道後温泉は日本最古の温泉!歴史ある温泉街で湯に癒やされ旅を満喫する

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

日本有数の温泉、道後に遊びに来んかいっ!

愛媛県松山市にある日本最古の温泉、道後温泉。古くから現在まで、ずっと賑わってきた道後温泉は、カップルから家族連れまで誰もが楽しめるスポットです。夏目漱石の「坊ちゃん」でも有名な道後温泉のシンボル・道後温泉本館や、道後温泉商店街など、道後温泉の魅力をご紹介します。

愛媛の道後温泉は3000年以上の歴史を持つ日本最古の温泉地

道後温泉は日本有数の温泉の観光地

愛媛県松山市にある道後温泉は、日本最古の温泉として知られ、3000年の歴史を持つといわれています。伊予国風土記逸文には、聖徳太子も道後温泉に滞在したという記述があるほど。諸説ある日本三古湯にも、必ず道後温泉は含まれています。

明治時代、レジャー先として全国で温泉地が栄えました。しかし、昭和初期からの戦争の激化や昭和中期のレジャー多様化によって、多くの温泉地は錐体していきます。そんな中でも、道後温泉は古き良き姿を残しつつ、現在も観光地としての人気を保っています。

道後温泉は昔を守りつつ新たな温泉街としてのまちづくりに取り組んでいる

日本最古の温泉であることから、道後温泉に「古い」というイメージを持つ方も多いかもしれません。しかし、現在の道後温泉の周りには新旧の旅館やホテルが立ち並び、賑わっています。中には、日本のみならず海外からの観光客のニーズに応えた旅館やホテルもあるのです。

また、道後温泉には旅館やホテルと商店街が連携し、街全体で盛り上がろうという雰囲気があります。同時に、道後温泉商店街や周辺店舗は、歴史ある地の景観の整備にも積極的に取り組んでいます。

道後温泉のシンボル、道後温泉本館

昔から愛され続けている公衆浴場

道後温泉のシンボルである道後温泉本館は、1894年(明治27年)に完成しました。現在も、公衆浴場として営業を続けています。道後温泉の玄関口である道後温泉商店街を抜けたところに立っていて、その存在感は圧倒的。他の旅館やホテルは道後温泉本館の後ろ側に立ち並んでいるため、道後温泉本館が道後温泉のメインなのだということが伝わってきます。

夜の道後温泉本館は幻想的な彩りを魅せる

夜になって辺りが暗くなると、道後温泉は独特の姿を現します。館内にある昔ながらの電球が光ると同時に、建物自体もライトアップされ、木造建築がよりいっそう美しく輝きます。スタジオジブリの大ヒット映画「千と千尋の神隠し」に登場する「油屋」は、道後温泉本館をモデルにしているといわれますが、夜の道後温泉本館はまさに「千と千尋の神隠し」の世界そのものです。

札場で入浴券を購入していざ温泉へ

道後温泉本館には、霊の湯と神の湯という2つの浴室があります。入浴のみだけではなく、貸タオル、お茶、おせんべいや又新殿観覧など、4つの入浴コースを選ぶことができます。コースを決めたら、玄関口の札場で入浴券を購入しましょう。この又新殿とは、日本で唯一の皇室専用の浴室のことを言います。

あの坊っちゃんの夏目漱石が使った部屋も見ることができる

View this post on Instagram

坊っちゃんの間 道後温泉本館の三階にある夏目漱石ゆかりの(漱石を偲んで作られた)部屋です 則天去私 漱石が晩年に理想とした境地で「小さな私にとらわれず、身を天地自然にゆだねて生きて行くこと』 漱石ほどの人でも悩むのだから、凡人の自分がいろいろ悩むのも当たり前なんだなと思いました 温泉で湯ったりしたあとに見学できます 若いときの漱石の写真がスゴくイケメンなのです(笑) #夏目漱石 #正岡子規 #則天去私 #道後温泉 #道後温泉本館 #坊っちゃんの間 #坊っちゃん #松山 #masaokashiki #natsumesoseki #dogo #dogohotspring #bottchan #matsuyama

A post shared by 愚陀佛さん家の升(のぼる)さん (@nobosan_52_matsuyama) on

道後温泉本館の3階には、小説「坊ちゃん」を書いた文豪・夏目漱石が使用したという「坊ちゃんの間」があり、入館後自由に見学することができます。道後温泉本館改築後の1895年(明治28年)に松山に赴任した夏目漱石は、その年の10月に正岡子規とこの部屋を利用しました。「坊ちゃんの間」では、今でも文豪が通ったころの面影を味わうことができます。

入浴後のひとときを優雅に楽しむ

入浴コースの内容に応じて、個室や大広間を利用することも可能です。各部屋の室内では、昔ながらの和の雰囲気を感じることができます。道後温泉本館の外観はよく目にしますが、建物内から窓を通じて見る周囲の景色は、より新鮮に映るもの。目の前に行き交う観光客で賑わう広場と、その向こうにある松山市街地の眺めを楽しめます。

住所|愛媛県松山市道後湯之町5-6
営業時間|6:00~23:00
定休日|無休
電話|089-921-5141
公式サイトはこちら

駅から温泉までは誘惑がいっぱい!道後温泉商店街

道後ハイカラ通りが温泉街を賑やかにする

道後温泉商店街は、市内電車の道後温泉駅から、道後温泉本館までを繋げるL字型のアーケード商店街です。商店街の両側には、飲食店やお土産屋さんなど約65店舗が並び、入り口には「道後」と書かれた看板が、時には提灯とともに掲げられています。アーケード内には、温泉を示す「ゆ」ののぼりが立ち並んでいるのも特徴のひとつ。

昼の商店街は日帰りの観光客で賑わい、夜は浴衣を着た宿泊客で賑わいます。中には20時まで開いている店舗もあり、夜まで外で楽しむことができます。商店街の屋根付きアーケードを抜けると、道後温泉本館の姿が少しずつ見えてきて、ワクワク感が高まること間違いなし。なお、商店街入り口の右手には、年中無休の観光案内所があるので、道後温泉駅に着いたときは立ち寄って情報を聞くのもおすすめです。

アツアツのじゃこカツを片手に温泉街を練り歩く

松山名物じゃこカツ・じゃこ天は、愛媛近海で獲れた小魚をすりつぶして揚げた、ぜひ食べていただきたい一品。道後温泉で味わうならば、道後温泉本館の目の前にあるかまぼこ屋、谷本蒲鉾店道後店のじゃこカツがおすすめです。サクッとした衣にプリっとしたすり身、そして魚の旨味のコラボレーションはたまらない美味しさ。揚げたてのじゃこカツを手にして、温泉街を歩くのも楽しいですよ。

谷本蒲鉾店 道後店
住所|愛媛県松山市道後湯之町20
営業時間|8:30~22:00
定休日|不定休
電話|089-933-3032
公式サイトはこちら

まさに美しいアートのスイーツ!一六茶寮のSHIRASAGI

View this post on Instagram

❈ 道後温泉本館の目の前にある 一六茶寮さんで、 「SHIRASAGI」という アシェットデセールを頂きました。 以前京都でそっくりのスイーツを 頂いたことがありました。 説明書きを読むと、 同じ「アサンブラージュカキモト」さんの 監修で出されたものでした。 何種類もの具材が重なり まるで小さな箱庭のような アートなグラススイーツです。 お店の方が、ポットで温かい ショコラを落とすと チョコレートプレートが溶けて その変化も楽しめます。 今年5月からの提供だそうで、 京都のお店よりかなり お得な価格設定でこれまた びっくり(゚∀゚ノ)ノ (1000円) 道後夢菓子噺しらさぎが 真ん中に使われてるのが オリジナルですね。 もちろん、ほくほくの 美味しさでした♡ こちらの茶寮は一六タルトで 有名な一六本舗さんの2階にあり、 大きな窓から道後温泉本館が 手に取るように見えます。 (*゚▽゚)ノ #道後温泉 #道後温泉商店街 #道後カフェ #一六茶寮 #アシェットデセール #カフェ #instalike #instafood #instacafe #instasweets #instagramjapan #cafestagram #愛媛旅行 #松山市 #ファインダー越しの私の世界 #写真撮ってる人と繋がりたい #カメラ女子 #sony #せとうちうまいもんくらぶ #カフェ好きな人と繋がりたい #愛媛カフェ #眺めの良いカフェ #海賊グルメ #愛媛

A post shared by Yoshiko (@kiko_445) on

グラスの中には庭園をイメージした抹茶スイーツと、白鷺が美しく並べられていて、道後温泉に伝わる白鷺伝説を表現しています。とても美しい仕上がりなので、食べるのがもったいないほど。

最初はグラスの上にチョコレートの蓋がある状態でサーブされますが、目の前であたたかいチョコレートソースをかけて、溶かしていく様子を楽しむことができます。チョコレートソースによる温かみのある触感から、徐々に冷えていくという味の変化を楽しむことができる、芸術的なスイーツです。

住所|愛媛県松山市道後湯之町20-17 一六本舗道後本館前店2階
営業時間| 11:00~19:00(オーダーストップ18:30)
定休日|木曜日(※祝祭日の場合は変更する場合あり)
電話|089-921-2116
公式サイトはこちら

「坊っちゃん」に出てくる団子屋のモデル、つぼや菓子舗で団子を食べて気分はハイカラさん

続いてご紹介するのは、道後温泉商店街にある明治16年創業の和菓子屋「つぼや菓子舗」です。小説「坊ちゃん」の中に、「大変うまいと云う評判だから、温泉に行った帰りがけに一寸食ってみた」と登場することでも有名で、「坊ちゃん」にちなんで作られた団子「坊ちゃん団子」が人気です。坊ちゃん団子は、上から抹茶・卵・小豆という3色の団子を串刺しにしたお団子で、見た目の鮮やかさもさることながら、北海道産の一級品の小豆を使用しているなど、味の上品さも人気の秘密になっています。

住所|愛媛県松山市道後湯之町14-23
営業時間|9:30~18:00 20:00~21:30
定休日|火曜日(祝祭日のときは翌日)
電話|089-921-2227
公式サイトはこちら

愛媛といえばみかん!それをビールにした「みかんビール」はとても甘酸っぱい

道後温泉本館の目の前にある10ファクトリー道後店はアイスやフードを扱っているお店ですが、中でも愛媛名物のみかんを使ったみかんビールが人気です。みかんビールはオレンジジュースのような見た目で、飲みやすそうな上にカップもオシャレ。飲み心地も最高で、甘酸っぱさの中にビールのコクも感じられる極上の一品です。

住所|愛媛県松山市道後湯之町 12-34
営業時間|9:00~21:00 (ラストオーダー20:45)
定休日|なし
電話|089-997-7810
公式サイトはこちら

道後温泉へのアクセス

電車での行き方

松山市内には、伊予鉄道が運行する市内電車と呼ばれる路面電車が走っています。松山市内を移動するための市民と観光客の足となっています。JR松山駅の前にある松山市駅を拠点にして、松山城を囲んで走る環状線や、道後温泉を結ぶ路線など、複数の路線があります。車が走る道路の上を走行するため、車と並走して走る光景を楽しむことができます。

道後温泉へ行くのであれば坊ちゃん列車がおすすめ

道後温泉に行くのに特におすすめなのが、坊ちゃん列車です。坊ちゃん列車は道後温泉駅を発着駅とする特別電車で、ディーゼル機関車を使用しています。客車の内部も木製で、レトロな雰囲気。通常の路面電車よりも振動が激しく、エンジンの出力音も大きいものの、昔ながらの味わいがある列車です。

機関士や車掌が伊予鉄道創業時のものを再現した制服を着用していたり、乗車中は車掌のアナウンスによる案内もあるなど、楽しさ満点の列車になっています。

坊ちゃん列車の終着駅である松山市駅や道後温泉駅では、機関車の転換作業を見ることができます。転換や客車の移動は人力で行っていますが、少人数で大きな客車を動かす光景は見ごたえばっちり。過密な路面電車のダイヤの中、数も少ないホームを使って時間通りに運行しているのには驚きです。

伊予鉄道 道後温泉駅
住所|愛媛県松山市道後町1-10-12
営業時間|ショップ坊ちゃん列車(売店) 8:30~19:00 ※12月~3月 8:30~18:00 祝日は21:00まで
定休日|なし
電話|089-986-3662
公式サイトはこちら
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ