道の駅デンパークはメルヘンなデンマークの町並み

公開日:2018/12/6 更新日:2019/2/4

トラベルパートナー:愛知在住トラベルパートナー

愛知県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

行こまいデンパークたのしいじゃん

愛知県にあるデンパークを知っていますか。季節を感じることができる美しい公園で、さまざまなイベントが開催されているため、見て、体験して楽しめるおでかけスポットです。季節の花が咲き誇る園内を歩いて散策するもいいですし、かわいい汽車が走っているので乗り物で楽しく回ることもできます。ほかにも雑貨屋さんや名物グルメが充実しているデンパーク。今回はその魅力をたっぷりご紹介します。

デンパークはどんなところ

デンパークの愛称で知られる「愛知産業文化公園」は愛知県安城市の市立公園で、農業先進国であるデンマークをモデルとした自然と親しみ花のある暮らしをコンセプトにしています。一周およそ約1.5km、13.1ヘクタールの園内には、高さ19mの大きなデンマーク風車が。都市と農村の交流の場として建設され、道の駅デンパーク安城としても機能しています。ほかにも花のアトリウム、体験講座、乗り物(汽車)、遊具やレストランといった施設があります。デンパークに入る際は入場料が必要です。

デンパークは大きな花の公園

大きな花時計をはじめ世界のナシ園、秘密の花園、ティンクルガーデンなど約22か所みどころの花畑が楽しめます。歩いて回るのもいいですが、お子様連れならメルヘン号汽車に乗ってまわるのもおすすめです。花畑は、春から夏にかけてが見頃ですが、オフシーズンの秋や冬も、ハロウィンやクリスマスの飾り付けで園内はとても華やかになります。

メルヘン号で花のスポットを楽しもう

メルヘン号(園内循環バス)は約一周13分かけて花畑各地を回ります。家庭から出る使用済み天ぷら油を精製し燃料としているので、排気ガスは大気中のCO2を増やさない環境に優しい乗り物です。冬はイルミネーション仕様になって、さらにかわいい汽車にバージョンアップします。

季節ごとでイベントがある

デンパークでは、1年を通して季節ごとのイベントが行われています。月ごとのイベントをご紹介しましょう。

3月から5月にかけてフラワーフェスティバル

3月から4月にかけては桜やチューリップなどが見頃を迎え、キャラクターショーやコンサート、動物ふれあい、グルメフェスタ、大道芸パフォーマンスなどが開催されます。

7月から9月にかけてサマーフェスティバル

夏になると、パラグアイオニバスの葉に乗るイベントや流しそうめん、花火など、楽しいイベントが盛りだくさん!スターマインや2号玉など約500発の花火が間近で見られ、光と音のコラボが楽しめます。8月の土日祝は夜9時までのナイター営業しているので、長く楽しめのもうれしいですね。

9月の一定期間におこなわれる仲秋のあかり祭

キャンドルアーティストによる演出で約3,000本の竹あかりが灯され、幻想的な世界が園内に広がります。ほかにも、市内園児たちが作った2,000個以上のペットボトルキャンドルの作品など一般参加による竹あかりの作品展示もあり、個性あふれる作品の数々を眺めているだけでも楽しいです。幻想的な光のなかで、和太鼓などの演奏も行われます。

10月から11月にかけて秋穫祭

仮装コンテスト&パレードの「ハロウィンカーニバル」や、キャラクターショー、秋限定の謎解きラリー、大道芸パフォーマンスなどの秋のイベントも目白押しです。園内はハロウィンの飾り付けになり、可愛いジャックオランタンにも出会えます。

12月はウィンターフェスティバル

12月といえばやっぱりイルミネーション。デンパークでは、50万球というたくさんのイルミネーションが冬の夜を彩ります。クリスマスツリーがとっても綺麗です。市民・デン・楽祭やクリスマスコンサート、大道芸パフォーマンスなどの楽しいイベントも開催されます。

花のアトリウムでデンパークの町並みを楽しもう

園内では花のアトリウムも楽しめます。たくさんの花たちに癒されること間違いなし。見どころをご紹介しましょう。

花の大温室フローラルパレス

花の大温室フローラルパレスは、デンマークの町並みを再現した大温室です。四季折々の花が咲き誇ります。雑貨や食品を売る家が4件入っているのでお土産にもぴったり。ハロウィンやクリスマスなどの飾り付けがとてもかわいらしいエリアです。



ハロウィンはジャクオウランタンがいっぱい

ハロウィンの時期は、大温室の中がハロウィンの飾り付けでいっぱいに。いつもとは違った楽しい雰囲気を味わえます。他の月に行ったことのある人も、10月に訪れるとまた違った雰囲気を楽しめるかもしれません。

クリスマスは何と言ってもツリー

クリスマスには、大きなツリーが飾られます。大温室のなかは、まるで外国のクリスマスの町並みを歩いているようでワクワク。恋人や友人と訪れてみてはいかがでしょうか。

4件のお店は何があるのかな

デアリ―の雑貨店、グーグーのギフトショップ、トーベおばさんの食料品店、ペダルの花工房などの4件のお店が入っています。デアリ―の雑貨店、グーグーのギフトショップなどにはかわいい雑貨が揃っており、ペダルの花工房では、ハーバリウムやツリーやリース作りなどの体験が楽しめます。トーベおばさんの食料品店では、シフォンケーキのなかにクリームが入ったお菓子「王様のおなか」が一押しで、なかでもいちじく味がお店のおすすめです。

クラブハウスで色々体験してみよう

手作りソーセージ体験やパン作りやクッキー作りなどが楽しめます。ソーセージ作りのみ一週間前から予約が必要なので、早めに計画を立てましょう。また、開催日が決まっていて予約が必要ですが、ガーデニング講座や写真講座などもあります。予約不要でできるものは、工作体験、スノードームやオルゴールなど、ほかにもさまざまな体験イベントがあるので、詳しくは公式サイトでチェックしてみてください。

風車の広場は楽しい遊び場

高さ19mの風車は風車の広場のシンボル。その近くにはスカイスライダーや小さな自動車の乗り物、子供広場などがあります。リーチ・フォー・ザ・スカイ(大型木製遊具)は国内最大級の高さ12mで、木製アスレチックは木登りを楽しんだり森の中にいるような楽しさを味わえます。室内あそび場あそボーネでは、天候を気にしないで室内で遊べるほか、授乳室やトイレなども備えてありますが、別途料金がかかります。

園内のレストランでランチを楽しむ

地ビール工房レストランのホレ・フェストでは、DENビールのマイスターが丹念に醸造したクラフトビールなどが料理とともに楽しめます。農場レストラン花車は、地産地活ビュッフェレストランで地元食材を使ったビュッフェ方式のレストランです。和食処ふるさと館では、箱寿司や地元の野菜を使った郷土料理、丼ものやうどんなど、メニュー豊富なレストラン。カフェキッチンボノは、オリジナルの生パスタが自慢ですが、ほかにもピザやソフトクリームなどのデザート系のメニューも充実してます。

マーケットでおいしいウィンナー

国際コンテストでの受賞歴を持つ名物ウィンナーや、いちじくのジェラード、パンなどが販売されていています。なかでも焼きたてウィンナーはおすすめ。散策がてら、焼きたてアツアツのウィンナーを頬張りましょう!

その他にも、地元のお菓子や雑貨などが売っているお土産屋さんもあるので、ぜひ足を運んでみましょう。

デンパークへのアクセス

車での行き方

デンパークの駐車場は無料となっています。車で行く場合は、以下をご参考ください。
・国道23号知立バイパス和泉インターから約5分
・東名高速道路 岡崎IC・豊田ICから約45分
・中部国際空港(セントレア)から約1時間(セントレアライン「阿久比」ICを出て衣浦大橋を通り県道47号線へ)

電車でのアクセス

JR東海道本線で「名古屋駅」から「安城駅」(新快速で約20分)で下車、あんくるバス「循環線(0番系統/右回り・左回り)」で「安城更生病院」バス停下車したあと、南部線/桜井西線で「デンパーク駅」下車で到着します。

Address 〒446-0046 愛知県安城市赤松町梶1
Hours AM9:30-PM5:00
Closed 毎週火曜日
Tel 0566-92-7111
Web http://www.denpark.jp/index.html

まとめ

いかがでしたか?愛知県のデンパークは、四季折々の自然とイベントが盛りだくさんの、子どもも大人も楽しめるおでかけスポットです。美しい花に癒され公園でリフレッシュしたあとは、レストランで名物グルメを食べたり、可愛い雑貨屋さんでお土産をゲットするのもおすすめです。クッキー作りなど体験講座も盛りだくさんなので、親子で参加してみるのもいいのではないでしょうか。