恵那峡では散策や遊覧船観光がおすすめ。朝靄の美しさにひたろう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: bee

私の出身地は大阪です。在職中は国内各地を仕事でまわりましたが、今は気のむくままに向かう小さな旅先で出会う風景写真を撮り楽しんでいます。新緑映える山尾根歩きや古人訪ねる歴史探訪の旅が気に入り面白いです。

晩秋ん恵那峡は紅葉が美しゅう幻想的

岐阜県恵那市にある木曽川中流の渓谷 恵那峡。四季折々の美しい風景を見ながら遊覧船に乗ったり、公園を散策したりすることができます。特に晩秋の紅葉や朝靄は必見の美しさ。渓谷のそばには遊園地もあり、子どもから大人まで楽しむことができます。

恵那峡の魅力について

息をのむほど美しい恵那峡の景色。散策しながら見たり、船上から望んだり、様々な角度から楽しむことができます。

遊覧船で周遊する

恵那峡は木曽川をせき止めているダムによってできたダム湖を擁す渓谷で、地理学者 志賀重昂氏によって命名されました。自然に囲まれたダム湖は、県立自然公園でもあります。自然と調和した人工湖や奇岩、湖上をすべるように走る遊覧船での鑑賞は極上の体験。

晩秋は紅葉が綺麗

恵那峡に囲まれた細長い形の半島にある さざない公園は、秋の時期には紅葉を静かに散策できるスポットとなっています。恵那峡の渓谷一面に広がる美しい紅葉は、非日常的な美しさです。恵那峡の湖畔に沿って歩いていると、朱い橋がかかる小さな島 弁天島が。朱い橋を渡れば、恵那弁財眞天様を拝むことができます。

ビッグな恵那峡ワンダーランド

美しい景色では物足りないお子さんにおすすめなのが恵那峡ワンダーランドです。一日かけて楽しむことができます。

恵那峡大橋を渡れば恵那峡ワンダーランド

小さな子ども連れのファミリーは、残念ながら、恵那峡の景観だけでは子どもが退屈してしまうこともあるでしょう。そんなときにおすすめなのが、恵那峡を一望できる大自然に囲まれたレジャーランド、恵那峡ワンダーランドです。大観覧車や園内散歩スカイドラゴンなど、さまざまなアトラクションがあり、一日中楽むことができます。

恵那峡ワンダーランドの大観覧車

恵那峡ワンダーランドのおすすめは恵那峡を見渡すことができ、大人も楽しめること必至の大観覧車。その他にも、ジャングルコースター、メリーゴーランドなど、遊具がたくさんそろう遊園地は、あっという間に時間が過ぎてしまいます。少なくとも半日は必要です。

恵那峡ワンダーランド内の食事

恵那峡ワンダーランドでお腹が空いたら、森のきっちん、サンプラザ、ザ・ファーストで食べ物を買うことができます。また園内には雨天でも楽しめるキャンプ場があり、屋外バーベキューを楽しむことも可能。カレーライスを作れる食材や薪などがセットになったカレーライスプランというのもあるので、何も持って行かなくても気軽にバーベキューをすることができます。

住所|〒509-8301 岐阜県中津川市蛭川5735-209
営業時間|平日 AM9:30-PM17:00 土日祝日(am9:00-pm17:00)
定休日|毎週水曜日※但し、ゴールデンウィーク・春休み・夏休み・祝日は営業しております。冬季休園 11月26日(月)~3月中旬
電話|0573-45-3333
公式サイトはこちら

恵那峡めぐりの遊覧ジェット船

美しい風景や奇岩を湖上から楽しみたいなら、遊覧ジェット船に乗りましょう。季節ごとにさまざまな景色をのぞむことができます。

遊覧船のりば

遊覧船では湖上を周遊しながら、渓谷の奇石を探しながら楽しむことができます。季節ごとの素晴らしい景観をのぞみながら時間を過ごすことのできる、風情のあるクルージングです。

遊覧船窓から見る紅葉と奇岩

遊覧船には、所要時間30分のジェット船と、ゆったりと60分かける屋形船デザインの周遊船(15名以上で予約可)があります。渓谷の奇岩 軍艦岩から始まり、時計とは逆回りで恵那峡を周遊します。遊覧船は年中無休。寒さ厳しい時期は渡り鳥が波間を泳ぐ可愛い姿を見ることができますが、寒いので防寒の準備が必須です。

住所|〒509-7201 岐阜県恵那市大井町奥戸2709-104
営業時間|9:00am- pm16:00 (4月1日~11月30日)
定休日|なし(但し強風・濃霧・増水など安全運行ができないときは欠航)
電話|0573-25-4800
公式サイトはこちら

恵那峡のさざなみ公園

歩きながら恵那峡の風景を満喫したいなら、さざなみ公園を訪れましょう。時間をかけてゆっくり過ごすのがおすすめです。

さざなみ公園をゆっくり散策

さざなみ公園からは、湖の対岸にさまざまな奇岩を見ることができます。湖と木々の色合いが調和した見事な風景に、感動すること必至。春には桜やツツジが咲き誇り、初夏には緑鮮やかな新緑の景色を、秋は渓谷一面に広がる紅葉と、四季折々の景観を満喫できます。

さざなみ公園のメモリーフォト

4月下旬からゴールデンウイーク前後のお花見シーズンには、散策しながら春に咲く花々を楽しむことができ、多くの人で賑わいます。NHK大河ドラマ「春の波涛」の登場人物である福沢桃介の銅像と、川上貞奴のレリーフがあり、テレビの一場面を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

恵那峡観光の際には宿泊がおすすめ

恵那峡観光におすすめのホテルを紹介します。温泉もあるので、疲れも癒やすことができます。

近くて便利の恵那峡国際ホテル

湯快リゾートグループは、割安料金で国内の天然温泉と朝・夕食のバイキング、便利な往復バスを提供するリゾートです。恵那峡国際ホテルもそのひとつで、恵那峡湖畔に立つ温泉ホテル。ここでももちろん朝・夕食バイキング付きで、コストパフォーマンス抜群の宿泊が叶います。

住所|〒509-7201 岐阜県恵那市大井町2709-399
営業時間|AM8:00~PM21:00
定休日|なし
電話|0570-550-278
公式サイトはこちら

部屋から見える朝靄かかる恵那峡

寒暖の差が激しい明け方は恵那峡によく霧が出ます。早朝の遊覧船乗り場辺り一面に霧がかかる様子は、幻想的で映画のワンシーンのよう。晩秋時期は、湖畔の木々がうっすらと色付き、また違った美しい風景を見ることができます。ダム湖というとルアー釣りのイメージがありますが、景観美を誇る恵那峡の早朝の湖畔では、釣り人は見当たりません。

JR恵那駅の一口メモ

JR恵那駅には、私鉄の明智鉄道恵那駅が隣接しています。ガタゴト電車にゆられて田園風景を楽しむこともできます。

JR恵那駅に隣接の明智鉄道

JR恵那駅にはローカル線の明智鉄道恵那駅が隣接しています。恵那駅から終点明智駅までは約50分ほどです。また、明智鉄道の岩村駅には城跡が残る岩村城下町があり、一瞬、江戸時代に来たと錯覚してしまいそうなほど、情緒溢れる街並みを見ることができます。

恵那駅前のあまから本店の五平餅

JR恵那駅前近くにある五平餅は、創業55年の歴史がある五平餅専門店。秘伝のタレで味付けされた甘辛い五平餅には香しい胡桃が入り、抜群の美味しさ。店内では、五平餅を一串からでも食べることができ、 一人前六串(漬け物付)のセット、五平餅定食のメニューなどがあります。

住所|〒509-7201 岐阜県恵那市大井町295-12
営業時間| AM9:30~PM18:30
定休日|毎週 月曜日(祭日の場合は翌日)
電話|0573-25-3029
公式サイトはこちら

恵那峡へのアクセス

電車での行き方

JR中央線の恵那駅が最寄り駅です。JR恵那峡駅にはJR名古屋駅から中央線快速電車を利用して所要時間約40分。JR恵那峡駅前には食堂やコンビニ、スーパーがあるので旅行途中の買い物もできます。徒歩圏内にビジネスホテルもあるので、恵那峡駅を恵那峡の旅行拠点にすることも可能。

バスでの行き方

JR恵那駅前の東鉄バスのバスターミナル恵那駅から路線便の東濃鉄道バス乗車。恵那峡バス停まで約14分。東鉄バスのバスターミナルは恵那駅南口のバス・タクシー専用のロータリー内にあります。

まとめ

晩秋は温泉を楽しみながら恵那峡湖畔を静かに1人で散策したり、春の桜の時期は仲間とわいわい湖畔を歩いたり、ファミリーなら恵那峡ワンダーランドで子どもと一緒に過ごしたり。さまざまな楽しみ方ができる魅力満載のリゾートスポット恵那峡。季節を変えて何度でも訪れたい場所です。