京都水族館は国内最大級の水族館。鴨川に住んでいたオオサンショウウオにも会える

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Erica

生粋の京都人。京都愛が強く、得意エリアももちろん京都。 1人か女同士で出かけることが多く、移動は電車と徒歩がほとんど。趣味のカメラは必需品。コーヒーやスイーツが好きなので、出かけた先でカフェを見つけては、まったりしてます。

その生き物、国の特別天然記念物に指定されてるらしいで!

京都水族館は内陸では国内最大級の水族館で、家族で楽しめる人気のお出かけスポットです。なかでも特別天然記念物に指定されたオオサンショウウオの展示は見どころのひとつです。ほかにも水族館の生き物をモチーフにした可愛いスイーツやここでしか食べられない男前豆腐のソフトクリームなどおいしいグルメも満載。今回はそんな京都水族館の見どころをたっぷりご紹介します。

内陸型では国内最大級の水族館

京都市の中心部、梅小路公園内にある京都水族館は、2012年に開館した日本初の完全な人工海水を利用した水族館です。内陸型の水族館では国内最大級で、水族館内は12のエリアに分かれています。約250種、約1万5000匹の生き物が展示されており、「水と共につながる、いのち」をコンセプトにしています。

いちおしはオオサンショウウオ

京都水族館いちおしの生き物がオオサンショウウオです。まずはオオサンショウウオの魅力をご紹介します。

オオサンショウウオとはどんな生き物

水族館に入ると、まずオオサンショウウオの水槽が目に入ります。京都水族館に展示されているのは、オオサンショウウオ(在来種)、チュウゴクオオサンショウウオ(外来種)、交雑種の3種です。オオサンショウウオはカエルやイモリと同じ両生類で、国の特別天然記念物に指定されています。日本の固有種で、西日本の川に生息する生き物です。

地元の鴨川出身

View this post on Instagram

京都水族館に行きました!🐬 ●オオサンショウウオが大量…キモカワイイとはこの事💕 ●ペンギンさんは換毛期で、もふっとしてたりツルンと綺麗になってたり。この時期自然界のペンギンさんは断食するそうで…大変だなぁ〜。(水族館の彼らはどうなのかわからない(^_^;)) ●チンアナゴって動きは可愛いけれど、模様がキモいのよねぇぇ💦 ●やはりイルカショーは平日でもお客さん集まりますね〜。(どこぞの保護団体が見たら文句言うんだろうなぁと思いつつ) イルカさん、ショーをする姿が健気でカワユイ♥ が、やる気なくて言う事聞かないのがいてそれはそれで面白い😅 京都水族館、広さも丁度よく、楽しみましたよー☺️ #京都水族館

A post shared by りん (@meemeehitsujikun) on

オオサンショウウオは、京都を流れる鴨川の上流にも生息しており、京都水族館にいるオオサンショウウオは鴨川で捕獲されたものです。一番大きいものだと、なんと体長約150cmもあるそうで、ぜひ特大オオサンショウウオを見てみてください。京都水族館では、在来種である貴重なオオサンショウウオが絶滅しないための研究にも取り組んでいます。

京の海エリアの大水槽は見どころ

こちらは京の海(日本海)を再現した大水槽です。水槽の水量は約500t、ここに50種、1万1000匹の生き物が展示されています。1階と2階の両方から見ることができ、1階にはイスもあるのでゆっくり眺めることができます。座って生き物たちをぼーっと眺めてると、まるで海に包まれているような感覚に。マイワシの群れは迫力満点。この水槽には、エイやウミガメも泳いでいて、本物の海のなかにいるような美しい光景が見られます。

他にも色々な生き物が

愛らしいペンギンたち

水族館の人気者、ペンギンたちも勢ぞろいです。まる、たけ、えびすなど、すべて京都市内の通りの名前がペンギンたちに名付けられています。ごはんの時間になると、飼育員が1羽1羽の名前を呼びごはんをあげる様子も。ごはんをもらう姿を観察していると、積極的なペンギンや少し引っ込み思案なペンギンなど、ペンギンたちにも個々の性格があることがわかって面白いですよ。

ペンギンが泳ぐのを下から眺めることもできちゃいます。スイスイ泳ぐペンギンは可愛らしく、ぷっくりとした白いおなかもどこかユーモラスです。

神秘的に浮遊するクラゲ

クラゲエリアには、ミズクラゲやアカクラゲ、タコクラゲなど8~10種類のクラゲが展示されています。クラゲたちは優雅に水のなかを泳いでいます。ライトが当たると色を変えるクラゲたちは神秘的で、つい見とれてしまいます。

イルカショーも見られる

イルカスタジアムというエリアでは、毎日イルカショーが行われています。梅小路公園の自然をバックにイルカたちの躍動感あふれる姿を見ることができます。息の合ったイルカたちの演技に、訪れた人たちからはいつも拍手喝采です。

カフェで京都水族館ならではのものを

京都水族館の魅力は海の生き物だけではありません。楽しいカフェの様子をご紹介します。

水族館内のカフェは3つ

館内には、かいじゅうカフェ、スタジアムカフェ、ハーベストカフェという3つのカフェがあります。かいじゅうカフェは、アザラシやオットセイがいるかいじゅうエリアにあり、パンやフロートを販売しています。スタジアムカフェは、イルカスタジアムに併設されていて、ポテトやポップコーンなどのスナックを販売しています。ハーベストカフェは、順路最後のほうの山紫水明エリアにあり、食事メニューが豊富です。

かいじゅうカフェの すいぞくパン

かいじゅうカフェの すいぞくパンが可愛くて子どもたちに大人気です。カメやオオサンショウウオ、ペンギンなどをかたどったパンは水族館ならではで、記念撮影にもぴったり。抹茶やチョコ、リンゴクリームなどさまざま種類の味から選べます。

ハーベストカフェの豆乳ソフトクリーム

京都に本社がある男前豆腐店の豆乳ソフトクリーム。このソフトクリームを食べられるのは、なんとこの水族館だけ。ミルキーな牛乳のコクのなかに大豆の風味がしっかり香ります。こちらのソフトクリームはハーベストカフェで食べられます。

最後はミュージアムショップで

一通り京都水族館を楽しんだあとはミュージアムショップへ寄りましょう。おすすめのお土産をご紹介します。

オオサンショウウオのぬいぐるみが大人気

オオサンショウウオのぬいぐるみは、ふわふわで抱き心地はバツグン。このゆるい表情がなんとも可愛らしくて大人気です。サイズはS、M、L、LL、XXLの5サイズ展開で、LL(約90cm)やXXL(約170cm)は大人が抱きまくらとして使えるサイズです。海のなかでは味わえないオオサンショウウオのぬくもりに包まれてお眠りください。

水族館和スイーツは誰かへのお土産に

キュートな見た目の水族館和スイーツはとってもフォトジェニック。ペンギンやクラゲなど、もちもち食感の和菓子で、全8種類の生き物をかたどっています。かわいらしい見た目なので、お土産として渡すときっと喜んでもらえるはずです。

京都水族館へのアクセス

徒歩での行き方

京都駅に近いのがなんと言っても魅力です。JR京都駅中央口より徒歩約15分で到着します。

住所|〒600-8835 京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
営業時間|AM10:00-PM6:00
定休日|なし
電話| 075-354-3130
公式サイトはこちら

個性的な生き物たちに会いに行こう

京都水族館は、特別天然記念物のオオサンショウウオが見られる内陸型では国内最大級の水族館でした。ペンギンやイルカのショーなど水族館の定番イベントもしっかり楽しめて、日本海を再現した大水槽ではマイワシの群れが美しく、海に包み込まれるような感覚でとても癒されます。ぜひ今度のお休みは京都水族館へいってみてはいかがでしょうか。