【祇園祭は疫病退治がはじまり?】京都市最古の公園「円山公園」とその周辺の歴史

皆さんは京都の円山公園とはどんな所かご存知ですか?あまりピンとこない人も多いんじゃないでしょうか?私も「八坂神社の隣にある公園」と聞いて「ああ、あの公園か」と思ったくらいです。

そして、ここでは、円山公園とはどんな公園?隣接する八坂神社とは?八坂神社といえば、の祇園祭とは?また同じく円山公園と隣接する知恩院はどんな寺?徳川将軍家とどんな関係がある?

ということについて、見ていきたいと思います。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

円山公園とは?

寺が酒食を提供した円山公園

寺が酒食を提供した円山公園

image by PIXTA / 29237082

円山公園(まるやまこうえん)は知恩院の南側、八坂神社の東側に隣接する、明治19年(1886年)開設の京都市最古の公園。
名称は円山安養寺(えんざんあんようじ)ゆかりの塔頭(たっちゅう)にかかわる故事にちなみ名付けられました。

面積は東山にかけて約8万6600平方メートルあり、近代日本庭園の先駆者とされる作庭家・小川治兵衛(じへえ)の手によるもの。

公園中央に配された瓢箪池(ひょうたんいけ)をめぐる池泉回遊式庭園(大正2年(1913年)完成)を中心に構成され、また東から西に傾斜する公園内には、料亭や茶店が散在しています。

古くは真葛ヶ原(まくずがはら)と呼ばれ、江戸時代には一帯の時宗の寺などが酒食を提供し、公園東奥にある料亭が阿弥(あみ)の名を付すのはその名残。
有名な赤穂浪士の円山会議も、そうした寺院の1つ、重阿弥(今は廃絶)で催されました。

円山公園はサクラの名所?

円山公園はサクラの名所?

image by PIXTA / 21913890

また円山公園は京都随一のサクラの名所で、園内中央には、通称「祇園の夜桜」という有名なサクラ(正式には一重白彼岸枝垂桜(ひとえしろひがんしだれざくら))があり、今のサクラは2代目で樹齢200年余りとされ、昭和18年(1938年)に天然記念物に指定された初代のサクラ(昭和22年(1947年)枯死)の種子から育成したものを、造園家佐野藤右衛門(とうえもん)から寄贈を受けて昭和24年(1949年)に植栽したもの。
樹高12m、幹回り2.8mを測り、花見時は大勢の観覧者で賑わいます。

その南にある洋館(長楽館)はタバコ王として知られた実業家村井吉兵衛(きちへえ)が明治42(1909年)に建てた別荘で、現在は喫茶店・ホテルなどになっています。

西行と芭蕉ゆかりの地も園内に?

西行と芭蕉ゆかりの地も園内に?

image by PIXTA / 19335813

公園南西端の八坂神社東側約70mには、祇園祭の山鉾(やまぼこ)11基を納める祇園祭山鉾館があり、各入り口に山鉾名が掲げられています。

公園南側の野外音楽堂「円山公園音楽堂」は昭和2年(1927年)の創設。
昭和48年(1973年)kara

2009年まで開かれていた宵々山コンサートは京の夏の風物詩でもありました。

公園の周囲には旧跡が多く残り、音楽堂の東側には、近世文人画家池大雅(いけのたいが)の旧宅跡にちなみ、「大雅堂旧址(きゅうし)」の石碑が建てられているほか、延暦年間(782〜806)創建と伝えられる雙林寺(そうりんじ、霊鷲山沙羅双樹林寺法華三昧無量壽院(りょうじゅせんさらそうじゅりんじほっけさんまいむりょうじゅいん)とも、天台宗)では、本堂に木造薬師如来坐像(もくぞうやくしにょらいざぞう、国重文)を安置し、飛び地として西行庵が南西に。

西行庵では、毎年4月中旬に歌人が集まって西行忌が営まれ、西行庵に隣接して俳聖松尾芭蕉が西行を慕って詠んだ「柴の戸の 月やそのまま 阿弥陀堂」にちなんで、後世の俳人が芭蕉堂を建て、毎年4月12日に花供養、11月12日に芭蕉忌が行われています。

円山公園に隣接する八坂神社と、祇園祭にはどんな歴史がある?

八坂神社と呼ばれるようになったのは割と最近のこと?

八坂神社と呼ばれるようになったのは割と最近のこと?

image by PIXTA / 26677196

円山公園に隣接し、「祇園さん」と親しまれていて、東山祇園町の四条通に大きな楼門を構えているのが八坂神社。
656年(白村江の戦いの少し前ですね)に渡来系の伊利之使主(いりのしのおみ)が新羅(しらぎ)の国にある牛頭山の牛頭天王(ごずてんのう)を祀って創建したと言われています。

牛頭天王は釈迦の修業場・祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)の守護神。
疫病除けの神として崇敬を集め、日本の素戔嗚尊(スサノオノミコト)と同神とされ、つまりはスサノオノミコトを祀っていたということになりますね。

神社創建当初は「祇園社」といい、古くから神仏習合の色合いが強く、一時は延暦寺の手中であったため、寺院とみなされていたこともあったそう。
明治時代の神仏分離令により、祇園社から八坂神社に名前を変え、全国にあるスサノオノミコトを祀る神社の総本山となったのです。

八坂神社の歴史は1300年ほどありますが、「八坂神社」と呼ばれるようになったのは、割と最近なのですね。

祇園祭が始まった経緯は?

祇園祭が始まった経緯は?

image by PIXTA / 17872181

日本三大祭りの1つと言われる祇園祭は、平安時代の半ばから1100年あまり続く夏の風物詩で、八坂神社が7月1日から1ヶ月にわたって執り行う祭礼でもあります。
いまや山鉾(やまぼこ)巡行に代表される豪華絢爛さが目立つ祇園祭ですが、どのように始まったのでしょうか?

時は桓武天皇から6代目の清和天皇の時代、各地で災害が発生し疫病が蔓延。

人々はこれを早良(さわら)親王など朝廷に恨みを抱いて非業の死を遂げた6人の怨霊の祟りと恐れていました。
その怨霊を鎮めるため、貞観5年(863年)天皇は神泉苑(しんせんえん、大内裏に隣接する天皇の庭園)で御霊会を催しましたが、それでも疫病は収束せず。

さらに天変地異も起こったことで、貞観11年(869年)疫病退治の力を持つ牛頭天王を祀る祇園社(八坂神社)から神泉苑へ矛(これも、ほこ)66本を建てて神輿(みこし)を送りました。
この「祇園御霊会(ごりょうえ)」といわれた疫病除けの神事が祇園祭の始まり。

矛の数が66本なのは当時の数が66ヵ国だったためで、全国に蔓延する疫病を鎮めるために災厄除去を祈ったのです。

私は京都から電車で30分くらいの所に住んでいたことがあるのですが、いつも暑い季節にあるので、祇園祭には行ったことがないという体たらく。
しかし、こういう経緯があったのですね。
とすると、祇園祭は京都の人々の無病息災を祈る祭ということになるのでしょうか?

朝廷や幕府から町人の祭へ、祇園祭とは?

朝廷や幕府から町人の祭へ、祇園祭とは?

image by PIXTA / 23963922

御霊会はその後、天禄元年(970年)から毎年行われるようになり、鎌倉時代以降は華美な山や鉾が出現するように。
悪疫神を依りつかせた山鉾は、次第に飾りつけられるようになり、今や「動く美術館」とも言われるほどの華やかさ。
山鉾は巡業の1週間ほど前から各山鉾町の道路で組み立てられ、巡業の前夜は宵山といい、飾り付けが終わった山鉾に駒形提灯(こまがたちょうちん)が灯ります。

応仁元年(1467年)の応仁の乱で一時は中断されますが、(京都の人にとって「戦後」は太平洋戦争の後ではなく、応仁の乱の後。
というのはよく聞く話ですよね)明応9年(1500年)に再開。
これ以降、御霊会は朝廷や幕府ではなく、京の町衆の強い熱意によって次第に大きくなっていきます。

山鉾は応仁の乱より前から受け継がれてきた?

山鉾は応仁の乱より前から受け継がれてきた?

image by PIXTA / 13065394

7月1日、ひと月におよぶ多彩な神事や祭事が幕を開けます。
吉符入り、鉾建て、神輿洗いなどの行事が行われ、中でも一番の見所は、17日の山鉾巡行。

重要文化財のゴブラン織、ペルシャ製綴(つづれ)織など美術工芸品で絢爛豪華に飾られた山鉾32基が大勢の引き手に引かれて京都市内を巡り、その絢爛な光景から「動く美術館」とも。

前夜祭ともいわれる「宵山(よいやま)」では、各町内に置かれた山鉾が公開され、鉾の上でお囃子(はやし)が演奏されます。

「山」や「鉾」は町ごとに建てられ、「鉾」とは山車(だし)の屋根の上に、ビルの4〜5階にまで達する高い柱が立ったもの。

「山」は屋根やご神体の後ろに松があり、曳き手がいるものと神輿のように担ぐものがあり、山も鉾も、それぞれにご神体が乗っています。

山鉾は室町時代の応仁の乱前には60基を数え、安土桃山時代に貿易が盛んになると南蛮渡来の絨毯(じゅうたん)などが飾られるようになり、より豪華に。
応仁の乱より前から行われているのですね。
また、飾りが豪華になるのは、祭としての華やかさと、人々を楽しませるのが目的に変わってきたということでしょうか。

御霊会が祇園祭と呼ばれるようになったのは、明治以降のこと。
幕末の禁門の変で、祭りの中心となる山鉾町が大きな被害を受け、焼失した山鉾もあり、祭りを縮小したり、第二次世界大戦中にも一時中断を余儀なくされたりしましたが、京の町衆の力であきらめずに再興され、連綿と続けられてきました。

この伝統を今日まで引き継いできたのは京の庶民なのです。

昭和20年(1945年)の敗戦時にも29基の山鉾が残り、現在鉾が8基、傘鉾が2基、山が23基、合計33基の山鉾が受け継がれています。
応仁の乱、明治維新、太平洋戦争と京都の町に苦難が続いても受け継がれてきたのですね。

円山公園に隣接する知恩院とは?

知恩院にはどんな文化財がある?

知恩院にはどんな文化財がある?

image by PIXTA / 5764562

平安時代の半ばから鎌倉時代初めにかけて、京都では末法思想(まっぽうしそう)が広まり、貴族の間では政権争いが繰り広げられ、庶民は災害や飢饉(ききん)に苦しみ、人々は不吉な影におびえていました。

このような時代に「南無阿弥陀仏」(なむあみだぶつ)を唱えれば、誰でも仏に救われて極楽往生できるという浄土の教えが法然によって説かれ、またたくまに都に広まりました。

その浄土宗の寺として法然が開山し、今では浄土宗総本山となっているのが東山の知恩院。

入り口にそびえる三門は豪壮な姿で、高さ24m、現存する日本最大の楼門で、木造の楼門としては世界最大。
また、6万坪の広大な境内には、本堂を始め、経蔵、大方丈、日本一大きい梵鐘(ぼんしょう)がある大鐘楼、勢至堂(せいしどう)、阿弥陀堂、宝仏殿など100棟を超える堂宇(どうう)が立ち並んでいます。

大方丈は華麗な書院造りで54畳敷きの大広間を中心に、襖には狩野派(かのうは)による豪華な襖絵が描かれ、経蔵の天井にも狩野派の筆による鮮やかな極楽浄土が。

知恩院が今の壮大さになった経緯は?

知恩院が今の壮大さになった経緯は?

image by PIXTA / 4674195

知恩院は、まるで壮大さと豪壮さを誇示するかのように造営されていますが、実は法然が開いた当初は今のような寺院ではなく、小さな禅坊でした。
自分が住まいとした東山の吉水の禅坊(現在の知恩院の御影堂の近く)を拠点とし、貧しい民衆に念仏の教えを説いていたに過ぎませんでした。

では、現在の知恩院はどのようにできたのでしょうか?それは徳川家康・秀忠・家光の3大将軍によるところが大きいのです。

徳川家は古くから浄土宗に帰依し、家康が次第に寺域を広げ、ほぼ現在の境内にまで拡大させ、2代将軍秀忠も造営を引き継ぎ、あの巨大な3門を造営しています。
寛永10年(1633年)の大火で焼失しましたが、3代将軍家光が再建に努めたのです。

徳川3代が知恩院をこれほどまで壮大なスケールに再興したのにはわけがあり、幕府安泰のため、江戸から離れた京都で徳川家の威光を民衆に知らしめ、朝廷をけん制する必要があったから。
どこの寺院よりも豪壮に造営し、天下に徳川の力をアピール。
いわば知恩院の荘厳な姿は、徳川3代の思いが形となった結晶なのです。

いわば日光東照宮と同じような理由で建てられたのですね。
しかし、家光に関しては「おじいさん大好き将軍」なため。
ただ単に「祖父が作ったものを再建したかっただけ」とも感じられます。

京都市最古の公園で、祇園祭や徳川家とも関わりがある円山公園

円山公園は明治19年開園の京都市最古の公園で、京都市随一の桜の名所。
西行や松尾芭蕉などが住んだゆかりの地でもあります。

また隣接する八坂神社は平安時代からあり、スサノオノミコトを祀り、明治までは祇園社と呼ばれていました。

そして、八坂神社が行う祇園祭は桓武天皇の時代に災害が発生し疫病が蔓延したため、怨霊を鎮めるために行われ、「御霊会」と呼ばれ、また祇園祭の山鉾は京都の町衆によって1000年以上の間受け継がれてきました。

また知恩院は幕府の力を天下にアピールするために家康・秀忠・家光の徳川3代将軍によって建てられました。

円山公園は私にとって「風情のある綺麗な公園、というか庭園」というイメージだったのですが、祇園祭りや徳川家とも関連があり、とりあえずまた訪れていろいろな歴史との関わりを肌で感じてみたいと思いました。

それでは、今回はこの辺で失礼します。
読んでくれてありがとうございます!

photo by PIXTA