札幌オリンピックミュージアムで札幌五輪の歴史と感動を体験

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

冬の札幌を熱くさせた札幌五輪の魅力はわやだべさ!

アジアで最初の冬季オリンピックとなったのが、1972年に開催された第11回冬季オリンピック札幌大会です。その偉業を感じることのできる施設が札幌市宮の森の大倉山ジャンプ競技場内に建設された札幌オリンピックミュージアムです。子供から大人まで楽しむことのできる札幌オリンピックミュージアムの魅力を紹介します。

札幌オリンピックミュージアムで冬季五輪の魅力を感じる

冬季オリンピックといいますが、全ての競技やその魅力を知っている人は少ないでしょう。札幌オリンピックミュージアムでは、その一端を知って楽しむことができます。

2017年リニューアルオープン

札幌オリンピックミュージアムが開設されたのは2017年。しかし2000年にその前身となる札幌ウィンタースポーツミュージアムをオープンしています。2017年に冬季アジア札幌大会を開催したのに合わせて、施設をオリンピックの歴史や感動を身近に体感できる施設としてリニューアルするとともに、名称が札幌オリンピックミュージアムとなりました。高校生以上は有料ですが、中学生以下は無料で入館できます。

1階はスキーやスケート、アイスホッケー、ボブスレーなど、オリンピックでもおなじみのウインタースポーツを体験できるコーナーやスキーやスケートなどの歴史を知ることのできる展示コーナーがあります。

2階はオリンピックやパラリンピックの歴史とともに1974年に開催した札幌オリンピックのレガシーを感じることのできる記念品や映像などを見ることができます。

選手たちの偉業を紹介

1階の日本のオリンピアンコーナーでは、冬季オリンピックに出場した日本人選手が実際にオリンピックなどで使った競技用具をはじめ、獲得したメダルなどが展示されています。

私達が遊ぶスキーやスケートで使う用具とは異なり、普段はテレビ越しや写真などでしか見ることのできない競技向けの用具を間近に見ることができます。ジャンプ競技で使われるスキー板とクロスカントリーで歩くスキー板の違いなども一目瞭然です。

その奥にある巨大な円形のウィンタースポーツ・シアターでは、興味深いオリンピックの歴史や迫力満点のダイナミックな競技映像を見ることができます。

冬季五輪の闘いをシュミレーターで体感しよう

View this post on Instagram

大倉山展望台にある札幌オリンピックミュージアム。スキージャンプやクロスカントリーなどちょっとした疑似体験ができる。子供は楽しい?夏休みだからか夕方にも関わらず、けっこう人がいた。 . 個人的には金メダルのデザインを見比べるのが楽しかった?。金を縁取りぐらいしか使ってないものもあり?。この年以外はみんなまるごと金。これって逆にレアなのか、私なら…笑。そして改めてオリンピズム。深い。もうちょっとオリンピックに興味持と(私?)。 #大倉山#大倉山ジャンプ競技場#大倉山展望台#オリンピック#オリンピックミュージアム#行く途中#道で倒れているおじちゃんに遭遇?#全く動かない#通りすがりの人が救急車呼ぶ#私らも救急車待つ#介抱してる人も#みな親切だった#しっかり話せてたけど#おじちゃん早く良くなってね#くだりの坂道走る時は気をつけて

A post shared by miwa ? (@sakasakana__) on

1階の体験コーナーでは、6つのオリンピック競技を体感できます。フロア中央にあるスキージャンプ大倉山では、ジャンプの踏み切りから飛行姿勢に入り着地の動作を行うラージヒルジャンプの疑似体験ができ、飛距離や得点が掲示されます。

右側にあるテイクオフタイミングはジャンプの踏切り体験ができるコーナーです。クロスカントリースキー・レースでは「雪上のマラソン」ともいわれるクロスカントリーを疑似体験できます。3人並んで体験することもできるので、友達と競争するのも面白いですね。

スキージャンプ大倉山の左側には、映像の選手が放つパックを防ぐアイスホッケーゴールキーパー体験、スピードスケートの選手がトレーニングに使うスライドボードを実際に滑るスピードスケートトレーニング、体重移動でボブスレーのスピード感を体験できるシミュレーターボブスレー滑走があります。

次は大倉山展望台までリフトで登ろう

札幌オリンピックミュージアムを楽しんだ後は、大倉山展望台へ行きましょう。札幌市街を見渡せる風景はとても気持ちが良いです。

現役のスキージャンプ上の頂上を目指す

札幌オリンピックミュージアムがあるのは、毎年のように国際大会が開かれる大倉山ジャンプ競技場のすぐ近く。ですので、札幌オリンピックミュージアムを観た後は、ぜひ大倉山展望台を目指して欲しいです。

大倉山展望台の名前の通り、大倉山ジャンプ競技場のてっぺんにあります。2人乗りのリフトが運行されているので総合案内・チケット売り場でリフト券を購入してください。

展望台からは大迫力の急斜面が見下ろせる

展望ラウンジの標高は307m。ミュージアムの体験コーナーにあったシミュレーションとは全く違う光景に足がすくむかもしれません。ただ、このスタートラインを目の前に見ることができるのも1つの魅力ではあります。

冬季オリンピック札幌大会でジャンプ競技場の開催場所にもなった大倉山ジャンプ競技場。現在はサマージャンプやナイタージャンプも行われており、実際の大会や公式練習を見ることもできます。

札幌市街を一望

展望ラウンジの直下から視線を上に移してみましょう。手前の札幌市街から、遠くは石狩平野や石狩湾までもが一望できます。四季や天候により大きく変わる景色は、上がってきた人達に大きな感銘を与えてくれます。

大倉山特製ソフトクリームを食べながら札幌を見下ろす

景色を見る以外にも展望ラウンジには楽しみがあります。売店では各種軽食やソフトドリンク、北海道限定サッポロクラシックビールなどを販売しています。その中でもおすすめは大倉山特製ソフトクリームです。ソフトクリームはバニラ、夕張メロン、そしてバニラとメロンのミックスの3種類があり、牛乳をたっぷり使って風味豊かでなめらかなソフトクリームは訪れた人々に大人気です。

展望台の屋上で記念撮影しよう

展望台の屋上からはガラスにさえぎられることなく札幌市内から石狩湾までを一望できるため、記念撮影スポットとしても人気の場所です。ここに来たらぜひ記念写真を撮りたいものです。

ただし小山と言えども頂上であることには変わりありません。吹きつける風がかなり強いときもあるので、うっかり帽子やマフラー、スカーフなどを飛ばされることの無いようにくれぐれも注意してくださいね。

住所|札幌市中央区宮の森
営業時間|4月28日 – 11月4日/9:00 am – 6:00 pm
11月5日 – 翌4月26日/9:30 am – 5:00 pm
定休日|ジャンプ大会及び公式練習日はリフト利用不可
電話|011-641-8585
公式サイトはこちら

帰りのリフトはちょっとスリルが

景色を楽しみソフトクリームを味わった後、展望台から帰るときにもリフトを使うことになります。下りのリフトでは景色を一望しながら降りるので、とても気持ちがいい一方でスリルも楽しむことになります。

ラムダイニング大倉山でジンギスカンを堪能

お腹が空いた人は名物のジンギスカンはどうでしょうか。レストランから眺める景色も見事です。

札幌を一望しながらジンギスカンを食べる

オリンピックミュージアムの隣には、大倉山クリスタルハウスがあります。1階は売店となっており、大倉山限定のお菓子のほか北海道の名産品を買うことができます。また、大倉山限定のオリジナルのTシャツやタオルをはじめ、ジャンプ台をモチーフとしたグッズ、ジャンプ大会で使うための応援グッズなども常時販売しています。

2階のラムダイニング大倉山では、上質のジンギスカンやラム肉料理を食べることができます。札幌を一望しながら味わう料理は格別。レストランの裏側には自然豊かな森が広がり、鳥のさえずりと森林の香りいっぱいに包まれる感覚も楽しめます。

夜景を楽しみながらのディナーを楽しもう

日本三大夜景と言われているのは、北海道の函館、兵庫県の神戸、九州の長崎ですが、札幌の夜景もそれに負けず劣らずの魅力があります。そんな札幌の夜景を眺めながら食べるディナーは、これまた格別の味わいです。

ラム肉ばかりではなく、牛肉や野菜、シーフードなど北海道産の食材をふんだんに取り入れたメニューが用意されています。ジンギスカンソースで食べる数量限定のラムハンバーグセット、ラム肉をザンギにした数量限定のラムザンギカレーはぜひ食べていただきたいです。

営業時間|ランチ 11:30 am – 2:00 pm(ラストオーダー1:30 pm)
ディナー 5:30 pm – 9:30 pm(ラストオーダー9:00 pm)
定休日|年末年始
電話|011-631-1114
公式サイトはこちら

札幌オリンピックミュージアムへのアクセス

公共機関での行き方

公共交通機関を使うのであれば、札幌市内から地下鉄東西線に乗って丸山公園駅で降りてください。駅前から路線バスの円14荒井山線に乗り、約10分で最寄りの大倉山競技場入口バス停に着きます。そこから歩いて10分ほどで到着です。

車での行き方

自家用車やレンタカー、タクシーを使う場合、札幌中心部からであれば20~30分ほど。地下鉄東西線の円山公園駅からであれば約10分です。113台が駐車できる無料の駐車場を完備しているので、ぜひご利用ください。

住所|〒064-0958 北海道札幌市中央区宮の森
営業時間|4月28日 - 11月4日/9:00 am - 6:00 pm 11月5日 - 翌4月26日/9:30 am - 5:00 pm
定休日|なし
電話|011-641-858
公式サイトはこちら
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ