美しい花火の思い出と共に!山形「紬~心 染む、しあわせ花火~」周辺の厳選スポット6選

豊かな自然や歴史あふれる国宝を数多くたたえる山形県・鶴岡。夏も楽しめる魅力的なスポットがさまざまあります。今回はそんな鶴岡で開催される、「紬~心 染む、しあわせ花火~」と併せて訪れみたい、周辺の厳選スポットを6選紹介します。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

全国屈指の美しさ・紬~心 染む、しあわせ花火~

「紬~心 染む、しあわせ花火~」は、鶴岡市で開催される花火大会で、花火師が自慢の技術と腕を競い合う、全国デザイン花火競技会です。
打ち上げ数は約1万2000発、人出は約35万人。
「日本の花火100選」ではベスト10に入るなど、その知名度と美しさは全国で屈指のレベル。
最大打揚げ幅700mの圧巻の花火が、鶴岡の夜空を彩ります。
升席では、まるで花火が自分の頭上に上がっているかのような臨場感を体感できますよ。

赤川花火大会の住所・アクセスや営業時間など

名称赤川花火大会
住所山形県鶴岡市
営業時間・開場時間現地時間19:15-21:00
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://akagawahanabi.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

赤川花火大会のスポットページ

伝説が息づく場所でゆったりと・由良温泉

「日本の水浴場88選」や「日本の渚100選」にも選ばれた、八乙女伝説と素晴らしい景観が息づく、由良海岸そばに位置しています。
数多くのホテルや旅館が建ち並び、露天風呂からは日本海に沈む美しい夕陽が一望。
朱塗りの橋が目印の白山島も絶景ですね。
また日本海に近い立地を生かして、新鮮な魚介類を使った料理も自慢。
目で肌で舌で楽しめるスポットですよ。

由良温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称由良温泉
住所山形県鶴岡市由良
営業時間・開場時間施設による
利用料金や入場料施設による
参考サイトhttp://www.tsuruokakanko.com/tsuruoka/spa/yura.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

由良温泉のスポットページ

クラゲたちに癒される・加茂水族館

山形県内で唯一の水族館である「加茂水族館」は、地元の子どもたちだけでなく東北各地からも多くの観光客が訪れます。
中でも目玉はクラゲの展示。
50種類以上という豊富な展示は世界一を誇り、カラフルで表情豊かなクラゲが漂う様子を見ていると、心がほっこりリラックスできそうです。
他にもアシカショーやウミネコのエサやりなどイベントも満載で、クラゲラーメンやクラゲアイスといったフードも人気です。

加茂水族館の住所・アクセスや営業時間など

名称加茂水族館
住所山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
営業時間・開場時間9:00-17:00 (夏休み期間:9:00~17:30)
利用料金や入場料一般(高校生以上)1000円 小・中学生500円 幼児(未就学児)無料
参考サイトhttp://kamo-kurage.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

加茂水族館のスポットページ

地元の美味しい味が集まる・道の駅「あつみ」しゃりん

温海地域の大工たちによる、匠の技で建てられた茶色の建物は、海に浮かぶ舟をモチーフにしたもの。
日本海を一望できる風景にぴったり合っています。
温海の特産品を販売しているほか、旬の農産物や加工品も所狭しと並びます。
新鮮な魚介類を味わえるレストランも人気。
海に出られる遊歩道も整備されているので、磯遊びや散歩も楽しめますよ。

道の駅「あつみ」しゃりんの住所・アクセスや営業時間など

名称道の駅「あつみ」しゃりん
住所山形県鶴岡市早田字戸ノ浦606
営業時間・開場時間8:00-18:00(5月-8月) 8:30-17:30(9月-4月)
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.tsuruokakanko.com/cate/p0201.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

道の駅「あつみ」しゃりんのスポットページ

ここでしか見られない・鶴岡の天神祭

鶴岡の天神祭は、またの名を「化けものまつり」と言います。
老若男女みんなが派手な長襦袢と角帯を締め、手ぬぐいや編み笠で顔を隠して尻をからげます。
手に徳利と杯を持って無言で酒を振る舞っていく様子も滑稽で、「化けものまつり」という呼び方も頷ける雰囲気です。
化けもの姿で3年間人知れずお参りできると願いが叶うのだとか。
天狗舞の奉納や手踊りのパレード、お祭り広場の催しなど、賑やかな祭りをぜひ楽しんでみましょう。

LoveKobeGirl

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

国内
山形県
東北
絶景
自然

国内の記事を見る

地元民が伝授!万座温泉の観光完璧ガイド
滋賀の秘境神社「西明寺」で精神統一
ライトアップされた桜が幻想的!桜の絶景スポット「国宝松本城桜並木 光の回廊」
【北海道の絶景】室蘭工場群の夜景はSFの世界!寄り道を楽しみ夜を待つ一日
2017年さくらレポート!1年間に1週間だけの公開の桜名所・大阪造幣局の”桜の通り抜け”に行ってきました!
三重のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選
地元民が伝授!水上温泉の観光完璧ガイド
京都観光の常連が伝授!京都観光の理想的な1泊2日のモデルコース3プラン
「真田丸」人気はまだまだ健在!千本の桜がかつての名城を飾る「上田城千本桜まつり2017」レポート
山全体が桜色に!“世界遺産”にして“日本一の桜の名所“「吉野山」に行ってきました!
植物世界一周の「咲くやこの花館」は必見!高山・熱帯・砂漠地帯…世界中の植物が見られる貴重なスポット!
愛知県観光なら「東山動植物園」は必見!行き方や予算、営業時間は?

関連記事を見る