富士山は日本が世界に誇る世界文化遺産。5つの登山ルートを徹底解説

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Khloe

静岡県出身。オーストラリア、東京に住んでいました。歴史が好きなので、歴史を感じる場所を、気ままにふらっとひとりで旅をするのが好き。

静岡県民は、学校の遠足で子供の時に富士登山すんだで~

世界文化遺産にも登録され、日本を代表する霊峰富士。富士登山は、たいへん人気があり、手軽にチャレンジできると思われがちですが、山を甘く見ると後悔します。自分に合ったルートを選択し十分に準備してから、楽しい登山にでかけましょう.

 

日本一の高さを誇る雄大な富士山

富士山といえば、日本の一番高い峰であり象徴的存在です。2013年には世界文化遺産に登録されまさに世界に誇る山となりました。

雲の上に顔を出した、日本の象徴とも言える唯一無二の存在

富士山は、静岡県と山梨県にまたがる活火山です。現在の形になるまでに過去に4回噴火しており、最後の噴火は1707年(宝永4年)でした。標高は、3,776mです。

世界文化遺産に登録されている

2013年、「富士山 – 信仰の対象と芸術の源泉」という名称で、世界文化遺産に登録されました。富士山は、古代より山岳信仰の対象であり約1,200年前から、宗教面や芸術面でも国内外に多くのインスピレーションを与えてきました。富士山そのものだけでなく、富士山本宮浅間大社、山中湖、河口湖、忍野八海、白糸ノ滝、三保松原などの周辺の構成資産(25ヵ所)も含めてひとつの世界文化遺産になっています。

富士山世界遺産センターが開園

View this post on Instagram

富士山世界遺産センター

A post shared by S Shingo (@gonshim3) on

富士山世界遺産センターは、2017年、静岡県富士宮市にオープンしました。正式名称は、静岡県富士山世界遺産センターです。ミュージアムのほかにカフェも併設されており、館内からはさえぎるものなく富士山を眺めることができます。

住所|静岡県富士宮市宮町5番12号
営業時間|9:00 am – 5:00 pm 7・8月は6:00pmまで
定休日|毎月第3火曜日、施設点検日、年末
電話|0544-21-3776
公式サイトはこちら

「逆さ富士」が人気

湖の水面に、逆さに映える富士山の景色を逆さ富士といいます。富士山周辺には富士五湖と呼ばれる本栖湖(もとすこ)、山中湖、西湖(さいこ)、精進湖、河口湖の五つの湖があります。このほか、田貫湖では、逆さ富士、ダイヤモンド富士(日の出、日没に富士山頂と太陽が重なって輝く現象)の両方を見ることができます。千円札の裏側には本栖湖で撮影された逆さ富士が印刷されています。

富士山に登山できるのは夏季のみ

富士山と言えば雪化粧をした姿を思い浮かべる人もいるでしょう。それは冬の時の姿で、この時期登山はできません。例年7月から9月の短い夏季のみ登山ができるのです。

夏の富士山

富士山では、毎年異なりますが例年7月1日から9月10日頃までが平均の開山期間です。7月初旬は山梨県からのルートのみ。静岡県からのルートは7月10日頃から開通します。開山後も雪はまだたくさん残っています。

冬の富士山

富士山では、例年10月に初冠雪を迎えます。真冬には麓まで雪が積もるため、全体が雪で覆われ白い富士山になります。冬は晴れの日が多く空気も澄んでいて、周辺の市街地からもくっきりと美しい富士山を見ることができます。

富士山の開山期間外も登山者はいます。冬の富士登山は禁止されているわけではありませんが、危険なので推奨されていません。冬の富士では、滑落事故で命を落とす登山者もあとを絶ちません。

5つの登山ルートを確認しよう

富士山は山梨県と静岡県にまたがっています。そのため、5つの登山ルートが存在するのです。自分の経験にあわせて無理のないルートを選びましょう。

吉田ルート

一番難易度が低く初心者向けのルートが、吉田ルートだと言われています。富士スバルラインの5合目(標高2,305m)からスタートします。山小屋が多く休憩しやすいルートです。人気があるため、休日やお盆の期間はとても混雑します。混雑時は自分のペースで登ることが難しいこともあります。往復約14kmのルートです。

富士宮ルート

富士宮口5合目(標高2,390m)からスタートします。5ルート中最短で登頂することができます。剣ヶ峰までもっとも近いこともあり弾丸登山客も多いですが、反面高山病のリスクも高くなります。

上り下りともに同じ登山道を使うため混雑しやすいルート。1人登山の方は、他の登山客が多いので万一の時に助け合えるという安心感もあります。登山道には段差があり、ロープをつたい手を使いながら岩を登ることも多くなっています。往復約8.5kmのルートです。

須走ルート

須走口(すばしりぐち)5合目(標高1,970m)からスタートします。須走ルートを使うのは、登山者の約1割と言われており5ルート中もっとも空いています。ただし、本8合目からは吉田ルートと合流するため混雑します。

須走ルートでは、登山道のどこからでも御来光を見ることができます。また、下りは砂礫(されき)の急斜面を走って下ることもでき、これを砂走り(すなばしり)と言います。砂走りは想像以上にトレッキングシューズの中が砂だらけに。また、体力が十分でない場合は転倒やケガにつながるので危険です。実際には、砂走りで下りている人はあまりいません。須走りルートは往復約13kmです。

御殿場ルート

御殿場口新5合目(標高1,440m)からスタートします。5ルート中最も標高差があり、かつ最長のルート。長時間かかるため、殿場ルートを利用する登山者は非常に少なくなっています。

御殿場ルートは、低い標高から登り始めるため高山病のリスクはもっとも低く御殿場口5合目登山道まではマイカー規制がありません。

午後になると濃霧が出やすいため、道に迷う危険性があります。さらに、山小屋が少ないため、あらかじめ多めの水分を持参しトイレの回数を抑えることも意識しなければなりません。御殿場ルートは、往復約17.5kmです。

プリンスルート

2008年に皇太子殿下が登山した際に利用されたルートです。富士宮口ルートから御殿場ルートをまたいだコースを取り、標高の高い富士宮ルート6合目から宝永山のハイキングコースへ向かって比較的歩きやすい御殿場ルートから登頂を目指す難易度の低いルートです。下山は、御殿場口にも富士宮口にも下りることが可能。往復約13kmです。

登山前に確認しておくべきこと

富士登山に限りませんが、事前に確認と準備をしておくことが多くあります。特に富士山は人が集まりやすい場所のため入念に準備をしておきましょう。

富士山の天気

開山期間の真夏でも晴れの日の富士山頂の気温は、最高でも10度と言われています。富士山の地形により、風がとても強いので体感気温はさらに低くなります。

また、山の天気は変わりやすくさっきまで晴れていたのに急激に雷雨になることもあります。真夏でも山頂は氷点下ということも珍しくありません。雨具、防寒具は必須。 山頂に近づくと、雨は下から舞い上がってきます。

マイカー規制の実施

富士山の開山期間は、登山口へのマイカー規制が実施されます。登山者は麓の臨時駐車場(有料)に車を停めシャトルバス(有料)かタクシーで5合目まで向かうことになります。

マイカー規制が実施されるのは、富士スバルライン(吉田口)、富士スカイライン(富士宮口)、富士あざみライン(須走口)です。御殿場口のみマイカー規制はありません。

山小屋利用時は事前に予約を

山小屋の利用は、基本的に事前予約が必要です。予約なしでは荒天時の休憩などの際も利用することはできません。

混雑時は、1人分のスペースのみ利用可能。男女相部屋が基本です。仮眠や休憩のための簡易施設なので必要最低限の設備しかないことを知っておきましょう。風呂の設備、手洗いなどのための水やごみ箱などはありません。

富士登山の注意点

登山は自然との闘いです。普段住んでいる場所とは環境が大きく異なり、設備なども限られています。楽しい登山にするためにも事前の準備は十分にしておきましょう。

トイレ利用時

富士山のトイレは、チップ制です。指定された金額を支払って利用するのがマナーです。集められたチップは山小屋の管理費や設備維持費に使用。環境に配慮し、おがくずなどを利用するバイオトイレでは紙の使用は禁止。用便後は水をかけて洗います。

水分や食料はあらかじめ持参するのがおすすめ

登山中に山小屋や自動販売機で水を買うことはできますが、運搬費用がかさむため、かなり割高です。大量に持つと荷物になるので、2リットルのペットボトルの水と、小さめのおにぎりやチョコレート、キャンディなどをあらかじめ用意しておきましょう。

準備があれば、山小屋のない場所で休憩をしたい時や不測のケガなどの際にも水があると便利です。おにぎりは歩きながら食べることができ、甘いものは疲労回復や体温維持に有効です。

無理は禁物!

富士山には、年間約30万人が登山すると言われています。1日に換算すると約4,000人の登山客が頂上を目指すことになります。他の登山者に影響されることなく、自分のペースを崩さず無理なく楽しい登山を心がけましょう。富士山では、予想外のことがたくさん起きるので弾丸登山は避け、前もって入念な準備をしてから登ることをおすすめします。

富士山へのアクセス

吉田ルート( 富士北麓駐車場)

  • 駐車可能台数1,400台の大型駐車場です。
  • マイカー規制中は、24時間利用可能。
  • 駐車料金1,000円(マイカー規制期間外は無料)
住所|山梨県 富士吉田市 上吉田字剣丸尾5597-84
営業時間|なし
定休日|12月1日から3月31日
電話|0555-72-9900
公式サイトはこちら なし

須走ルート(須走多目的広場)

  • 道の駅「すばしり」近く、須走多目的広場の奥にある臨時駐車場です。
  • 駐車可能台数は、500台。
  • 駐車料金1,000円(マイカー規制期間外は無料)
住所|なし
営業時間|24時間
定休日|年中無休
電話|なし
公式サイトはこちら なし

富士宮ルート(水ヶ塚駐車場)

  • 駐車可能台数は、1,000台。
  • 駐車料金1,000円(マイカー規制期間外は無料)
住所|静岡県 裾野市 須山2308-5
営業時間|24時間
定休日|年中無休
電話|なし
公式サイトはこちら なし

御殿場ルート(御殿場口新5合目)

  • 駐車可能台数は、500台。
  • 駐車料金無料
  • ハイレベルなルートのため、登山客は比較的少なめですが、シーズン中には満車になることもあります。
住所|静岡県 御殿場市 中畑西沢2110−10
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|0550-82-4622
公式サイトはこちら なし