那須サファリパークのWILDRIDEではライオンもキリンも金網ごしで迫力満点

トラベルパートナー: kaede

群馬県出身、神奈川県在住。自然と温泉の多い土地で育ったことから、アウトドアや温泉が好き。今話題のキャンプ場の情報から秘境と言われる温泉地などをメインにわくわくする情報をお届けします。

金網で囲われた檻の中に、人間が入ってサファリゾーンを探検する新感覚をぜひ堪能あれ~

栃木県の那須高原にある那須サファリパークは、普通の動物園とはひと味違う刺激が味わえます。放し飼いされたキリンやライオンたちが至近距離まで迫ってくる光景は、まさに迫力満点の非日常体験。今回はそんな子どもから大人まで楽しめる那須サファリパークの魅力をたっぷりご紹介していきます。

野生の王国 那須サファリパークへ行こう

迫りくる大迫力 那須でサファリを体感

那須サファリパークは、すぐ目の前に動物がやってきてその様子を観察することや、エサやりをすることができる体感型の動物園です。ホワイトライオン、トラやキリン、カバ、サイをはじめ世界の野生動物およそ70種700頭羽が放し飼いで暮らしています。

肉食動物の迫力も小さな動物の可愛らしさも

園内はホワイトライオン、ベンガルトラ、アフリカライオンがひそむ肉食動物ゾーンから、キリンなどの草食動物ゾーンへと続きます。草食動物たちは群がるほど寄ってくるので、自由にエサやりをすることができます。ウサギやカピバラなどの人懐っこい動物たちとふれあえる ふれあい広場は小さなお子様にも人気です。雨でも見学できるので天候を気にせず楽しむことができます。

野生さながらのサファリに出掛けよう

那須サファリパークの入園料金は、スマホで前売りチケットを購入すれば割引されるので、ぜひお得に利用したいですね。当日チケット売り場で並ばずにスムーズに入れるとちょっとした特権階級気分。

入園方法は3通り

マイカーでそのままサファリ見学

乗ってきたマイカーでそのままサファリゾーンを見学できます。 GPS音声ガイドがあるので、動物や園内の説明を聞きながら進みましょう。サファリゾーンでは動物たちが間近に寄ってくるので、車が動物によって汚れたり傷付くのが心配な場合は、レンタカーをおすすめします。なお、園内にはスタッフが配置されていますが、動物による車への傷や破損に対しての補償制度はありませんのでご注意を。

レンタカーでお気軽サファリ見学

那須サファリパークでは専用車を貸出しています。5人乗りの普通車と8人乗りの1BOX車の2タイプです。サファリレンタカーは、連休や夏休みなどの混雑時は貸出しを中止する場合があるので、詳しくはホームページをご確認ください。

見ただけで乗りたくなるライオンバス

一番のおすすめはやっぱりサファリ専用のライオンバスです。音声ガイドではカバーできない旬の情報やなどを生でガイドさんが説明してくれます。車高が高いのでキリンやゾウと同じ目線になってエサやりもしやすく、この楽しさと感動はライオンバスでしか味わえません。ライオンバスは冬季をのぞき、土、日、祝日は20~30分、平日は30~40分の間隔で循環運行しています。

大迫力のWILDRIDEが人気

新感覚のWILDRIDEが誕生

天井から足元まで金網で覆われ、さまざまな角度から間近で野生動物を鑑賞できるWILDRIDE。マイカーやライオンバスとはもう一ランク上の迫力と大興奮が体験できます。金網ひとつを隔てた至近距離で野生動物を目にする機会なんてそうありません。さらにワイルドに動物たちを観察しちゃいましょう。

さらに肉食動物のエサ+草食動物のエサセットを別途購入すれば、ライオンやキリンたちにエサをあげることができ、楽しさ倍増です。ライオンの鋭い牙を間近で見られるなんてスリル満点ですよね。WILDRIDEは毎日運行してます。

WILDRIDEを利用するにはホームページから事前に予約が必要で、来園当日に受付ゲートにて予約した旨と名前を伝えればOKです。雨天時でも運行するためキャンセルは不可となっています。また、小学生未満の方は乗車できないのでご注意ください。

見どころはここ。園内を巡ってみよう

肉食動物ゾーンには大迫力のトラやライオン

ホワイトライオンやベンガルトラ、アフリカライオンがいる肉食動物ゾーンは、夜行性の動物たちなので昼間は寝ていることもしばしば。ただし、大変危険ですのでもし寝ていたとしても絶対に窓は開けないでくださいね。

可愛い小動物が集まるふれあい広場

屋根付きの広場でうさぎ、ヤギ、ラマ、ポニーなどの可愛い動物たちとたわむれることもできます。小動物やおだやかな動物が多いので、怖がらずエサやりができ、小さなお子様にも大人気の広場です。

モルモットはスタッフが膝の上に載せてくれます。だっこの仕方も教えてもらえるので安心ですよ。カピバラも近くまでやって来たら背中を触らせてもらえるそうです。時間限定でカピバラへのエサやりができるのでぜひチェックしてみてください。

草食動物ゾーンでは、きりんやシマウマに餌やりができる

草食動物ゾーンの魅力は、目の前まで動物たちが迫ってくること。キリンが近づいてきたら、窓を少し開けて手渡しでエサやりを楽しみましょう。ロバやシマウマは手をかじられないように、エサを投げてあげるのがポイントです。

ベンガルトラのボルタが可愛い

癒し系猛獣のボルタ

那須サファリパークでは世界に約30頭ほどしか見られない希少な模様をもつベンガルトラを見ることができます。金色の毛並みをもつベンガルトラのボルタ(オス 7歳)が大人気です。ボルタは2018年の5月に岩手サファリパークからやってきました。猛獣とは思えない優しい表情と愛らしい仕草がみんなに愛されています。赤みがかった毛色からストロベリータイガーと呼ばれることもあるそうです。

ボルタが見られるのは、トラのサファリゾーンにて月、水、金曜日ですが、それ以外の火、木、土、日は、メスのラブとイオンを見ることができます。ボルタくんは土・日のお肉やりイベントも担当しています。

ナイトサファリも楽しめる

暗闇の中から現れるナイトサファリを開催

夜になったら、トラやライオンなど夜行性動物の生態を見られるナイトサファリを探検しましょう。暗闇の中から現れる野生動物たちの姿に、子どもから大人までわくわくドキドキの連続です。キリンなどの草食動物たちには、ナイトサファリでもエサやりを楽しめます。

ナイトサファリはバス料金が無料となっています。開催スケジュールはホームページでご確認ください。夜のドキドキの大冒険のチャンスを逃さないように。

那須サファリパークへのアクセス

車での行き方

駐車場は約350台ですべて無料となっています。交通情報などをチェックして計画を立ててくださいね。東北自動車道那須I.Cから那須街道経由で約15分、那須ガーデンアウトレットが目の前の黒磯板室I.Cからは約25分です。

電車・バスでの行き方

電車の場合は、JR東北新幹線那須塩原駅でJR東北本線に乗り換え、黒磯駅で下車。東野交通バスの那須ロープウェイ・那須湯本方面に乗って約17分の那須サファリパーク入口バス停で下車すると、そこから徒歩約5分です。なお、那須高原を移動するなら周遊シャトルバス、キュービー号がおトクで便利です。那須サファリパークは停留所があるので入場ゲートまでバスが来ます。

住所|栃木県那須郡那須町高久乙3523番地
営業時間|【平日】9:00 am – 5:00 pm 【土・日・祝】8:30 am – 5:00 pm ※季節により変動があります。
定休日|HPにて要確認
電話|0287-78-0838
公式サイトはこちら

まとめ

那須高原にある那須サファリパークは、野生動物を間近で見てふれあえる刺激的なテーマパークです。ナイトサファリではダイナミックな肉食動物たちの姿を見ることができます。いつもの動物園とはひと違った体験を味わってみてはいかがでしょうか。