マザー牧場は自然と融合したテーマパーク。動物の触れ合いから遊園地や味覚狩りまで遊び尽くそう

トラベルパートナー: Khloe

静岡県出身。オーストラリア、東京に住んでいました。歴史が好きなので、歴史を感じる場所を、気ままにふらっとひとりで旅をするのが好き。

広大な敷地の中で、子供も大人も一緒に楽しめるべ~

創業50年以上の歴史があるマザー牧場。単に牧場という言葉では語りつくせない、想像のななめ上を行くアトラクションあり、グルメあり、コテージあり、動物と高原のさわやかさを満喫できる絶好の場所なんですよ。今日はその魅力をぎゅっとご紹介します。

大自然を満喫できるテーマパーク

千葉県富津市で観光名所で必ず出てくるマザー牧場。設立は1962年と歴史が長いテーマパークです。敷地面積は約250ヘクタール(東京ドーム約53個分)。牧畜だけでなく、体験工房もあり、遊園地あり、味覚狩りやバンジージャンプまでできるテーマパークとして有名です。中でも名物ショーは、牧羊犬が羊を追いかける「羊の大行進」。オリジナルのソフトクリームもとっても美味しいと人気です。宿泊施設も併設しているので帰りを気にせずたっぷり遊べます。

動物とのふれあい

マザー牧場では、動物たちとふれあうことができます。乳牛のお乳の手しぼり体験や、羊や馬、ヤギなどへのエサやり体験、小さなお子さんでもできる乗馬など、さまざまな体験もできます。

乳牛の手しぼり体験

マザー牧場「うしの牧場」では6種類の牛たちが飼育されています。楽しい乳牛の手しぼり体験は子どもから大人まで参加できます。ホルスタイン1頭から1日約25~30リットルも搾乳できるのだそうですよ。牛乳の手しぼり体験は雨天時でも参加できるので、天候に左右されない貴重なイベントです。

エサやり体験

マザー牧場のまきば広場では、ヤギや羊、馬などにエサやり体験ができます。小さな子どもでも、飼育員がサポートしてくれるので挑戦しやすいですよ。のんびりと動物たちに直接ふれあうことができるのは、まさに牧場ならではの体験です。

乗馬体験もできる

乗馬はポニーのような小さめの馬もいるので、なんと3歳から体験できます。飼育員が引馬をしてくれますので、乗馬が初めての方でも不安なく挑戦できるのがうれしいですね。ただ、乗馬をしたい方は、乗馬に適した服装や靴を用意して行きましょう。もちろん服や靴の有料レンタルもありますよ。

また、継続して乗馬を習いたい人には要予約の会員制レッスンも用意されています。

見て楽しむ

乗り物に乗って牧場内の動物たちをのんびり観察できるツアーや、ふわふわとした羊の毛を刈るショー、かわいらしいひつじの大群の行進が見られるショーがあります。

人気のマザーファームツアー

巨大なトラクタートレインに乗ってマザー牧場内をぐるっと一回り。牧場内の動物たちを楽しく観察できるのがこのツアー。牧場内の動物たちに詳しいマザー牧場の専門スタッフが楽しく案内してくれます。

畜舎の中にもトラクターで入って行くので、これはちょっとしたアトラクション。子どもも大人もワクワクしっぱなしです。アルパカたちにエサやり体験ができるのも、このマザーファームツアーだけの特典です。ツアーには約60分かかりますので、最初に予定を組んでおくといいでしょう。

シープショー

世界中から集められた特徴ある19種類の羊たちを見られます。中でも羊の毛刈りショーは圧巻。どの羊もとても大きく、想像以上に迫力がありますよ。もこもこの羊たちが、あっという間に毛を刈られて小さくなってしまう姿はとてもおもしろく子どもたちも大喜びです。このショーは雨の日でも見られるのでお勧めです。

ひつじの大行進

マザー牧場名物「ひつじの大行進」は牧羊犬と羊のショー。たくさんの羊たちを牧羊犬が上手にまとめて誘導していくようすに思わず見入ってしまいます。広いフィールドを目いっぱい駆けまわって羊の群を制御する牧羊犬の賢さに驚きますよ。夏季(7、8月)は開催されないのでご注意を。

子供も大人も一緒に楽しめる

マザー牧場では、大人から小さなお子さんまで楽しめるように、たくさんの工夫があります。小さなお子さんが乗れる遊園地のアトラクションや、季節のフルーツや野菜の収穫体験、冬季では園内を彩るイルミネーションなどがあります。

わくわくランド

マザー牧場内にある遊園地「わくわくランド」は年齢や身長制限がないアトラクションも多く、小さな子ども連れでも安心して楽しめることで有名です。とくに迷路や宝石さがしはいつも大人気。

何といってもここは標高300mの山頂に建つ遊園地。晴れた日には高さ30mの観覧車にぜひ乗ってみましょう。遠くに東京タワーや富士山が見えるかもしれませんよ。

わくわくランドと牧場の間は場内バスが出ているので、園内移動がとっても楽にできます。時間を有効に使えるのでとっても便利です。

味覚狩り

トマト、いちご、ブルーベリー、キウイ、さつまいも。季節それぞれの味覚狩りが楽しめます。食べ放題ではなく量り売りなので、自分の食べたい分だけ採取できます。予約制ではないため作物がなくなり次第終了。参加するなら早めの時間に行くことをおすすめします。ただし開催していない時もあるので、あらかじめ事前の確認をお忘れなく。

幻想的なイルミネーション

毎年10月から2月頃まで、午後4時から牧場がロマンチックなイルミネーションでライトアップされます。特に「光のお花畑」や、国内初となる円形チューブトンネル「虹色ワープホール」はフォトスポットもたくさんあって、インスタ映えもばっちり。もちろんデートにも超おすすめです。

バンジージャンプ

なんと、マザー牧場内でバンジージャンプもできるんです。高さ21mと本格的ですよ。かなり人気のため、午後より午前中の方が空いていておすすめです。年齢制限は小学生以上、65歳まで。また18歳未満の方は保護者の署名が必要なのでご注意を。

雨の日でも楽しめる工夫がいっぱい

雨の日ならではのお楽しみは、動物たちのおうちに入れること。マザーファームツアーは雨の日限定バージョンがあります。

雨の日は特別に牛舎の中で開催。馬のお家、馬舎の中に入れるのも雨の日だけ。スタッフから楽しい動物の話も聞けますよ。

マザー牧場内のグルメ

マザー牧場内ではマザー牧場ならではのグルメが味わえます。牧場のミルクを使ったバニラソフトやジンギスカン、自家製ソーセージなどを食べることができます。

絶品 牧場のソフトクリーム

マザー牧場に来たら絶対食べたいのが牧場のソフトクリーム。マザー牧場ミルクをふんだんに使って作られたオリジナルバニラソフトは濃厚なのにさっぱりとした味わいたまりません。マザー牧場内のすべてのフードスタンドで販売しています

中でも一番人気は、マザー牧場ミルクから作ったキャラメルソースをたっぷりかけたキャラメルナッツソフトクリーム。めちゃくちゃおいしいので是非食べてみてくださいね。

マザー牧場の名物グルメ ジンギスカン

創業以来、マザー牧場のグルメといえば1番人気のジンギスカンジンギスカンガーデンとFARM DINERの両方で食べられます。

ジンギスカンの人気の秘密は、お肉の美味しさと、オリジナルの秘伝のタレ。くさみがなく、ジューシーでやわらかいお肉なので、小さな子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで美味しくいただけると好評です。

レストラン内で楽しむ他に、屋外のカフェテリアやバーベキュースペースでもいただけます。天気の良い日の屋外ジンギスカンは開放的で最高です。

マザー牧場オリジナル 自家製ソーセージ

レストランだけでなく、お土産用としても人気なのがマザー牧場オリジナルの自家製ソーセージ。低添加で無着色、保存料を使わない手間をかけた逸品です。一口食べるとお肉本来のジューシーな旨みが口の中いっぱいに広がっておいしいといったらありません。

あらびき、ハーブ味、ガーリック味と種類も豊富なので食べ比べも楽しめますよ。お酒との相性もばっちりでで、辛党の方へのお土産にもおすすめです。

マザー牧場での宿泊

マザー牧場では、宿泊することもできます。快適なコテージや夏になるとキャンプもできます。トイレや簡易シャワーなどの設備も整っているため、気軽にアウトドアを楽しめるようになっています。

快適なコテージでのステイ

定員5名のシンプルなコテージから、最大15名まで宿泊可能な大型コテージがあります。コテージ内はどこも木の温もりが心地よく、広々としていて高原ならではの清々しさを満喫できる作りです。

コンロを有料でレンタルできるので自炊も可能。宿泊者は入場料などの割引特典が受けられます。食事や材料が必要な場合は宿泊の3日前までに予約をお忘れなく。

夏季限定のキャンプ

7月、8月と9月1日限定で毎年オートキャンプ場がオープンします。テントが全部で60張できるほどの広さ。トイレや簡易シャワーも完備していて、キャンプ初心者にもおすすめです。晴れた夜には素晴らしい星空と遠くに広がる夜景を眺めることができますよ。夏の思い出作りにぴったりの高原オートキャンプ。事前に予約が必要です。

マザー牧場へのアクセス

電車での行き方

JR君津駅で下車し、南口1番乗り場からマザー牧場への有料シャトルバスにで向かいます。

車での行き方

東京方面から行く場合は、海ほたるを経由して、君津インターから約14キロ。ETC車は最寄りのETC専用出口の君津PAスマートインターが便利です(開通時間6時AM-10時PM)約8キロ。館山方面からは、館山自動車道を通って、富津竹岡ICから約13kmです。

住所|〒299-1731 千葉県富津市田倉940番地3
営業時間|2月~11月平日AM9:30-PM4:30、土日祝AM9:30-PM5:00、12月~1月平日AM10:00-PM4:00、土日祝AM9:30-PM4:00
定休日|2018年12月17日-20日、2019年1月7日-11日、1月16日-18日
電話|0439-37-3211
公式サイトはこちら

まとめ

意外に使えるマザー牧場のパワフルな楽しみ方のご紹介でした。子どもといっしょに出かけるなら雨の日も楽しめるのが強みですよね。とにかく応用範囲が広くて昔も今も結構使えるマザー牧場。あまりにもメジャーなだけに、まだ行っていない人も少なくないかも。ぜひこの機会に遊びに行ってみてくださいね。