南京町で中華グルメを満喫。異国情緒を堪能しよう

三大中華街のひとつとして有名な南京町は、日本にいながらにして異国情緒を感じられる町。ここならではのグルメはもちろん、夜景も素敵なエリアなのでデートにもおすすめです。

南京町は神戸を代表する人気の観光地

横浜、長崎と並ぶ日本の三大中華街のひとつである南京町。まるで異国にいるような雰囲気を楽しめる町や人の様子、グルメをご紹介します。

神戸にいながら非日常の空気を味わえるすごい空間!

神戸元町にある中華街のことを南京町と呼びますが、横浜、長崎と合わせて日本の三大中華街として有名です。南京町と呼ばれるだけあって、神戸市内にありながら日本とは思えないような異国情緒ある雰囲気が楽しめるのも大きな魅力となっています。修学旅行生やツアー旅行客などに人気の観光地で、毎日多くの人で賑わっています。

南京町は生誕150周年の歴史ある場所

南京町では冬には春節祭、秋には中秋節など季節に合わせたイベントも行っていて、中華街ならではの独特の雰囲気を味わえます。特に大きなイベントは旧暦のお正月を祝う春節祭で、毎年多くの人が訪れています。日本にいながらにして、海外旅行気分になれるかも。

店員の呼び込みの声も明るく、南京町全体が活気づいて賑わっている様子がよく伝わってきます。

南京町と言えば食べ歩きが定番

南京町にはおいしいグルメや珍しい食材が揃っていて、おいしいもの好きにはたまらないエリア。人気の豚まんや角煮まん、揚げ団子など店頭で販売している軽食の屋台スタイルが多く、色々なものを少しずつ食べ歩きできるのが魅力です。

散策するだけでも異国の雰囲気を楽しめるので、カメラでも片手に気軽に出掛けるのもいいでしょう。中央に位置する南京町広場はベンチもある中華風のあずま屋となっていて、ここで買ってきたものを食べている人も多いです。

南京町に来たらまずはここへ行こう

安くておいしい豚まんや、見た目がとてもかわいらしいパンダ饅頭など、南京町に来たらぜひおすすめしたい点心がこちら。

老祥記の豚まんは南京町の名物

老祥記は大正4年創業の豚まんの元祖と言われている人気店で、南京町で一番有名なお店です。開店前にはすでに人が並んでいて、他の時間帯でも常に行列ができているほどの人気ぶり。南京町に来た多くの人が食べに行くと言われるほどなので、並んでもいいという方はぜひご賞味下さい。

小ぶりなサイズは食べ歩きに嬉しい大きさ

こちらは安くておいしいと評判の豚まん。中国天津地方の豚饅頭を日本人好みにアレンジした豚まんです。ファンが多くまとめて大量買いする人もいるほどです。3個以上注文すると店内で食べることもできるので、店内でゆっくり食べるもよし、散策しながら食べ歩くのもよし、お好みのスタイルでいただきましょう。

可愛い豚ちゃんまん&パンダまんがSNSで話題

こちらは見た目の可愛らしさから人気に火が付いたパンダ饅頭です。インスタ映えもすることから、インスタ女子にも人気の一品。パンダまんの中身はあんこ、豚ちゃんまんの中身は豚肉が入っています。お友達や家族とシェアしてもいいですね。

住所|兵庫県神戸市中央区元町2-1-14
営業時間|10:00 am – 18:30pm(売り切れ次第閉店)
定休日|月曜日
電話|078-331-7714
公式サイトはこちら

焼小籠包ならこちらのお店がおすすめ!

焼きたてのアツアツが食べられる小籠包や、女性に人気のタピオカミルクティなど、おすすめグルメはまだまだたくさん!

yunyunは焼小籠包が美味しい有名店

2階の利用は18時までとなっていますが、イートインスペースとして利用できます。テーブル席の他にも立食タイプの丸テーブルもあるので、好きな方を選べます。店内でゆっくり食べるならお得なセットメニューがおすすめ。

アツアツの焼きたてが絶品

豪快に大きな平鍋で揚げ焼きされている小籠包。目の前で焼いてくれるので、できたての熱々を食べられるのがなんとも贅沢です。
他には焼きビーフンも販売していて、焼きビーフンも小籠包もどちらもテイクアウトの場合は専用の容器に入れてもらえます。

タピオカミルクティーも美味しい

View this post on Instagram

. 朝夕は冷え込む季節となり、秋深くなってまいりました🍂 . 週末は、お昼は気温が上がり行楽日和になりそうですね☻ . YUNYUNのタピオカミルクティーは、 チャイニーズテイストとして、 紅烏龍(あかうーろん)と ジャスミンがございます。 厳選した自社製の茶葉を ロイヤルミルクティー仕立てで、 ミルクで煮出し、 コク深く、茶葉香る一品です。 ぜひお試しください! . . photo:@kazokunojikan TAPIOCA FRAPPE (タピオカフラッペ) . . #神戸 #元町 #神戸中華街 #中華街 #南京町 #食べ歩き #南京町食べ歩き #神戸ランチ #焼小籠包 #焼ビーフン #ユンユン #タピオカミルクティー #タピオカフラッペ #タピオカロイヤルミルクティー #kobe #japan #yunyun #tapiocamilktea #tapiocafrappe #tapiocaroyalmilktea #foodstaglam #instafood #japanesefood #japanfood #japaneserestaurant #kazokunojikan

A post shared by 神戸 南京町 YUNYUN (@yunyun_kobe) on

食べ歩きにはスイーツも欠かせないもの。こちらのタピオカミルクティーは、ジャスミン、赤烏龍、抹茶の3種類から選べます。ジャスミンの葉と赤烏龍の葉は中国福建省の自社製のため、本場中国の味を味わえるのも特徴です。

住所|兵庫県神戸市中央区元町通1-2-2
営業時間|11:00 am – 19:00pm
定休日|年末年始
電話|072-392-2200
公式サイトはこちら

南京町にあるおすすめのスイーツ有名店

エストローヤルの有名なシュークリームを食べてみよう

TVや雑誌などのメディアでもたびたび取り上げられている南京町で有名なケーキ屋さん、エストローヤルのシュークリーム。このシュークリームはバニラの良い香りが特徴のカスタードクリームがたっぷりとつまっていて美味しいと評判。

シュークリームのほかにチョコがコーティングされたエクレアも人気です。手土産にも喜ばれるので、神戸の地元の人にも親しまれています。

住所|神戸市中央区栄町通1-3-16
営業時間|11:00 am – 18:00pm
定休日|月曜日
電話|078-391-5063
公式サイトはこちら

南京町には安くてかわいいおみやげやさんがたくさんある

パンダグッズやカラフルでかわいいチャイナ雑貨がたくさんあります。プチプラなので、たくさんおみやげを買いたい方にもおすすめ。

南京町にある雑貨屋さんでお気に入りを探そう

南京町には至る所に雑貨屋さんがあります。チャイナ雑貨はプチプラなものが多く、カラフルで見た目もかわいいので、おみやげとしても気軽に買えて重宝します。一般のスーパーではなかなか手に要らない調味料なども揃うため、お料理好きな方は自分用のお土産にするのもいいですね。

パンダグッズも見逃せない

パンダグッズはストラップをはじめたくさんのアイテムが揃っています。お店によってオリジナルのパンダアイテムなどもあるので、いろいろなお店をまわってお気に入りのアイテムを見つけるのがおすすめです。

夜の南京町はフォトジェニックな景色を楽しめる

夜にはネオンや提灯などが灯され、アジアンテイストな雰囲気に変わります。ここは日本ではないと錯角してしまいそうな空気を味わってみてはいかがでしょうか。

さらに異国の雰囲気を味わいたい方は夜がおすすめ

夜の南京町は昼間とはまた一味違い、幻想的な空間を堪能できます。南京町のライトアップはSNSスポットとしても人気が出てきていて、ネオンや提灯など日本とは雰囲気の違うアジアンテイストな夜を楽しめます。
冬の時期はランターンフェアが開催されているので、防寒対策をして出掛けてみましょう。

南京町でディナーも楽しめる

南京町には夜まで営業しているお店も多く、ディナーや軽い夕食も楽しめます。夜の屋台はまるでお祭りのような独特の雰囲気で昼間とは違う場所に来たかのようです。中には午後から閉まるお店もあるので、行きたいお店が決まっている方は、営業時間を事前に調べておきましょう。

南京町の後は神戸の夜景を見て帰ろう

こちらは神戸を代表する夜景スポット。神戸のシンボルであるポートタワーなどのライトアップが楽しめることで人気で、夕方から夜にかけてはカップルも多くデートスポットとしても有名なのです。
神戸ハーバーランドまでは南京町からも歩いて行けるので、ちょっと足をのばしてみてはいかがでしょうか。時間がある方はコンチェルトのナイトクルーズもおすすめです。

住所|神戸市中央区東川崎町1丁目
営業時間|10:00 am – 19:00pm
定休日|年中無休
電話|078-360-3639
公式サイトはこちら

南京町までのアクセス方法

電車での行き方

・元町駅か旧居留地・大丸前駅から徒歩5分。

・三宮駅か県庁前駅から徒歩10分。

車での行き方

近くのコインパーキングに停めることができますが、規模が小さい駐車場が多く停めにくいため、電車の方がおすすめです。

住所|神戸市中央区栄町通1-3-18
営業時間|店舗によって異なります
定休日|店舗によって異なります
電話|082-332-2896(南京町商店街振興組合事務局)
公式サイトはこちら