3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり

四国の北西にある愛媛の中心地、松山にある道後温泉は日本最古の温泉と言われるほど古くから知られた温泉です。

著名人にもファンが多く、夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台となり、さらに広く知られるようになりました。

この最古の温泉の周囲には、この地を治める拠点となったお城などの歴史スポットも見応えがあります。

今回は温泉の歴史と合わせて、その周辺歴史スポットをご案内いたします。

日本最古の美肌の湯 道後温泉

日本最古の美肌の湯 道後温泉

image by iStockphoto

有馬温泉と白浜温泉と並んで、日本三古湯と称されている道後温泉。

その存在は古事記や日本書記にも記されており、開湯3000年の歴史を持つ由緒ある名湯のひとつです。

道後温泉を訪れた人には、神話の時代には大国主命、斉明天皇と聖徳太子などの皇室の方々をはじめとして、歌人の山部赤人、小林一茶、与謝野晶子や正岡子規などの文化人たちもいます。

アルカリ性の泉質は肌への刺激は少ないなめらかな美肌の湯として、老若男女に好まれています。

道後温泉では、無加温で無加水の源泉掛け流しを楽しめます。

道後温泉の白鷺伝説と神様たち

道後温泉の起こりは、一羽の白鷺でした。

ある時、足を怪我した白鷺が、岩の間から湧き出す湯に降り立ちます。

その白鷺は毎日足を付けているうちに足の怪我は治り、元気に飛び立ちました。

それを見ていた人がその湯につかると不思議と疲れや怪我が癒されていく事に気づきます。

白鷺が教えてくれた事に感謝し、鷺石と呼ばれる石が道後温泉街入口の放生園に置かれ、足湯が楽しめるようになっています。

また、古事記には大国主命が病気になった少彦名命を掌に乗せて道後温泉の湯で温めたところ、その病は癒え、少彦名命は石の上で踊ったと伝わります。

その踊った石は「玉の石」と呼ばれ、道後温泉本館の北側に奉じられています。

古来より、白鷺も少彦名命も怪我や病が治るほど、湯治効果が期待できる温泉とされてきた事がわかりますね。

時代ごとに残る道後温泉の姿

596年の聖徳太子の時代には、道後温泉の風光明媚な土地と良質な温泉を賞賛して碑を建てたと伝わります。

また、額田王が斉明天皇の船団が出航する時に詠んだ歌が今も残ります。

歌が詠まれたのは朝鮮半島で起こった白村江の戦いの時期と同じ事から、松山の港町・熟田津(にきたつ)から出兵していく様を詠んだと言われます。

平安時代には源氏物語にも登場しており、都では「伊予の湯桁(ゆげた)」といえば、数がたくさんあることの例えとして用いられていました。

道後温泉の名が浸透していたのと同時に、その頃には温泉に入れる施設がたくさんあったという事も伺えます。

鎌倉時代にはこの土地を治めていた豪族・河野道有の依頼で1288年に一遍上人が湯釜の宝珠に「南無阿弥陀仏」の6文字の名号を書いたと言われています。

この湯釜は、現在は湯釜薬師として道後公園の一角に奉られています。

道後温泉の代表・道後温泉本館

道後温泉の代表・道後温泉本館

image by iStockphoto / 29018382

道後温泉街の中心で重厚な存在感で目を引く建物が、現役の公衆浴場として活躍する道後温泉本館です。

江戸時代の松山藩が整備した身分や男女に分けた温泉施設で賑わった道後温泉でしたが、明治時代のはじめにはその姿はありませんでした。

明治時代の1890年に、温泉の管理をする役目でもある初代道後湯之町町長となった伊佐庭如矢が老朽化した道後温泉本館を改築を提案します。

彼は松山城を救った人物でもありました。

本館の改築には当時の費用で20億以上という莫大なものでした。

そのため当時は大変な反対にあって、法厳寺への立て籠もりの抗議もあったほど。

彼は他所が真似ることの出来ないものを作ってこそ100年後も物を言うと考えで、改築を進めていきました。

この費用の一部は彼の志に耳を傾け、出資してくれた町民たちの寄付で賄われたのです。

その費用を返すことはできないため、お礼として「永代終身入浴券」が配られました。

この入浴券は代々長男夫婦が権利を引き継ぐ無料入浴券。
現在でもこの入浴券は有効で昔からこの地に住む方々が利用しているそうです。

道後温泉本館はタイムスリップする迷路のよう

道後温泉本館はタイムスリップする迷路のよう

image by PIXTA / 6649621

道後温泉本館の前に立つとどこの老舗商家だろうと思うほどその佇まいは威風堂々としています。

木造三層楼には唐破風の屋根と湯玉の鬼瓦、屋根の上の白鷺の姿が。

1994年に公衆浴場で初めての重要文化財に指定されました。

湯の種類を選んでチケットを持って、たくさんのレトロな下駄箱が並ぶ入口を通るともうそこは明治から昭和時代の世界。

スタジオジブリの「千と千尋の神隠し」に出てくる建物のモデルになったというのも納得です。

狭い廊下には道後温泉本館を舞台とした夏目漱石の「坊ちゃん」を映画やドラマにした際の写真や本館の歴史、お湯についての説明が並びます。

廊下を抜けて急勾配な階段を登ると大きな畳敷きの部屋にたどり着きます。

湯上りの人々がゆっくりと休憩するスペースで、そこからお姉さん達が浴衣と共にお湯を案内してくれます。

休憩スペースから案内された方へ行くと、小さな部屋を通り抜け、曲がり、階段を降りたりとその中は迷路の様。

ここには2種類の内風呂があり、砥部焼の陶版が昔ながらの銭湯の風情が漂う「神の湯」と、ちょっと高級感のある「霊の湯」を楽しめます。

道後温泉本館では、温泉は浴槽の中だけでなく、蛇口のお湯も温泉というから驚きです。

お湯の温度はやや高めですが、美肌の湯なだけあってなめらかなお湯に心も身体も癒されます。

道後温泉本館の中には「坊ちゃんの間」と呼ばれる夏目漱石も使った個室や日本唯一の皇室専用の湯殿なども見学できます。

毎日6時、正午、18時に時を告げる振鷺閣の太鼓の音を聞きながらタイムスリップ気分も味わえます。

中世の足跡を残す湯築城跡(道後公園)

中世の足跡を残す湯築城跡(道後公園)

image by PIXTA / 10545085

道後温泉本館の南側に、ちょっとこんもりとした緑豊かな丘を中心とした公園が広がっています。

ここにはかつて平安末期から戦国時代に伊予国を支配した守護の河野(こうの)氏の居城があった場所。

平安末期の源平合戦で河野通信は源氏方に組し、主に壇ノ浦の合戦で活躍し鎌倉幕府の有力な御家来衆となります。

元々は現在の今治と松山の間にある北条地域に本拠地としていた河野氏は、幕府から伊予の統治権を賜り、道後温泉の地域にまで勢力を広げました。

1221年の承久の乱で1度勢力が衰えますが、1281年の元寇で通信のひ孫・通有が活躍します。

そこから勢力の盛り返しが高まった南北朝時代の1335年ごろ、通盛により北条の河野郷から湯築城へ本拠が移されました。

その後は近隣の大内・大友・毛利氏などと同盟や姻戚関係を持ちながら、伊予国を治めていきました。

1535年ころに城の防御を高めるために湯築城の外堀を築き、姻戚関係であった村上海賊衆のひとり、来島氏との関係を強化し戦国時代を迎えます。

その後は全国統治を目指す豊臣秀吉の四国攻めによって、小早川隆景に湯築城を明け渡すことになりました。

湯築城は河野氏とともに約200年に渡りこの地を治めたのです。

戦国時代を生き抜いた湯築城を体感

現在は公園となっている敷地全体が湯築城跡で、国史跡として現在でも発掘が進められています。

公園の真ん中の丘の上、現在は展望台があるところに居城がありました。

14世紀のお城は近代のお城にある天守閣などはないので、平屋の館がここにあったとさらています。

ここからは道後温泉をはじめ、西の松山城や市街地が見渡せます。

築城された頃は丘の地形を利用して造られた山城でしたが、現在では内堀と外堀の他にそれぞれに土塁跡が見れることから、15世紀には二重に堀と土塁で囲まれた堅牢な平山城となったと考えられています。

公園内の南側は戦国時代の武家屋敷があったエリアで、現在はその復元した建物や発掘物を見ることができます。

また、南側の外堀の内側には排水溝のある道路も張り巡らされていた跡があります。

東側の外堀と内堀の間は広い平地になっており、礎石や土塀の遺構から庭付きの屋敷があったとし、上級武士たちが居を構えていたと思われます。

現在の西側にある公園入口西は当時は裏口に当たる搦手門で、正面は上級武士が住む東側が大手門でした。

そして、この史跡の中で面白いのが、公園を囲む外堀土塁の中側を見る事ができる展示。

外堀土塁の中でも保存状態の良い箇所をくりぬいており、土塁内部の構造や弥生時代の層など築造過程が説明されています。

土塁の中に入って土壁の断面を間近で見学できる全国でも珍しい展示です。

湯築城跡は珍しく中世の時代の縄張り全体が残っており、また、1番深いところで3メートルの深さがあった外堀を作るときに盛土で土塁を作った跡があり、築城の歴史を知ることのできる史跡として、歴史的価値があります。

公園内をぐるりと歩くだけでもそこかしこに当時のお城を感じることのできる公園です。

連立層塔天守閣の集大成・松山城

連立層塔天守閣の集大成・松山城

image by PIXTA / 29663490

松山の路面電車に乗ってしばらく行くと、北側に緑豊かな小さな山が現れてきます。

その山は勝山といい、その上には天守閣を残す松山城が。

松山城はその山の名から勝山城とも、お堀に金の亀が住んでいたことから金亀城とも呼ばれています。

このお城は、関ヶ原の合戦の際に徳川側で戦い、その戦功を認められた加藤嘉明は伊予20万石に譜されたことから始まります。

1603年に加藤嘉明によって五重の天守を持つ城として建てられたのが松山城です。

そして、1627年になると加藤嘉明は幕府より会津に転封となり、代わって東北の出羽より蒲生氏が松山城に入ります。

しかし、その7年後に嫡子を残さず当主が死去してしまい蒲生家は断絶。

そのため、徳川家康の異母弟の松平定勝の子である松平定行が桑名より転封されてきます。

その定行は3年の歳月をかけて五重の天守を三重の天守閣へ改築しました。

土地の地盤が弱かったので天守の安全ために行ったとも、江戸城や大阪城に配慮したためとも言われています。

その後は松平家が代々この城の主として過ごします。

8代将軍徳川吉宗の孫に当たる松平家9代目当主・定国の時代、大きな事件が起こります。

1784年、天守閣が落雷によって焼失してしまったのです。

定国の子・定通が父の遺志を継ぎ天守閣復興に着手するも、自身の逝去と作業現場の火災により一旦頓挫します。

12代目当主・勝善の代に再度復興に着手し、1854年に悲願の天守の復興が完了しました。

このときに復興した天守閣が現存している天守閣になり、江戸時代に建てられて現存する日本で唯一の天守閣でもあります。

松山城は石垣と門に仕掛けがいっぱい

山の上にある松山城へは、江戸時代とおなじく三ノ丸から歩いて登るか、ゆっくりとロープウェイやリフトで市街地を見下ろしながら登るかを選ぶ事ができます。

ロープウェイやリフトで登ったら、ここからは徒歩でお城へ参内する気持ちでお城の門をくぐっていきましょう。

大手門へ続く道を歩くと、見上げるほど高い石垣が現れます。

この高い石垣は加藤嘉明が築城した当時の姿を部分的ではありますがよく残しており、美しい曲線を描く10メートルの高さの高石垣は扇勾配と屈折を連続させ屏風折を用いて、防御性を高めてます。

そして、松山城の石垣の中でも特徴的なのが、「登り石垣」です。

登り石垣は主に秀吉の朝鮮出兵の際に韓国で築かれた倭城で用いられた普請手法。

山の上にある城へ山腹からの侵入を防ぐ為に張り巡らされた石垣で、その登り石垣を二ノ丸広場から登る途中で見る事ができます。

大手門を通り登城道をU字に曲がると、1番最初に現れるのは扉のない戸無門。

その門は昔から門扉がなく、門の柱にも扉をつけた形跡がない為、わざと扉を用意しなかっと考えられます。

戸無門をくぐり左に折れると直ぐに松山城最大の門である筒井門が行く手を阻みます。

筒井門の前はL字型で、門の両脇は石垣で固められ、上から攻撃できる櫓門です。

門のない戸無門をくぐり、油断した兵はここで大きく打たれる事になります。

そして、この筒井門にはもう1つ仕掛けがあります。

筒井門の奥の石垣の影には、隠された埋門(うずみもん)形式の櫓門が。

筒井門に迫る敵には気づかれにくく、ここから出てきた兵は背後から敵を襲うことかできるようになっています。

隠門は筒井門から連なる櫓門で、下見板張りや格子窓形式の突き揚げ戸などとともに築城当時の面影を見る事ができます。

これらの門や太鼓櫓を超えるとやっと本丸です。

江戸時代末期に完成した最後のお城

本丸に出るとやっと天守閣の全貌を見る事ができます。

早速天守閣へ登りたいところですが、その前に押さえておきたいのが、北西にある乾門と野原門。

この二つの門は築城当時の姿を残しており、防御上とても重要な櫓門でした。

野原門は日本で唯一現存する望楼型二重櫓で、天守の原型とも言われています。

天守は本丸からさらに高い石垣の上に建てられており、小天守と大天守がつながれた連立層塔型天守閣です。

この形式は戦国時代から江戸初期にかけて完成されたもので、江戸時代末期に復興した際に慶長時代に作られた様式を踏襲しました。

江戸時代になると新しい城を建てることは禁止されていたため、焼失した天守閣を再興する際には、幕府の許可が必要でした。

しかし、その普請の費用は藩持ちだったため、多くの城では焼失した際にはその時にできる形で再興するか天守を建てることはなかったのです。

しかし、松山城は長い年月をかけて復興を果たし、黒船来航の翌年に落成し、江戸時代最後の完全な城郭建築として今に残ることとなりました。

現存する12天守の中で唯一、築城主として瓦に「葵の御門」が付されています。

道後の長い歴史とお湯につかってみましょう

松山の市街地と道後温泉をつなぐ路面電車。

一日に数回、レトロな装いの「坊っちゃん列車」がその路線を走ります。

万葉の時代から愛されたお湯につかり、そぞろに温泉街を歩いたら中世の城跡を留める公園をぶらりもよし。

または戦国から江戸の足跡を残す城をなぞった後に明治から昭和の風情を残す道後温泉本館で坊ちゃんの主人公のようにくつろぐもよし。

歴史を思い出しながら、道後温泉で自分なりの楽しみ方を見つけてみてくださいね。

photo by PIXTA and iStock