現代社会の必須アイテム「時計」はどのように生まれた? 誕生から現在までの歴史

現代では時間を確認する際の必須アイテムとなっている「時計」。現代の日常生活は時間によって動いており、掛け時計から腕時計、さらに携帯電話内蔵の時計といったように、いつどこでも時間を確認するのは生活の中で当たり前の行動となっています。それではそんな現代の必須アイテム「時計」が発明されるまで、過去の人々はどのようにこの商品を世に生み出したのでしょうか。

初の時計は日時計・水時計の開発

初の時計は日時計・水時計の開発

image by PIXTA / 2065241

時刻測定に使われた初の時計は、約6000年前の古代エジプトで使用された日時計でした。
これは地面に「グノモン(投影棒)」と呼ばれる棒を立てて、その棒の影の変化によって1日の移り変わりを見ていたとされています。

しかし日時計には大きな欠点があり、雨の日など「太陽が見えない日」には機能を発揮することができません。
こうした中で生み出された別の時計が「水時計」と呼ばれるもので、これは容器の底に小さな穴を開け、そこから水が漏れたあとの水面の高さで時刻を知る仕組み。
これであれば天気に関係なく時刻を知ることが可能に。
こうして発明された水時計は日時計が機能しない夜に使用され、時間によって時計を使い分けていたとされています。

水時計は古代ギリシャにおいて「クレプシドラ」と呼ばれて使用されるようになり、古代ギリシャの哲学者・プラトンは容器から溢れた水の力で銅の球がたらいに落ちる「目覚し時計」を発明。
プラトンは自作の目覚まし時計を自身が創設した学校で活用し、生徒はこの音を「起床時間を伝える音」にして起床していたとされています。
この後ギリシャでは裁判の時間測定にも使用されるようになり、正確に時間を図るための改良も実施。
紀元前325年頃には1時間単位で正確に読み取れるように。
水時計には正確性に欠点があり天気によって水の状態(温度によって蒸発、凍ることもあった)、水圧が変化すると正確に時間測定できないこともありましたが、進歩はたいへん早いですね。

航海にも重用された「砂時計」の開発

航海にも重用された「砂時計」の開発

image by PIXTA / 22140905

水時計の欠点を踏まえて作られた新しい時計は「砂時計」でした。
発明については古代エジプト時代、4世紀にフランスの僧ルイトプランドが発明したなどの説が存在しますが、原理は現在も存在する時計と同じ「2つの容器を細い管でつないだ」もの。
実際に使われるのはガラス技術が発達する13世紀からでしたが、逆さにして再計測でき揺れに強いことから航海で重用されるようになり、クリストファー・コロンブスやマゼランは航海に多数の砂時計を持ち込むことも。
長い航海では天気が荒れることもありますから「耐久性の高さ」は必須事項ですね。

このほかにも新たな時計の開発は進み、何かを燃やした燃え残り量を調べて時間を計る「火時計」は9世紀イギリス・アルフレッド大王が使用したことで有名に。
これは約30cmのロウソクが約4時間で燃え尽きる仕組みで、日本でも火時計が使われれることに。
「ランプ時計」は油を入れる容器に付けた目盛りで燃え減った油量を測定。
線香の燃える長さで時間を図る「香時計」は一定時間ごとに香りが変わるものなど工夫を凝らしたものも。
ただ「時間を図るだけのもの」としないところに創造性の高さがうかがえますね。

9世紀「機械式時計」の登場

天気などを利用した「アナログ」時計の時代を経て機械式時計が登場するのはヨーロッパ。
9世紀に当時の修道僧であったのちのローマ教皇・シルウェステル2世が祈りの時間を村人に知らせる目的で教会の鐘楼に自動で鐘を鳴らす機械を設置。
これが機械式時計の起源とされています。

その後世界で最初に機械式時計が造られるのは1270年から1300年頃。
この時代に造られた時計は現在の時計のような針を持たないもので、錘(おもり)を使用する仕組み。
この時計では時計を動かす錘、鐘を鳴らす錘の2種類が存在し、上部に取り付けられた「棒テンプ」が歯車の回転を一定の速度に制御する仕組みで稼働していました。

しかしこの時計は棒テンプが行う水平方向の往復運動に等時性(振り子など周期運動において、周期が振幅の大きさに関係なく一定である性質)がない、時計に導入していた「冠型脱進機」の振幅・摩耗の激しさという大きな欠点を抱えており、1日で30分から1時間のずれが生じることも。
これだけ時間のずれが生じては致命傷ですね。

こうしたずれを解消する時計を発明したのはオランダの科学者クリスティアン・ホイヘンス。
彼が発明した時計は「振り子」の原理を利用したもので、これによって1日に生じる時間のずれは2、3分まで短縮。
ホイヘンスは1675年にイギリスの自然哲学者ロバート・フックが発明した板バネを改良した「ヒゲぜんまい」を発明、これを懐中時計に利用。
これにより懐中時計の正確は大きく向上することに。

王族・貴族の装身具として「腕時計」登場

王族・貴族の装身具として「腕時計」登場

image by iStockphoto

大きく機能向上した懐中時計がさらに発達するのは19世紀以降。
この頃から王族・貴族の女性が身に着ける装身具として1個づくりの腕時計が登場、フランス革命で有名な皇帝ナポレオン・ボナパルトは1806年に皇妃ジョセフィーヌのために造らせたこともありました。

視認性や制度の悪さから発展しませんでしたが、時代が進むにつれ武器や電話・通信技術が発達すると戦場で重宝されるように。
従来の懐中時計では時間確認の際に毎回取り出して見なければいけませんでしたが、腕時計は片手を見るだけで時間確認できるためです。
一瞬の判断が戦況を変える戦場では、わずか数秒のタイムロスが命取りになることもありますからね。

こうして戦場で重宝されるようになった腕時計は、1879年にドイツのジラール・ペルゴ社が軍用品として2000個を製作。
これは時計を守るための装備としてダイヤル上に金属製カバーが取り付けられたデザインでした。
その後1904年にはブラジル人パイロットのアルベルト・サントス・デュモンがフランスの時計職人ルイ・カルティエに「パイロット用のデザインを取り入れた腕時計」の開発を依頼。
ここで開発された腕時計は「サントス」はデザインがパリの社交界で人気となり、現在まで続く腕時計の名作に。
機能性とデザイン性の両立ですね。

世界大戦で活躍する腕時計

世界大戦で活躍する腕時計

image by PIXTA / 1657313

戦場で重宝されるようになった腕時計がさらに注目を浴びるのは「第1次世界大戦」のときでした。
この頃にはモールス信号や音声信号といった高度な戦略が必要になり、砲兵らにとって腕時計は欠かせない存在に。
軍の請負業者は歩兵らのために腕時計を一括大量生産するようになります。

このときアメリカのパイロット間で流行した「A-11」は文字盤が黒地に白字とシンプルな腕時計で、現代の時計で一般的な12時間周期ではなく1日で回る「24時間周期」の時計。
この時計にはハック機能(秒針停止機能)も備わっており、同時期には「ブライトリング」が限られた燃料で飛行するパイロット用のストップウオッチ機能を装備した「クロノグラフ」を1915年に開発。

こうして戦争用に開発された腕時計は戦場で活躍、戦後無事に帰還した兵士はその後も腕時計を装着し続けるようになると、腕時計は生活に一般的なものとして普及していくことになりました。

時計開発で活躍した人物

振り子時計を開発「クリスチャン・ホイヘンス」

振り子時計を開発「クリスチャン・ホイヘンス」

image by PIXTA / 22256800

1629年4月14日、オランダのハーグで生まれまたホイヘンス。
幼いころから数学を得意としたホイヘンスはライデン大学で数学と法律を学んで卒業。
卒業した1655年には自作の望遠鏡で土星の第6衛星(タイタン)を発見、翌年には空気望遠鏡によってオリオン星雲を観測。
1657年に発明した「振り子時計」は1583年にイタリアのガリレオ・ガリレイによって発見された「振り子の等時性」を応用。
この発明の功績によって1663年にはロイヤル・ソサエティー(現存する最古の科学学会)会員に選定。

2004年に土星探査機「カッシーニ」に搭載、土星の衛星タイタンに投下された小型惑星探査機「ホイヘンス・プローブ」は彼の名前から名づけられたもの。
幼少期とその後で研究した分野は違いますが、研究心の強さは変わっていないのですね。

経度測定が可能な時計を開発「ジョン・ハリソン」

経度測定が可能な時計を開発「ジョン・ハリソン」

image by iStockphoto

1693年にイギリス・ヨークシャーに生まれたジョン・ハリソンは木工・大工職人をしていた父の手伝いをしながら物理学、機械工学を独学で習得。
その仕事の中で自作した時計の性能が高く評価されるように。

そんな彼は1714年にイギリス議会が「経度評議委員会」を発足、海難事故を防ぐため海上で経度を確定する手段をみつけたものに賞金を与える「経度法」を交付したことを知り、正確な航海時計作りを目指すことに。
1730年にロンドンの王立天文台長エドモンド・ハレーに逢いアイディアを伝えると、時計師ジョージ・グラハムから開発資金の援助に成功。

その後20年近い実験を積んだ1757年「H-3」、1761年に直径13cmの銀時計「H-4」を開発。
これが1761年から1762年にかけてイギリスからカリブ海・ジャマイカまでの往復実験航海において81日間で誤差5.1秒を記録。
このときは評議委員会の構成メンバーらが階級の低いハリソンの成功を良く思わず、わずかなお金しか支払われません。

ハリソンは残りの賞金を受け取るために引き続き実験を続行、完成させた「H-5」はバルバドスへの5か月航海で誤差15秒を記録。
これだけの記録を出せば文句は言えません。
最終的には1773年、国王ジョージ3世への直訴により残りの賞金が授与されたと伝えられています。

時計界のダ・ヴィンチ「アブラアン・ルイ・ブレゲ」

時計界のダ・ヴィンチ「アブラアン・ルイ・ブレゲ」

image by iStockphoto

1747年スイスのニューシャテルで生まれたアブラアン・ルイ・ブレゲ。
様々な革新的技術を発明「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」とも形容された天才時計師。

11歳の時に父親が亡くなり、母親の再婚相手が時計師だったことから14歳で地元レ・ヴェリエールの時計師に弟子入りして時計職人を目指すことに。
1775年にはフランス・パリのセーヌ河畔のシテ島のケ・ド・ロルロージュ工房を構え、時計ブランド「ブレゲ」を創業。
1780年に信頼性を備える自動巻き時計「ペルペチュエル」を開発したのを皮切りに、1795年の「パーペチュアルカレンダー(日付、曜日、12か月の名称を表示、これらが特殊なカムを利用して自動修正される)」などを開発。

そうした実績にフランス王妃マリー・アントワネットが注目、1783年には王妃から依頼を受けて超複雑時計「マリー・アントワネット」の開発を開始。
彼が生きている間に完成することはできませんでしたが、弟子たちが仕事を受け継ぎ1827年に完成。
国の王妃も引き付ける才能の高さは見事です。

個性的な時計

現代では個性的な時計も登場。
スイスの時計メーカー「ROMAIN JEROME(ロマン・ジェローム)」が2016年1月に世界85本限定で発売した「RJ X スーパーマリオブラザーズ(RJ X SUPER MARIO BROS.)」は任天堂から1985年に発売された人気ゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」の発売30周年を祝って発売されたコラボレーション時計。

ダイヤルには手作業によるエナメルでかたどられたマリオ、キノコといったキャラクターのモチーフが3層から成るピクセルデザインの中に表現。
価格は250万円(税抜き)とお高めですが、ゲームの世界が時計の中で楽しめる画期的な一作と言えますね。

会社では他にも画期的な作品を発表しており、2017年には「ポケットモンスター(ポケモン)」の時計を発表。
こちらは「トゥールビヨン」を搭載したもので文字盤には「ピカチュウ」をはじめとした定番キャラの姿が現れ、背面には「後ろ向きピカチュウ」も。
遊び心満載のこの時計は全世界で1個限定のレア商品で、価格も20万ポンド(日本円で約2900万)。
アニメのセリフのように誰が「君に決めた」となるのか気になるところですね。

時間を確認するだけのものではなくなった

古代の日時計から始まった時計の歴史は水や砂、そして機械が導入され現在まで発達、現代では「遊び心」を盛り込んだ時計も数多く発明。
JR「山手線」の電光掲示板を再現した時計も過去に発売されており、現代の時計は「時間を見るだけのもの」ではなくなってきていることもわかりますね。
photo by PIXTA and iStock