谷瀬の吊り橋で空中散歩。日本一の吊り橋の魅力を解説

トラベルパートナー: Kento

和歌山県出身で現在は神戸在住。関西圏をメインに中部や四国・中国地方にもふらっと出掛けます。 マイカーやバイクでのドライブを兼ねた旅行が好きです。キャンプ、釣り、登山など、アウトドアと絡めた旅行を楽しんでいます。

長さだけとちゃいます。谷瀬の吊り橋は見所ぎょうさんありますよー。

奈良の観光スポットとして有名な谷瀬の吊り橋は、地上からの高低差が54mもあるスケールの大きな吊り橋です。美しい自然と吊り橋との組み合わせがとても絵になります。観賞するだけでなく実際に渡ることもできるのですが、吊り橋を渡るやいなや緊張のあまり目が回ってしまいそうなスリリングな場所です。そんな谷瀬の吊り橋ですが、もとは地元の人たちが日常生活に必要な道路として建築したのが始まりです。

谷瀬の吊り橋の特徴

谷瀬のつり橋の長さは日本一です。地元の人たちがいまだに利用している橋なので渡るのに料金などを払う必要はありません。

日本一の吊り橋

奈良県は十津川村にある「谷瀬の吊り橋」は看板に書いてあるように、日本一の長さと高さを誇っています。吊り橋の寸法は、長さ297m、高さ54mととてもスリリングです

額面の長さでは箱根の三島大吊橋に軍配があがりますが、地元の人たちが利用する生活橋としては日本最大級のサイズです。

谷瀬の吊り橋ができる以前にも橋はありましたが、雨風による洪水のたびに流されていました。そこで、地元の人たちがお金を出し合い大吊り橋を完成させました。

観光スポットとして知名度は高いですが、このように生活で利用する人のためのものでもあるので、誰でも無料で渡ることができます。

空中散歩気分を味わえる

ふと真下に流れる川やまわりの山々を見てしまうと、途端に足がガクガクとなる人も出てきます。一方、高いところや奥行きのある景色が楽しめる方は、周囲の山々や川を眺めながら空中散歩気分を満喫できるでしょう。

一度に渡れるのは20人まで!

直線上にあるゴールをしっかりと見定めてスタートしないと、半分も行かないうちに怖くなって引き返したくなる橋です。この吊り橋の最大定員は20人までで、渡りきるのに5分~10分ほどかかります。

観光シーズンになるとたくさんの人が訪れるので、吊り橋には一方通行の規制がかかります。ですがご安心ください。帰りにはシャトルバスがしっかりと用意されています。

対岸の茶屋で小休憩

無事橋を渡りきれたら、つり橋茶屋に立ち寄って揚げ餅や串こんにゃくでも食べながらひと休みというのもおすすめです。

茶屋ではお土産や記念品を買うこともできます。軽食もとれるので、吊り橋を眺めながらランチをしても良いでしょう。

つり橋を眺めながら食べるのにピッタリな地元料理が「めはり寿司」です。めはり寿司は高菜の浅漬けの葉でくるまれたおにぎりのこと。

全国で見ても一部の地域にしかない珍しい料理です。茶屋で味わえる巻きずしを食べながら吊り橋を眺めていると、旅行気分がたっぷりと味わえます。

住所|〒637-1106 奈良県吉野郡十津川村大字谷瀬261-1
営業時間|AM8:00~PM5:00
定休日|土・日・月と夏休み・祝日のみ営業。 1月・2月は休み。
電話|0746-68-0425
公式サイトはこちら

吊り橋の下は広大なキャンプサイト

吊り橋の真下には広い土地が広がっていて、キャンプ場として利用することが可能です。どちらも予約は要らずで、行楽シーズンの利用にも向いています。

とくかく広い!

吊り橋の真下を見下ろすと、広大な土地にたくさんの人だかりがあります。谷瀬の吊り橋にはキャンプで利用できる施設が2つあるのですが、ひとつは真下に見える吊り橋の里キャンプ場。

川の上流付近には谷瀬つり橋オートキャンプ場があり、どちらも予約不要で利用できます。その広大な面積のおかげもあり、夏休みやGWでも予約が一杯でキャンプ場が利用できなかったということはありません。

・谷瀬つり橋オートキャンプ場

住所| 〒637-1103 奈良県吉野郡十津川村
営業時間|AM6:00-PM5:00(受付)
定休日|年末年始
電話|0746-68-0118
公式サイトはこちら

・吊り橋の里キャンプ場

住所|〒637-1106 奈良県吉野郡十津川村谷瀬一番地
営業時間|なし
定休日|年末年始
電話|0746-68-0626
公式サイトはこちら

十津川の清流

吊り橋の真下には十津川が流れており、夏場に来ると水遊びができて気持ちが良いです。大自然に流れる川の水は本当に透き通っていますよね。

川沿いにあるつり橋の里キャンプ場では、昼間は子供たちが自然と触れ合うのに最高の環境ですし、夜も都会にはない綺麗で美しい星空を見ることができます。

最高のロケーション!

谷瀬の吊り橋から真下を見たときにみえる川やキャンプ場ですが、逆にキャンプ場からつり橋を見上げると、青い空と緑の山による壮大な自然を感じることができます。つり橋を歩いている人たちが本当にちいさく見えますね。

直火OKなのでBBQにも最適!

谷瀬の吊り橋キャンプ場では、家族や友だち同士でBBQを楽しみたいときにBBQ用の網が用意できていれば直火で料理をすることもできます。寒い時期に行ったときは焚き火で暖をとったりもできます。

キャンプ場から眺める夜の星空は格別のものがあります。商業施設や住宅、高層ビルなどの人工的な明かりなどが周りにありません。

特に天気がいい時に夜空の星々は本当に輝いていて素晴らしいです。特に流星群の時期に訪れる谷瀬の吊り橋キャンプ場は、流れ星を観察するには絶好のスポットです。

バイクツーリングにもおすすめ!

谷瀬の吊り橋はバイク好きの間では有名なツーリングの場所でもあります。雄大な自然を背景にしてお気に入りの一枚をとるのも良いです。

吊り橋&バイクで記念撮影!

谷瀬の吊り橋をバックに撮影したバイクが自然に溶け込んでいます。こういった記念撮影もふくめ、広大な景観とドライブが楽しめるのでバイカー仲間の間では谷瀬の吊り橋は有名なツーリングスポットです。

ワインディングロードを走り抜ける!

View this post on Instagram

今日はやっとこさ取れた代休(それもかなり無理やり…?)なので、ある目的地を目指して走ってる道中、奈良県十津川にある有名な「谷瀬の吊り橋」に寄ってみた。 日本一長い生活用吊り橋で、夏休みや紅葉のシーズンの?週末にはかなりの観光客がいて、橋を渡るのも人数制限されるらしい。 さすがに平日だったんで貸切状態? でも、結構風が強かったので往復したらちょっと酔った? #エリミネーター250v #バイク好きな人と繋がりたい #アメリカンバイク #バイク写真部 #ツーリング #一眼レフカメラ #日本の絶景 #風景写真 #カメラ好きな人と繋がりたい #ファミリーフィッシング #十津川村 #谷瀬の吊り橋

A post shared by Ken Agena (@agenaken) on

吊り橋に向かう途中、バイク好きには走り甲斐のある山道を走っていきます。吊り橋までつづく道路は信号も少なく、道中を飛ばしながら走っていくと、季節に合わせて変わる山々の景観を見ることができて楽しめます

事故やガス欠に注意!

黄色看板に書いてある注意書きのように、山道は突然の落石もあるので事故に遭わないように気を付けて行きましょう。道中は信号も少ないので、知らない間に疲れが溜まっていきます。

時折休憩を挟んで体力を温存しておきましょう。また、バイクもこまめに給油しておかないとガソリンスタンドが少ないので、うっかりガス欠なんてことにならないように注意してください。

谷瀬の吊り橋へのアクセス

バスでのアクセス

・大和八木駅から新宮駅行きのバスに乗車し、上野地で下車。

・新宮駅から大和八木駅行きのバスに乗車し、上野地で下車。

車でのアクセス

・五条ICから1時間程度。

まとめ

谷瀬の吊り橋は、渡るとなると緊張の連続かもしれない吊り橋ですが、きしむ足場の板、千鳥足状態になる橋の揺れ、山々の景色、真下に見える十津川など、どれも素晴らしい体験となることでしょう。加えて、お茶屋での買い物や食事、昼夜問わずキャンプ場での生活といった吊り橋付近においても宝物のような思い出を持って帰ることができます。