東平安名崎は宮古島最東端にある岬。夜には満点の星空が美しすぎる

公開日:2018/12/7 更新日:2019/10/31

トラベルパートナー:沖縄在住トラベルパートナー

沖縄県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

んみゃーち!東平安名崎はだいずさいが

宮古島にある東平安名崎をご存知でしょうか。どこまでも広がる青い海と空が楽しめるだけでなく、夜には満点の星空が輝き、季節折々の花々が咲き誇る美しい絶景スポットなんです。そのほかにもご当地スイーツが味わえたり、見どころ満載な東平安名崎の魅力をたっぷりご紹介していきたいと思います。

東平安名崎は宮古島最東端

宮古島最東端にある東平安名崎(ひがしへんなざき)は豊かでな自然が美しいところです。夜になれば満天の星空を臨むことができます。一方で自然の荒々しさも見え隠れしています。

東平安名崎は2キロにわたる美しい岬

宮古島の最東端に位置する、宮古ブルーの美しい海に約2キロにわたって突き出ている岬です。国の名勝に指定されている景勝地で、心を奪われるほどの絶景が広がっています。

太平洋と東シナ海を真っ二つ

東のことを沖縄の方言では「あがり」と言うため地元では「あがりへんなざき」とも呼ばれています。太平洋と東シナ海を真っ二つにしたような岬で、青や緑のグラデーションが美しい宮古島の海を堪能できます。干潮地に現れる巨大な珊瑚も、この美しい自然だからこそ育まれたとても貴重な光景です。

整備された遊歩道を進むと

最大幅160m、高さ約20mの隆起珊瑚礁の石灰岩から成る美しい岬全体が東平安名崎公園となっています。駐車場から灯台のある先端までは遊歩道が整備されていて歩いて向かうことができます。

明和の大津波跡の岩

海の上にある6から8mもの巨石は津波岩といわれ、江戸時代中期の1771年に起こった明和の大津波によって打ち上げられたものです。明和の大津波は、宮古島や八重山列島に甚大な被害をもたらした津波で、約12,000人の死者や行方不明者を出したそうです。この巨石は、自然への畏怖とともにその歴史を示すものでもあります。

白い灯台の上へ登ろう

岬の先端には白い平安名埼灯台(へんなさきとうだい)が建っています。見学できる灯台として一般公開されており、なかへ入ると97段の螺旋階段が。そこを上った灯台からは、宮古ブルーの海と半島を見渡すの限りの絶景を楽しめます。上るのはちょっと大変ですが、この絶景を観に行く価値はありますのでぜひ行ってみてください。

絶世の美女をめぐるマムヤ伝説

東平安名崎にはマムヤの墓という巨石の中に建てられたお墓が。これは伝説となっている美女マムヤのお墓で、なかにはマムヤを描いた絵も飾られています。マムヤはその美貌のために、妻子ある男性から言い寄られるも捨てられて、この東平安名崎から身を投げたという言い伝えがあります。



春はテッポウユリの名所

春には九州南部から宮古島にかけてテッポウユリが咲き誇ります。宮古島では4月前後に見頃を迎え、みずみずしい緑のなかに花開く白が一層美しく映えます。夏には鮮やかなヒマワリが咲き乱れ、季節ごとに訪れる人たちの目を楽しませてくれます。

夜は満天の星を楽しむ

宮古島の魅力は青い海だけでなく、満点の星空もその一つ。星屑が輝く天の川を存分に楽しめるんです。なかでも東平安名崎は絶景スポットとして人気を集めています。昼だけなく、日が落ちたあとも絶景を楽しめるのは宮古島ならではのよさですね。なお、夜の道中は暗いので女性1人では歩かないように気をつけてください。

パーラーでちょっと一息

東平安名崎の駐車場には移動パーラーが並んでいます。夏には台数が増え、賑やかになって楽しい雰囲気です。沖縄ぜんざいやかき氷、紅芋団子など沖縄らしいご当地スイーツが味わえるので、灯台までの長い道のりを歩くときのエネルギー補給にちょうどいいですね。

東平安名崎の周辺観光スポット

海が近いため、シュノーケルなどのアクティビティを楽しめる場所もあります。近くのレストランからは水平線を眺めることができます。

アソビタウン宮古島海宝館

体験ダイビングやシュノーケルができ、シェルミュージアムや海の見えるレストランなどがある観光施設です。ウミガメに会える体験ダイビングは、水着やバスタオルさえ持参すればあとは手ぶらでOKなので、利用する人が多いです。ここでは鍾乳洞体験もすることができます。

海の見える レストラン海宝

2階のレストランは窓から美しい空と海の青を眺めながら食事ができます。保良泉ビーチから東平安名崎までを一望することができ、目の前に広がる迫力の大パノラマに気分は爽快。沖縄そばやタコライスなど沖縄らしいメニューがあるので、ランチで利用するのにおすすめです。

Address 〒906-0101 沖縄県宮古島市城辺字保良591-1
Hours AM9:30 - PM5:00(レストランはPM3:00まで)
Closed 年中無休
Tel 0980-77-2323
Web http://kaihoukan.co.jp/

東平安名岬周辺のグルメ

宮古島といえば宮古そばも有名ですが、パンやチーズを販売している穴場のスポットもあります。営業日が限られているお店もあるので、狙って訪れてみてください。

ぼらのパン屋 コッペ

ぼらのパン屋 コッペとしてスタートし、宮古島チーズ工房としてリニューアルしたものの、元の看板と名称で親しまれているお店です。国産小麦と天然酵母を使ったパンやチーズ、国産はちみつなどを販売しており、イートインコーナーで食べていくこともできます。土日が営業日という穴場のグルメスポットです。

Address 〒906-0101 沖縄県宮古島市城辺字保良344-9
Hours AM9:00 - PM5:00
Closed 月~金
Tel 0980-77-8064
Web https://miyakoisland-okinawa.jimdo.com/


宮古そばの名店 丸吉食堂

名物の宮古そばを食べるならこの丸吉食堂がおすすめ。時間をかけて丁寧にとった豚骨スープとニンニクの組み合わせが絶妙です。食後にもらえる黒糖アイスキャンディーも嬉しいポイント。地元の人から愛される名店です。

Address 沖縄県宮古島市城辺字砂川975
Hours AM10:30 - PM6:00(夏場は時間延長)
Closed 不定休
Tel 0980-77-4211
Web なし

出会ったら撮影しよう。宮古島まもる君

宮古島の道路に設置されている宮古島まもる君は隠れた宮古島の名物。交通安全や振り込め詐欺撲滅など宮古島の安全を啓発する存在です。手作業で塗装されているためため1基ごとに顔が異なり、全員が兄弟という設定。それぞれに名前もつけられているので、宮古島でみかけたらぜひ記念に撮影してみてください。

東平安名崎ヘのアクセス

車での行き方


東平安名崎へは車で向かいます。
宮古空港から車で約40分。宮古空港から県道243号、県道78号、国道390号から県道83号を走ります。距離にして約20km程度です。

Address 〒906-0101 沖縄県宮古島市城辺字保良平安名
Hours なし
Closed なし
Tel なし
Web なし

まとめ

宮古島の最東端に位置する東平安名崎は、美しい宮古ブルーの海をパノラマで望める絶景スポットです。平安名埼灯台は上にのぼることができ、美しい岬を眺めるのにおすすめ。夜になると満点の星空が広がり、違った情報を見せてくれるのも魅力の一つです。そのほかにも名物グルメが味わえる食堂や移動パーラーでのご当地スイーツもたくさんあるので、ぜひ味わってみてくださいね。