北野異人館では明治時代のハイカラな異国文化を体感できる

この記事の情報提供者

兵庫在住トラベルパートナー

兵庫県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

北野異人館はオシャレでめっちゃ良い所やからみんな来てな!

まるで別の国に迷い込んだような雰囲気の漂う北野異人館街。神戸観光に来たならぜひ足を運んでほしいスポットのひとつです。敷地が広く街並みを散策するだけでも楽しめますが、トリックアートやおしゃれなカフェ、お土産コーナーなどもあり、1日いても飽きません。

異国情緒と歴史を感じる美しい街並み

北野異人館は、昔、外国人の居留地でした。今でもその名残は色濃く、その街並みは、異国情緒が感じられます。

異国情緒ただよう街並み

かつて来日外国人の居留地として発展してきた歴史を持つ神戸北野異人館街。当時の面影を残しつつ、ノスタルジックな異国情緒をただよわせる建築物は内部を公開しているものもあり、歴史的にも貴重な文化遺産です。

歴史ある北野異人館街

北野異人館街は明治から昭和初期にかけ、北野町を中心に200棟あまりが建設されました。戦災やその後の高度経済成長を経て他の異人館街の多くが失われる中、1970年代には保存が本格化。昭和55年には文化財保護法による伝統的建造物群保存地区の指定を受けました。

その後、遊歩道やシティループバスなどが整備され、街全体が観光地として活性化。今なお人々を魅了してやまない神戸北野異人館の魅力に迫ります。

歩いて楽しい異人館を散策しよう

異国情緒溢れる北野異人館は、散策に最適なスポットです。モダンな街並みを一つ一つを見てみると、建築物の面白さや歴史的な雰囲気を感じることができます。

当時の名残を残す美しい街並み

異国感あふれる石畳や特徴的な電灯など、居留地であった当時の面影が街全体で感じられ、まるで外国に迷い込んだかのような感覚におちいります。なので、歩いているだけでも飽きることがありません。

素敵な小道やお店がたくさん

山そして海が近い地形の影響から神戸は坂が多いという特徴を持っています。それに加えて100年以上前の建物の塀や門など、伝統的建造物を随所で見ることができるため異国情緒を味わうことができるのです。

小道にはおしゃれなブティックや土産物屋が点在、神戸港開港して以来、中国・フランス・イタリア・スイス・インドといった異国料理店が多いことも特徴の一つです。

内部が公開されている代表的な北野異人館をご紹介

北野異人館の仲でも、風見鶏の館、萌え黄の館、うろこの館がおすすめ。外観から内装、置かれている家具の一つ一つが魅力的なので、じっくりと眺めてみてください。

風見鶏の館

NHK連続テレビ小説「風見鶏」などで知られるようになった風見鶏の館は、明治42年頃にドイツ人貿易商の自邸として建築されました。レンガ造りの外壁と屋根の風見鶏は北野異人館街のシンボルとして親しまれています。当時の生活の様子が再現された内部は、1階の居間・食堂・書斎のほか、2階の夫婦の寝室・子供部屋・朝食の間などが見学できます。入館は有料。

萌黄の館

明治36年にアメリカ総領事の邸宅として建設された萌黄の館は、外壁が萌黄(もえぎ)色なことからそう呼ばれるようになったそうです。2階サンルームからは神戸の美しい街並みが望め、庭には阪神淡路大震災の際、落下した煙突が今も保存されています。入館料は有料で、風見鶏の館と一緒に楽しめるお得な2館券もあります。

うろこの館

外国人の借家として、明治時代に北野に移築されたと伝えられるうろこの館は神戸で最初に公開された異人館です。外壁の天然スレート石が魚のうろこに似ていることがその名の由来であり、現在は国登録有形文化財と、兵庫住宅百選の一つにも指定されています。併設のうろこ美術館は、入館が有料。年中無休で営業しています。堀江優氏の作品などが展示され、多くの人が訪れています。

異人館のほかにも見どころがいっぱい

クラシカルなイギリスの雰囲気を楽しめる英国館では、夕方からバーが開かれます。家具や調度品を楽しんだり、美味しいビールを飲むことができます。また、旧パナマ領事の建物を使ったトリックアートの不思議な感覚をぜひ体験してください。

英国館

イギリス人技師の設計により建築されたコロニアル様式の洋館である英国館。コロニル様式とは、17〜18世紀のイギリス、スペイン、オランダの植民地に多く、 建物正面にポーチがつき、大きな窓やベランダがある建築形式のこと。2階にはシャーロック・ホームズの世界観が再現され、バロックやビクトリア時代の家具・装飾品といったアンティークファンにはたまらない空間となっています。

ホームズ風のインヴィネスケープや、ディアストーカーなどのレンタル衣装は無料で、さらにそのまま館内を回ることができるので記念撮影をする人でにぎわっています。庭に再現されたロンドンの地下鉄ベイカーストリート駅で思い出の一枚を撮るのもおすすめです。午後5時からはBAR KING OF KINGSが開店、こちらも人気のスポット。イギリスのバーに訪れたような雰囲気を頼みむことができます。

神戸トリックアート 不思議な領事館

明治時代に建築された旧パナマ領事の建物を利用している神戸トリックアート 不思議な領事館。北野異人館街では異色とも言える体験型アミューズメントスポットで、テーマはヨーロッパでだまし絵として誕生したトリックアート。名画の世界、錯視の世界、神戸オリジナルシリーズなど、6つのテーマに分かれたトリックアートが多数展示され、それらのトリックアートを使った面白い写真撮影も楽しめるようになっています。

周辺のおすすめグルメスポット

北野異人館周辺には、お洒落なカフェがたくさんあります。散策の後や散策の途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

神戸北野美術館ミュージアムカフェ

赤レンガの階段に白い壁といった北野町らしいスタイリッシュな外観のミュージアムカフェは神戸北野美術館内に併設されています。特製ワッフル、メープルシロップ、アイスクリーム、食事系など種類豊富なワッフルが人気メニュー。カフェのみの利用も可能なので、ちょっとした休憩にもおすすめです。

住所|兵庫県神戸市中央区北野町2-9-6
営業時間|9:30~17:30
定休日|第三火曜日(企画展などで変更有)
電話|078-251-0581
公式サイトはこちら

CAFE DIVERTIRE

19世紀のヨーロッパとアジアのテイストを同時に感じることのできるカフェCAFE DIVERTIRE。エントランスや店内は広々としていて、車いす・ベビーカー・自転車といった大型の荷物も持ち込めます。ケーキやサンデー、お子様メニューなどの種類が豊富で、離乳食持ち込み可なので子ども連れでも安心。キッズサークルやおむつ交換台も設置してあるので、ファミリーに嬉しいスポットです。

住所|神戸市中央区北野町1丁目5-14 アルティオーラ北野
営業時間|9:00~18:00
定休日|月曜日(祝日を除く)
電話|078-224-5359
公式サイトはこちら

スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店

明治時代の洋館を再建、登録有形文化財に指定された建物を使用しているスターバックスコーヒー 神戸北野異人館店。1階と2階のダイニングルーム、ゲストルーム、ラウンジ、廊下など様々な雰囲気の席が用意され、アンティーク小物や古書、絵画、シャンデリアなど、内装の細部に至るまで外国人たちが暮らした当時の洋館が忠実に再現されています。神戸限定のタンブラーやマグカップなども販売されており、お土産としても人気を集めています。

住所|兵庫県 神戸市中央区 北野町3-1-31 北野物語館
営業時間|08:00~22:00
定休日|不定休
電話|078-230-6302
公式サイトはこちら

北野異人館へのアクセス

電車での行き方

阪急神戸線三宮駅・阪神本線神戸三宮駅・JR神戸線三ノ宮駅より徒歩で15分。JR神戸線から行く場合は、新神戸駅で降りて徒歩10分です。

住所| 兵庫県神戸市中央区北野町3丁目10−20
営業時間|24時間(各異人館によって異なる)
定休日|なし(各異人館によって異なる)
電話|078-251-8360(北野観光案内所)
公式サイトはこちら

バスでの行き方

走る異人館をイメージしたレトロなデザインのシティループバスが街を走っています。阪急神戸線三宮駅・阪神本線神戸三宮駅・JR神戸線三ノ宮駅から15分で到着です。

まとめ

歴史的な背景を今も受け継いでいる北野異人館は、当時の様子が感じられるスポットです。ちょっとした散策に出かけたいとき、北野異人館に訪れることをおすすめします。お洒落なこのエリアはおでかけ先にピッタリです。