吉野ヶ里歴史公園は歴史マニアにはたまらない遺跡。子供にたまらないアスレチックもある

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

がばいよかっ!遊びながら学びんしゃいっ!

熱気球の祭典バルーンフェスタや、美しい干潟の有明海など、魅力の観光スポットが多い佐賀県。そんな佐賀県の東部にある吉野ヶ里歴史公園は、歴史好き注目の遺跡、さらにアスレチックや勾玉づくりなど、子供連れも1日じゅう楽しめる所なのです。吉野ヶ里歴史公園の見どころをたっぷり紹介します。

広大な敷地で一日遊び尽くそう

吉野ヶ里歴史公園は、国営公園約52.8ha、県立公園約51.2haという広大な面積で、国と県が一体となって整備されている歴史公園です。その広さゆえに、1日じゅう滞在しても遊び尽くせないほど。最大の特徴は、98棟もの弥生時代の建物が復元されていること。当時の暮らしの風景が再現されていて、歴史好き、考古学好きの人には、たまりません。

また、遺跡だけではなく、トランポリンをはじめとして、大きなアスレチックやローラー滑り台など、広大な遊びの広場もあります。小さなお子さんも楽しめるアクティビティがたくさんあるので、子供さん連れのファミリーも思いっきり体を動かして遊べます。

まずは遺跡で歴史を振り返り

小学校の社会科の教科書にも出てくる、あの有名な高床式倉庫。その再現版が何棟も展示されています。約二千年前の弥生時代の人々の、建築技術の高さが実感できます。また、建物内に入ることもでき、内部の様子も見学できます。

高床式倉庫

これらの倉庫は、国の倉として穀類、武器、交易に使われる絹などの貴重品が保管されていたと考えられています。貴重品の保管倉庫であるため、高床式の構造によって、大雨による浸水や、湿気、小動物や虫などの侵入を防いでいたのでしょう。倉庫の柱を登って入ってくるネズミの被害を受けないように、床が接する部分にはネズミ返しと呼ばれる板がつけられています。

倉と市

吉野ヶ里の倉庫群では、市が開かれていたと考えられています。吉野ヶ里の弥生人たちの間では、すでに狩猟、農耕だけでなく、交易や商業も盛んに行われていたようです。ここにも、様々な建物が復元されています。租税や市に関わる物を保管する倉庫や、市を管理する建物 市楼。これらは、現代で言えば税務署や商工会議所のようなところでしょう。また、祭りを行う祠堂なども復元され展示されています。

なんと建物内に入れる

倉庫だけでなく、住居として使われていた建物も再現されていて、その中にも入ることができます。弥生人たちの生活空間が復元されていますので、普段の暮らしで使われていた道具なども建物内に展示。弥生人たちは、農閑期となる冬を中心に、農機具、縄や紐、衣類や敷物、食事に使う土器などの食器類や鍋類など、様々な道具を作っていたと考えられています。

古代の森ゾーン

古代の森ゾーンでは、甕棺(かめかん)墓列が全長300m、約500基の墓列となって復元されています。甕棺は、北部九州に特有の棺。吉野ヶ里遺跡からは約3000基もの甕棺墓が発掘されています。また、弥生時代のものに近い植生を再現した古代植物の森や、植物を使った体験プログラムができる古代植物館もあり、植物に興味のある人にはオススメです。さらに、バーベキューなどができる野外炊事コーナーもあります。

手作り体験を楽しもう

吉野ヶ里歴史公園では、勾玉や組紐づくり、さらには火おこし体験をすることができます。当時の様子をリアルに体験してみてはいかがでしょうか。

勾玉づくり

旅先で、思い出の品を作りたいという人には、勾玉づくり体験がオススメ。高蝋石(こうろうせき)を使った勾玉づくり体験は、吉野ヶ里歴史公園の人気プログラムの一つ。持ち帰ってからもアクセサリーとして使えますし、誰かへのプレゼントとして作るのも素敵ですね。こちらの勾玉づくり体験は、日によって実施場所が変わるので、公園に入ってすぐに案内所で確認するのが良いでしょう。作成には1~2時間かかります。

組紐づくり

勾玉づくりよりも短時間で体験できるものとしては、組紐づくりがあります。40分程度でできあがるので、小さなお子さんも楽しめるプログラムです。色とりどりに染めた麻紐から好きな2〜4色を選び、自分好みのカラーの組紐を作っていきます。映画「君の名は」で使われていたのと同じ道具を使っての工法で体験できます。できあがった組紐はストラップや、お弁当袋の紐などに使ってお気に入りアイテムにしましょう。

鏡製作体験


土・日・祝日に体験できるプログラムです。原寸大の鏡とミニチュア鏡の2種類から選ぶことができます。作成時間は40分~1時間程度です。他にも、銅鐸製作や土笛づくり、火おこし体験など、たくさんの体験プログラムが用意されています。

アスレチックやトランポリンで遊びつくそう

吉野ヶ里歴史公園では、子どもが遊べる広々とした場所があり、大型のアスレチックやグランドゴルフがあるため、子どもをのびのび遊ばせることができます。

トランポリンは2種類ある

外で思いっきり体を動かしたいという子供たちには、遊具がたくさんあります。夢中になって、1日じゅうでも遊び回れそうです。トランポリンは、小さい子向けと大きい子向けの2種類あり。人が多くて混雑する時は、人数で区切って時間ごとに交代になるので安心です。また、トランポリンの前には長椅子が置かれているので、大人は座って子供たちを見守ることができます。

カラフルな大玉ボール

トランポリンのあるすぐ横の場所には、カラフルな大玉ボールの広場。広大な敷地で思いっきり転がしたり、乗ったりして遊べます。平らな芝生の広場で、ふわふわの柔らかい大玉を使っての遊びなので、小さい子供さんでも安心して一緒に遊べるでしょう。人が多くて混雑する時は、指定の場所で順番待ちとなります。

8ホールもあるグランドゴルフ

ゴルフとゲートボールをアレンジしたグランドゴルフ。使用するクラブとボールは西口サービスセンターで貸し出しされています(無料)。コースが8ホールあるので、全部を制覇するのは、なかなか大変。飽きずに楽しめます。

アスレチックとつながっているローラー滑り台


アスレチックとつながったローラー滑り台があり、子供たちに人気です。
他にもターザンロープ、うんてい等、子供の大好きな遊具がたくさんありますので、どれだけ遊んでも時間が足りないほど遊び回れます。

吉野ヶ里歴史公園へのアクセス

遺跡エリアから行く場合

車なら、高速は長崎自動車道 東脊振 I.Cで降りて5分。駐車場は東口駐車場になります。電車で行く場合は、JR吉野ヶ里公園駅下車してから徒歩約15分。平日はJR吉野ヶ里公園駅北口からコミュニティバスが出ています。

遊びの原から行く場合

車の場合、長崎自動車道 東脊振 I.Cで降りて5分。駐車場は西口駐車場になります。電車ならJR神崎駅で下車してから徒歩約15分。

住所|〒842-0035 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
営業時間|9/1~5/31 9:00~17:00 6/1~8/31 9:00~18:00
定休日|12/31、1月の第3月曜日とその翌日
電話|0952-55-9333
公式サイトはこちら

まとめ

歴史好きの人も、物づくり体験をしたい人も、子供たちも大満足できる吉野ヶ里歴史公園。広大で、プログラムの種類も豊富なので、とても1日だけでは遊び尽くせません。佐賀県は、伊万里焼や有田焼などの陶器市、唐津・呼子の新鮮なイカ、嬉野温泉などなど人気の観光スポットも多彩ですので、それらと合わせてぜひ吉野ヶ里歴史公園も訪れてみてください。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ