江戸時代を代表する名俳人・小林一茶が歩んだ人生とは?

日本の江戸時代に登場し、俳句の説明に必ず登場することで知られる「小林一茶(こばやしいっさ)」。江戸時代を代表する俳人として活躍した彼が生涯で残した俳句の数は約2万区にものぼり、わかりやすく親しみやすい作風は「一茶調」と呼ばれることもあります。そんな独特な作品を数多く生み出した名俳人・小林一茶が歩んだ人生とはどのようなものであったのでしょうか。今回は生涯や残した俳句、ゆかりのスポットを見てみましょう。

一茶が送った生涯

一茶が送った生涯

image by PIXTA / 3777548

波乱は幼少期から始まる

小林一茶は1763年(宝暦13年)、北国街道柏原宿(現在の長野県上水内郡信濃町大字柏原)の中農(ちゅうのう。
ある程度の領地を所有して農夫を使い、自身も耕作を行う農家)の長男として誕生。
3歳の時に母を亡くした一茶は8歳の時に継母を迎えますが、その継母にはなじむことができず。
14歳を迎えた1777年(安永6年)になると江戸に奉公(主人の家に住み込んで仕えること)へ出かけることになり家を去ることに。
新しい家族となじめなかった一茶は「家庭での居場所がなかった」と感じたのかもしれませんね。

その後奉公先を変えながら過ごした一茶は20歳の頃から俳句の道を目指すようになり、25歳の頃からは二六庵竹阿(にろくあんちくあ。
小林竹阿とも言う)、溝口素丸(みぞぐちそまる)、今日庵・森田元夢らに師事して俳句を学ぶように。
俳句を学ぶようになると「い橋・菊明・亜堂」といった俳号を名乗るようになり、やがて一茶の俳号を用いるようになります。

俳句活動の始まり

俳句を学んだ一茶は1791年(寛政3年)になると故郷へ帰郷、翌年から36歳まで俳諧の修行のため近畿・四国・九州を歴遊するように。
この頃は多くの俳人と知り合い、この頃交流した作品は句集「たびしうゐ」「さらば笠」として出版することに。

1801年(享和元年)に再び帰省すると病気を患った父の看病を行いますが、約病1ヶ月後に死去。
この頃は遺産相続をめぐって継母と争うようになり、この争いは12年間続くことに。
なじめなかった継母と争いになってしまっては、創作活動どころではありません。
こうした中でも一茶は創作活動を行い、父の発病から亡くなって初七日を迎えるまでの経緯は『父の終焉日記』として発表、これが私小説の先駆けに。

父の遺産争いについては1808年(文化5年)に進展が見られ、畑3反歩など遺産の半分を受け取ることに成功。
家族と争う形で得るのは不本意でしょうが、これは仕方ないですね。

家族との争い・名俳人へ・晩年

遺産争いに進展が見られた後の一茶は1812年(文化9年)に郷里・柏原村に戻ることに。
しかしここでも家族との遺産争いは終わることなく、1813年(文化10年)には弟との間に取り交わした「熟談書付」の事にある家屋敷分譲の実行、1807年(文化4年)以前の収入と利息を払うことを巡って激しい争いに。

その一方で俳人・夏目成美(なつめせいび)の句会に入って指導を受けたり房総の知人・門人を訪ねて俳句を指導したりして生計を立てる生活を送り、俳人としての評価を高めていきます。
精神的には苦しい中であったかもしれませんが、その中でも創作意欲は衰えませんね。

激しい遺産争いを経た一茶はようやく家庭をもうけることになり、1814年(文化11年)に28歳の女性・きくと結婚。
きくとの間に3男1女をもうけますがいずれも幼くして他界、妻きくもその後37歳の若さで亡くなってしまいます。
妻を亡くした後の一茶は1人の女性を経て別の女性・やをと再婚、彼女との間には次女・やたが誕生(生まれたのは一茶の死後)。

そんな一茶でしたが1827年(文政10年)6月1日、柏原宿の大半を焼く火事に見舞われ、母屋を失うことに。
母屋を失った一茶は焼け残りの土蔵に移り住むこととなり、この年の11月19日に65歳で生涯を閉じることに。
俳人として高い評価を受けながら家族関係に恵まれなかった一茶の人生は、最後まで波乱続きのものでした。

50を過ぎてから派手な女性関係

50を過ぎてから派手な女性関係

image by PIXTA / 8591229

江戸時代を代表する俳人として活躍した一茶ですが、そんな一茶は歴代妻との関係で驚愕のエピソードを残しています。
50歳の時に最初に結婚した妻・きくとは毎日のように性行為に及んでいたとされており、日ごとの回数を記した記録の中には1日に昼夜で4回も行っていた日も。
一茶は50歳で結婚するまで女性との行為に及んだことがないと言われており、それまで溜まった欲望が年を重ねて爆発してしまったのでしょうかね。

それだけ激しい行為を毎日のように行っていたことから、体が耐えられなくなったきくは37歳で他界。
性行為のし過ぎから来る痛風が原因とも言われています。
その後62歳で2番目の妻・田中雪)を迎えながら半年で離婚。
64歳で3番目の妻・やをと結婚することに。

晩年から女性関係が派手になった一茶は脳卒中で半身不随になったり、言語症を起こしたりしても行為への意欲がとどまることはなく、妻が妊娠しているときに行為を行ったことも。
彼は若いころに経験できなかったことを人生後半にして「人生の遅れを取り戻そう」としていたのでしょうかね。

桜を詠んだ俳句

桜を詠んだ俳句

image by PIXTA / 19850161

生涯で2万にものぼる俳句を残したとされる一茶は桜に関係した俳句を多く残しています。
その1つである「桜咲く大日本ぞ日本ぞ」は言葉そのまま桜が咲きたての風景を想像できそうな一句。
ようやく春が訪れたという喜びが伝わってきそうな一句ですね。

「茶屋むらの一夜にわきし桜かな」の句にある「茶屋村」はお花見のために作られた屋台のことを指し、一夜にして「屋台と桜が両方わいた」ことを意味するもの。
こちらも桜の開花で賑わう人々の姿が浮かんできそうな一句。
「花の陰あかの他人はなかりけり」はその場所に来ている人々は知らない人でも「みな桜を好む人」であり、そのように考えれば全くの他人ではないという意味を含んでいる一句。
現代であれば開花の時期に桜の下で花見、盛り上がる人々の様子が真っ先に浮かんできそうですね。

このほか48歳から56歳までの9年間にわたる句日記「七番日記」には「夜桜や大門出れば翌の事(よざくらやだいもんでればあすのこと)」という一句も残されており、春の季節には一句思い浮かべて風景に見とれてみたいところですね。

代表的な俳句集「おらが春」

代表的な俳句集「おらが春」

image by PIXTA / 32836225

一茶が残した俳諧俳文集「おらが春」は一茶が57歳を迎えた1819年(文政2年)、1年間の出来事に寄せて読んだ俳句・俳文を一茶没後25年になる1852年(嘉永5年)に白井一之(いっし)が自家本として刊行したもの。
書名は巻頭の一文中にある「めでたさも中くらゐなりおらが春」により名づけられたもの。

一茶の代表的著作とされており、前年に生まれたばかりの長女・さとの死を中心に発句ほっくを交えて日記風にした構成。
代表的な句である「我と来て遊べや親のない雀」は「こちらに来て、母を亡くした私と遊ぼうよ。
巣から落ちて親と離れてしまった子雀よ」という意味で、若くして母を亡くし継母になじめない中で過ごした一茶の少年時代を表現。

「ともかくもあなた任せのとしのくれ」は「あれこれ考えたところでどうにもならない。
この年の暮れも、すべてを仏さまにお任せするよりほかにない。」という意味で、「裕福でも貧乏でも、ありのままに年を越していきましょう」というもの。
波乱の多い人生を歩んできた一茶ならではと言える一句ですね。

死の間際に残した辞世の句

死の間際に残した辞世の句

image by PIXTA / 21850156

辞世(じせい)の句とは「この世に別れを告げる人が世を去る時に詠む歌」を指しますが、一茶もそのような句を残しています。
一茶が残したのは「盥(たらい)から盥へうつる ちんぷんかんぷん」というもので、盥は生まれたときに産湯につかり、亡くなったときの湯灌(ゆかん)で体を清められるときに使われるもの。

人間は「頼んでもいないのにこの世に生を受け、そこから生きる意味を探せと言われながら過ごす。
しかし意味を探しながら見つかることはなく、探しているうちに人生は終わってしまう」ということで、人生は「ちんぷんかんぷん」のまま終わってしまうということですね。
幼くして母と死に別れ、家族と遺産相続をめぐって争うことになってしまう、波乱の人生を歩んだ一茶らしい一句。
「ちんぷんかんぷん」という言葉を表面的に捉えると何か面白い意味のものにも見えますが、その言葉には臨終を迎えるあたって気づいた「奥深い人生論」が隠されていたのですね。

一茶の功績をたどるスポット

一茶の功績をたどるスポット

image by PIXTA / 2178800

一茶が晩年を過ごした旧宅は現在も残されています。
1957年(昭和32年)に国の史跡に指定された「小林一茶旧宅」は50歳の時に故郷へ戻ってきた一茶が暮らした場所。
住居は弟と二分して暮らしましたが、1827年(文政10年)の火災により母屋は焼失。
焼け残った土蔵を仮住まいとして過ごし、この年の11月19日に65歳で生涯を閉じることに。
旧宅は2度の解体保存工事が進められたのち一茶が住んだ当時の姿を復元。
史跡内には弟・弥兵衛が大火ののちに建てた民家も現存。
一茶が人生最終盤に何を思いながら死に行く自分を見つめていたのか、考えてみたいところですね。
住所:長野県上水内郡信濃町柏原48

1960年(昭和35年)に茶の墓のある小丸山に開館した「小林一茶記念館」は2003年(平成15年)4月に新館へ移った一茶の記念館。
展示室は一茶が残した数多くの作品を中心に一茶が過ごした「北国街道柏原宿」や一茶の生涯、映像コーナーなどで一茶の生涯、文学を紹介。
民俗資料棟には江戸時代後期に建てられた宿場の民家を移築改装してあり、一茶のふるさとの民俗資料を展示しています。
住所:長野県上水内郡信濃町柏原2437-2

一茶ゆかりの温泉

一茶ゆかりの温泉

image by PIXTA / 15441709

小林一茶はある温泉と深い関係がある人物でもあります。
長野県下高井郡にある「湯田中温泉(ゆだなかおんせん)」は天智天皇(626年-672年)時代に僧・智由により発見され「養遐齢(ようかれい)」と名付けられた長命・長寿の湯に。
その後江戸時代から旅籠屋(はたごや。
宿屋、旅館)を営むようになります。

一茶はこの温泉をゆかりの宿としており、裏山は一茶が俳句創作を行う際に活用した場所とされていることから「平和の丘公園」にある「世界平和観音」~「雨含の松(うがんのまつ)」までは一茶をしのぶ遊歩道として整備。
遊歩道には一茶の句碑が15も建てられています。
また一茶が湯田中温泉を訪れた際に長く滞在した湯田中の湯元家離れ「湯薫亭(ゆくんてい)」には一茶が晩年に記した日記など、貴重な未公開資料が展示。
一茶のように感性を研ぎ澄ませてみたいところですね。
住所:長野県下高井郡山ノ内町

一茶の功績を称える名物祭

一茶の功績を称える名物祭

image by PIXTA / 22084827

一茶の功績は現代に「祭り」という形でも残されています。
東京都足立区六月町にある「炎天寺(えんてんじ)」では一茶の命日である11月19日に近い11月23日(勤労感謝の日)に「一茶まつり」を開催。
一茶の俳句の友人宅が六月町にあることから寺院にも足を延ばしていたとされ、寺に関して「蝉鳴くや六月村の炎天寺」などの句も創作。
祭りはこれらの句碑が建立された昭和30年代に始まっており、この地は一茶と深い関係がある場所であったのです。

まつりでは近隣駅である「竹の塚駅」から炎天寺までをつなぐ「一茶行列」に続き、全国の小中学校生徒や海外から投稿された20数万点の俳句が集まる「全国小中学生俳句大会」を開催。
その他にも一茶が残した俳句「痩せ蛙負けるな一茶ここにあり」という一句にちなんだ「蛙の相撲」や野点(のだて。
屋外で茶を楽しむ茶会のこと)、お琴、かん酒の接待もあり、祭りは終日にぎわいを見せる名物行事に。
一茶の世界観を体験しながら楽しめるのは良いところですね。
住所:東京都足立区六月3-13−20

波乱の人生が感性を高めたのかも

江戸時代を代表する名俳人・小林一茶の人生は幼少期の母との死別から始まり、家族との遺産争い、妻との激しい関係に晩年の火事とさまざまな出来事の多いものに。
彼が送った65年の人生は「ドラマ」と言えるもので一茶の精神は追いつめられていたのでしょうが、そうした波乱の人生が一茶の感性を高めたと言えるのかもしれません。
photo by PIXTA