釜石大観音は海の女神が見守る恋愛成就のパワースポット

この記事の情報提供者

岩手在住トラベルパートナー

岩手県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

しあわぜなりでげれば来でみろぉ~

岩手県釜石市にある釜石大観音は、48.5メートルの高さを誇り、太平洋に向かって立つ観音様。恋愛成就を願う人や、プロポーズに最適なロマンティックな場所とされていることから、多くの人が訪れます。インスタ映えスポットとしても有名です。周辺には、三陸産の海の幸を贅沢に使った食事を楽しめるところや、おしゃれなカフェなどもあり、充実した一日を過ごすことができます。

大海原の目の前に立つ観音様

釜石大観音とは岩手県釜石市にある太平洋に向かって立つ観音様のこと。白亜の像の観音様と海の青いコントラストはインスタ映えとしても有名で、朝日とともに見るとより神秘的な魅力を感じます。

魚の大漁を願う海の観音様

遠くからでも目立つ大きな魚籃観音像である釜石大観音は岩手県釜石市にあります。魚籃(ぎょらん)とは、漁業につかうかご、魚を入れるかごの別称です。そこから大漁をもたらす観音様だとか。観音様は、車で国道45号線を走っていると大きいのですぐわかります。

観音様は今日も海を見守り続けている

写真からも分かるように、海の観音様であることから海に向かって立っています。白亜の像と海の青いコントラストは絶景。朝は太陽が海面と観音様を照らして神秘的に輝いて見え、言いようのないパワーを感じます。

展望台から三陸の海を眺める

観音様は48.5メートルの高さを誇り、展望台からは三陸の海をとっても綺麗に眺めます。展望台へ向かう道中にはワクワクさせられるスポットがあるので、そちらにも要注目です。

展望台からは三陸の海の絶景が眺められる

観音様の高さは48.5メートル。右前腕から魚の部分を経て左肘にかけては展望台です。さらに目の前には太平洋が広がり、三陸のリアス式海岸を望めます。

展望台への途中には七福神が

展望台へは、らせん階段を登っていきます。登る途中、下の階から順に弁財天、恵比須、大黒天、福禄寿、毘沙門天、寿老人、布袋の七福神が配置されているので、縁起がいいですよね。七福神を巡る楽しみと、時折外が見える際のワクワク感を味わいながら、展望台へと進みましょう。

恋愛成就の願いを込めて…

釜石大観音は大漁をもたらす観音様として知られている以外に恋愛成就のパワースポットとしても有名です。

恋愛成就のパワースポットとしても有名

恋人の聖地プロジェクトにより、プロポーズにふさわしいロマンチックなスポットとして認定されています。パワースポットとしても知られており、観音像の膝元にはモニュメントと願いの鐘があることから、恋愛成就のために訪れる人が後を絶ちません。

写真撮影にもおすすめのスポット

モニュメントは2メートル70センチの大きなハート型。港町釜石らしく、かもめをあしらった姿がかわいらしく、恋愛成就の願いが叶いそうです。個人の撮影だけでなく、ウェディングフォトの撮影での使用も可能。結婚式の会場、その他イベント会場としても利用も許可されています。

会場に使いたいという場合は、問い合わせてください。台座にはブライダルデザイナーの桂由美さんの名前が刻まれています。

釜石大観音
住所|岩手県釜石市平田3-9-1
営業時間|9:00~17:00
休業日|12月29日~31日
入場料|有料
電話|0193-24-2125
公式サイトはこちら

海を眺めパワーをもらったらデザートとお土産

海と観音様からパワーをいただいたあとは一息つきに行きましょう。新鮮な三陸の魚介を味わうことのできるお店や、おしゃれなカフェで美味しいスイーツをいただけるお店などお店も充実しています。

三陸の魚介類を使った、鮮度とボリューム感抜群のお店

釜石大観音からは車で10分程度にある丸藤は、三陸産の魚介を扱う食事処です。生うに丼に使われているうには、三陸特産のものをふんだんに乗せています。このほか、生うにといくらがのったリアス丼もおすすめです。

丸藤
住所|岩手県釜石市大渡町2-1-7
営業時間|11:00~14:00 17:00~21:00
定休日|日曜日(ただし日月と連休の週は月曜日)
電話|0193-22-2035

港町のカフェもおすすめ

先ほどのお店と同じく釜石大観音からは車で10分程度にある小島かふぇ。釜石市内にある創業70年の菓子製造会社の島製菓が経営しています。イマドキのおしゃれなカフェなので、恋人同士や女子グループでも満足できること間違いなしです。

ランチは和風と洋風の4種のメニューを取り扱っています。デザートはお菓子やさんであることから絶品。種類も豊富で、ケーキやパフェ、和スイーツありと盛りだくさんです。レジ近くでは小島製菓のお菓子も販売しているので、お土産にもいいでしょう。

小島かふぇ
住所|岩手県釜石市大町1-2-10タウンポート大町2階
営業時間|11:00~18:00(ラストオーダー:17:30)
定休日|火曜日
電話|0193-27-8885

まさしく海の宝石箱 中村家の三陸海宝漬をお土産に

めかぶの醤油漬に独自の技法だまし煮で柔らかく煮上げた三陸産あわび、極上の銀毛鮭のいくらをトッピングした贅沢過ぎる一品です。テレビ番組でも取り上げられ話題になったことも。釜石市で製造されています。海の素材を十分に使い、見栄え・味ともに優れた一品。釜石大観音からは車で10分程度で着きます。

中村家
住所|岩手県釜石市鈴子町5番7号
営業時間|9:00~18:00
定休日|日曜日
電話|0120-56-7070
公式サイトはこちら

釜石は鉄の街としても知られている

釜石には釜石大観音があるだけではありません。元々鉄鋼業が盛んなまちで、世界遺産に登録された橋野高炉跡もあります。釜石の歴史に触れてみませんか。

鉄の歴史館で釜石の鉄との歴史を知る

釜石と言えば、昔から鉄鋼業が盛んなまちという歴史があります。釜石大観音から車で約5分のところに鉄の歴史館があり、釜石の鉄づくりの歴史を模型や資料によりわかりやすく展示しているのです。

鉄の歴史館
住所|岩手県釜石市大平町3丁目12番7号
営業時間|9時から17時(入館は16時まで)
休館日|12月29日から1月3日 毎週火曜日定休
電話|0193-24-2211
公式サイトはこちら

世界遺産 橋野高炉跡で鉄鋼業の礎を見る

橋野高炉跡は、近代製鉄の父・大島高任の指導によって築造された洋式高炉です。初めて鉄鉱石から鉄を精錬したことでも知られています。また洋式高炉によって量産が可能になったことで、日本の近代製鉄業の発展の元となりました。高炉跡のほか日払い所、水車場跡、長屋跡なども残っており、当時の製鉄の様子が伺い知れるのです。

橋野高炉跡
住所|岩手県釜石市橋野町第2地割15
営業時間|随時見学可(ただし降雪時は見学困難)
電話|0193-22-8846(釜石市総務企画部世界遺産室)

釜石はラグビーが熱く盛り上がっている

2019年に行われるラグビーワールドカップの開催地のひとつがここ釜石です。ラグビーブームが巻き起こる釜石で地元住民の方と一緒に試合観戦をしに行きませんか。

釜石は2019年ラグビーワールドカップの開催地のひとつ

釜石は日本で開催される2019年ラグビーワールドカップ開催場所のひとつです。2018年には釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムがオープンしました。地域ぐるみでラグビーを盛り上げていることが分かります。

地元のラグビーチームを応援

ラグビー・トップリーグ2部に属している釜石シーウェイブスは釜石をホームタウンとしたチームです。昔は日本選手権史上初の7連覇を遂げた新日鉄釜石というラグビーチームがあり、その後継チームにあたります。再び釜石にラグビーブームが到来していて、スタジアムでは地元住民が試合を応援する姿が多く見られます。

釜石鵜住居復興スタジアム
住所|岩手県釜石市鵜住居第18地割5-1
釜石鵜住居復興スタジアム公式サイトはこちら
釜石シーウェイブス公式サイトはこちら

釜石へのアクセス

車でのアクセス

東北自動車道からは遠野インターチェンジをおりて国道283号線を経由し、約55分。三陸自動車道からは釜石南インターチェンジをおりて約15分。秋から冬にかけては紅葉ドライブが楽しめます。駐車場は無料と有料があり、無料の駐車場に停めると階段を使ってかなり登らなくてはならず、有料の駐車場に停める方が無難でしょう。

電車でのアクセス

まず電車で向かう場合は、東北新幹線を利用すると便利です。東北新幹線新花巻駅から釜石線で約95分、釜石駅で下車してください。東北新幹線一関駅から大船渡線(BRT箇所もあり)と三陸鉄道南リアス線を経由して釜石駅で下車します所要時間は約3時間20分です。

まとめ

釜石大観音は想像したより大きな観音様です。国道を走っていると見えますが、実際に訪れてみると展望台もあり、眺望を楽しむこともできます。また、周辺には海の幸を使ったおいしい食事ができるお店もあるので、旅の途中に立ち寄ってみてもよさそうです。