安曇野アートヒルズミュージアムは北アルプスの麓に佇むガラスの美術館

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

空気が美味しい安曇野においないよ!綺麗なガラス作品や美術館も見ごたえあり

緑豊かな美しい自然が溢れる長野県の安曇野。そこにある安曇野アートヒルズミュージアムを知っていますか。のどかな田園風景のなかで、エミール・ガレの名作を鑑賞したり、可愛いりんごのガラス工芸品や美味しい名産グルメがたくさん味わえる見どころ満載のおでかけスポットなんです。今回はそんな安曇野アートヒルズミュージアムの魅力をたっぷりご紹介します。

安曇野アートヒルズミュージアムでアートなひと時を

安曇野アートミュージアム本館

安曇野アートヒルズミュージアムは、北アルプスの麓の安曇野アートライン(山麓線・県道25号線)にある美術館です。安曇野アートラインとは、安曇野市から白馬村までの約50キロメートルのエリアを指し、美術館や博物館、公園などたくさんの施設が点在する道路。この狭い地域にこれだけの美術館が揃うのは世界的にも珍しく、北アルプスの麓に広がる田園風景が美しい自然豊かなエリアです。

本館と別棟2棟からなる複合施設

敷地内は本館と別棟2棟からなる複合施設になっています。本館にはガラス工芸家エミール・ガレの美術館やショップ、吹きガラス工房やイタリアンレストランがあります。別棟には、信州の果物や地酒の販売、軽食コーナーも。

3000平方メートルもの広大な敷地に佇む

写真は本館から別棟を見た景色で、正面玄関前から駐車場にかけて綺麗な芝生が敷かれています。3000平方メートルもの敷地には、普通車200台駐車可能な無料の駐車場もあり、ゆったり駐車することができます。入館料やガラス体験のお得なクーポンがあるので、詳しくは公式ホームページを調べてみてください。なお、ペットはレストランやおみやげ処など食品を扱うエリアには連れていけませません。(盲導犬・聴導犬は可)

素敵なランプが配されたエントランス

エントランスは2ヵ所。2階の西側にある正面玄関と1階の市街地側の玄関があります。写真は2階西側にある正面玄関ですが、天井からはすてきなランプが飾ってあります。お洒落なランプたちは美術館ならではの装飾ではないでしょうか。

まるで宇宙船の様な素敵な空間

入口はまるで宇宙船のような近未来的なエントランスです。訪れる人たちに非日常的な体験をさせてくれるワクワク感を感じませんか。左右にはアートが並んでおり、美術館へ足を踏み入れるときの期待感も高まります。

エミール・ガレの作品に触れる

スロープの壁に並ぶ、オシャレな時計

フランスのガラス工芸家として有名なエミール・ガレの作品が多数展示されています。作品の目玉としては海馬 タツノオトシゴ文花瓶フランスのバラ香水瓶がとくに有名です。入口では作品の解説シートを貸してくれるのが嬉しいポイント。工房の扉には我が根源は森の奥にあり。と記されていて、エミール・ガレの創作における精神を表現しています。

残念ながら館内は撮影禁止。展示品を鑑賞しながら美しい四季を感じることができ、エミール・ガレの創作の根源となった森を彷彿とさせます。なおチケットは、作品鑑賞と館内のイタリアンレストランでデザート&お茶の両方をセットで楽しめるガレチケもあるので、お得に利用したいですね。

3つの広大なフロアーを構えるショップ

色とりどりの多種多彩なガラス商品が並ぶ店内

写真はガラスでできた青いケシの花です。ケシの花だけでなく可愛くて繊細なガラス商品が多数並び、見ているだけで優雅な気分が味わえることでしょう。館内の3つのフロアーが販売スペースとなっています。

ベネチアングラスコーナー

ベネチアン グラススカンディナビア グラスなど、6つのコーナーに分かれていて、多種多彩な作品や商品を展示販売しています。展示された作品を通じて、移りゆく四季を感じることができます。時期によってはイベントも開催しているのでお買い物をしたい人も楽しめるはずです。

イタリア・ヴェネチアの職人が1本1本、丁寧に制作しているガラスペンも販売されています。ハンドメイドのガラスペンはいつも使っている文房具と一味違います。大事に扱いたいという気持ちも沸くのではないでしょうか。

インテリア雑貨やアクセサリーも充実

器やお皿等のガラス作品や商品のほかに、インテリア雑貨やアクセサリーなども豊富に揃っています。ここでしか買えないオリジナルのアイテムばかりなので、自分の旅の思い出やお友達・家族へのお土産にもいいですね。

稜線グラスの日にのみ販売

安曇野アートヒルズミュージアムでは、山の日(稜線の日)に北アルプスグラス稜線が販売されます。夏の北アルプスと冬の北アルプスの2種類があり、それぞれ夏山と冬山を表現しています。写真は冬の北アルプスのグラスで、雪をいただく荘厳な冬の北アルプスをイメージしたデザインだそう。

人気のガラス制作を体験しよう

吹きガラス体験

安曇野アートヒルズミュージアムには160平方メートルの広さを持つガラス工房があり、ガラス工房の見学やガラスづくり体験ができます。吹きガラス体験や、ガラスのはんこ、サンドブラストなどの数多くのガラス作りが体験できます。とくに人気なのは吹きガラス。熱したガラスにぷーっと息を吹き入れるさまが見ていて面白いですよ。

吹きガラス体験は、空きがあれば予約無しでもOKですが、8月については電話のみの事前予約制。このほかにも、とんぼ玉やフュージング、万華鏡などたくさんの体験メニューが用意されており、年代問わずに楽しめるものばかりです。吹きガラス体験は小学生以上で、とんぼ玉制作体験は中学生以上が参加可能になっています。

安曇野のガラスのりんご

View this post on Instagram

【GWにおすすめの行きたいとこ】~安曇野編~ 少しずつ暖かい日が多くなってきましたね。 そして、あと少しすると待ちに待ったゴールデンウィークがやってきます! そこで今日からGWにおすすめのスポットを紹介していきます。 田園風景と山麓の森からなる、緑たっぷりの癒しの地・安曇野。 豊かな自然に囲まれた中で、かわいくて繊細なガラス工芸が集まる安曇野アートヒルズミュージアムのようなアートにふれられるスポットも多いです。 写真は工房で制作された、安曇野らしいガラスのりんごです。かわいいですね♪ そんな安曇野アートヒルズも掲載されているマニマニ安曇野は4月13日に発売したばかり! ぜひ本を片手に行ってみてください♪ #GWにおすすめ #安曇野 #安曇野アートヒルズミュージアム #ガラス工芸 #自然 #アート #田園風景 #おさんぽ #マニマニ安曇野 #旅 #旅行 #trip #旅本 #旅行本 #ガイドブック #マニマニ #manimani #マニマニ旅計画2017 キャンペーンを実施中♪ハッシュタグをつけて気軽に投稿してね!

A post shared by マニマニ (@manimani_official) on

5名の作家によって吹きガラス工房で制作された、安曇野産ガラスのりんごも購入することができます。手作りなのでひとつひとつに個体差があるのも味わい深く、ツヤツヤのガラス玉にするか気泡を入れるかも選ぶことができます。ぜひお気に入りの一個をみつけてください。

オススメお土産

安曇野アートヒルズミュージアム内には、ガラスを使ったアクセサリーや雑貨などが多く販売されていて、お土産にもぴったりです。ガラス製品は見た目はゴージャスながらも、宝石ほど高価ではないので、お土産にも自分へのプレゼントにもいいですね。

ガーデンで散策をしよう

ガラスのチューリップが可愛いガーデン

ガラスでできたバラやチューリップが配されたガーデンはとても可愛らしく、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだようです。訪れた際には是非見てもらいたい珍しい光景です。フォトジェニックな写真もたくさん撮れますよ。 

緑に包まれたガーデン

夏には水路の両脇にラベンダーが咲き誇り、銅像やオブジェをあしらった水場などもあってお洒落です。

別棟のおしゃれなカフェ

アップルアンドローゼス

View this post on Instagram

*** ?&? apple&roses . . . アップル&ローゼズのタルト? ご近所にこんな可愛いタルトのお店があったなんて?❤️ 知らなかった。。 安静中なので母にお願いして買ってきてもらいました?✨ 可愛い〜〜?? 食べるのもったいな〜い?? …なんちゃって! 迷わずガブリつくよね。 . . 甘そうに見えた林檎の花びらはフルーティーで爽やか?タルトの甘さと絶妙にマッチして、紅茶が合いそう! 美味しかった!! ちょっぴりお高めですが、特別な日のおもてなしにピッタリな逸品だと思います? 土日はカフェスペースでもいただけるそう☕️✨ @appleandrosescompanyjapan . . . #appleandroses #Azumino#安曇野 #tarte#タルト #teatime #安曇野アートヒルズミュージアム #apple#rose#林檎#薔薇 #カフェ#安曇野カフェ #Nagano#Japan

A post shared by ? ? ? ? ? ? (@himiii.insta) on

安曇野アートヒルズミュージアム1階玄関入口から見て、敷地内の左手の建物内にあるカフェでは、紅玉のアップル&ローゼスタルトが大人気です。契約農家とともに育てたという生食用AAAクラスの林檎のみを贅沢に使用しており、バラに見たてた真っ赤な林檎が見た目にも美味しいタルトです。

こちらはメディアに取り上げられる人気店で、たくさんの人が訪れています。店舗の北側には10台分の専門駐車場もあります。別棟内にはカフェのほかにも安曇野おみやげ処があり、野沢菜漬けやわさび漬け、箱菓子などのご当地ならではのお土産が購入できるので便利です。

安曇野りんごソフトクリーム

シナノゴールドを使った安曇野りんごソフトクリームは逸品。1年中定番で味わうことができます。クリーミーなアイスのなかにりんごの甘酸っぱい香りが楽しめますよ。

住所|〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明8150-1
営業時間|AM10時〜PM6時(4月〜10月)、AM10時〜PM5時(11月〜3月)
定休日|定休日は公式ページを要確認
電話|0263-31-0655
公式サイトはこちら

安曇野アートヒルズミュージアムへのアクセス

車での行き方

長野自動車道安曇野インターから車で約20分です。

電車での行き方

電車での行き方には複数のパターンがあります。

  • JR大糸線の穂高駅からタクシーで約15分
  • 東京駅から北陸新幹線と特急とローカル線を使って最短3時間
  • 新宿駅からスーパーあずさとローカル線を使って最短3時間30分
  • 名古屋駅から特急とローカル線を使って最短2時間30分

バスでの行き方

https://www.instagram.com/p/BYrkTN2Hof2/

一日乗車券のあづみ野周遊バスが運航しており、JR穂高駅から約20分で安曇野アートヒルズミュージアムへ到着します。季節運行で1日7便が運行しています。

住所|〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明8161-1
営業時間|AM9:00-PM6:00(夏季)、AM9:00-PM5:00(冬季)
定休日|美術館・レストランは毎週火曜日、その他は夏季無休(4月1日~10月31日)、冬季は毎週火曜日(11月1日~3月31日)
電話|0263-83-5100
公式サイトはこちら

まとめ

長野県の安曇野アートヒルズミュージアムは、美術館だけでなく、地元の工芸作家による可愛いガラス雑貨や体験教室も豊富にあるので、家族連れでもみんなで楽しむことができます。信州名産のりんごのソフトクリームもおいしいですよ。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ