こんな残酷な最期はひどすぎる…ニコライ2世とその家族の悲劇

1917年3月、ロシアで約300年続いた王朝・ロマノフ朝が倒れました。最後の皇帝はニコライ2世。以後、社会主義国家のソヴィエト連邦が建設されるわけですが、「元」皇帝となった彼とその家族には、悲劇的な行く末が待ち受けていたのです。特に、何の罪もない5人の子供たちまでもが惨殺された事実を知れば、胸が痛まない人はいないのではないでしょうか。今回は、ロマノフ朝のラストエンペラー・ニコライ2世とその家族について、そしてその最期についても見ていきたいと思います。

300年続いた長命王朝・ロマノフ朝

300年続いた長命王朝・ロマノフ朝

image by iStockphoto

ニコライ2世とその家族についてご紹介する前に、ロマノフ朝の歴史について見ていきたいと思います。

名門貴族ミハイル・ロマノフによって1613年に開かれたロマノフ朝は、その300年の長い歴史の間にピョートル大帝やエカチェリーナ2世など、絶対的な力を持つ専制君主を輩出しました。

しかし王朝末期の19世紀になると、民衆の間に専制政治の打倒や農奴制廃止などの自由主義運動が高まっていきます。
これに対して過酷な弾圧を加えたために、革命思想はより高まっていくこととなり、ロマノフ朝の足元は揺らいでいったのです。
同時に周辺諸国との関係もそれほどうまくいかなくなっていました。

そんな中、1894年に即位したのが、今回ご紹介するニコライ2世でした。

この頃には自由主義者や社会主義者の活動が活発になっていましたが、それを王朝打倒へのきっかけとしたのが、1904年の日露戦争での実質的敗北だったんです。
民衆は立ち上がり、1905年に第1次ロシア革命が起きました。
これによって皇帝は国会開設を認め、絶対君主制から立憲君主制への移行を認めざるを得なくなったのです。

そして、1914年の第一次世界大戦でドイツに大敗したこともあり、戦時下の苦難に耐えられなくなった民衆が再び蜂起し、起きたのが第2次ロシア革命(三月革命)でした。

これはロマノフ朝に最後の一撃を与え、ついに王朝は倒れ、300年の歴史に終止符を打つこととなったのです。
その後樹立されたのは、史上初の社会主義国家となるソヴィエト連邦(ソ連)でした。

さて、ソ連政権下でニコライ2世の処遇はどうなったのでしょうか。

彼と家族の紹介と行く末について、見ていくことにしましょう。

ロマノフ朝のラストエンペラー・ニコライ2世

ロマノフ朝のラストエンペラー・ニコライ2世

image by iStockphoto

ニコライ2世は、1868年に時のロシア皇帝アレクサンドル3世とその妃マリア・フョードロヴナの長男として生まれました。
ドイツのヴィルヘルム2世やイギリスのジョージ5世は従兄弟に当たります。
当時、ヨーロッパ諸国の宮廷の間で国際結婚することはよくあることだったので、血のつながりはかなりあったんですよ。
ちなみに、ジョージ5世とは瓜二つと言われるほどよく似ていたそうです。

実はニコライ2世、訪日したこともあるんですよ。

1891年(明治24年)、長崎や鹿児島、神戸、京都を歴訪した彼ですが、滋賀県の大津で日本人巡査にサーベルで斬りかかられ(大津事件)、負傷してしまったんです。

日本側の対応もあって、日露関係にヒビが入るようなことはありませんでしたが、ニコライ2世の日本への心証はとても悪くなってしまいました。
これが、後の日露戦争の要因になったとも言われています。

帰国後、父の死に伴い、26歳で皇帝の座に即位した彼は、自由主義や民主主義の風潮に逆行し、専制政治の強化を始めます。
というのも、祖父アレクサンドル2世が暗殺されており、その無残な遺体を目にしたことから、その決意を胸に秘めていたとも言われているからなんです。

反動化と戦争敗北、高まる民衆の不満

反動化と戦争敗北、高まる民衆の不満

image by iStockphoto

1904年、日露戦争が勃発しますが、前評判とは裏腹にロシアは苦戦し、実質上の負けを喫してしまいました。
同時期、戦時下の苦境を皇帝に訴えるべく、民衆が首都サンクトペテルブルクへ請願に向かいましたが、これに対して兵隊が発砲し惨殺したことで(血の日曜日事件)、それまで皇帝を崇拝していた民衆は、一転、ニコライ2世に対して不満を持つようになっていくんです。

その後、1914年に起きた第一次世界大戦では、ドイツ軍に相次ぐ大敗を喫して帝国の威信を地に落としてしまいました。
それでもニコライ2世は当時そばに置くようになったラスプーチンばかりを重用し、孤立していったんです。

皇帝夫妻の評判を落とした妖僧ラスプーチン

皇帝夫妻の評判を落とした妖僧ラスプーチン

image by iStockphoto

皇帝夫妻にとって唯一の男子アレクセイは、血友病を患っていました。
その時招かれたのが、「自称」祈祷僧・ラスプーチンという男だったんです。
彼が祈ると病状が好転したので、特にアレクサンドラ皇后が盲目的に彼を信用するようになり、皇帝もそれに引きずられて彼を重用するようになりました。
そして、ラスプーチンが政治に口を出すのを黙認するようになってしまったんですよ。
1916年にラスプーチンが暗殺されるまで、この状態は続いたんです。
そのため、皇帝と皇后の評判はどんどん悪くなってしまいました。

民衆が蜂起し皇帝の座を追われる

民衆が蜂起し皇帝の座を追われる

image by iStockphoto

第一次大戦の戦況は膠着し、戦時下の物不足で民衆の生活は苦しいものとなっていました。
日露戦争の頃からたまっていた王朝への不満はついに爆発し、人々は蜂起して革命を起こしたんです。
これが第2次ロシア革命(三月革命)で、ニコライ2世は退位を余儀なくされ、臨時政府が樹立、やがてソヴィエト政府ができ上がったんですね。

その後、ニコライ2世は皇后や5人の子供たちとシベリア西部のトボリスクへ流され、さらに僻地のエカテリンブルクへ移動させられます。
これは、表向きは皇帝一家の安全のためとされていましたが、実際は、密かに彼らを抹殺するためだったんです。

皇帝抹殺を命じた政府

皇帝抹殺を命じた政府

image by iStockphoto

当時、ロシアは内戦状態となっており、ソヴィエト政府のメインである社会主義勢力「ボリシェヴィキ」の「赤軍」と、反ボリシェヴィキの「白軍」が激しい戦いを繰り広げていました。

そんな中、ソヴィエトは、白軍がニコライ2世を担ぎ出すのを恐れて殺害命令を下したんです。

エカテリンブルクに移動させられ、商人の館だったイパチェフ館に幽閉されたニコライ2世一家は、約2ヶ月後の1918年7月17日未明、側近らも含めてみな銃殺されました。
容赦ない殺し方は、残酷以外の何物でもありませんでした。

ニコライ2世の皇后・アレクサンドラ

ニコライ2世の皇后・アレクサンドラ

image by iStockphoto

アレクサンドラ・フョードロヴナは、ニコライ2世の皇后にして5人の子供たちの母親です。
母がイギリスのヴィクトリア女王の娘だったこともあり、幼い頃からイギリスで女王に育てられていました。

そして1894年、宗派の違い(ロシアはロシア正教、イギリスはプロテスタント)を乗り越えて、ロシア正教に改宗し、彼女に一目ぼれしていたニコライ2世と結婚します。

女の子ばかりが4人生まれ、最後に待望の男子・アレクセイが生まれました。
しかしアレクセイが血友病を持っていたため、治療に奔走しているうちにラスプーチンを信奉するようになってしまいます。
これが政治の混乱を招くことになってしまいました。

そして革命が起きて王朝が倒れ、ニコライ2世が退位すると、共にトボリスクへ流されます。
それからイパチェフ館にて家族と銃殺に処せられました。

看護師の資格を持っていた皇后は、第一次大戦では負傷兵の看護にも当たりました。
良妻賢母でしたが、内気であまり社交的でなかったため、国民からは人気がなかったそうです。

罪無く殺された皇帝の子供たち

罪無く殺された皇帝の子供たち

image by iStockphoto

ニコライ2世には、4人の娘と1人の息子がいました。
上から、オリガ、タチアナ、マリア、アナスタシア、アレクセイと言います。
特に4人の娘たちは、名前の頭文字を取って「OTMA」というサインを共通のものとして使うほど仲良しで、美しい姉妹でした。

弟のアレクセイは、皇帝夫妻待望の男子ということで大切に育てられていましたが、血友病を患っていたため病弱で、そのためラスプーチンが登用され、結果的に王室の評判を落とすこととなってしまったのです。
彼はたった13歳で殺されましたが、殺される直前は車椅子生活でした。
自由に動くこともできない上、両親が先に殺される恐怖の中、頭に銃弾を撃ち込まれたのです。

優しく賢い年長の姉妹2人

優しく賢い年長の姉妹2人

image by iStockphoto

長女オリガは姉妹の中でも最も聡明でした。
外国の王族との結婚話もありましたが、「私はロシア人だからロシアにいたい」と断っています。
最年長で賢かったからこそ、両親がトボリスクに流されるころにはすでに自分たちの運命を悟っていたようです。
22歳で殺されました。

二女タチアナは本当に美しい女性でした。
姉と共に看護婦資格を持ち、母アレクサンドラと一緒に第一次大戦に従軍して兵たちの手当にも当たっています。
責任感が強く、弟の面倒を良く見ていました。
享年21歳。

天真爛漫な2人の年少姉妹

天真爛漫な2人の年少姉妹

image by iStockphoto

三女マリアはふっくらとした美貌を持ち、ロマノフ朝の美しさをいちばん受け継いでいたと言われています。
陽気で気さくな性格で、イパチェフ館に幽閉されてからも、そこの警護兵までもが彼女に好意を寄せるほどでした。
また、彼女に思いを寄せていた従兄弟は、彼女の死後に自分が結婚しても、枕元に彼女の写真を飾っていたそうです。

お転婆だったという四女アナスタシアには、近年まで生存説が囁かれ、彼女を名乗る偽物が登場したほどでした。
というのもその名前に「復活」という意味も含まれていたからなんです。
しかし死亡確認がされています。

マリアは19歳、アナスタシアは17歳でした。

タブーだった遺体の行方

タブーだった遺体の行方

image by iStockphoto

イパチェフ館の地下室に集められ、一斉に銃撃を浴びて殺された皇帝一家。
皇帝夫妻は最初の銃撃で絶命しましたが、即死しなかった子供たちなどは、逃げようとするところを銃剣で何度も突き刺され、最後に頭部を撃たれて殺されました。

残忍だったのはその殺害方法だけでなく、遺体の扱い方もひどいものでした。

焼却され、硫酸までかけられて上に盛りに埋められたんです。
しかもソ連政府は「ニコライ2世のみ処刑し、他は生存している」と発表したため、皇帝一家の生死については、一般的は謎に包まれていたんですよ。
そのせいで、アナスタシアなどの生存説が出てきたわけです。

長らく行方不明だった一家の遺骨ですが、1979年に民間の調査隊によって埋葬地が特定されました。
しかし、政府筋からの圧力により遺骨は埋め戻されたんです。
というのも、裁判にもかけず皇帝と家族を殺害というのはとんでもない暴挙だったため、諸外国からの咎めも発生すると考えられたからなんですよ。
特に皇后アレクサンドラはドイツやイギリスの血を引いていたため、反発を受けるのは必至でした。

そして、ソ連崩壊後の1991年、皇帝一家の遺骨は再発掘され、ようやく埋葬されたのです。

最期の地・イパチェフ館のその後

最期の地・イパチェフ館のその後

image by iStockphoto

彼らの最期の地・イパチェフ館は、当時エカテリンブルクを州都としていたスヴェルドロフク州の第一書記だったボリス・エリツィンによって証拠隠滅のため解体されました。
彼こそ、後のロシア大統領です。
彼は大統領となると、皇帝一家の埋葬命令を出し、イパチェフ館の跡地には2003年に教会がつくられました。
その名も、「血の上の教会」。

かつてそこで行われた血なまぐさい惨劇を彷彿とさせる名前ですが、非業の死を遂げた皇帝一家の無念をこれからも伝えていくには格好の名付けと言えるかもしれません。

こんな悲劇の最期こそ、今に伝えられるべき

ニコライ2世は君主としては平凡、それ以下とも言われることもあります。
時代の流れについていけなかったのかもしれませんが、それでも彼は家族を愛した立派な夫であり父親でした。
皇后アレクサンドラもまた、子供たちを愛し、銃殺される時にはその盾になろうとした母親です。
子供たちは、皇帝の子供ということ以外、ごく普通の子供たちでした。
あのように無残に殺される理由はなかったのです。
時代の荒波に飲み込まれた悲劇の一家の最期は、隠されることなく伝えられていくべきではないでしょうか。
photo by iStock