慈眼寺公園は園内に川が流れる巨大な公園。神社や考古歴史館で歴史を学ぼう

公開日:2018/11/29 更新日:2019/10/30

トラベルパートナー:トラベルパートナー: taka
出身は鹿児島です。得意なエリアは主に九州、その他訪れたことがあるスポットです。神社や公園などの写真、景観のある風景写真を撮るのが得意です。 スポット巡りは近場では1人で行くこともあり、1日に数カ所巡ることもあります。
ちょい不思議な魅力のある慈眼寺公園に来てくれてあいがとなー

鹿児島県にある、神社や展望台、考古歴史館などが入った巨大な公園をご存知ですか。鹿児島県鹿児島市の慈眼寺公園は、広大な敷地のなかに緑豊かな自然を有する散策にぴったりなおでかけスポットです。春は桜、秋は紅葉、コスモスと、年中通して季節を感じることができ、暖かい季節ならそうめん流しを楽しむことも。高台にあるパワースポットや、展望台から見る夜景など見どころ満載です。今回は慈眼寺公園の見どころをたっぷりご紹介していきます。

市民憩いの公園

慈眼寺公園は市民にとって憩いの場として親しまれています。春夏秋冬と年間を通して楽しめるのも魅力のひとつです。

慈眼寺公園の秋の紅葉

慈眼寺公園(じげんじこうえん)はもともと鹿児島県鹿児島市下福元町にあった曹洞宗のお寺で、桜や紅葉の名所として市民に親しまれています。公園の敷地内には、考古歴史館や神社のほかに、鹿児島市を一望できる展望台まであり、普通の公園とは異なる大規模なつくりです。

慈眼寺公園の案内図

慈眼寺公園はとにかく公園とは思えないほど非常に広い敷地で、自然遊歩道や川なども流れています。お子さんがいる家族連れなどで賑わっている光景も見られます。自然に囲まれていることから、暑い夏でも快適に過ごせるので人気です。

さくら広場は人気のお散歩スポット

春には桜が咲き誇り、多くの花見客で賑わい、秋には美しい紅葉が楽しめます。遊具の数も充実しているのでお子様連れで行きたい方にも嬉しいところ。犬の散歩、ウォーキングの人などが多く訪れる人気のお出かけスポットです。

可憐なコスモス畑

慈眼寺公園では、秋の10月中旬から11月上旬になると、コスモス畑が見頃を迎えます。県内はもちろん全国から、この満開のコスモスを見に多くの人が訪れます。桃色、白、赤などの可憐なコスモスが辺り一面に咲き乱れる姿は圧巻です。

どこまでも続く自然遊歩道

園内にあるのは一体どこまで行くのというほど長い自然遊歩道。天気のいい日にはぜひ散策してみましょう。

主に木の作りで出きている自然遊歩道

慈眼寺公園全体を自然遊歩道で散策することができ、木々に囲まれているので日差しの強い夏でも快適に過ごせるのはありがたいですね。ただ、とにかく長くて勾配のある坂や階段もあるので、歩く際は多少の覚悟がいります。散歩というよりはトレッキング覚悟でスタートしたほうがいいでしょうね。

自然遊歩道沿いに流れる川

自然遊歩道沿いには、緩やかな川が流れており、川辺まで降りることも可能です。川の水がとてもきれいで透き通っており、自然の恵みを感じられます。あったかい季節になれば、お子さんの楽しい遊び場になること間違いなしです。公園の中に川が流れているだなんて、都会に住んでいる人には考えられない嬉しいサプライズですね。



自然遊歩道のお地蔵さん

自然遊歩道のあちらこちらにお地蔵さんが建っていますが、これは四国のお遍路さんをモデルに作られており、お地蔵さんは全部で19体います。歩く途中でお祈りをしている人も見かけます。長い遊歩道を歩く道中、お地蔵さんに見守ってもらっているような感覚があり、心が和みます。

自然遊歩道にどっしりと立つ仁王像

慈眼寺公園入り口から100mほど進んだ階段のところには、仁王像が建っています。明治時代の廃仏毀釈にも生き残った立派な仁王像なのです。どっしりしたたたずまいから、まるで公園の守り神にも見えることでしょう。その存在を知らないまま出くわすと、その迫力にちょっとびっくりしてしまうかもしれません。

無料で水をくめる酒水の井戸

公園入口から川を渡って右側の方へ進むと酒水の井戸があります。ここは、知る人ぞ知るスポットです。昔から酒造に用いられた事で知られる良質の湧き水なのです。誰でも無料で汲むことができるお水ですが、その場で飲むのはNG。生水なので、くんでいって沸かしてから飲みましょう

公園なのにそうめん流し

3月末から10月まではそうめん流しが行われています。夏休みや休日などは多くの家族連れなどで賑わう人気イベント。マスの塩焼きや鯉のあらいも味わうことができ、それだけを目当てにくる常連客もいるほどです。

噴流型のそうめん流し器

特許も取得した噴流型のそうめん流し器が特徴的。40m下の地下水から水圧を利用して水を流しています。ここでしか堪能できない特製つゆで思う存分そうめん流しを楽しんでください。心地よい自然に囲まれながら食べるそうめんは、解放感抜群ですよ。

公園内には神社もある

広い園内には、神社も入っています。展望台もあるので、合わせて寄ってみましょう。

谷山神社

昭和3年に建てらた谷山神社は、祭神は懐良親王(かねなかしんのう)です。鹿児島市谷山は懐良親王が九州で初めて征西府を開いた土地。高台にあることから、空気が澄んでおり緑豊かで居心地良い場所です。鹿児島では知る人ぞ知るパワースポットとしても人気を集めています。



神社近くの展望台

神社の近くには、鹿児島市谷山地区を眺められる展望台が設置されています。日中の景色も素晴らしいですが、夜になると美しい絶景が見られる穴場スポットになっています。谷山神社の駐車場に車を停めて眺望することが可能です。

谷山神社の入り口の階段

谷山神社入り口はとても長い階段があります。運動不足の方は、この階段を登るのは大変かもしれませんね。そんな方でも安心。階段を登らずとも車で神社の境内まで行くことができます。ちなみに、朝方などはウォーキングやトレーニングする人たちを見かけます。

公園なのに歴史館

公園には、なんと歴史館まであります。いろんな楽しみ方ができるのは嬉しいですね。

ふるさと考古歴史館

敷地内には、ふるさと考古歴史館があります。館内に展示されているのは、土器や石器、骨角器などの出土品など。また、参加体験型の展示なども行われています。料金は無料なので、歴史に興味のある方はぜひ覗いてみましょう。

イタリア式水階段(カスケード)

水圧のみで石の玉が浮いて回転しているちょっと変わったオブジェがあり、眺めているだけで面白いです。両脇を階段で上がることができ、上からも水の流れを見ることができます。普段は見ることができない水路を見ることができます。

慈眼寺公園へのアクセス

バスでの行き方

鹿児島中央駅でバスに乗車し高見馬場バス停で乗換え、慈眼寺公園前バス停で下車します。所要時間は約1時間です。

電車での行き方

電車で行くなら、JR指宿枕崎線を利用しましょう。鹿児島中央駅から乗車したら、慈眼寺公園前まで約15分で到着します。

住所|〒891-0144  鹿児島県鹿児島市下福元町3810
営業時間|ふるさと考古歴史館以外なら24時間
定休日|なし
電話|099-216-1366
公式サイトはこちら 

まとめ

鹿児島県にある慈眼寺公園は、広大な敷地のなかに緑豊かな自然を有する市民憩いの場でした。春は桜、秋は紅葉、コスモスと、年中通して季節を感じることができ、暖かい季節ならそうめん流しを楽しむこともできます。地元で有名なパワースポットでもある谷山神社や、縄文時代の出土品などが展示してあるふるさと考古歴史館があり、展望台からの夜景はとっても美しいですよ。ぜひ訪れてみてください。