明治の貴重な建物が残る相楽園。敷地全体がまるで芸術品

公開日:2018/12/6 更新日:2019/5/23

トラベルパートナー:兵庫在住トラベルパートナー

兵庫県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

相楽園はきれいで見どころいっぱいのスポットやで!

兵庫県神戸市にある相楽園を知っていますか。池泉回遊式の日本庭園から明治時代の邸宅、異人館や江戸時代に使われていたお殿様の船屋形まで、敷地全体が歴史の美術館のような豪華で美しいおでかけスポットです。四季折々の自然が見られ、何度来ても楽しめる、1日じゃ足りないくらいの見どころ満載な相楽園。その歴史と魅力をたっぷりご紹介します。

手入れの行き届いた美しい日本庭園

相楽園は神戸市の都市公園で唯一の日本庭園です。約20,000平方メートルもの広大な敷地を有しています。その景色は圧巻。遠くにある高層ビルとの対比も見どころのひとつ。園内には池や散歩道のほか、異人館や重要文化財に指定されている施設などがあります。

歴史ある相楽園

相楽園は、もともと政治家で実業家であった小寺泰次郎氏の本邸だった庭園で、明治末期に完成しました。昭和16年以降に神戸市の所有となり、現在では一般にも公開されるようになりました。歴史ある貴重な建築物であることから、国の登録記念物にも登録されています。

相楽園で感じる美しい日本の自然

深山幽谷の風景

相楽園は池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)の日本庭園です。池泉回遊式とは、大きな池の周囲に園路を巡らし築山・池の小島・橋・名石などで各地の景勝を再現した庭園の事をいいます。

園内に配された水の流れや滝石組など、まるで人の手が入っていないかのような静かな自然の美しさにあふれています。園路沿いにはあずまやがいくつかあり、散策の途中で休憩したり、椅子に座ってゆっくりと庭園の景色を眺めたりも。街中にありながら深い自然を味わえるのが魅力です。

美しく雄大な樹木と草花

園内にある大クスノキも見どころの1つです。樹齢約500年と伝えられており、大切に育てられています。神戸の市民の木であり、神戸の銘木としても選ばれているほどです。その雄大な姿に、見ているだけで心を洗われる気分になることでしょう。

正門から入って左手にはツツジ園がありその数約4000株にものぼります。白やピンクに赤など目にも鮮やかなツツジが咲き誇ります。毎年4月から5月になると、つつじの見頃に合わせて茶会や音楽イベントなどが開催され、大変賑わうのです。

相楽園のおすすめ見どころスポット

旧ハッサム邸

この旧ハッサム邸は明治35年頃にインド系イギリス人の貿易商のハッサム氏が建てたものです。元は中央区北野町2丁目の高台にありました。しかし、昭和36年に当時の所有者より神戸市へ寄贈され、昭和38年に現在の場所へと移築保存されたのです。英国人の手で設計された和洋折衷のデザインがレトロで魅力的。

内部は、居住当時の優雅な生活の様子を再現しています。前庭にある2本のガス灯は日本に設置されたものとしてはかなり早いものでした。同じ前庭の隅には阪神淡路大震災の爪痕を物語る落下した煙突を展示しています。館内を見学したい場合は、公開日が限られているため事前に公式ホームページにてスケジュールを確認してみてください。

船屋形

ほかにも相楽園には、江戸時代に姫路藩主が河川での遊覧に使っていた川御座船の屋形部分が陸揚げされたものまで。船のあちこちには徳川四天王の一人、榊原家の家紋が刻まれています。これは昭和55年に保存のため相楽園に移築されたものであり、国内で唯一の現存する川御座船で、たいへん貴重な建造物です。

建物は木造2階建て。内外の木造部分はすべて漆で塗られており、金箔を施した飾り金具などを使った豪華で繊細な造りになっています。まさに江戸時代の贅を尽くした芸術品といえます。外観、内観ともに間近で見学できる期間は限られています。特に内部の見学は人数も限定しているため申し込みが必須です。神戸市のホームページで告知をしているので、確認してみてください。

旧小寺家厩舎

旧小寺家厩舎は、相楽園のもともとの持ち主小寺泰次郎氏の息子、元神戸市長の小寺謙吉が明治43年頃に建築した厩舎です。上から見るとL字になっていて円型の塔屋や急勾配の屋根と屋根窓など、凝った意匠のデザインが散りばめられたドイツ民家風の建物になっています。

園内にあった小寺家の本邸などたくさんの建物は、1945年の神戸大空襲で厩舎以外は消失してしまいました。唯一残った厩舎は現在、国の重要文化財に指定されています。

相楽園周辺のおすすめグルメスポット



Mirabelle(ミラベル)

Mirabelle(ミラベル)は相楽園周辺の住宅街の中にある隠れ家のようなフレンチのお店。数々の名店で経験を積んだシェフによる本格フレンチが、リーズナブルな価格で味わえる人気店です。

ナチュラルな雰囲気の小ぢんまりとした店内で、フレンチのコースを楽しめます。メニューが日によって異なるのも楽しいですね。ランチの時間帯でも単品からコースまで豊富なメニューのなかから選ぶ事ができるのもうれしい点です。

Address 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通6-6-7
Hours ランチ 11:30~14:00、ディナー 17:30~21:00
Closed 不定休
Tel 078-599-0781
Web https://www.facebook.com/ミラベル-1712270342122981/?fref=ts

バーンタイ マーケット

バーンタイ マーケットは古民家を改装したタイ料理店です。料理はすべてタイ人シェフやスタッフによって作られており、本場にいるような味が楽しめます。

おすすめはトムヤムパッヘーンという海鮮をトムヤムソースで煮込んだ鉄板焼。ほかにも鍋や春巻き、かき氷など、独自のアレンジを加えた個性的なメニューがたくさんあります。ぜひ立ち寄ってみてください。

Address 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通5-1-21
Hours ランチ11:30〜15:00、ディナー17:00〜22:00
Closed 毎週火曜日
Tel 078-599-5125
Web https://www.facebook.com/baanthai.market/

相楽園へのアクセス

車での行き方

相楽園へは公共交通機関を使って行くがおすすめですが、車の場合は専用駐車場が無いので周辺の有料駐車場を利用してください。

電車での行き方

電車で行く場合には、県庁前駅、元町駅、花隈駅から行く方法があります。それぞれ以下のとおりです。

  • 神戸市営地下鉄西神・山手線県庁前駅から徒歩5分
  • JR神戸線元町駅から徒歩10分
  • 神戸高速鉄道東西線花隈駅から徒歩15分
Address 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
Hours AM9:00~PM5:00
Closed 毎週木曜日
Tel 078-351-5155
Web http://www.sorakuen.com/index.html

まとめ

神戸の相楽園は、明治の貴重な建物が残る敷地全体が芸術品のような庭園です。池泉回遊式の美しい日本庭園の散策では侘び寂びの世界を感じることができ、異人館や陸揚げされた船屋形などでは贅を尽くした華やかな時代を感じて、歴史ロマンへ想いを巡らせるのも楽しいですね。周辺にはおいしいフレンチのお店もあるので、ぜひチェックしてみてください。