道頓堀は昔から演芸演劇のメッカ。たこ焼きの食べ比べをお忘れなく

トラベルパートナー: Sugar

出身地は大阪。得意なエリアは関西。 歴史的建築物や美術館巡りが好き。観光地に一緒に行くのは主に家族や友達。 美術館には一人で行くことが多いです。 旅行前に頭に入れておくとよりそのスポットが好きになれるような情報を発信していければと思います。

道頓堀は一日中人がぎょうさんおる賑やかなとこやねん

大阪のミナミにある道頓堀は新旧の名店が揃う食い倒れの街です。道頓堀沿いには、江戸時代の芝居小屋の名残で、今でも演劇や演芸のメッカとして賑わっています。ド派手な看板やネオンがザ・大阪な雰囲気を醸し出す道頓堀。その魅力をたっぷりお届けしていきます。

全国でも珍しく400年も続く商店街

道頓堀大阪ミナミの代表的な繁華街で、キタと呼ばれる梅田付近に比べ庶民的で派手な街です。江戸幕府の都市計画によって、道頓堀の南側に大坂じゅうの芝居小屋が集められ、47軒の水茶屋が許可されて以来、長らく日本の芝居の本場として栄えました。川面の遊歩道 とんぼりリバーウオークが整備されからは、川沿いを歩くことが出来るようになりました。

道頓堀川は、あの一寸法師がお椀に乗って出発したといわれている土地で、阪神タイガースが優勝すると飛び込む川としても有名。とても危険なのでくれぐれも飛び込まないように。

道頓堀と言えばのシンボルがズラリ

グリコの看板

大阪で思い浮かべる巨大看板といえば、江崎グリコ。あまりに有名な看板ですが、ここにあるのは看板だけで、グリコの本社があるわけではありません。実際は大阪市の西淀川区にあるのです。写真撮影をするのなら戎橋(えびすばし)、通称ナンパ橋からが定番になっています。橋中ほどの少し張り出しているの部分で撮る人が多いです。対岸のとんぼりウォークからの撮影もきれいに収まるのでおすすめです。

住所|大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目6
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

かに道楽

これも一度見たら頭から離れないかに道楽の動くカニの看板。本店は道頓堀の中心地に、中店は少し離れた場所にあります。本店は飲食のお客さんだけでなく看板の撮影をする人たちで混雑していますが、中店はそれほどでもないことが多いです。単に動くカニの看板を写真に収めたいなら、中店に行ってみても良いです。

住所|大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-18(本店)
営業時間|11:00-23:00
定休日|なし
電話|06-6211-8975
公式サイトはこちら
住所|大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-2(中店)
営業時間|11:00-23:00
定休日|なし
電話|06-6211-1633
公式サイトはこちら

くいだおれ人形

くいだおれ太郎は、くいだおれビルの前に立つ動く人形です。チンドン屋風の衣装を身にまとい、街の風景を盛り上げてくれています。デビューは約65年も前の昭和24年(1949年)で、あまりに大阪の人気者で、イベントなどでたまに出張に行ってしまうこともあるほどです。

くいだおれビルは、たこ焼、お好み焼き、焼きそば、串カツ、焼き鳥、かに、鉄板・炉端、寿司、パスタ、和食、中華、食べ放題、スイーツ、などとにかく大阪を代表する食べ物がいっぱいで、ないものはないと言っていいでしょう。まさにその名の通り、大阪名物くいだおれ(飲み食いに贅沢して貧乏になること)になれるビルです。

住所|大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-21
営業時間|店舗により異なる
定休日|店舗により異なる
電話|店舗により異なる
公式サイトはこちら

づぼらや

あまり知られていませんが、大阪の人はフグをよく食べます。づぼらやのふぐの巨大提灯と言えば道頓堀のイメージが強いですが、新世界でも目にすることができます。

住所|〒542-0071
大阪市中央区道頓堀1-6-10
営業時間|11:00- 23:00
定休日|元旦
電話|06-6211-0181
公式サイトはこちら

ドンキホーテの観覧車

ドンキホーテのビルに張り付くように設置されているのは、動くオブジェではなく世界初の楕円形の観覧車です。座席が水平回転で、ゴンドラ内部が途中水平回転する仕組みも世界初。よく知る観覧車は対面式で座りますが、横一列4人乗りと珍しいスタイルです。あべのハルカスなど大阪ミナミの町並みを隅々まで眺めることができます。ドン・キホーテ道頓堀店1階免税レジ横の階段を上がらないといけない乗り場が分かりにくい場所にあります。。

住所|大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-13
営業時間|11:00- 23:00
定休日|不定休
電話|なし
公式サイトはこちら

大阪B級グルメ代表たこやき食べ比べ

道頓堀はたこ焼き屋激戦区

老舗・新規参入が入り乱れたまさしく たこ焼き店の戦場です。大阪B級グルメといえば、たこやきと串カツですが、串カツは千日前、たこやきは道頓堀が食べ比べがしやすいのでおすすめです。

わなか

店先の特注銅板で焼きあげたたこ焼きは、表面はカリッと中はフワトロに焼き上げてくれてあります。ダシが効いた生地とソースのハーモニーがたまりません。ミシュランガイド2017年でビブグルマンを受賞した名店です。

住所|大阪市中央区道頓堀 1-6-7
営業時間|11:00-23:00(土日祝10:00~)
定休日|なし
電話|06-6213-6110
公式サイトはこちら

本家 大たこ

大たこ創業は昭和47年、大阪でも老舗。大きなぶつ切りのたこと、甘辛ソースが絶品です。立ち食いが基本ですがイートインスペースもあり、中では串カツやビールも楽しめます。冷凍たこ焼きもあるのでお土産にもぴったりです。

住所|大阪府大阪市中央区道頓堀1-4-16
営業時間|9:00-23:00
定休日|なし
電話|06-6211-5223
公式サイト|なし

たこ焼十八番

女の子が気軽に寄ってける店をというコンセプトから始まったお店です。天かすが表面に出ているのが特徴で、サクサクした食感が楽しめます。生地にはダシの他にミルクが入っていてとってもクリーミー。非常に特徴的な味のたこ焼きが食べられるお店です。

住所|大阪市中央区道頓堀1-7-21中座くいだおれビル1F
営業時間|11:00-21:00
定休日|無休
電話|06-6211-3118
公式サイトはこちら

くくる

とろっとした触感と大きなタコが特徴。タコはなんと生地からはみ出しているのです。仕上げに白ワインを一振りするという工夫がされています。道頓堀店だけで限定販売の名物びっくり たこ焼きは、コナモン王座日本一に輝きました。

住所|大阪市中央区道頓堀1-10-5
営業時間|12:00~23:00(土日祝11:00~)
定休日|無休
電話|06-6212-7381
公式サイトはこちら

たこ八

たこ焼きだけではなく、お好み焼き、とん平焼き、焼きそば、ネギ焼き、牛すじ煮込みなど大阪ならではの食べ物を一緒に楽しむことができます。1階は立ちカウンター、2階はカウンター、3階はテーブル席となっているので、1人でもみんなでも人数に合わせて楽しめます。

住所|大阪市中央区道頓堀1丁目5−10
営業時間|10:00- 25:00
定休日|無休
電話|06-6211-4684
公式サイトはこちら

道頓堀は大阪の芸の中心地

道頓堀はグルメばかりでなくエンターテインメントの地としても有名です。吉本興業の芸人さんのお笑いライブだけではなく文学まで楽しむことができます。

なんばグランド花月

View this post on Instagram

#なんばグランド花月 #吉本新喜劇 #初めて

A post shared by あこ (@4911suzuran) on

吉本のホームグラウンドとして建設されたなんばグランド花月は、頭文字をとってNGKの略称でも親しまれています。吉本タレントや芸人による漫才や落語が上演されており、新喜劇の公演はほぼ毎日上演しています。大阪に来たら一度は見てもらいたいザ・大阪な観光スポットです。

日替わりで一日支配人の芸人さんがお客さんをお出迎えしてくれます。芸人さんと間近で合える貴重なチャンスです。1日あたりの公演回数は平日2回ですが、土日祝や夏休み、年末年始などは1日3~4回の本公演が行われています。当日券もありますが、事前にチケット予約をした方が確実で安心です。

住所|大阪府大阪市中央区難波千日前11−6
営業時間|公演内容により異なる。
定休日|年中無休
電話|06-6643-3080
公式サイトはこちら

国立文楽劇場


国立文楽劇場は人形浄瑠璃「文楽」上演のための舞台機構を備えています。日本を代表し、ユネスコ無形文化遺産に認定された文楽。伝統芸能のひとつである人形浄瑠璃文楽を中心に、上方の伝統芸能の公開、保存、継承を進める拠点ですが、意外と文楽以外の公演も楽しむことができます。

文楽鑑賞教室も開催されています。館内には展示室や図書室もあり、文楽に関する知識を深めることができます。平日のみ開室しているので、ご覧になりたい方は平日にお休みを合わせて訪れるようにしてください。

住所|大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10
営業時間|公演内容により異なる
定休日|ココに入力
電話|06-6212-2531
公式サイトはこちら

道頓堀へのアクセス

電車での行き方

地下鉄御堂筋線・千日前線・四ツ橋線に乗ってなんば駅で下車すればすぐです。近畿日本鉄道を利用して大阪難波駅で降りてもすぐにに着けます。南海電鉄も同じくなんば駅で降りればすぐそこが道頓堀です。自分の来る方面にあわせて路線を変えてください。

住所|大阪市中央区道頓堀
営業時間|店舗により異なる
定休日|店舗により異なる
電話|06-6211-4542(道頓堀商店会事務局)
公式サイトはこちら

まとめ

道頓堀は新旧の名店が揃う食い倒れの街。たこ焼きや串カツなど大阪グルメ満載の旅を満喫してください。道頓堀沿いは演劇や演芸のメッカとして江戸時代から栄え、なんばグランド花月の公演でも有名です。ぜひ道頓堀で、大阪らしい派手な看板や装飾を楽しんでみてください。