長崎バイオパークは動物が本来の環境で暮らす動物園

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: nanoha

出身地は広島。得意なエリアは中国地方です。パワースポットや食べ歩きが好きなので、神社仏閣やグルメが楽しめるスポットの紹介が得意。列車での旅はもちろん、サイクリングやドライブでのお出掛けも好きです。

動物や植物を見て触って楽しめるとよ!

長崎バイオパークは、緑豊かな環境で動物たちが自然に近いかたちで暮らすユニークな動物園です。動物がのびのびと暮らす環境だからこそ、普段は見られない貴重な習性を見かけるチャンスがあるのも大きな魅力の一つです。今回はそんな長崎バイオパークの魅力を紹介していきます。

動物と触れ合える自然豊かな動物園

長崎バイオパークは、もともと山だった地形を生かし、自然豊かに整備された動物園です。約30万平方メートルの広大な敷地のなかに、約200種類の動物と約1000種類の植物が展示されています。動物が檻のなかではなく、本来の生態系に近い環境で暮らす生態展示という方法を採っているのが特徴的です。園内は12ゾーンに分かれており、動物に餌やりができるなどの多くの体験ができます。

バイオパークの人気者 カピバラ

200種いる中で特に人気なのがカピバラです。その愛らしい見た目から一度は見てみたいという人もいるでしょう。バイオパークでは他の動物同様見るだけではなく触れることもできるのです。

愛らしい姿に癒される

カピバラの池とオマキザルの島ゾーンにいます。ひと懐っこいカピバラはこちらから触りにいかなくても、寄ってきてくれます。タワシのような毛を撫でてあげると気持ちよくなって眠ってしまうカピバラも。スプーンで餌やり体験もできちゃいます。

冬季限定のカピバラの露天風呂

カピバラはもともと南アメリカの水辺の茂みや林に生息している動物です。泳ぎが得意な動物なのですが日本の冬は寒すぎて、カピバラが池に入らなくなりました。水浴びせず肌が荒れて困ったことから飼育員のアイデアで作られたのが温泉です。

冬季限定でカピバラ用の露天風呂が設置されおり、気持ち良さそうに温泉に浸かる愛らしいカピバラの姿を眺めることができます。毎年遠方のファンが駆けつける冬の風物詩ともいえるイベントになりました。

他にもこんな個性豊かな動物たちが

カピバラ以外にもバイオパークではさまざまな動物たちが生態展示されています。中には日本で初めて人工保育に成功したカバもいるのです。とにかく多くの動物と触れ合うのも良し、お気に入りの動物と触れ合うのも良しです。

色鮮やかなインコたち

アンデス広場とラマの岩山などのエリアにいます。ベニコンゴウインコやヒワコンゴウインコなどさまざまな種類のインコがいて、ルリコンゴウインコのカップルが入口からすぐの場所にいるので、一番最初に出会う動物です。種類によって異なる色鮮やかな翼が、目を楽しませてくれます。

生き生きと動き回るミーアキャット

アライグマとレッサーパンダの丘エリアにいるのがミーアキャット。もともと彼らの生息しているサバンナの乾燥地帯のような環境を再現しています。ミーアキャットは人間のように昼に巣穴の外に出て夜に巣穴に戻るという習性を持っているのです。

イキイキと動き回るだけではなくて、日向ぼっこをして横になる姿も観察できます。さわることはできませんが、餌やりはできるのでぜひトライしてみてください。つぶらな瞳で立っている姿を見ていると、すっかりミーアキャットのファンになってしまいますよ。

日本初 人工哺育のカバ

カバの池とキツネザルの島エリアには、日本で初めて人工哺育に成功したカバのモモがいます。夏季限定でカバのスイカ丸ごとタイムが開催されます。1日2回実施され、カバモモたち家族が4頭いるので期間中320個ものスイカが必要になるとか。スイカを口の中で粉砕する豪快な食べっぷりが人気を集めています。暑い夏にはカバにとってもひんやりしたスイカが美味しいんでしょうね。

元気いっぱいのコモンリスザル

コモンリスザルはカンガルーとリスザルの森などのエリアにいます。リスザルの森には約40頭ものリスザルが。元気があり余るリスザルたちは餌をあげると目で追えないような身軽さで群がってきます。毎年夏になると赤ちゃんが生まれ、親の背中にしがみつく姿は1ヶ月ほど見られます。それ以降はお母さんザルから離れて遊びに行くこともあるのです。

ペットアニマルワールド(PAW)で小動物に触れる

PAW(ぱう)ではペットとしてもおなじみの犬や猫、ウサギなどと触れ合える場所です。なじみ深い動物たちだけではなくヘビや熱帯魚などもいます。

愛らしいペットがずらり

PAW(ぱう)は、長崎バイオパークの入り口付近に併設されていて、バイオパークの入園料とは別に入場料がかかります。犬や猫、鳥などペットとして家庭で親しまれている動物たちと触れ合うことができます。中にはヘビやイグアナ、カメなど爬虫類までいるのです。聞いたことのない動物もいるので、探して触れ合ってみてください。

PAWの象徴共生の樹

入り口から入ってすぐに目に付く大きな木の上には、ワシミミズクやタイハクオウムなどの大型の鳥がいます。根元にはウサギやモルモットの小動物たちがたくさんいます。上を見ても下を見ても癒し系動物ばかりで、いつまでも見ていたくなってしまいます。

お馴染みの犬と遊ぶ

大型犬から小型犬まで約10種類がいます。柴犬やフレンチブルドッグ、ジャックラッセルテリアなどの人気のワンちゃんたちが勢揃いです。犬種を聞いてわからなくても実際に見ればピンとくるでしょう。ワンちゃんたちとは庭に連れ出して一緒に遊ぶこともできます。

家のような雰囲気で猫とくつろぐ

ロシアンブルーやスコティッシュフォールドなどの猫がいます。家のように落ち着いた雰囲気の部屋で猫と一緒にくつろげます。ゆっくりと時間を忘れて猫と戯れられる、猫好きにはたまらないコーナーです。気ままな猫に振り回されるのも悪くありません。

まるで南国 魅惑のフラワードーム

インカの石積みのゾーンを越え、坂をのぼるとドーム型の温室が見えてきます。これがフラワードームです。南国の植物にあふれる室内にはコウモリや蝶たちが待っています。

花が咲き乱れるドーム型の大温室

大温室では、ランやブーゲンビリアなどのオリエンタルな美しい花々が咲き乱れます。なかにはバナナやパイナップルなど南国原産ののフルーツも実をつけています。屋内でかつ暖かい場所なので雨の日でも寒い日楽しめるエリアです。

珍しい生き物も間近で見られる

チャムネ エメラルド ハチドリやインドオオコウモリなども間近で眺めることが可能です。夏季などドーム内が暑くなります。暑すぎてコウモリが手で扇ぐしぐさをするなど、珍しい姿を見ることができることもあります。餌場では、ハチドリの貴重な食事している様子を見ることができたらラッキーです。

まさに蝶の楽園

咲き誇る花々の間を優美に飛び回る蝶たちも拝むことができます。その数は何と500羽にものぼるそうです。日本最大の蝶、オオゴマダラも見ることができます。アサギマダラやツマムラサキマダラなど、優雅に飛び回るあでやかな蝶たちは目を楽しませてくれます。

長崎バイオパークへのアクセス

バスでの行き方

ハウステンボスからシャトルバスが出ていますし、路線バスで行くこともできます。旅行の計画の中に組み込んでおくと便利です。路線バスを利用する場合は長崎空港から長崎駅へ向かうことになります。乗り間違いのないように調べておきましょう。

車での行き方

車で行くなら、福岡方面からの高速道路や有料道路を利用すると便利です。800台分の専用駐車場があります。

住所|〒851-3302 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
営業時間|AM10:00-PM17:00
定休日|なし
電話|0959-27-1090
公式サイトはこちら

まとめ

長崎バイオパークは豊かな自然のなかで動物たちが本来の生態系に近い環境で暮らすユニークな動物園です。周辺にはハウステンボスもありシャトルバスが出ているので、あわせて観光できるのも嬉しいですね。ぜひ一度訪れてみてください。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ