別府ロープウェイで360℃のパノラマビューの絶景を楽しもう

別府の街並みや海、そして四季折々の花が織りなす景色を空中から一望できる別府ロープウェイ。絶景を楽しんだ後は鶴見岳の山頂でハイキングが楽しめる遊歩道があったり、祀られている神様の石像を巡ったりと見どころも盛りだくさんです。そんな別府ロープウェイの魅力をたっぷりご紹介します。

標高1,375mから眺める九州屈指の絶景スポット

別府ロープウェイは大分県別府市の観光スポット。阿蘇くじゅう国立公園にそびえ立つ、標高1375mある鶴見岳を山頂までロープウェイで登れます。山頂から一望できる別府市の街、別府湾、由布湾、くじゅう連山のパノラマビューはまさに絶景。四季折々で表情が変わるその景色を見ようと地元民だけでなく日本各地、そして海外からも一年を通して多くの観光客が訪れます。

101人乗りの大型ゴンドラは西日本最大級

この別府ロープウェイでは101人もの人が乗車できる大型ゴンドラに乗って空中散歩が楽しめます。こちらの写真に写っているのは「つるみ号」。15~20分おきに運行するので、そこまで待つ心配はありません。

ロープウェイの出発は別府高原駅から

ロープウェイは標高500mの場所にある別府高原駅から乗車し、終点の鶴見山上駅までの所要時間は10分ほど。運行時間は夏季と冬季で違うので、必ず行く前に公式ウェブサイトで確認するのがおすすめ。

四季折々の景色が楽しめる10分間の空中散歩

ロープウェイから見える景色は季節ごとに変化します。四季で移り変わる上空からの景色を見ていきましょう。

春は満開の桜

春の鶴見岳は桜の名所になり、地元民にも人気のあるお花見スポット。見頃の4月上旬~中旬には多くの人がロープェイの中や山頂から見れる約2000本のソメイヨシノ、ヤマザクラ、マメザクラ等の桜を見に訪れます。普通のお花見では桜を見上げての鑑賞ですが、満開の桜を上空から見下ろす機会はなかなかないのでは。運が良ければそんな貴重な体験ができるかもしれません。

夏は新緑とミヤマキリシマのコントラストが絶景

View this post on Instagram

. 🌸満開のミヤマキリシマに覆われた鶴見岳山頂から由布岳を望む 🌐大分県別府市 . なんかオカシイと思ったらソフトフィルターつけっぱなしだよ😭 . 失敗以前に人物でも入れて対比の構図でも作らないと景色の雄大さが表現できない。構図はホント難しい。若い人らの柔軟性を羨ましく思う。 . 近くで自分と同じように一眼で撮影していたオジサン(60代🤔)二人組の会話が聞こえてきた。 . 「逆光だからHDRしようと思うんだけど、CanonのHDRは全然ダメなんだよ。Nikonはしっかりしてていいなあ。」 . 聞いてて思った。 「この人たちカメラ内のHDRについて言ってるんだろうなあ。カメラ内HDRなんて、ちっぽけなエンジンとそれほど煮詰められてないアルゴリズムでは処理に限界があるし、最初から期待すべきものでもないのに…ユーザーの利便性を考えて中途半端な機能つけると、販促上逆効果なこともあるんだな。」 . 小さい頃、技術者志望だった私は、マシンに対していつも厳しい目を向けてるけど、使い方も知らずに自分の技術不足をマシンのせいにして、メーカーを貶すことはほとんどない。 . 私はゴルフをやらない。大学時代は運動量の大きいスポーツをやっていたので、ゴルフの運動量では物足りないというのもあるけど、やらない一番の理由は、腹の突き出たオヤジがいかにも可動域の狭そうなスイングを晒しておきながら、ゴルフクラブの良し悪しについて語ってるのがとても残念な感じに映るからで、自分はあの対極にいたいなと思いながらジムに通う毎日なのです。 . . . #jp_gallery_member
#special_spot_legend
#team_jp_
#loves_nippon
#bestjapanpics
#picture_to_keep
#tokyocameraclub
#whim_life
#kf_gallery_vip #lovers_nippon
#art_of_japan
#daily_photo_jpn
#bestphoto_japan
#japan_vacations
#photo_jpn #instagramjapan
#japan_of_insta
#icu_japan
#wu_japan #ig_phos
#bd_pro
#living_destinations
#BestDiscovery
#jalan_travel
#retrip_nippon
#photo_shorttrip
#japantravelphoto
#japan_daytime_view
#鶴見岳#ミヤマキリシマ

A post shared by アストレーラー (@astrailor_jp) on

夏にはさわやかな新緑が広がり、天気の良い日は空や海の青と山々の緑のコントラストが美しい景色が楽しめます。さらにこの時期しか見られないのが見ごろを迎えるミヤマキリシマ。ロープウェイの終点駅の周辺には約5000本のミヤマキリシマが植えられています。ゴールデンウィークから6月中旬には花が満開になり見頃を迎え、初夏の鶴見岳の風景を作ります。ピンクの濃淡に草木の様々な色合いが織り成す見応えたっぷりの景色は必見。

ゴールデンウィークや7~10月の土日(毎週ではない)には期間限定でのナイター営業を行っています。その時にしか味わえない、夕暮れ時の空の色の変化や別府市の夜景を堪能してみてはいかがでしょうか。

秋は色鮮やかな紅葉

秋の鶴見岳ではヤマザクラ、カエデなどの樹木が紅葉して山を色鮮やかに染め上げます。山頂付近では南平台、由布岳、鞍など近隣の山々の紅葉も同時に鑑賞することもできます。ロープウェイでの空中紅葉狩りが楽しめるのは10月下旬から11月中旬だけなのでお見逃しなく。

冬は一面の銀世界

冬には雪が積もって一面の銀世界へガラリと変化します。別府市街は滅多に雪が積もらないので、街中との景色の変わりようにびっくりする人も。その分、山頂周辺は別府市街より10℃ほど気温が低いのでしっかりと防寒対策をしていきましょう。運が良ければ九州では滅多に見ることができない霧氷を見ることができます!

山頂では散策や景色を楽しもう!

ロープウェイからの景色を堪能した後、遊歩道を散策したり祀られた社や鶴見岳七福神の石像を巡ったりと思い思いの過ごし方ができる山頂付近の見どころをご紹介します。

鶴見山上駅に到着

約10分の空中散歩を終えたら、標高約1300mに位置する鶴見山上駅に到着します。山上駅周辺には展望所、ジャンボ温度計、山上遊歩道などの散策スポットが盛りだくさん。その散策スポットの一つである赤い鳥居の鶴見山上権現一ノ宮は家内安全のご利益があるのだとか。

山上駅周辺を散策

鳥居の他にも山上遊歩道沿いの各地に様々な神様の石像が祀られているのでそれらを巡る「七福めぐり」をしてみてはいかがでしょう。それぞれの神様に商売繁盛、開運、良縁などお祈りすると、運気が良くなるかもしれません!

山上遊歩道から鶴見山頂へ

山上遊歩道は大人の足で歩いて約15分ほどで山頂へ到着します。傾斜があり足場が少し悪いので、挑戦する場合はスニーカ-を履いていくのがおすすめ。この写真の標識が山頂の目印です。標高もしっかり書いてあるので、記念写真を撮る絶好の撮影スポットです。

市街や別府湾の眺めを360℃のパノラマビューで独り占め

山頂での何よりの見どころは別府市や別府湾を一望できるパノラマビュー。由布岳や久住連山に加え、天気が良い日には四国の佐田岬半島が見えることも。街の風景に海と山脈のコントラストが壮大な景色は一度は見に訪れたい絶景です。

別府ロープウェイへのアクセス

車での行き方

車でアクセスする場合は、大分自動車道 別府ICから県道11号線を湯布院方面へ約5分です。

電車での行き方

公共交通機関を使ってアクセスする場合は電車で別府駅まで行き、西口3のりばから行先番号34、36、37のバスにのって約20分。別府駅構内にはお土産物が色々と揃っているのでお買い物がしたい方には便利です。

駅周辺には駅前高等温泉や竹瓦温泉など、気軽に行ける立ち寄り湯がたくさんあります。入浴料はどの温泉もだいたい100円でとてもリーズナブル。ロープウェイで存分に楽しんだあとは、帰りに駅周辺の温泉に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

住所|〒874-0000 大分県別府市大字南立石字寒原10-7
営業時間|夏季(3/15~11/14)9:00am~17:30pm、冬季(11/15~3/14)9:00am~17:00pm
定休日|なし
電話|0977-22-2278
公式サイトはこちら