東尋坊の断崖絶壁はスリル満点。上から眺めるも下から眺めるもよし

この記事の情報提供者

福井在住トラベルパートナー

福井県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

あっこの崖じゃ~あんまり、あばさけんなまぁ!

福岡県の東尋坊と聞けばみなさん何を想像しますか。やはり断崖絶壁に追い詰められたサスペンスのラストシーンでしょうか。東尋坊では、おいしい海の幸やご当地スイーツを味わえたり、船にのって壮大な絶景を見ることができたり、ロマンティックな景色が見れたりと、まだまだ知られていない魅力がたくさんあるんです。

東尋坊とは

日本海に面した絶壁が有名

東尋坊(とうじんぼう)とは、福井県坂井市にある海岸地形で、巨大な柱状の岩でできた約1kmも続く海岸線です。越前加賀海岸国定公園の一部で、1935年に国の天然記念物となりました。溶岩が冷えて固まってできているため、とても硬くごつごつしています。サスペンスドラマのロケ地としておなじみの、崖の上から日本海を眺めることができる観光名所です。

東尋坊の名前の所以

むかし福井県東部にある平泉寺に東尋坊という暴れものの僧兵がいて、東尋坊は恋敵によって騙され、泥酔させられ絶壁の上から落とされました。すると、それから49日もの間、海が大荒れとなったため、この地が東尋坊と名付けられたのだそうです。そのほかに、この地は渡来人の行き来があったため唐人望、唐人防といった地名が東尋坊の由来という説もあります。

東尋坊タワーで眺めを確認

東尋坊タワー

東尋坊商店街の入り口にそびえたつ東尋坊タワー。入口には軽食とお土産を売る場所があり、トイレもあるので休憩地点にもなります。有料エレベーターで55mの高さの展望台へ行くことができます。昭和の雰囲気が漂うノスタルジック感あふれるタワーでおしゃれではないですが、眺めは抜群です。

タワーからの眺め

360度眺めることができる展望台の景色です。天気の良い日は真っ青に輝く日本海を遠くまで見ることができ、気分は爽快です。位置的に、東尋坊の崖は見ることが出来ないのですが、海側の右の方に雄島と雄島に渡るための赤い橋が見られます。海の反対側には、そびえ立つ白山連峰を望むことができます。

タワー内の様子

縁結びの布袋さんが置かれパワースポットになっています。頭をなでるとパワーをもらえそうです。中央の観音像は、この地で命を絶った人たちのため、タワー創業者によって安置されたもの。訪れた人たちは手を合わせ冥福をお祈りします。平日は人が少ないため、ソファーにゆっくりと座って外を見ることができます。

住所|〒910-0063  福井県坂井市三国町東尋坊
営業時間|AM9:00~PM5:00
定休日|無し
電話|0776-81-3700
公式サイトはこちら

東尋坊の絶景スポット

上から見た東尋坊

東尋坊タワーから商店街通りを進むと岩場のテラスに到着します。ごつごつと荒々しい景観が特徴的で、入り組んだ構造の岩壁であることがよくわかります。この構造は火山岩と日本海が作り出した自然の神秘です。

柱状の岩の絶壁

崖の側面に柱状節理状の岩を見ることができます。柱状節理とは、マグマが冷却固結する際、収縮して生じる岩体に入った柱状の割れ目のことで、東尋坊は輝石安山岩の柱状節理の世界三大絶勝の一つに選ばれています。柱状節理の安山岩は、日本でもここだけというとても貴重なもので、一生に一度は見る価値ありです。

崖の上を恐る恐る

崖の上にはロープやフェンスなどが無く、切り立った崖は高さもあってスリル満点。岩に座り込んで景色を眺めている人も多いです。足元がでこぼこしているので、慎重に歩かないと転びそうになるので十分にご注意を。ここだけは、走り回る子供の姿に親も周りの人もヒヤヒヤです。

足も震える絶景スポット

そして一番の見どころがこの大池です。柱状節理が立ち並ぶ崖スポットで、高い所では海上から25メートルで、8~9階建ての建物に相当します。深いところで水深17mもあるのですが、壁が迫って見えるため深さを感じません。波が岩に当たって響く音と、下から吹き上げる風に身が引き締まります。冬の雪がちらつく日は一層迫力が増します。

そっと下を覗き込む

恐る恐る崖の下をのぞき込むとその高さを実感できます。でこぼこの岩を歩き、先端まで行けますが、足元が悪いので運動靴で行くことを強くおすすめします。

別の絶景スポット三段岩

東尋坊タワーから日本海を向いた左側の三段岩は、三国港近くの防波堤の基礎石用に砕石された後を残しています。日本海の荒々しい波が硬い岩に打ち寄せる様子は、荒々しい男の戦いを見ているようでなんとも豪快です。

観光遊覧船で絶壁を下から眺めよう

岩道を下って船乗り場へ

商店街通りを抜けると観光遊覧船受付と乗り場があります。海の状態によっては、乗り場が別の場所になるので、行く前に調べておいた方がいいでしょう。所要時間は1周約30分で、待ち時間は20分程度。乗客が1人でも出航してくれるため、ぜひ乗ってみてください。

フェリー乗り場までの階段

乗り場までは、100段ほどの階段を下ります。ゆっくりいかないと海に落ちていきそうなので慎重に。帰りは登りになるので戻るとき一苦労です。ロープを投げながら上手く接岸したり離れたりする遊覧船の様子を見るだけでも楽しいですよ。

間近で柱状節理を観察

観光遊覧船の見どころとして、柱状節理を間近で観察できることがあります。波が穏やかであれば、海の中にある岩の状態まで見ることができます。海側からしか見えない貴重な岩の造形が見られるのでおすすめです。

遊覧船から見えるハチの巣岩

遊覧船の回るコースにある雄島のハチの巣岩は、波によって下側が削られたためハチの巣のような形になりました。逆さ岩ともいわれています。柱状の岩が重なってるように見え、その眺めは圧巻です。無機質な岩が木の緑や海の青さを引き立てています。ハチの巣岩の上にある、雄島の神社の赤い鳥居も見ることができます。

東尋坊のグルメといえば

越前ガニが絶品

東尋坊商店街通りには数多くの飲食店や海産物店が立ち並んでいます。11月上旬~3月がシーズンの越前ガニは、皇室献上されるほど一級品。福井県で獲れるズワイガニを越前カニと呼び、足に黄色のタグを付け見分けられています。

11月~1月上旬に獲ることができる卵を持ったメスのカニは、セイコカニと呼ばれ、身とカニみそと卵を混ぜて食べると濃厚な味に。価格は越前ガニより安いです。ぜひ訪れたら一度味わってみてください。

手軽にイカ焼き

手軽に海産物を食べるなら浜焼きがおすすめです。身がぷくっとしたイカの丸焼きは、もっちり食感が絶品。岩場から一番近くにある越前三国湊 海船やでは、自分で焼いて食べる海鮮バーベキューセットも楽しいですよ。

遊覧船から見えた雄島へ

神の島への架け橋

東尋坊から歩いて30分、車で5分の所にある雄島への入り口です。島の周囲は約2kmで、散歩道を歩けば一周するのに30分ほど。雄島へは全長224mの朱色の橋があり、徒歩や自転車で渡ることができます。雄島は神の島とあがめられているパワースポットとしても知られています。

島の西側から北側にかけて珍しい板状の岩が広がっており圧巻です。島にはトイレが無いので、渡る前に済ませた方が良いでしょう。

住所|〒913-0064 福井県坂井市三国町安島
営業時間|無し
定休日|無し
電話|0776-82-5515 (坂井市三国観光協会)
公式サイトはこちら

大湊神社

橋を渡り、階段を上った先にある大湊神社。島全体が大湊神社の鎮守の森となっている、パワースポットの中心地です。白雉年間(650~654年)に創建されたと伝わる古社で、源義経や明智光秀など有名な歴史上の人物ともゆかりがあるといわれています。航海と漁業にご利益がある三保大明神を祀っており、静かで少し寂しい感じがしますが、

住所|〒913-0064 福井県坂井市三国町安島
営業時間|無し
定休日|無し
電話|0776-81-2959(陸の宮)
公式サイトはこちら

東尋坊へのアクセス

車での行き方

北陸自動車道金津ICから車で25分。66台分の無料駐車場があり、東尋坊までは徒歩15分と少し離れています。近くには東尋坊まで徒歩3分の有料駐車場もあります。

バスでの行き方

  • 北陸本線JR芦原温泉駅から東尋坊行きバスで30分
  • 三国芦原線えちぜん鉄道三国駅から京福バス東尋坊行きで10分
住所|〒913-0063 福井県坂井市三国町安島
営業時間|無し
定休日|無し
電話|0776-82-5515 (坂井市三国観光協会)
公式サイトはこちら

まとめ

福井県の東尋坊は、さまざまな場所から断崖の絶景を見ることができるスリル満点の世界三大絶勝です。岩肌に荒々しく打ち当たる波の様子とは一変して、悠然と輝く夕日もロマンティックで隠れた魅力の一つです。訪れた際には、皇室献上品の越前ガニや日本海の美味しい海の幸もぜひ味わってくださいね。