犬山城は国宝5城のひとつ。城下町グルメも楽しめる人気スポット

トラベルパートナー: kana

徳島県出身。徳島県を中心に、四国と住んだことがある大阪府、愛知県の記事を書いています。旅行は夫か母、友人などとの二人旅がメインです。神社仏閣や歴史が好きなので、そのスポットにまつわる豆知識をふまえて見どころをご紹介します。

現存天守閣最古&国宝の犬山城は愛知県犬山市のシンボルだがね

愛知県と言えば名古屋。名古屋城があって、名古屋グルメを楽しんで、日本最大級の東山動物園へ行って。それでは愛知県を思い切り楽しんだことにはなりません。国宝にも指定されている犬山城にぜひ訪れてみてください!

国宝に指定された犬山城

名古屋市の北側に位置する犬山市は名古屋駅から名鉄線に乗って約25分。都会の名古屋とは全く違うのんびりとした風景が広がっています。この犬山市のシンボルとして街の中心になっているのが国宝・犬山城。

犬山城は愛知県と岐阜県との県境に位置し、木曽川を挟んで対岸は岐阜県。木曽川が流れる犬山は昔から交通の要所でもあり、また国境でもある重要な場所でした。そして、犬山城は日本百名城のひとつに数えられる重要な文化財です。

犬山城は現存12天守のひとつ

日本国内には築城当時の天守閣が改修や修復を繰り返しながらもほぼそのまま残っているお城が全国に12城あります。それらを総称して現存12天守と呼び犬山城もそのひとつ。

12天守の中でも国宝に指定されているものは4城で、松本城・彦根城・姫路城そして犬山城は国宝四城とも呼ばれています。

犬山城は桜や紅葉の名所でもある

犬山城は桜や紅葉の名所としてもとても有名です。愛知県内はもちろん、県外からも美しい犬山城と桜や紅葉のコラボレーションを見ようとたくさんの人が訪れます。

この春と秋の2大シーズンにはさらに観光客が増えるので、写真撮影よりも犬山をゆっくり観光したいと言う方は時期を外すことをおすすめします。夏、真っ青な空の下で見る犬山城も、冬の雪の日の犬山城も風情があっておすすめですよ。

犬山城のここがすごい!

犬山城は現在国宝に指定されている5つのお城のひとつです。先程ご紹介した国宝四城に、2015年に国宝に指定された松江城を加えたものが国宝五城です。犬山城はその国宝五城も含む現存する12天守の中でも一番古く築城されたとてもレアなお城なんです。

お城ももちろん素晴らしいのですが、犬山の魅力はそれだけではありません。城下町も美しく整備されていますし、城下には犬山城と共に訪れるべき歴史のある針網神社や三光稲荷神社もあります。

これも国宝!有楽苑

犬山城の東側にはあの織田信長の弟であり、茶人として知られる「織田有楽斎」が建てた茶室・如庵が残されています。

如庵は名鉄犬山ホテルの敷地内にある日本庭園有楽苑内にあり、こちらも国宝に指定されています。また、同じ敷地内にある有楽斎が暮らしたと言われる旧正伝院書院は重要文化財です。

国宝である如庵の茶室は非公開で月に一度の公開日以外は入れません。しかし、別の茶室でお抹茶と有楽苑限定の和菓子をいただくことができます。美しい日本庭園を見ながらのお茶は心落ち着く時間となりますよ。

犬山城観光の際には犬山城とセットで訪れるのがおすすめです。

住所|〒484-0081 愛知県犬山市御門先1番地
営業時間|9:00-17:00(季節で変動あり)
定休日|なし
電話|0568-61-4608
公式サイトはこちら

個人所有の国宝!?

犬山城の歴代を見てみると、唯一個人所有のお城だったという事実も分かります。犬山城の城主には豊臣家や徳川家など誰でも知っている武将が名を連ねていますが、江戸時代に入ると徳川家康に仕えていた成瀬家が犬山城を与えられ、9代続いて城主となります。

その後、明治6年に発令された廃城令で一度は国のものになり城門などの取り壊しが進められました。そんな中、濃尾地震が起こり天守の一部が破損してしまい、明治政府は成瀬家が天守の修復をすることを条件に成瀬家に犬山城を返還しました。

その後、なんと平成16年まで成瀬家が所有していたのです。日本全国どこを探しても平成までお城が個人所有だったケースはありません。城下の三光稲荷神社には成瀬家の家名入り鳥居があります。

もちろん中にも入れます!

犬山城の歴史を少し学んだところで次は犬山城内へと足を進めましょう。地上4階、地下2階建てのお城は内部の見学もできます。平日でも観光客が多くて割りと混雑していますが、並んででも見る価値あり。運が良ければ並ばずに見学できます。

城内は土足厳禁。入り口でビニール袋をもらい、靴を脱いで入るので脱ぎやすい靴で行くのがおすすめです。裸足で行ってしまうと歩きにくいので、サンダルの方は靴下を持参するのも忘れずに。

犬山城にはエレベーターはありません

犬山城は現存天守閣ですから、もちろん内部にエレベーターなどはありません。お城までの道のりも古き良き風情を残しており、石段と坂道を自力で登るスタイルです。

美しいお城が見えてはいるのですが、そのまでの道のりも急な坂道になっているので女性はヒールのある靴は避けましょう。スニーカーなどの歩きやすい靴がおすすめです。

階段に注意!

城内の階段はかなり急で、小さな子供やお年寄りにはなかなか厳しい道のりかもしれません。天守へと続く階段の前に立ってみるとほとんど直角のように感じます。急勾配に加えてはしごのような幅の踏板なので、大人でも十分に気を付けて登りましょう。

足元も注意が必要ですが加えて天井も低いので頭をぶつけないように気を付けてください。この階段、犬山城と言えば階段と言うほどインパクトが強くとても記憶に残ります。手すりの位置が低く、降りる時にも注意が必要。天守への道のりは想像以上に険しいものです。

むき出しの石垣に歴史を感じる

入り口すぐは実は地下一階。石垣がむきだしになっています。ひんやりとした空気が流れており、夏でも涼しいほどです。

内部は太い柱や梁などが張り巡らされており、お城の構造がとても良くわかります。建築物好きにはたまらないエリアでしょう。色あせた梁や柱が歴史の重みを感じさせます。

歴史を感じるお城の内部!

犬山城天守閣の内部も築城当時からそのままの姿。もちろん手入れは行き届いていますが床や柱の傷ひとつひとつに歴史を感じます。写真ではきっちりとした床に見えますが、実際に歩いてみると隙間があって、下が見えるんです。階段のことも考慮して、犬山城を訪れる時はスカートではなくパンツを強くおすすめします。

中央の和室を囲むように武者走りという板の間があるのが特徴です。かつては多くの武士たちが歩いたであろう武者走りを見学していると、タイムスリップしたような気分にもなります。

内部には犬山城のジオラマや甲冑、歴代城主の肖像や写真などが展示されており、ここで犬山城の歴史に触れてみるのもおすすめです。雷で損傷したしゃちほこや、国宝指定書なども展示されていますよ。

天守閣からの眺めは最高!

内部の見学を終え、またも苦労して一方通行の急な階段を上って行くと天守閣に到着です。天守閣は鮮やかな赤のじゅうたん張りになっており、ぐるりと360度外に出て見学できるようになっています。

床がかなりギシギシと音を鳴らすので少し怖い気もしますが、天守閣からの眺めは絶景。犬山の街並みや木曽川が見渡せ、遠くには名古屋駅周辺のビル群までが見えます。このお城が築城された時代、この天守閣から見えた風景を想像しながら楽しみましょう。

犬山城には城下町もある

お城を楽しんだあとは犬山城下町での散策がおすすめです。名鉄犬山駅から犬山城へ向かう途中には古い町並みが残る城下町エリアがあり、犬山城下町として整備されています。犬山城下町は歴史を感じるレトロな町並みとお団子やスイーツの食べ歩きが人気の観光スポットです。

着物のレンタルショップもあり、若い女性グループやカップルが着物姿で散策しています。犬山が尾張の小京都と呼ばれているのも納得の古くも美しい町並みですよ。

犬山城下町名物を食べ歩き

人気の「恋小町だんご」

数ある食べ歩きの中でも、昭和の風景を色濃く残した昭和横丁にあるお団子屋さん「くらや」の恋小町だんごは犬山城下町でも1、2を争う人気のお店です。インスタ映えで人気に火が付き、女性のグループやカップルがこぞって訪れています。

デコレーションもかわいい餡はそれぞれ味が違って自分で選べたり、季節限定の餡があったりと何度行っても楽しめることも人気の理由です。

住所|〒484-0085 犬山市犬山西古券60(昭和横丁内)
営業時間|11:00-17:00
定休日|毎週火曜日
電話|0568-65-6839
公式サイトはこちら

ソフトクリームもこんなにかわいい!

古い町家を改装した本町茶寮は、お団子や田楽、ぜんざいなどがいただける和カフェです。見た目がとってもかわいいソフトクリームやふわふわのかき氷が人気メニュー。

こちらも季節限定のソフトクリームなどのテイクアウトができることで大人気です。趣向を凝らしたかわいいソフトクリーム、ぜひカメラにおさめましょう。

住所|〒484-0083 愛知県犬山市犬山東古券673
営業時間|11:00-17:00
定休日|毎週木曜日
電話|050-5885-0478
公式サイトはこちら

フルーツソフトも人気

View this post on Instagram

この前の犬山で食べた芳川屋さんのフルーツソフト??. メロンがジューシーで甘くって美味しかったです✨. これがずっと食べたかったのに最初、間違えて2枚目のフルーツかき氷を注文してしまいました?あれれとなりましたが、これも美味しかったので良し?‍♀️(笑). でもやっぱり追加で注文したこの大きなパフェのほうが美味しかったです??. ソフトクリームが甘くて好きな味でした!. たくさん食べれて満足〜??. . . #芳川屋#犬山#犬山城下町#犬山城#犬山城下町食べ歩き#メロン#メロンパフェ#メロンソフト#ソフトクリーム#?#フルーツ#フルーツパフェ#fruit#melon#スイーツ#パフェ#バナナ#愛知#愛知スイーツ#名古屋インスタ交流会#ナゴレコ#あいなご#nagoya#犬山グルメ#フレッシュフルーツ#おいしい

A post shared by 食べること好き名古屋 (@tbrktsk321) on

犬山城下町エリアからは少し外れているものの、芳川屋のフルーツソフトも城下町グルメのひとつです。

見た目のインパクトも抜群のこのソフトクリームは果物屋さんならではの新鮮な季節のフルーツがどっさり。ソフトクリームと言うよりもはやパフェです。

大人気の芳川屋はいつも行列ができています。時間に余裕があればぜひ並んでみましょう。実はこっちをメインに犬山を訪れる方も多いのだとか。

芳川屋の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 芳川屋
住所 〒484-0081 愛知県犬山市犬山東古券195-2
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

 

犬山城へのアクセス

電車での行き方

お城、神社、城下町と一日楽しめる犬山へぜひお出かけしてみましょう。犬山城の最寄り駅は名鉄犬山線犬山遊園駅。そこからは徒歩15分くらいで到着。名古屋駅から名鉄線に乗って約25分で名古屋からのアクセスも良好です。

犬山遊園駅の一歩手前の犬山駅からお城を目指すと徒歩20分くらいですが、城下町を散策しながらお城に向かうなら犬山駅からのほうがおすすめです。

車での行き方

犬山城周辺には駐車場もあるので、車でのアクセスも可能です。名神高速の小牧ICより約25分で到着します。お城近くの第一駐車場、第二駐車場は台数が少ないので注意が必要で、第三駐車場は犬山駅近くにあります。道が狭いので運転に自信がある方には車移動もおすすめです。駐車場は合わせて200台分ほどです。

住所|〒484-0082 愛知県犬山市犬山北古券65-2
営業時間|9:00-17:00
定休日|なし(12/29~12/31休館)
電話|0568-61-1711
公式サイトはこちら

まとめ

今回は国宝犬山城と犬山城下町をご紹介しました。いかがだったでしょうか?名古屋を訪れた時には一緒に犬山観光もおすすめします。日本最古の天守閣であり、昔の人々が現代に残してくれた犬山城をぜひ見学に行きましょう!お城の見学と共に、城下町でおいしい思い出をたくさん作ってくださいね。