狸が祀られている金長神社。「平成狸合戦ぽんぽこ」にも登場する狸のための聖地

公開日:2018/11/19 更新日:2019/10/24

トラベルパートナー:トラベルパートナー: kana
徳島県出身。徳島県を中心に、四国と住んだことがある大阪府、愛知県の記事を書いています。旅行は夫か母、友人などとの二人旅がメインです。神社仏閣や歴史が好きなので、そのスポットにまつわる豆知識をふまえて見どころをご紹介します。
金長神社には阿波の狸の総大将がお祀りされとるんでよ

狸というと、愛嬌のある姿で可愛らしいイメージのある動物ですよね。そんな狸ですが、徳島県をはじめとする四国では、神様として多く祀られているのはご存知ですか。狸にまつわる伝説が多い四国で総大将となった一匹の狸と、その狸を祀る神社の魅力をご紹介します。

狸の神さまがお祀りされた金長神社

狸が祀られているという珍しい神社である金長神社(きんちょうじんじゃ)。そんな金長神社にはどんなご利益があるのでしょうか。

かなり珍しい狸の神様

神社に祀られている動物といえば犬やキツネを思い浮かべる人が多いでしょう。徳島県には全国的にも珍しく、狸が祀られている神社や祠がたくさんあります。小松島市にあり、阿波の狸の総大将である金長が祀られている金長神社は、そのなかでも最も大きく地元では非常に親しまれています。

金長狸の名が世に広まった阿波の狸合戦

金長は、阿波の狸合戦により有名になりました。阿波の狸合戦とは、江戸時代に起こったという狸たちの戦争の伝説です。当時狸の総大将であった六右衛門と戦った金長は、戦いには勝利したものの自身も致命傷を負いました。何とか恩人である茂右衛門のもとへ帰りましたが、礼を告げるとすぐに息を引き取ってしまいます。

茂右衛門はその金長の姿に心を打たれ、また、念願だった正一位の位をあと一歩のところで授かれずに息絶えてしまったことを哀れみました。茂右衛門は自ら京都に向かい、金長の代わりに正一位を授かります。こうして金長は死後、正一位を授かり、現在でも正一位金長大明神として祀られているのです。

金長神社の御利益は

金運のパワースポットとして知られる金長神社には、商売繁盛や開運の御利益があります。日峰神社の境内社である金長神社本宮も金運アップの神社として知られ、あわせてお参りすることでより御利益を受けることができます。

致命傷を負ってもなお恩人に礼を述べることを諦めなかった、義理に固く情に厚い金長は、決して私利私欲のための願いは叶えてくれません。世のため人のためになる願いを叶えてくれると言われています。

金長神社には狸がいっぱい

金長神社には、狸が祀られているだけではなく、神社の中にはさまざまな狸の姿を見ることができます。また、神社の敷地内だけではなく、小松島市内にも狸の姿は溢れています。

金長神社は市営グラウンドの端にあり、決して大きな神社ではありません。しかし、境内には狸の像や置物がたくさんあり、お祭りで使われる神輿は金長が祀られたもの。手作りの置物もたくさん置かれており、金長、そしてこの金長神社が地元でいかに愛されているかを感じることができます。

四国には他にも狸の神さまがいる

実は、狸の神様は小松島市だけではありません。四国には金長神社のほかにも狸の神様がいます。

四国に多い狸信仰

全国的に珍しいことですが、徳島県のみならず四国では古くから狸が多く祀られています。これは、四国には山が多いため、山岳畑作の信仰心からくる特別なものです。反対に、本州では稲作信仰から、稲荷神社に狐が多く祀られています。しかし、四国には狐がいないとされています。それは、かつて愛嬌のある狸を贔屓していた弘法大師空海が狐を追い出したという伝説に由来しています。

屋島の太三郎狸が祀られた、蓑山大明神

日本各地の民話に登場するなかでも特に有名な3匹の狸を日本三大狸と呼び、そのうちの一匹が香川県にいます。高松市の屋島山上の蓑山大明神に祀られている太三郎狸です。

蓑山大明神は、空海にゆかりのある88の寺院である四国八十八か所の、84番札所屋島寺の隣に位置。商売繁盛や夫婦円満、家庭円満の御利益があり、多くの人が訪れる人気スポット。神社の横に位置する蓑山塚には、願い事が叶った人がお礼参りで奉納した狸の像であふれています。

住所|〒761-0111 香川県高松市屋島東町1808
営業時間|7:00 am/pm – 17:00 am/pm(社務所受付時間)
定休日|なし
電話|087-841-9418(屋島寺)
公式サイトはこちら

狸の御朱印は眉山天神社へ

金長神社は社務所がないため、御朱印をはじめお守りなどの授与品が一切ありません。徳島県で唯一御朱印がいただけるのが眉山天神社の九人大明神(くにんだいみょうじん)です。狸を祀った神社らしく、月ごとに替わるデザインは狸モチーフで可愛いと大人気。御朱印を集めている人には見逃せない珍しいデザインの御朱印でおすすめです。

住所|〒770-0908 徳島市新町橋2丁目21
営業時間|9:30 am/pm – 16:00 am/pm(社務所受付時間)
定休日|なし
電話|088-622-9962
公式サイトはこちら

金長神社と金長狸はジブリ作品にも登場

金長神社は、ジブリ作品の平成狸合戦ぽんぽこをはじめとして、さまざまな映画や漫画に登場しています。その結果、金長神社は、多くの映画ファンやアニメファンにも愛されています。



ジブリ作品にまで登場

狸合戦と聞くと、スタジオジブリのアニメ映画である「平成狸合戦ぽんぽこ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。金長神社や金長狸の子孫がこの映画に登場していることから、ジブリファンの間でも人気のスポットに。

リアル平成狸合戦勃発中

県内外から愛されている金長神社ですが、現在危機に瀕しています。小松島市が、この場所を防災公園の駐車場とするように再開発計画を進めているのです。市は防災公園に記念碑を残すが、金長神社そのものは取り壊すと計画

これに反発した金長神社を守る会によって、この計画に反対し神社を残すよう要請する署名が国内外から集められ、その数は1万にも。しかし、現在のところ小松島市によって計画を撤回する方針は示されておらず、神社の行方に注目が。

金長さんを未来に残したい。金長神社を守る会

署名活動を行った金長神社を守る会は、小松島市との交渉を続けています。加えて、月に一度金長神社の清掃活動を行ったり、神社に親しんでもらうため、葉っぱ絵馬という絵馬を始めたりと精力的に活動するグループです。ブログやツイッター、公式ウェブサイトでも情報発信をしているので、ぜひ一度チェックしてみてください。

今も徳島で愛されている金長狸

徳島では金長をはじめとして、狸は身近な存在です。金長神社に加え、県内に点在する小さな狸の祀は、地元の人から愛され、大切に守られてきました。そんな狸の祀をめぐるスタンプラリーが10月に開催されており、さらに毎年11月には狸まつりも開催され、狸の里である徳島をたっぷり楽しむことができます。

徳島土産にも金長狸。狸モチーフのお菓子

多くの人から愛されている狸をモチーフに、お饅頭やケーキなどが作られ、徳島土産として人気となっています。

徳島銘菓 金長まんじゅう

県内の至るところに狸を祀っている徳島県では、当然お土産にも狸モチーフのものがたくさんあります。定番は80年もの間ロングセラーを続けている金長まんじゅう。チョコレート風味、金長ゴールド、金長まんじゅうプレミアムというバリエーションに、さらに春には桜風味など期間限定のものも含め豊富な種類が用意されています。

たぬきケーキも

金長まんじゅう以外にも狸モチーフのスイーツはたくさんあります。金長まんじゅうを販売している製菓販売会社のハレルヤでは、食べるのがもったいないほど可愛いたぬきケーキも大人気です。徳島の入り口である徳島駅や、イオンモール徳島内のハレルヤ店舗でも購入でき、お土産としておすすめ。

阿波の狸合戦では金長の敵だった六右衛門狸も

阿波の狸合戦で金長と戦ったのは六右衛門という狸ですが、この六右衛門狸をモチーフにした、阿波福々六右衛門というまんじゅうも販売。チョコレートのモダンなテイストである金長まんじゅうと違い、徳島名物の鳴門金時あんが入った風情のある味わいが特徴。さらに、六右衛門の顔の形がかわいいということでお土産として人気が高い商品です。

住所|〒771-0220 徳島県板野郡松茂町広島字北川向四ノ越30
営業時間|9:30 am/pm – 17:30 am/pm
定休日|無休
電話|088-699-7611
公式サイトはこちら

金長神社へのアクセス



電車・車での行き方

金長神社へは公共交通機関または車でアクセスができます。電車を使う場合、JR南小松島駅で下車してから徒歩20分ほどです。車の場合は、徳島阿波おどり空港より約50分、あるいは徳島I.Cより約30分。金長神社近くには無料で利用できる駐車場も用意されています。

住所|〒773-0015 徳島県小松島市中田町脇谷 市営グラウンド横
営業時間|参拝自由
定休日|なし
電話|0885-32-3809(小松島市産業振興課)
公式サイトはこちら

まとめ

四国は全国的にも珍しく、狸が多く祀られています。中でも、阿波の狸合戦で伝説を残し、その義理堅い性格から今もなお愛されている金長が祀られている金長神社は、徳島県の観光スポットとして大人気です。街に隠れた狸を探しながら、金長に会いに行ってみてはいかがでしょうか。