白石神社は様々な神様と出会える札幌のパワースポット

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

神様がいっぱい!なまらパワーを感じるわ~

札幌の中心部から車で約20分、白石区にある白石神社は北海道神宮に次ぐ初詣の参拝客が訪れる道内でも屈指の神社です。境内にはさまざまな神様が祀られており、一度の参拝で多くのご利益をいただくことができます。今回はそんな札幌のパワースポット、白石神社をご紹介します。

白石神社とは

札幌市からすぐそばにある白石神社の魅力を見てみましょう。

白石神社の歴史

白石神社は札幌市白石区にあり、明治5年に札幌神社(旧北海道神宮)の遥拝所として設立された神社です。

明治30年に現在の白石神社と命名されました。神倭磐余毘古尊を祀っており、延命長寿、開運将来、病気治癒のご利益があるとされています。

社殿の造り

社殿様式は伊勢の神宮を代表としてみられる神明造、神紋は十六菊です。

明治37年と昭和41年、社殿が火事で消失。今の社殿は昭和42年に再建されたものです。実際に訪れたとき、荘厳な雰囲気に心を奪われる人も多いのではないでしょうか。

お参りで神様の力を感じよう

白石神社へ訪れたときはぜひ参拝してください。ここでは、参拝のポイントをご紹介します。

石の手水舎

鳥居をくぐると右側に石で作られた手水舎があります。水は湧水を使用していますが、冬場はとても冷たいです。

四角い岩をくりぬいて作られています。ちなみに、上から垂れているのはカラス除けのために用意された紐です。

白石神社のハンサムな狛犬

手水舎で清めた後に通る参道に狛犬が鎮座されています。石工・鏑城石五郎によって大正8年9月建立されたものです。

写真は右側の狛犬なので口が開いている阿形。すっきりとした体のハンサムな狛犬が守る拝殿へと進みます。

神社に来たらおみくじは欠かせない

一般的なおみくじのほかに華おみくじがあります。花の絵が飛び出す仕組みになっておりかわいらしいデザインです。花にちなんだ和歌も書かれていますよ。

白石神社の御朱印

社務所は境内の左側にあります。御朱印は社務所でお願いしましょう。縁結び、安産祈願、五穀豊穣、商売繁盛、産業興隆、家内安全、交通安全などのお守りも売っています。さまざまなお守りがありますがどれもご利益がありそうです。

拝殿内での祈祷の様子

View this post on Instagram

新年明けましておめでとうございます。 当社は9日から営業スタートしました。 先日、白石神社へ行き、商売繁昌、工事安全祈願をしてきました。 今年もみなさまに喜んでいただけるような工事とサービスを行って参ります。 本年もよろしくお願いいたします。 #アフターマーケット株式会社 #lixilリフォームショップアフターマーケット #札幌白石のリフォーム会社で働く主婦スタッフ奮闘記 #札幌 #白石区#リフォーム#新築 #あけましておめでとうございます #本年もよろしくお願いします #白石神社#新年祈願#社員一同頑張ります

A post shared by アフターマーケット株式会社 (@aftermarket.co) on

社務所では祈祷の受付も可能です。厄払い、七五三以外にもさまざまな祈願や車の交通安全祈願も行っています。

個人の方はもちろんのこと、地元企業の方が訪れて商売繁盛や安全を祈願しているケースも少なくありません。

白石神社のパワースポット巡り

白石神社は札幌有数のパワースポット。どのようなスポットが注目を集めているか見てみましょう。

自然の力を感じる入口

手水舎側から下に降りる階段があり、小さな神社がある敷地への白石神社側からの入り口になっています。降りるごとに静寂が訪れ神域に入る気配を感じるもの。白石神社がパワースポットであると感じさせるポイントです。

階段を降りると別空間

階段を降りると4つの小さな社がある神寄谷と呼ばれる場所に出ます。都会とは思えないほど静かな空間です。

鳥居の上には「白龍大神」「八代龍王大神」「三賓金神」と書かれ、敷地の中央には池があります。網状の橋がかけられ渡るのが少し怖いです。

白石竜宮神社でパワーを感じよう

鳥居をくぐり右奥にあるのが白石竜宮神社です。白石神社境内末社として昭和19年建立されました。豊玉姫命を祀っています。

普段は赤い扉は開いておらず、正月とお祭りの日のみ開かれます。ご利益は安産、育児、海上安全とされており、恋愛のパワースポットでもあります。左側には不動明王を祀っている祠があり、重々しい空気を感じます。

中央の池は庭園の趣

湧水が注がれる中央の池には龍神がいるといわれています。庭園のような趣があり、時間を忘れのんびりと過ごせるのではないでしょうか。水が清らかなため、多くの魚が泳いでいる様子が見えます。

左の橋の向こうにも神社

橋を越えると白石伏見稲荷神社があります。昭和52年に京都の伏見稲荷大社より分霊され建立され、宇迦之御魂神を祀っています。

ご利益は商売繁昌、産業興隆、家内安全、交通安全、五穀豊穣とされ、金運、仕事運のパワースポットになっています。

学問の神様にもご挨拶

白い社が白石天神社です。菅原道真公を祀っています。

ご利益は学業成就、合格祈願、厄除けで、学業のパワースポットとされています。受験シーズンになると試験への合格を祈って訪れる学生も少なくありません。

弁天神社で縁結びを祈願

橋を渡った先にあるのが白石弁天神社、市杵島姫神を祀っています。

水の神にふさわしく池の中の島に社があります。ご利益は子宝、安産、家内安全、商売繁盛。縁結び神を掲げた目印もあり恋愛のパワースポットです。

白蛇様にもご挨拶

その他にも多くの神様を参拝することができます。四方神遥拝所には白蛇の像や蛇紋石が置かれており、触ることができるので、パワーをわけていただきましょう。

馬頭観世音、観音菩薩、龍像の合祀場所もあり、拝む内容に合った神様を探す楽しみもあります。

お祭りは屋台だけじゃない

お祭りの日の境内

白石神社例大祭は9月11日です。宵祭と本祭で2日間行われます。お神輿は町内約7kmを練り歩き、わっしょいわっしょいの声が響きわたります。

夜には神社境内外にある提灯に灯がともされ、神秘的な空間になるのが美しいです。

祭りを楽しむ人々

祭礼時には白石神社前の道路が歩行者天国になり、境内と両脇に200もの屋台が並び大勢の人が祭りを楽しみます。

21時までステージイベントも開催されます。お祭りを楽しみつつ神社への参拝もぜひ忘れずにしてみてはいかがでしょうか。

参拝も忘れずに

例大祭日には白石竜宮神社の扉が開かれます。きれいな女神様を拝顔できる貴重な日なので、要チェックです。

提灯とろうそくの明かりで異世界に迷い込んだような雰囲気。屋台で楽しむだけでなく参拝も行い龍神様からパワーをもらいましょう。

白石神社へのアクセス

車で行く場合

札幌駅から国道12号線経由で約20分。無料駐車場があるので車でもお越しになれます。ただし、正月三が日と例大祭時は駐車場は利用できないので注意。

地下鉄で行く場合

地下鉄東西線南郷13丁目から徒歩10分。

バスで行く場合

JRバス、中央バス白石神社前下車徒歩2分。

住所|北海道札幌市白石区本通14丁目北1-12
営業時間|なし(社務所の営業時間 9:00~16:00)
定休日|なし
電話|011-861-2609
公式サイトはこちら

まとめ

ひとつの神社で多くの神々を参拝できる場所として人気がある白石神社。訪れるときはお賽銭用の小銭をたくさんもって、参拝にいきましょう。また神社の周りにはさまざまなお店があるので、お食事や銭湯などにも足を運んでみてください。