池間大橋は宮古島と池間島を結ぶ1.4kmの橋。エメラルドグリーンの海に心が満たされる

ぱにぱにの絶景、池間大橋にんみゃーち

人気の観光地である沖縄県宮古島は、国の天然記念物に指定された自然が息づく美しい場所です。透き通った海に心地いい潮風、色鮮やかな熱帯魚たちとサンゴ礁と、その魅力は語り尽くせません。なかでも池間大橋から眺める景色は格別で、宮古島の美しさを存分に味わうことができるんですよ。

宮古島から池間島へかかる1.4kmの大橋

池間大橋は3つの大橋の中のひとつで、宮古島と池間島を結ぶ橋のことを指します。エメラルドグリーンに輝く海を貫いて真っ直ぐにのびた橋からの景色は格別な美しさで圧倒されます。ドライブと徒歩と異なる交通手段で景色を堪能しましょう。

宮古島エメラルドグリーンの海に浮かぶ

サンゴ礁が隆起してできた宮古島は、島全体が平坦な大地で、広い青空の下に真っ青に透き通った海原が広がる美しい島です。宮古列島は、池間島をはじめとして、大神島、伊良部島、来間島、下地島、多良間島(たらまじま)、水納島(みんなじま)の7つの離島で成りたっています。池間大橋は、その宮古島と離島を結ぶ大橋で、伊良部大橋・来間大橋と並ぶドライブにおすすめな3大橋の一つです。

生涯忘れられない絶景

1992年に開通した池間大橋は、宮古本島と宮古島の北西にある小さな池間島とを結ぶ橋で、3つの大橋のなかで最初に架かった大橋です。橋の長さは全長1425メートルにわたり、通行料は無料となっています。

エメラルドグリーンの海を貫いて真っ直ぐにのびる海の道を車窓から眺めてもいいですし、宮古島や池間島から眺めるのもまた素敵です。池間大橋は徒歩で渡ることもでき、サンゴ礁や白いの砂浜をのぞむエメラルドグリーンの海を独り占めにしたような感覚が味わえます。

大橋を眺める絶景スポットは2ヶ所

この世のものとは思えない美しさの宮古島エメラルドグリーンを見られる池間大橋ですが、2ヶ所ある絶景スポットをご紹介します。

宮古島側の絶景スポット

宮古島側のたもとには駐車場があります。売店やお土産屋さんなどはなく、駐車スペースのみで、宮古空港から車で約30分ほどのところにあります。

池間大橋はおよそ1.4kmの橋のため、ゆっくり歩いても30~40分程度ですので、写真を撮りに行ってみるのもオススメです。運が良ければウミガメが悠然と泳ぐ姿を見れることも。吹き抜ける潮の香りを思いきり全身で感じてみましょう。

池間島側の絶景スポット 海美来

View this post on Instagram

「ここが美味しい宮古そば part5」 今回紹介する食堂は「海美来」(かいみーる)‼️ 池間大橋を渡って直ぐ右手のお土産屋さんです ? お土産屋さんで宮古そば⁉️となりますよね ? 「かいみーる」と言うのは、方言で「買ってちょーだい」という意味を表します ? 主にお土産屋さんですが、食事も提供していますよ 〜 って感じです ? オススメは「サザエ宮古そば」です ? スープは濃厚な味付けで、口の中でサザエの香味が広り、飽きが来ない味付けです ⛲️ 個人的ランキングでは上位に君臨しています ☝️その他にも、ゴーヤチャンプルーの味付けも絶品 ✨ ゴーヤ・スパム・豆腐・卵 これぞまさしくゴーヤチャンプルー‼️ こちらのお店、またまだ紹介したい物があるので、次回紹介します ? #海美来 #サザエ #お土産屋さん #池間島 #池間大橋 #宮古そば # サザエ宮古そば #宮古島方言 ##宮古 #宮古島 #宮古島旅行 #沖縄 #沖縄旅行 #三線 #宮古民謡 #シーサーたきどぅん

A post shared by シーサーたきどぅん (@si_sa_takidun) on

池間島の橋のたもとにも駐車場があって、ここには売店などがあります。なかでもおすすめは海美来(かいみーる)という食堂兼売店で、お店の屋上を開放しているので、展望台のように上から池間大橋を眺められます。

こちらが海美来からの眺めです。ご覧のとおり見晴らしバツグンです。何も買わなくてもお店の方に声をかければ屋上にあがることができます。

池間島のおすすめ観光スポット

池間島には、NHK朝ドラのロケ地にもなったビーチや見ると幸せになるといわれるハート岩、ダイビングスポットなどたくさんの見所があります。

NHK朝ドラのロケ地イキヅービーチ

池間大橋を渡った先の池間島は、周囲10kmほどの小さな島で、宮古島とも少し異なる独自の生態系や文化・風習などを持つため、民族学的にも注目されています。そして、池間島にはとっても有名なビーチがあるんです。それはNHKの連続テレビ小説「純と愛」のロケ地になったイキヅービーチです。

駐車場はなく小さな看板があるだけなので、邪魔にならない場所を探して車を停めましょう。ロープがあるので崖のようなところを下りていくと、その向こうには言葉を失うほど美しい白浜が広がっています。宮古島を訪れたらぜひ立ち寄ってもらいたいスポットです。

カップルで訪れたいハート岩

さらにイキヅービーチには、見ると幸せになるといわれるハート岩があります。このハート岩は干潮の時にしか見られないので、せっかくなら干潮時刻を調べてから出掛けましょう。ここは泳ぐというよりも眺めを楽しむビーチなので、波の音を聞きながらまったりと過ごすのにぴったりです。

県道230号線を左回りで行き、池間島で唯一の信号を超えると数分でハート岩という小さな看板が見えてきます。その少し先にマリンサービスなどの看板が複数みえてくると到着です。

住所|沖縄県宮古島市平良字前里976-
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

幻の大陸、八重干瀬でダイビングがおすすめ

池間島から船で約30分のところには幻の大陸といわれる八重干瀬(やびじ)があります。八重干瀬とは、春から夏にかけての大潮~中潮の干潮時だけ現れるサンゴ礁群のことです。

サンゴが幾重にも重なって見えるさまからその名が付けられた八重干瀬は、東西約6.5キロメートル、南北17キロメートルにわたる日本最大級のサンゴ礁群。透き通った美しい海だからこそ見られる貴重な生態系なんだそうです。大自然の雄大さを肌で感じることができます。

八重干瀬へは船でしか行けないため、多くの八重干瀬ツアー船が池間島から出航しています。池間島は30分ほどで到着し、ダイビングを楽しめます。本格的なダイビングだけでなく、シュノーケリングツアーもたくさんあるので、初心者でも安心です。

海の中へ潜ると夢のような美しさが広がっています。色とりどりのサンゴ礁や無数の熱帯魚が群がるその光景は、宮古島のなかでも人気のシュノーケル、ダイビングスポットです。日本のグレートバリアリーフとも呼ばれあまりに貴重な生態系なので、2013年には国の天然記念物に指定されました。八重干瀬はダイバーたちにとって憧れの場所でもあります。

運がよければカクレクマノミやウミガメと遭遇し、一緒に海を泳げるかもしれません。ほかにもイルカや人を襲わない種類のサメなどが住んでいて、まさに多種多様な生き物の宝庫です。ぜひ一度八重干瀬のダイビングを体験してみてください。

テイクアウトやランチにおすすめのお店

屋上からの展望がおすすめと紹介した海美来(かいみーる)ですが、名物料理やスイーツなどもあってランチにおすすめです。

海美来は宮古そばがおすすめ

海美来は芸能人が訪れるお店としても有名。宮古島好きで知られている千原ジュニアが、宮古そばが一番美味しいお店と紹介したのがこのお店なんです。ここのサザエそばも人気商品ですが、売り切れている場合もあるのでご注意を。

ほかにも紅芋もちやサザエのつぼ焼き、ゴーヤーチャンプルーなどがあります。アツアツの紅芋もちをテイクアウトして、ドライブしながらいただくのもおすすめです。

住所|沖縄県宮古島市平良字池間1173-7
営業時間|09:00 am – 19:00 pm
定休日|無休
電話|0980-75-2121
公式サイトなし

池間大橋へのアクセス

宮古島からの行き方

池間大橋とは県道230号池間大浦線のことです。宮古空港から車で北に向かうと約35分で着きます。宮古空港と池間島を直接結ぶ路線バスはないので、途中は徒歩でバスを乗り継ぎます。港ターミナルから宮古協栄バスに乗って平良市街地の北給油所前バス停で降り、そこから徒歩約15分の平良バス停まで歩き、八千代バスに乗って池間島へ向かいます。

住所|沖縄県宮古島市平良字池間
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

まとめ

池間大橋は宝石のような美しい海を間近で感じることができる絶景ポイントです。橋のたもとには名物グルメが食べられる食堂もあり、見どころ盛りだくさん。橋の先にある池間島へ行けば、憧れダイビングスポットシュノーケリングも楽しめます。宮古島を訪れた際はちょっと足を伸ばして、池間大橋の美しい絶景を存分に味わってみてください。