレジットカードには海外旅行保険が付いているカードも多いんです。
カードによっては、旅行中にそのカードを使用して支払う必要がある場合や、渡航費を支払う必要があることがあります。
年会費がかかるステータスの高いクレジットカードの方が、もちろん保証内容は良いのですが、無料のカードでも十分フォローできます。

しかも、クレジットカードを2枚以上所持している場合、各クレジットカードで保証してくれるので、保証内容を手厚くすることができます。

クレジットカードの付帯保険を利用する2

しかし、最初に海外に入国してから90日以内というカードがほとんどなので、長期旅行の際は入国から90日後に保険に加入するように手続きしておくと、保険料を割安にすることができます。
日本を拠点とする場合は一度帰国の予定がある場合には、一回日本に帰国することによって、再度90日間の保険対象期間が復活するので、保険料をお得にすることができます。

日本に90日間以内に帰国する予定がない場合は、航空券の方が高くなってしまうことになる可能性が高いので、実用的ではなく注意が必要です。

賢く海外保険を活用しよう

海外旅行保険は国やタイミングによっては、入国の際に提出する必要がある場合もありますし、身分証明として利用できる場合もあります。
あくまで任意加入なのですが、世界一周中は体調を崩しやすくなっているので必ず加入して出発しましょう!
photo by iStock

Tetsu

Writer:

これまでに世界一周を経験し、多くの国や地域へ訪れました。国家資格である「総合旅行業務取扱管理者」の資格も取得しているため、旅行者目線とプロ目線、様々な視点から記事を作成することを心がけています!

この記事のカテゴリ

アイディア

関連記事を見る

アイディアの記事を見る

吉川広家の歴史。「主のために主を欺く!」関ヶ原の戦いのもう一人の重要人物
太田道灌って何をした人?文武両道・江戸城を築いた名将の生涯とは
女性関係の事件にびっくりの奇行。わずか2年の天皇「花山天皇」の生涯とは?
母も妻も師も殺めた、ローマ史を代表する暴君ネロ
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
広島の子連れで遊べる公園、施設20選
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
【期間限定】あのナポレオンパイも!キハチカフェの新作春色スイーツ
絶賛限定オープン中!渋谷で楽しむ『ハイボール横丁』の限定セット
ローストビーフが様々な姿で三越に登場!五感で楽しむ“自遊庵”
タイ観光なら次はここ!「パタヤ」を味わい尽くす人気スポット10選
藤江氏魚楽園、深耶馬溪…九州旅行で見る紅葉スポットならここ!福岡&大分編