松本市美術館は野外も草間ワールド!緑やせせらぎに包まれた癒しスポット

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

みやましい美術館は伝統と近代が織りなす素敵な空間!お上がりなして

世界的な前衛芸術家である草間彌生など、さまざまな芸術家の作品に触れられる松本市美術館。周辺には、松本城や、深志神社など観光スポットも点在しています。草間彌生ファンやアート好きな方はもちろんですが、お城や神社などの日本の伝統的な建物やパワースポットを訪れたい方にもおすすめなエリアです。それでは松本市美術館の魅力をご紹介していきましょう。

駅前大通りからお目見え!インパクト大の幻の華

松本市美術館

この松本市美術館は、2002年4月に開館しました。まだ比較的新しい美術館で、鑑賞の場、表現の場、学習の場、交流の場を4つの柱に、地域に根ざす総合美術館を目指しています。

美術館の展示内容は常設展と企画展に大きく分かれています。
常設展は、松本市出身で、ルイヴィトンとコラボレーションしたことでもニュースになった草間彌生をはじめ、松本市ゆかりの書家上條信山、洋画家田村一男の作品を展示。

企画展は年に4回変わり、いろいろな展示がありますので、訪れる前に美術館のホームページなどで確認するのがおすすめ。

野外彫刻 幻の華

館内は有料ですが、野外は無料なので、だれでも気軽に入ることができます。野外エントランスで出迎えてくれるのは、草間彌生の幻の華。

ドットペインティングでとてもインパクトがある作品です。ドット柄は、草間彌生を象徴するモチーフのひとつ。この美術館でもたくさんの作品に使われています。

自動販売機やベンチまで!至るところがアートな空間

ガラス壁面 松本から未来へ

こちらは、草間彌生の大作「松本から未来へ」。高さ14m、幅46mのガラス壁面に描かれたドット柄や蝶が目を引く作品です。美術館の外壁を利用しているので、空や外の景色と相まって、スケールの大きな作品となっています。

大いなる巨大な南瓜

中庭の市民創造ひろばには「大いなる巨大な南瓜」が展示されています。かぼちゃのドット柄は草間彌生の個性が凝縮されたデザインです。

草間彌生デザインの自動販売機

美術館前の広場近くには、草間彌生デザインの自動販売機やゴミ箱が設置されています。ビビッドな赤や白のドット柄が印象的です。

野外には、雑誌にも登場する草間彌生デザインのオブジェやベンチもあり、野外展示だけでもじゅうぶんに見ごたえがあります。すべて無料なので、気軽に撮影できるのも魅力的です。あなただけのフォトジェニックな1枚を撮ってみてはいかがでしょうか。

常設展と企画展が楽しめる美術館の館内

考えるカボチャ

こちらは、エントランスホールに飾られている草間彌生のオブジェ「考えるカボチャ」。カボチャにドット柄という草間彌生の象徴的なデザインの作品ですが、中庭の市民創造ひろばにある「大いなる巨大な南瓜」のオブジェとはまた全然違った印象の作品です。

館内は光と影が大きなデザインモチーフとなっていて、エントランスロビーから大ホールにかけて象徴的にデザインされています。

1階にはミュージアムショップや市民アトリエ等があり、2階には企画展示室、3階には常設展示室があります。

View this post on Instagram

Yayoi Kusama

A post shared by Hisaya (@hisaya.rodarte) on

通路もエレベーターもドット柄でデザインされています。館内のあちらこちらで草間彌生ワールドに触れられるのも松本市美術館の大きな魅力です。

中庭を眺めながら過ごせる、アートなレストラン

信州の小さなビストロサンチーム

こちらは、松本市美術館に併設されているレストラン。中庭の芝生の広場やカボチャのオブジェを眺めながら食事をしたりお茶を飲んだりして過ごすことができます。白と黒の蔵造りが松本らしい建物が、美術館とはまた違った雰囲気をつくりだしています。

レストランでは、地元食材をふんだんに使ったカジュアルフレンチが楽しめます。ランチは3種類、ディナーは3つのコースが用意されています。上の写真のように草間彌生のコラボレーションメニューもあるので、ファンの方は必見!

ファンならずとも、思わず頼んでみたくなるようなかわいらしさです。お誕生日会やパーティーなどにも対応してくれます。

住所|松本市中央4‐2‐22
営業時間(ランチ)|11:30 am – 2:00 pm
営業時間(ディナー)|5:00 pm – 8:00 pm
定休日|不定休
電話|0263-35-9850(予約可)
公式サイトはこちら|http://centime710.com/index.html

美術館ならではのちょっとした撮影方法

館内から見た「大いなる巨大な南瓜」

館内2階のガラス窓にはドット柄になっているところがあります。その窓ガラスから美術館前にある「大いなる巨大な南瓜」をのぞくようにして撮ると、なんと、こんな写真になるんです!

長野県の地元局でも紹介されていたオススメな撮り方です。これもこの美術館ならではのこころにくい仕掛けですね。ぜひ試して、すてきな写真を撮ってみてください。

松本美術館周辺の観光スポット

松本城

日本最古の国宝松本城。現在、天守の建物を残す城はわずか12しかありません。そのうちでも五重の天守の実物をみることができるのは松本城と姫路城だけという、とても貴重な城のひとつです。世界遺産登録を目指した取り組みが進められています。

松本市美術館から松本城までは約1.2km、徒歩では約15分で行けます。松本城のホームページには、城下町の風情・佇まいを感じながら、ゆっくりと町歩きを楽しめるルートがいくつか紹介されています。美術館を堪能したあと、市内を散策しながら松本城まで足を伸ばすのもいいかもしれません。

住所|長野県松本市丸の内4-1
営業時間|8:30 am – 5:00 pm(最終入場4:30 pm)
定休日|年末年始を除き無休
電話|0263-32-2902
公式サイトはこちら|https://www.matsumoto-castle.jp/

深志神社

こちらは、 赤い正面鳥居、深志神社最古の神楽殿、朱色の拝殿と、なんともあざやかな赤い色が目を惹く深志神社です。以前、ドラマ「白線流し」のロケ地にも使われたことがあります。

この深志神社は、松本の天神と呼ばれる学問の神様で、受験生など若い参拝客が多いのも特徴のひとつです。松本駅からは徒歩で約15分のところにあります。

住所|長野県松本市深志三丁目7番43号
営業時間|9:00 am – 5:00 pm
定休日|無休
電話|0263-32-1214
公式サイトはこちら|http://www.fukashi-tenjin.or.jp/

松本市美術館へのアクセス

自動車での移動

松本市美術館の駐車場は、普通車82台、大型車4台停められるほどの広さがあります。車で来る方も、近くにパーキングを探す心配も少なくてよさそうです。

高速道路をご利用の方は、長野自動車道松本ICで降ります。そこから車で約15分を目安におこしください。

タウンスニーカーでの移動

タウンスニーカーという、松本市街地を走る周遊バスがあります。上の写真は、草間彌生デザインのラッピングバス「クサマバス(水玉乱舞号)」。世界にたった一台!バス自体がアートになっていて、とても珍しいです。

松本市美術館へは、タウンスニーカー東コースに乗ります。松本市美術館停留所が最寄りの停留所です。約20分間隔でバスがありますが、ご利用の方は、事前に時刻表を確認しておきましょう。

住所|長野県松本市中央4丁目2番22号
営業時間|9:00 am – 5:00 pm(入場は4:30 pmまで)
定休日|月曜日(祝日の場合は次の平日)、 年末年始(12月29日~1月2日)
※平成30年1月3日は臨時開館
電話|0263-39-7400
公式サイトはこちら|http://matsumoto-artmuse.jp/
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ