むら咲むらで琉球時代へ!クラフト体験が楽しめる人気テーマパーク

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

うちなーんちゅのうみないび着てみてさ~

むら咲むらは沖縄の文化に触れることができる体験型のテーマパーク。小さな子供でも体験できるものも多いので、老若男女問わず誰でも楽しむことができます。沖縄観光の定番スポットであるむら咲むらの魅力をご紹介します。

むら咲むらは琉球時代にタイムスリップできるテーマパーク!

むら咲むらの施設は琉球時代の建物を再現しており、沖縄の雰囲気を楽しむに最適な体験型のテーマパークです。沖縄独自の文化を体験することができ、観光地としても最適です。

むら咲むらは沖縄本島中部の読谷村、リゾートホテルが立ち並ぶ観光エリア付近という立地にあるため沖縄観光の定番スポット。修学旅行先としても定番であるため全国から学生が訪れ、体験の楽しさを忘れられずに大人になって再訪する人もいます。

沖縄ならではの楽しい体験ができる

数多くの体験施設を有していることから、移動することなくこの施設だけでいろいろな体験が手軽に楽しめます。ここでできる体験は本土では体験できないようなものばかりで、シーサーの絵付けやサーターアンダギー作りなど。エイサーを見たり、おじいやおばあと話ができる沖縄の文化に触れる体験も用意されています。

村のいたるところにはシーサーが表情豊かに鎮座しているので、散策や休憩のときに探してみるのも楽しいのでおすすめです。

サーターアンダギーは作って楽しい!

数ある体験施設の中でも特におすすめなのは、出来立てをおやつ代わりに食べれるサーターアンダギー作り体験です。教え方が明るく親切なので作ったことのない人でも楽しめますが、高温の油で調理するためエプロンを忘れないようにしましょう。

外はサクサク、中はほわほわの揚げたてで美味しいサーターアンダギーを食べれる絶好の機会なので、ぜひ体験してみてはいかがでしょう。

記念に作って持ち帰りたい人におすすめの体験!

むら咲むらには形に残せる体験も用意されています。おすすめの体験をご紹介しますので、旅の記念に作ってみてはいかがでしょうか。

色付けして自分だけのシーサーに

シーサー絵付け体験では、自分の好きな色でシーサーを作ることができます。小学生なら一人でもでき、親子で挑戦しても楽しめるのでむら咲むらでも人気のある体験施設です。

シーサーはもともと2頭で1組のつがいなので、夫婦で体験してペアシーサーを飾るのもおすすめ。できあがるまで1時間ほどかかるので、時間を確保して体験しましょう。

ガラス工房で吹きガラス体験ができる!

吹きガラス体験ではグラスの形から色、模様まで細かく指定してオリジナルのグラスを作ることができます。琉球ガラスで普段使いの実用的なものから晩酌用など多様なグラスが作れるので、夫婦はもちろん家族でも楽しめます。工房内は体験の性質上暑く危険も多いので、家族で体験するときはお子さんから目を離さないようにしましょう。

できあがるまで時間がかかるため後日自宅への発送になるので、持ち歩くことはなく荷物になりません。所要時間も5~10分程度なので、空いた時間でも体験できます。

ジェルキャンドルは子供におすすめ!

ジェルキャンドル作り体験では、グラスの中にカラフルな砂や魚などの材料を入れてオリジナルのジェルキャンドルを作れます。スタッフが親切に教えてくれるので、夏休みの工作が必要な小学生や小さな子供でも簡単に作れておすすめ。

できあがるまでに1時間ほどかかりますが、待っておく必要はなく他の体験や昼食など自由に時間を使えます。

素敵なオリジナルのランプを作ろう

ランプ作り体験では、沖縄の海で採れたサンゴや貝殻、シーグラスなどを使ってオリジナルランプを製作できます。ランプを一から製作するのではなく、見本から選んだ形状にパーツをグルーガンで接着するだけ。ランプだけではなく時計やフォトフレームなどの製作もできるので、誰でも楽しめますが特に女性に人気の体験です。

できあがるとそのまま持ち帰ることができますが、製作中は夢中になるので時間を確保してから体験するのがおすすめです。

一度は着てみたい!琉球衣装を着てみよう

むら咲むらでは琉球衣装の着付け体験もできます。貴重な紅型の琉球衣装を着れば南国・沖縄ムードも高まります。記念写真が撮れるプランもあるので、旅の良い思い出になるでしょう。

むら咲むらでは琉球衣装をリーズナブルな価格で貸し出ししており、着付け体験をすることができます。豊富に取り揃えられた琉球衣装の中から、好きな色や柄、髪飾りなどのアイテムまでも選んで写真撮影できます。

個人から家族まで楽しむことができるように、女性用だけではなく子供用や男性用も完備。今着ている服の上から大丈夫なので着付けにかかる時間は15~20分ほどで、写真撮影までしてくれるプランもあります。

ククルサーキットは子供から大人に大人気!

むら咲むらにはアクティビティもあります。本格的なレースが体験できますが、小さなお子様も保護者と一緒に乗ることができるため、家族旅行でも人気のスポットです。

ククルサーキットでは、ゴーカートから本格的なレースまで気軽にカート体験ができる人気のエリア。小学生以上は1人で乗ることができ、3歳以上であれば大人との2人乗りで乗れるので、親子から団体までみんなで楽しめます。サーキットでのカート体験だけではなく、流行りのセグウェイにパーク内で乗れる体験もできます。

むら咲むらにあるグルメスポット

むら咲むらはいろいろな体験ができるだけではなく、沖縄料理に舌鼓も打てます。休憩もかねておいしい料理をいただこう。

泰期はバイキング形式の食事処

泰期はバイキング形式のレストランなので、沖縄料理を少しづつ楽しむことができます。良心的な価格で沖縄料理を味わえるため、初めて沖縄料理を食べる人や観光客だけではなく地元民も足を運ぶほど。

席の数も多く、子供が食べれるメニューも多いので家族連れやグループでも安心して入店できます。営業時間がランチタイムとディナータイムで分かれているため、時間を確認してから向かうようにしましょう。

謝名亭なら沖縄そばがおすすめ

謝名亭は趣のある素敵な古民家で、絶品の沖縄そばを提供しています。その味は沖縄サミットでも好評を博したほどで、化学調味料を使わずに天然素材を使って出汁を作っています。

子供用の椅子も用意されているので、子連れでも安心。食べるだけではなく自分でも作ってみたいという人は、むら咲むらには沖縄そばのそば打ち体験もありますのでおすすめです。

むら咲むらでお土産をゲットしよう

むら咲むらで買えるお土産は、むら咲むらオリジナルの商品が多く揃っています。お土産屋として有名なあの御菓子御殿の主力お菓子も取り扱われているので、移動時間の短縮になります。体験で作ったアイテムは自分向けにして、友達やご近所向けのお土産を探してみてはいかがでしょうか。

むら咲むらで宿泊もできる

むら咲むらには宿泊施設も併設されています。宿泊所を探す手間が省けることや、温泉も利用できるためおすすめです。

むら咲むらの施設内には宿泊できようにホテルも建てられており、比較的新しくきれいなホテルです。客室は和洋室タイプなので、赤ちゃんや小さな子供がいてもおすすめ。リゾートホテルのような豪華さはないものの、こじんまりとしているため家にいるような安心感を持って過ごせると好評です。

宿泊客はむら咲むらに無料で入場でき、お風呂は大浴場があるのでむら咲むらを楽しんだあとそのまま休めて便利です。ホテルの前に広がるビーチは自然のものなので、時間が許す限りいつでも遊ぶことができます。年に数回のむら咲むらで大きなイベントが開催されるときは予約が埋まってしまうこともあるので、宿泊予約はお早めに。

むら咲むらへのアクセス

車での行き方

那覇空港から車で国道58号線を北方面に進みます。読谷村伊良皆交差点を左折し、直進すれば1時間半ほどで到着します。

バスでの行き方

那覇空港からモノレールを使ってバスターミナルへ移動します。読谷村大当で下車し、バス停より10分ほどで到着します。

住所|〒904-0323 沖縄県読谷村字高志保1020-1
営業時間|9:00 am - 6:00 pm
定休日|なし
電話|098-958-1111
公式サイトはこちら

まとめ

むら咲むらは最も沖縄らしさを感じることができる体験型のテーマパークです。体験の種類も豊富なので子供から大人まで楽しむことができます。むら咲むらを訪れて沖縄の文化に触れてみてはいかがでしょうか。