天狗岳は登山初心者におすすめ。西天狗岳と東天狗岳の両方を制覇してみよう

公開日:2018/12/14 更新日:2019/10/30

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Kento
和歌山県出身で現在は神戸在住。関西圏をメインに中部や四国・中国地方にもふらっと出掛けます。 マイカーやバイクでのドライブを兼ねた旅行が好きです。キャンプ、釣り、登山など、アウトドアと絡めた旅行を楽しんでいます。
きたやつ登るなら天狗岳行かざあ!

八ヶ岳登山の入門ルートである天狗岳をご存知ですか?東西にそれぞれ山頂を持つ山で、初心者でも登りやすいということで夏を中心に登山者で賑わっているんです。今回は、天狗岳の魅力やコースを紹介したいと思います。

天狗岳とは

天狗岳は、山梨県と長野県の二つの県に連なっている八ヶ岳の山の一つです。日帰りでの登山が可能なので、登山初心者にもおすすめのコースとなっています。

八ヶ岳連峰の1つ

八ヶ岳とは特定の一つの山の名前ではなく、山梨県と長野県の両県に跨る山々の総称のこと。日本のほぼ中央に位置している八ヶ岳は、富士山に次いで広い裾野が広がっています。天狗岳は八ヶ岳の山の1つで、八ヶ岳の入門ルートとして知られています。

北八ヶ岳の最高峰

八ヶ岳は南八ヶ岳と北八ヶ岳に分けられており、北八ヶ岳は原生林が生い茂る樹林帯、南八ヶ岳は岩峰が連なりアルペン的な岩場が有名です。その北八ヶ岳の最高峰が天狗岳とされています。ちなみに八ヶ岳の最高峰は、標高2899mの赤岳です。

天狗岳には2つの山頂がある

天狗岳は、300メートルほどの間隔で東西2つに分かれた山頂があり、西天狗岳と東天狗岳と呼ばれています。標高が2646メートルある西天狗岳の方が高く、約2,500メートルからハイマツが生え始めています。また西天狗岳の登山口には温泉もあるのも魅力。

初心者におすすめ

針葉樹林帯と岩場の両方を楽しめることや、南北の八ヶ岳の2つの特徴を満喫できることから、天狗岳は八ヶ岳デビューにおすすめの山です。また、日帰りで登山が可能なので初心者でも安心して登山を楽しめますね。

天狗岳登山のモデルコースと見所をご紹介

2つの山頂を持つ天狗岳ですが、どのようなコースで登っていけば良いのでしょうか。見どころもたくさんあるので、天狗岳を思う存分楽しみましょう。

唐沢鉱泉登山口から登山スタート

無料の駐車場があるので車で来ると便利です。ただし、一部未舗装の道路があるため道を外れないよう走行するように気をつけて下さい。また、一部カーナビでは別の場所が指定されてしまう可能性があるため、住所での検索がおすすめです。

涼しい樹林帯

登山口からはしばらく樹林帯が続きます。キノコなど多くの種類の動植物を見ることができます。木陰になっている部分が多いので、夏でもヒンヤリと涼しいです。しかい、歩いていると次第と汗ばんでくるため、温度調節しやすい服装にしておくと良いですね。



展望台で八ヶ岳最高峰を眺める

樹林帯を抜けると展望台があります。ここには、第一展望台と第二展望台という2つの展望台があり、天狗岳を一望することができます。また、天気が良ければ八ヶ岳最高峰の赤岳も見えるかもしれません。

北八ヶ岳最高峰、西天狗岳

西天狗岳は標高2646メートルで、少し真っ白なガスで包み込まれています。南八ヶ岳が展望でき、赤茶色の土が特徴的です。

最高の展望、東天狗岳

西天狗岳から東天狗岳からは見た目ほど遠くはなく、西天狗岳から約20分ほどで到着します。また東天狗岳の標高は、西天狗岳より6メートル低い2640mです。山頂は岩場で少し足場は悪いですが、見晴らしは最高です。

天狗の奥庭で非日常を味わう

天狗の奥庭から黒百合ヒュッテまでは、ゴロゴロとした岩が広がっています。黒い大きな岩がゴロゴロしている様子は見慣れないため、非日常の世界を味わえます。北八ヶ岳の樹林帯が展望できるので、壮大な景色に息を飲むことは間違い無しです。ただ、足場が悪いので注意して歩きましょう。

美しい山上池 擂鉢池

天狗の奥庭から約10分で着く擂鉢池(すりばちいけ)という山上池があります。擂鉢池越しに天狗岳をみることができるスポットです。その時々により水量が違うので、日によって楽しみ方が変わりますね。

黒百合ヒュッテで小休憩

天狗岳にいくなら是非立ち寄りたいのが山小屋 黒百合ヒュッテです。山小屋に宿泊しない方でも、食事することができます。カフェメニューも食べることができるので、登山の休憩に立ち寄ってみるのはいかがでしょうか。



黒百合ヒュッテ名物のビーフシチュー

黒百合ヒュッテの名物といえば、ビーフシチューです。ボリュームもあるため、登山のためのエネルギーをしっかり補給できます。また、ビーフシチューを食べるようにすれば、昼食の用意がいらないので荷物を軽くできるのも良い点ですね。

Address 〒391-0013 長野県茅野市宮川8065-1
Hours AM8:00-PM3:00(喫茶)
Closed 通年営業
Tel 090-2533-0620
Web http://www.kuroyurihyutte.com/

下山後は温泉へ

下山したら、温泉で身も心も癒しましょう。登山口にある唐沢鉱泉は泊まることもできるため、一泊して身体の疲れをとるのも天狗岳を訪れる楽しみの一つです。

登山口の唐沢鉱泉で入浴可能

登山終わりの温泉は最高ですよね。登山口の唐沢鉱泉という温泉で日帰り入浴ができるのも嬉しいポイント。車で移動する必要がないため、車を汚さず済みますね。宿泊もできるので、翌日に予定がなければゆっくり一泊して登山の疲れを癒すのもいいでしょう。

風情のある浴槽

温泉の中はというと、石組みと木造でできた風情ある浴槽となっています。石組み部分にはシダ類が生えており、湯船につかると八ヶ岳の自然のなかに溶け込んでいくような感覚を味わえるでしょう。開放感のある大きな窓からは大自然が広がり眺めも最高な温泉です。

カラフルな源泉

カラフルな源泉があることも唐沢鉱泉の特徴です。唐沢鉱泉の敷地内で源泉が見られ、苔と澄み切った水のコントラストは、まるで絵画のような色彩を楽しめます。登山口付近の四季を通じて表情を変える不思議な源泉も、一見の価値ありです。

Address 〒391-0213 長野県茅野市豊平4733-1
Hours AM11:00-PM4:00
Closed なし
Tel 0266-76-2525
Web http://www.karasawakousen.com/index.html

天狗岳(唐沢鉱泉登山口)へのアクセス

電車・バスでの行き方

天狗岳へのアクセスは、電車やバスなどの公共交通機関でも可能です。電車でJR茅野駅まで行った後、茅野駅西口のバス停で渋の湯線バスに約40分間乗車し、終点渋の湯にて下車すると到着。渋の湯から登山をスタートすることもできます。唐沢鉱泉に宿泊をする場合、予約をすれば渋の湯から唐沢鉱泉までの送迎バスがあるので、こちらを利用するのもおすすめ。

車での行き方

東京方面からであれば、諏訪南インターを下車、エコーラインにて約20分で三井の森別荘地まで向かってください。関西方面からであれば、諏訪インターを下車、一般道にて約50分で到着です。その後、一本道を約20分走行すると唐沢鉱泉駐車場が見えてきます。約30台分の無料駐車スペースあるので、そちらを使うことをおすすめします。

Address 〒391-0213 長野県茅野市豊平4733-1
Hours なし
Closed なし
Tel 0266-73-8550(八ヶ岳観光協会)
Web http://www.tateshinakougen.gr.jp/yatu/

まとめ

八ヶ岳は、難易度の低いコースから高いコースまでバリエーションが多く、幅広く登山が楽しめる場所です。中でも天狗岳は初心者の方でも行きやすいですし展望もよく、山小屋も点在しているので快適な山旅が味わえますよ。登山前のしっかりとした準備と心構えを忘れずに、安心・安全な登山を楽しみましょう!