篠山城の異国情緒あふれる城下町で黒豆グルメや奥深い歴史を堪能しよう

トラベルパートナー: ASAHI

兵庫県出身。 関西を中心に、たまーにアジアの情報を発信します。 気ままな日帰り一人旅とノリノリ親子旅が母になってからのお気に入り。 悠久の歴史と自然まとえるスポット探して日々さすらっております。 親子で遊べる場所もご紹介~

篠山城はお城ないけど見どころ満載やで~城下町もええ感じやで~

丹波大黒豆で有名な丹波篠山は、江戸時代に築城された篠山城と周辺の城下町を残す歴史情緒あふれる観光スポットです。自然豊かな篠山でゆったり歴史探訪と篠山ならではのご当地グルメはいかがでしょうか。

篠山城は日本遺産のある篠山の市街地の中に

街の中心部にたたずむ篠山城址

城主の家紋から「桐が城」とも呼ばれる篠山城は、日本100名城にも選ばれた日本の史跡です。西日本の諸大名の勢力を抑えたい徳川家康の命を受け、各地の大名たちの手によってわずか6か月で築城されました。外堀には1000本ものソメイヨシノが植えられており、春には桜を愛でながら猪肉や黒豆などご当地グルメを楽しめる「丹波篠山さくらまつり」も開催されます。

篠山城は阪神間から日帰りできる観光地・篠山市にある

篠山市は大阪市内や神戸から電車で1時間半ほどで訪れることができる、関西を中心とした日帰り旅行にぴったりの観光地です。篠山城は篠山市の中心部にあるため、四季折々の雰囲気を楽しめる市内散策もおすすめ。

篠山市は盆地にあり寒暖差が激しい地域であるため、農産物の質がよく特産品に恵まれています。食欲の秋には黒豆や山芋、栗、マツタケなどの山の幸が楽しめます。特に黒豆の丹波黒は大粒で口当たりがよく、お正月には欠かせない丹波篠山を代表する農作物です。

篠山城の見どころは城ではない?魅了される歴史背景

城の名残を伝える石垣は圧巻

明治維新後に大書院以外は取り壊されてしまった篠山城址の見どころはなんといっても外周から眺める石垣です。天守台の石垣の高さは17メートルと最も高く、見上げると圧巻の一言。大手門周辺の石垣に残っている、諸大名の刻印を探すのもまた一興です。

復元された大書院は二条城にも負けない!

1944年に火事によって一度は消失してしまった大書院は、2000年になんと総工費約12億円をかけて復元されました。入母屋造のこけら葺き屋根を持ち、床面積は約739平方メートルと非常に大規模な木造建築物で、世界遺産である京都の二条城の大広間書院にも劣りません。

大書院の内部はどうなっている?

大書院は中に入ることもでき、予約をしておけば無料で館内をガイドしてくれます。部屋が8つあり、中でも江戸時代初期の狩野派絵師が描いた障壁画で彩られた上段の間は荘厳です。予約をすれば土日祝日には、特殊な紙で作られた本物顔負けの甲冑着付けや忍者着付けの体験ができます。

住所|兵庫県篠山市北新町2-3
営業時間|9:00am – 5:00 pm
定休日|月曜日 (祝祭日は開館、翌日休館)
電話|079-552-4500
公式サイトはこちら

二の丸御殿跡

明治維新後の廃城令により取り壊された二の丸御殿も2002年、総工費約1億1千万円をかけて復元されました。しかし立体的な構造が分かる資料が乏しく、江戸時代中期の間取り図に基づいて平面で整備されています。

天守台から篠山の街並みを一望しよう

江戸幕府から天守の建造を止められるほど、篠山城は守りが非常に強固でした。天守閣はありませんが、高台に位置する天守台からは篠山市内を一望することができます。

篠山城と一緒に訪れて欲しい文化施設

青山歴史村

篠山藩最後の藩主である青山家の別邸は、江戸時代の歴史文化を体感できる歴史資料館として開放されています。茅葺き屋根の長屋門は、数少ない武家屋敷の面影を見られる貴重な文化財です。6万石を誇った篠山藩に関する資料や、青山家に伝わる品々の多くは篠山市指定文化財に選ばれています。

住所|兵庫県篠山市北新町48
営業時間|9:00 am- 17:00 pm
定休日|月曜日 (祝祭日は開館、翌日休館)
電話|079-552-0056
公式サイトはこちら

安間家史料館

江戸時代の下級武士である徒士が所有した武家屋敷で篠山市指定文化財に指定されている安間家資料館では、江戸時代の徒士武士の暮らしをうかがい知ることができます。江戸時代に使われていた日用品や武具などが展示され、武家屋敷の雰囲気を味わいながらお茶をいただける有料のお抹茶体験も行われています。

住所|兵庫県篠山市西新町95
営業時間|9:00 am- 17:00 pm
定休日|月曜日 (祝祭日は開館、翌日休館)
電話|079-552-6933
公式サイトはこちら

篠山歴史美術館

明治24年から昭和56年まで篠山地方裁判所として使用されていた建物を、できる限りそのまま改装し開館したのが篠山歴史美術館です。篠山地方裁判所は日本の木造建築の裁判所では最古級といわれています。篠山地方の古代から近代に至るまでの文化財が展示されているほか、旧法廷の見学や王地山焼の箸置き作りができます。

篠山城大書院と青山歴史村、安間家史料館、篠山歴史美術館の4館とも訪れたい場合は、4館共通入館券を購入するとお得に歴史館巡りを楽しめます。これは2日間有効なので、宿泊してゆっくり城下町を堪能したい方にもおすすめです。

特別展覧会が開催している場合やいずれかの施設が休館の場合などは、料金や有効期限が変更されるので注意してください。

住所|兵庫県篠山市呉服街53
営業時間|9:00 am- 17:00 pm
定休日|月曜日 (祝祭日は開館、翌日休館)
電話|079-552-0601
公式サイトはこちら

篠山城下町は今も健在!街歩きでも歴史を感じよう

城下の趣を残す町並みは情緒豊か

城下町の趣が残る篠山城周辺は、いろいろなお店が集まっているのでお土産探しにぴったり。陶器屋やお菓子屋、酒蔵だけでなく、町家カフェもあるのでのんびり散策するのにもってこいのスポットです。道幅は割と狭いですが歩行者天国ではないので、車やバスの往来に気をつけてください。

大正ロマン館で少し時代を進んでみる

大正12年に建設された笹山町役場は、大正モダンを感じられる観光施設、大正ロマン館となっています。施設内には篠山の特産品を販売する売店や、篠山ならではの味覚を味わえるレストランがあります。季節ごとに期間限定商品なども用意されているので要チェックです!

住所|兵庫県篠山市北新町97
営業時間|9:00 am – 17:00 pm
定休日|なし
電話|079-552-6668
公式サイトはこちら

篠山はおいしいものがたくさん!黒豆は幕府にも献上されていた特産品

丹波栗をその場で味わってみよう

丹波栗は大粒で甘いのが特徴の丹波篠山の特産品です。篠山市内をのんびり散策しながら、できたてのホクホク焼き栗を食べるのがおすすめです。タイミングしだいでは、露店で栗が爆発しているのを見られることも。

篠山といえば小西のパン!

篠山観光で逃せない丹波篠山名物が、テレビや雑誌どよく取り上げられる小西のパンです。じっくり煮込んだ丹波の黒大豆をふんだんに練り込んだ黒豆パンは、甘さは控えめでふわふわの生地がとっても美味しい!その日のパンが売り切れしだい閉店してしまうので、早めに買いに行くことをおすすめします。

住所|兵庫県篠山市魚屋町23
営業時間|8:00am – 売れ切れ次第
定休日|火曜日
電話|079-552-0052
公式サイト|なし

イノシシがお出迎え!ぼたん亭で篠山の味覚を堪能

秋冬限定の篠山グルメが食べられるのが、大きなイノシシのオブジェが印象的なぼたん亭。メニューはデカンショうどんとぼたん鍋のみで、秋から冬にしか営業していないぼたん鍋専門店です。

チルド冷蔵で寝かせることで猪肉の鮮度を保ちつつ最高の旨味を引き出し、特製の栗入り味噌を使ったこだわりいっぱいのぼたん鍋をぜひご賞味ください。

ぼたん亭は篠山城の北堀側の出入り口から歩いて3分ほどの距離にあります。自動車を利用している場合は市営駐車場の駐車券提示で、駐車料金の割引サービスを受けられます。また、姉妹店の如月庵は秋冬限定で猪肉と栗入り味噌の通信販売も行っています。

住所|兵庫県篠山市二階町58-8
営業時間|11:00 am – 7:00 pm
定休日|水曜日
電話|079-552-4429
公式サイトはこちら

篠山城 へのアクセス

篠山城へのアクセスは自動車の利用がおすすめです。電車でもアクセス可能ですが、最寄り駅から篠山城近くまで出ているバスは本数が多くはなく少し不便かもしれません。

自動車での行き方

舞鶴若狭自動車道の丹南篠山口I.C.から東に進み約10分で到着します。篠山城址周辺には駐車場がたくさん整備されています。篠山城外堀内にある三の丸西駐車場は観光に便利でおすすめです。

住所|兵庫県篠山市北新町24-1
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら なし

電車での行き方

大阪駅から篠山口駅まで、JR福知山線で約1時間10分です。新大阪と福知山・城崎温泉を結ぶ特別急行列車こうのとりも篠山口駅に停車しするので、ゆったりと電車旅を楽しみたい方にはおすすめです。篠山口駅からは、神姫グリーンバスで約15分で篠山城下町の二階町に着きます。

まとめ

見どころ満載の篠山城はもちろん、周辺施設やご当地グルメにも歴史情緒が色濃く残る篠山。時間を忘れて豊かな自然と奥深い歴史をじっくり堪能できる名城です。