フェリーで10分で行ける能古島は彩り豊かな花が溢れる島

公開日:2018/11/30 更新日:2019/10/30

トラベルパートナー:福岡在住トラベルパートナー

福岡在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

市内から10分で行ける、リフレッシュ島やとよ~!

福岡県福岡市。都心からフェリーでわずか10分で行くことのできる能古島は、知る人ぞ知る絶景スポットとして人気を集めています。観光でもアクティビティでも楽しめ、またお手軽なインスタ映えスポットとして、多くの観光客が訪れています。そこで今回は春夏秋冬、四季折々にその趣を変える、能古島の魅了についてご紹介いたします。

春夏秋冬を楽しめるのこのしまアイランドパーク

島を彩るお花が楽しめる絶景スポットのこのしまアイランドパーク

能古島と言えば真っ先に思い浮かぶのが花畑です。のこのしまアイランドパークは1969年に開園し、およそ半世紀ほどの歴史のある自然公園です。

四季折々に彩りを変える豊かな草花の風景が魅力的。それではまず各シーズンの絶景を見ていきましょう。

春シーズン

春には菜の花や桜、ポピー、つつじなど、たくさんの花々が園内を彩ります。2月下旬から見頃を迎える菜の花畑。遠くに海を望む圧巻の景色は能古島ならではの風景です。

3月下旬には桜、4月にはつつじなども続いて見頃を迎えます。季節の開花状況は公式サイトで随時案内されているので、見頃を逃さずチェックしましょう。園内では後ほど紹介しますが、バーベキューも楽しめるのでお手軽にお花見を楽しむこともできます。

夏シーズン

7月下旬から8月中旬にかけて見ごろを迎えるのは、ひまわりやあじさいなどの花々です。ひまわりはおよそ3万本が咲き誇ります。観賞用と摘み取り用の2区間に分かれており、摘み取り用エリアでは、ハサミ・軍手・袋などを持参すれば、摘み取ってお土産として持ち帰ることができます。

あじさいは見頃の季節に挿し木プレゼントの企画が行われます。またマリーゴールドの季節には、積み放題企画実施されます。園内にはキャンプ場もあり、キャンプでの宿泊も可能です。夏休みの思い出づくりにもぴったりのスポットです。

秋シーズン

10月上旬から11月上旬にかけての秋シーズンにはコスモスや紅葉が見ごろを迎えます。コスモスは早咲きがおよそ50万本と、遅咲きがおよそ30万本とそれぞれ異なる時期にたくさんのコスモスが彩ります。

時期をずらして訪れてもまた違った趣を楽しむ事ができます。もっとも見頃を迎える10月の土日祝日には、園内ではライトアップも行われ、より一層幻想的な風景を楽しむ事ができます。

Address 福岡県福岡市西区能古島
Hours 平日(月~土曜)9:00~17:30/日祝日 9:00~18:30(冬季は平日同様)
Closed 年中無休
Tel 092-881-2494
Web http://nokonoshima.com/

絶景に癒された後はアクティビティを楽しむ

豊富なアスレチックや遊具

能古島にはこのほかにもアクティビティーが充実しています。画像はまるでハイジの冒頭シーンのようなロングブランコ。手作りのロングブランコは子供から大人まで大人気です。

アイランドパークオリジナル「のこのこボール」も家族みんなで楽しむことができるので必見です。こちらは花・緑に囲まれた9ホールをゲートボールのように回る能古島オリジナルのスポーツです。10名以上で参加するときには、優勝カップのプレゼントもあり、家族連れやグループでのレジャーにおすすめです。ぜひ能古島を訪れた際はプレイしてみてください。

動物と触れ合えるミニ動物園

のこのしまアイランドパークのミニ動物園では、ヤギやウサギ、ポニーと触れあうこともできます。こちらではヤギやうさぎへの餌やり体験も可能です。

ヤギやウサギの赤ちゃんが生まれるシーズンでは、かわいい赤ちゃんとも触れ合えるので、特にそのシーズンになると見物客で賑わいます。景色だけでなく、動物たちとの触れ合いも癒やされること間違いなしです。



レトロな街並みにときめく

能古島はコンビニもない小さな島です。その代わりに、懐かしの駄菓子屋さん、陶芸屋さん、着物の着付け屋さん、ここだけのおしゃれな雑貨屋さんが数多くあります。

能古島らしいお店を発掘するのも楽しいひとときになるはずです。ぜひ散策しながらお店巡りもして楽しんでみてください。

能古島らしいお土産を探す

能古島を訪れた際に、忘れずに買いたいお土産がこの能古島サイダーです。昭和レトロな雰囲気のラベルがかわいらしいデザイン。たっぷり遊んで疲れた身体に、シュワシュワのサイダーでエネルギーチャージなんていかがでしょう。

このほかにも、実は能古島が発祥として知られるかいわれ大根をはじめ、あさりや、甘夏みかん、ニューサマーオレンジなどの特産品も豊富にあります。ぜひここでしか買えないお土産探しをしてみてはいかがでしょう。

お腹が空いたらここ オススメレストラン

レストラン防人(さきもり)

能古島の景色やアクティビティを堪能したらレストランにも足を運んでください。景色や仲間との団らんを楽しめるレストランをご紹介します。

レストラン防人は、のこのしまアイランドパークの一番奥、丘の上にあるレストラン。見晴らしの良い立地のため、海やお花畑を眺めながらお食事ができるスポットです。ハンバーグやカレーといった定番メニューが提供されています。カフェだけの利用も可能なので、観光で疲れた時は一息つくのはいかがでしょうか。

さらにこのレストランでは、バーベキューも楽しめます。炭火焼BBQセットを注文すれば、手ぶらで訪れても地元の食材でバーベキューが楽しめます。

自分たちで食材を持ち込むこともできるので、お好みのスタイルで楽しむことができます。時期によっては混み合うこともあるので、訪れる際は事前の予約がおすすめです。

Address 福岡県福岡市西区能古島 のこのしまアイランドパーク内
Hours 11:00~17:30
Closed 年中無休
Tel 092-881-4474
Web

耕ちゃんうどん

地元住民なら一度は聞いたことある名物が能古うどんです。2000年ごろに漁業組合の婦人会でつくられた新たな能古島の名物です。福岡・佐賀を中心に現在8店舗で展開しています。

のこのしまアイランドパークの「耕ちゃんうどん」では、この能古うどんを食べることができます。港の近くにある製麺所で作られている能古うどん。特徴は強いコシのあるやや細めの麺。

つけ麺がおすすめの食べ方とされていて、こちらでは冷やしや釜揚げの2タイプが用意されています。

Address 福岡県福岡市西区能古島1624
Hours 11:00~17:30
Closed 年中無休
Tel 092-881-2494
Web

能古島へのアクセス

フェリーで移動する

福岡市内からは姪浜渡船場からわずか10分。場内には立体駐車場もあるので、車できても安心です。便はそれぞれ1時間に1、2本程度なので時刻を必ず確認しましょう。

また船で車や自転車を島に持ち込む事もできます。福岡市内から、クルージング気分を味わいつつ海を移動できるなかなかない体験が楽しめます。いつもと違う視点からみる、福岡タワーやマリノアシティも必見です。

Address 福岡県福岡市西区能古島
Hours 平日(月~土曜)9:00~17:30/日祝日 9:00~18:30(冬季は平日同様)
Closed 年中無休
Tel 092-881-2494
Web http://nokonoshima.com/

まとめ

福岡市内からわずか10分で訪れることのできる自然の宝庫、能古島。都会の喧騒を忘れ、自然のパワーでリフレッシュできます。訪れる際には動きやすい恰好で行って、目一杯身体を動かすのがおすすめです。日帰りリフレッシュにもってこいの能古島、今度の週末はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。