箱根駅伝ミュージアムで歴史と名シーンを振り返る

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

行けば箱根駅伝ファンになること間違い無し!

今や日本のお正月を代表する人気スポーツイベントとなった箱根駅伝。その魅力と大会の歴史を伝えるのが箱根芦ノ湖畔にある「箱根駅伝ミュージアム」です。
箱根駅伝ファンにとってもそうでない方も楽しめるミュージアムの中身を詳細にお伝えします。

箱根駅伝の名シーンが生まれてきた場所のすぐ近くにある

神奈川県箱根町の芦ノ湖にある箱根駅伝ミュージアム

箱根駅伝ミュージアムは神奈川県箱根町の芦ノ湖の湖畔にあります。オープンは2005年で、箱根駅伝の歴史をデータゾーンやヒストリーゾーンなどテーマごとに区切り展示されています。

ゴール・スタート地点のすぐ隣にミュージアムはある

箱根駅伝の往路のゴールと復路のスタートである地点にはそれを示す石碑が建てられています。箱根駅伝ミュージアムはこの石碑のすぐ隣。

正面には芦ノ湖を臨み、晴天の日には富士山も臨めるといった美しい景観です。普段は静かですが、お正月の駅伝当日はたくさんの人でにぎわいます。

箱根駅伝はいつも感動を生み出している

国民的スポーツイベントとして毎年名シーンを生む

箱根駅伝はその正式名称を「東京箱根間往復大学駅伝競走」といい、毎年1月23日に行われる関東の大学による駅伝大会です。

東京・大手町からはじまり、箱根・芦ノ湖まで往路107.5 km、復路で109.6 km、計217.1 kmを20校の出場校で競います。

2019年で95回目を迎え、数々の名シーンや感動を生み出していることから箱根駅伝は今や日本を代表する人気スポーツイベントになりました。

箱根駅伝は長き歴史もつないでいる

箱根駅伝は1920年に第一回が開催され、今日まで長い歴史を持っています。この間にたくさんの名シーンが生み出されました。それらは今でも選手の間だけではなく世間的にも数多く語り継がれています。

選手がタスキをつなぐだけではなく、名シーンの感動とともに歴史をつないでいるのも、この大会の大きな魅力であり特徴です。

ミュージアムで箱根駅伝の歴史と名シーンの裏側を知る

入口は箱根駅伝のスタート・ゴールを感じさせる

箱根駅伝ミュージアムの入り口はゲート風になっています。この入り口が芦ノ湖畔にある箱根駅伝往路ゴールと復路スタートのゲートを思わせるとともに、各大学ののぼりが立てられているため、駅伝の臨場感を感じることができます。

ヒストリーゾーンで歴史を学ぶ

館内にあるヒストリーゾーンでは、箱根駅伝第一回大会から今日まで語り継がれる栄光の歴史を展示してあります。

過去のレース風景を記録した貴重な写真や、最新の大会結果をスペシャルダイジェストで紹介してあり、感動の記憶を辿ることができます。

各大学のユニフォームに大興奮

ユニフォーム展示スペースではシード権争いを制し、次回大会のシード権を獲得した大学のユニフォームとタスキが展示。

テレビ中継などで何度も目にした強豪チームのカラフルなユニフォームやタスキを実際に見ると、次の大会への期待と興奮が高まります。

エピーソードゾーンで箱根駅伝の舞台裏を知る

エピーソードゾーンでは、スポットを当てた展示や真剣勝負の裏側を紹介しています。箱根駅伝の長い歴史の中での有名なシーンの裏話や真相を知ることができ、駅伝好きにはたまらないゾーンです。

また、地元箱根の「箱根寄木細工の往路優勝杯」の制作の裏側なども紹介してあり、箱根駅伝の新たな側面を知ることができます。

ミュージアム内にはカフェもある

EKIDEN CAFE「20 SPIRITS」でちょっと一息

EKIDEN CAFE「20 SPIRITS」はミュージアムの中にあるオシャレで明るいカフェです。無料ゾーンにあるので、ちょっと休憩したい時にオススメのスペースです。

軽食、スイーツ、ソフトクリームなど販売しており、ドリンク類はすべて値段もお手頃。店名である「20 SPIRITS」の由来は、箱根駅伝に出場できるチームの数を表しています。

ゴール・ポイントはふわふわワッフルに濃厚アイス

EKIDEN CAFE「20 SPIRITS」のオススメのスイーツは、あたたかいワッフルにソフトクリームを添えた「ゴール・ポイント」です。

ソースは チョコレート、ストロベリー、メープルの3種類から選べます。「ゴール・ポイント」というネーミングはこのミュージアムが往路ゴール・復路スタート地点に近接していることからつけられました。

ファンは必携!箱根駅伝グッズ

応援マフラータオルは大学駅伝観戦時にもおすすめ

ミュージアムショップで販売しているマフラータオルは箱根駅伝出場校のタスキをイメージして作られています。マフラータオルの種類は、直近の大会で出場する20校分。

大学駅伝観戦のときにこのマフラーをつけて応援するのもまたいっそう気分が盛り上がりそうですね。

あしあとまんじゅうはミュージアム限定のお土産

View this post on Instagram

箱根駅伝あしあとまんじゅう✨✨ にゃんこスターじゃありませんよ🤣 ……………………………………………………… 《整顔整体研究所》顎関節症首肩腰改善 《宇宙治療》ボディメンテ国家資格者サロン 東京都港区南麻布4の5の48フォーサイト4階 《施術のご予約は》 https://www.facebook.com/ciaomassage …………………………………………………………… #港区 #広尾 #南麻布 #白い巨塔研修医 #国家資格 #マッサージ #医療ドラマ #技術指導 #弱い力 #小顔 #開運 #バランス #整顔 #箱根神社 #箱根っていいよね #芦ノ湖 #箱根駅伝 #レース #駅伝 #おみあげ #山の神 #インスタ映え #糖質制限 #ファスティング #パワースポット #猫

A post shared by Atsushi Kamimur🇯🇵 (@ciaomassage) on

あしあとまんじゅうは箱根駅伝ミュージアムだけに売られているお土産です。香ばしい生地の中に小豆のこし餡がギュッと詰まった一口饅頭で、生地に足の形がプリントされています。

あしあとまんじゅうのネーミングは往路のゴール地点で、いくつもの感動とともに選手のあしあとも残していることからつけられました。見た目とても可愛らしい饅頭で駅伝ファンでなくてもお土産として喜ばれそうです。

箱根駅伝ミュージアムへのアクセス

車でのアクセス

東名自動車道厚木IC → 小田原厚木道路 → 箱根新道 → 県道75号線 (所要時間約55分)

東名自動車道御殿場IC → 国道138号線 → 県道75号線 (所要時間約55分)

東名自動車道沼津IC → 伊豆縦貫道 → 国道1号線 (所要時間約30分)

電車・バスでのアクセス

・箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バス(箱根町港行き)に乗り約35分で箱根町港バス停下車

・小田原駅から箱根登山バス(箱根町港行き)に乗り約50分で箱根町港バス停下車

住所|神奈川県足柄下郡箱根町箱根167
営業時間|平日 10:00~16:30 土日祝 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日|無休
電話|0460-83-7511
公式サイトはこちら

まとめ

毎年、感動を呼ぶ箱根駅伝。長い歴史を詳細に記録したこちらのミュージアムでは、知らなかった情報や当時応援していた記憶に出会えます。箱根旅行をする際は、一度立ち寄られてみてください。