熱海温泉へ観光に行こう!熱海の歴史とオススメの歴史的スポット9選

都心から車で1時間半ほど、気軽に足を運べる温泉地として人気の高い熱海(あたみ)温泉。もともと古い歴史を持つ有名な温泉地でしたが、昨今、駅前開発や商店街の奮起によって宿泊客数がV字回復を遂げていると、何かと話題になっている町でもあります。新しいカフェや話題のお店もステキですが、熱海に来たらやっぱり、歴史あるスポットに足を運んでいただきたい!ということで今回は、そんな魅力あふれる熱海の歴史に触れることができるスポットをご紹介してまいります。

熱海温泉の歩みと歴史的スポット

熱海温泉の歩み

熱海温泉の歩み

image by PIXTA / 33291598

熱海温泉は静岡県の最東部の海沿いにある温泉地。
熱海を含む伊豆半島の温泉地の大半は『湯ヶ島層群』という、1500万年~1000万年前に形成されたとされる地層に溜まった熱水が地表に流れ出たもの。
現在の湧出量は毎分18,000リットル以上、源泉の数は500以上にもなり、湧出量・源泉数共に日本全国の温泉地の中でもベスト10に入る規模。
お湯が豊富なのです。

熱海の開湯は749年、奈良時代と言われています。
かつては海底から熱いお湯が湧き出していて、魚が住めず、漁もできなかったのだそうです。
箱根権現の万巻上人が漁民たちのために薬師如来に祈祷して、源泉を海中から陸地に移したとの伝説も残されています。

江戸時代には、徳川家康が湯治をしたとの記録も。
徳川家御用達となり「御汲湯(おくみゆ:熱海の温泉の湯を樽に詰めて大勢の人足たちがリレー方式で江戸城まで運んだ)」も頻繁に行われました。
暴れん坊将軍で有名な八代将軍吉宗は、8年間で3,500個以上もの湯桶を江戸城まで運ばせたのだとか。
それほど熱海の湯を気に入っていたのでしょうか。

明治に入ると文人著名人が愛する湯として知られるようになり、尾崎紅葉の「金色夜叉」や林芙美子の「うず潮」などがよく知られています。

第二次世界大戦後は高度経済成長の波に乗って、団体客が数多く訪れるようになり、風俗店などが急激に増えていきました。
しかし新幹線が開業したり、旅行客の足がより遠方に向くようになると客足は下火に、老舗旅館が廃業、風俗店ばかりが目立つ温泉街というイメージが定着して、客離れに拍車がかかる結果に。
しかし2010年前後になると再び回復。
都心から行ける手近なリゾートとして活気を取り戻し、JR熱海駅を中心に多くの観光客が訪れ賑わいを見せています。

熱海温泉の歴史的スポット(1)「大湯間欠泉(間歇泉)」

熱海温泉の歴史的スポット(1)「大湯間欠泉(間歇泉)」

image by PIXTA / 13585223

熱海には500以上もの源泉が存在しますが、その中に「熱海七湯」と呼ばれる大変古い源泉があります。
源泉そのものの湯を楽しむ共同浴場は無いので、どこかのホテルや旅館の湯船に使って堪能する形となりますが、その七湯の中の1つ「大湯」は野手あふれる岩から湯が吹き出る様子を見ることができる「大湯間欠泉」があることで有名です。

間歇泉はJR熱海駅から商店街を抜けて徒歩15分ほど、大通りから少し入ったところの、大きなホテルの裏手にあります。
かなり歴史ある間欠泉で、一時期はアメリカ・イエローストーンのオールドフェイスフルとアイスランドのグレート・カイザーと並んで「世界三大間欠泉」とまで呼ばれていたのだそうです。
古くは大地が揺れるほどの自噴(人為的な動力に頼らず自然に湧き出る現象)が1日に何回もあり、たそうですが、明治時代中期に止まってしまい、関東大震災の後再び噴出し始めましたが昭和初期に再び止まってしまいました。

その後、昭和30年代に人工の間欠泉として整備され、人工的に4分ごとに3分間噴出する仕組みになっているのだそうです。
自噴ではありませんが、熱い湯が噴出す様子はかなりの迫力。
市の文化財にも指定されています。

間欠泉の説明看板の隣に白い電話ボックスが。
ここは市街通話発祥の地でもあるのだそうです。
明治時代、多くの政治家や政府のお偉いさんがこの辺に骨休めに来ていたたことがうかがえる、そんな熱海の歴史を知ることができる場所にもなっています。

熱海温泉の歴史的スポット(2)「湯前神社」

熱海温泉の歴史的スポット(2)「湯前神社」

image by PIXTA / 609908

大湯のすぐ近くに、少彦名神(スクナヒコナ)という国土開拓に尽力したとされる神様を祀った湯前神社(ゆぜんじんじゃ)があります。
神社の成り立ちにはいくつか説があるようですが、熱海の”海底から湧き出ていた熱い湯”を内陸に移したという伝承が残る万巻上人が、この地に「湯前権現」として温泉の神様を祀るように言ったのだとか。
また、749年に「病に効く温泉があるので汲んできて浴びなさい」という神様からのお告げがあり、そのことに感謝して建てられた神社であるとの言い伝えも残されています。
まさに、熱海の起源とも言うべき神社なのです。

通りに面した石の鳥居をくぐって境内に続く石段のすぐ脇の岩からお湯が滾々と湧き出ていて、手をかざすとほんのりやさしい温かさ。
温泉に感謝し、湯が絶えないようにと、秋には例大祭が催されています。
こじんまりとした目立たない感じの神社ですが、風情ある佇まいはご利益がありそうです。

湯前神社の見所は、熱海市の指定文化財・天然記念物にも指定されている「湯前神社のクスノキ」。
鳥居の脇に、鳥居よりはるかに大きく、神社全体を包み込む屋根のような巨大なクスノキは迫力満点。
幹の周囲7.2m、木の高さは17mにもなるのだとか。
残念ながら半分ほど焼けてしまっているのだそうで、幹の中は空洞になっています。
しかし今も青い葉が次々に芽吹いて、樹勢は旺盛、とのこと。
新芽の時期は特に、境内の他の樹木と重なり合って目み麗しい姿を見ることができて、一見の価値あり、です。

熱海温泉の歴史的スポット(3)「伊豆山神社」

熱海温泉の歴史的スポット(3)「伊豆山神社」

image by PIXTA / 31539188

JR熱海駅から北の方角に20分ほど、少し高台にあり、長い長い石段をのぼっていくと、朱の柱が美しい壮麗な社殿が。
振り返れば相模湾の青い輝きを見渡すことができて、足の疲れも報われそうです。

伊豆山神社は源頼朝が源氏の再興を祈願し、北条政子と逢瀬を重ねた場所。
二人で愛を育みながらこの景色を見ていたのかと思うと感慨深いものがあります。

古来、伊豆大権現、走湯神社(そうとうじんじゃ)などなど、様々な呼び名で人々に親しまれてきたという伊豆山神社。
”伊豆”の名前の由来には諸説あるそうですが、そのひとつに、この山一帯で湧き出るお湯を神格化した呼び名「湯出づる神(ゆいづるかみ)」から「伊豆山」と呼ばれるようになり、それが伊豆という地名へとつながっていったというものが。
地面からお湯が湧き出るということが、昔の人にとっては奉るべき神秘的な事象だったのだろうと、改めて感じさせられます。

伊豆山神社には古くから多くの修行僧が修行に訪れていました。
弘法大師が修行したという伝承もあるそうです。
明治維新の神仏分離令の後、寺を分離して”伊豆山神社”と名乗るようになったそうで、それまでは様々な仏教の教えと深いつながりを持つ神社とされていました。

本殿へ行くための石段は、全部で837段。
実際には、本殿の下までバスや車で行けるので、残りの180段をのぼって拝殿、という人が多いようですが、それでもかなりのぼる必要あり。
神社めぐりは足腰が鍛えられます。

見所としては、伊豆山神社のシンボルともいえる、手水舎の「赤白二龍(せきびゃくにりゅう)」。
赤龍は「火の神」、白龍は「水の神」、ふたつの力を合わせて温泉が生まれるとの意味から、温泉の守護神と言われています。
夫婦和合や縁結びの象徴ともされている二龍はどこか愛らしく、ついカメラを向けたくなってしまうほどです。

ご利益多し!熱海の歴史深きパワースポット

熱海温泉の歴史的スポット(4)「來宮神社」

熱海温泉の歴史的スポット(4)「來宮神社」

image by PIXTA / 24255861

熱海の中心部から少し西へ移動すると、ここにも古くから熱海の町並みを見守り続けてきた神社があります。
來宮神社(きのみやじんじゃ)です。

朱の鳥居をくぐってすぐ、まず人々の目を釘付けにする大きな楠木が姿を現します。
樹齢1300年を超えているというその姿は神々しく、樹木というより巨大な岩のよう。
300年ほど前に落雷にあり、幹の中央に大きな空洞ができてしまったのだそうですが、それでも幹のあちこちから新しい枝葉が伸びて、樹勢は益々盛ん。
來宮神社の楠木は大変有名で、これ目当てに拝殿する観光客も多いのだとか。
しかし、これで驚いてはいけません。
大楠をひとわたり見上げた後、参拝を済ませてからが本番です。

本殿の横を抜けていくと、そこに控えしは、樹齢2000年と言われている日本屈指のパワースポット、來宮神社の第一大楠。
この大楠の周りをひとまわりすると寿命が一年延びる、と言われている、不老長寿、無病息災の象徴とも言うべき大樹がお目見えします。
樹というより、これはもう、”山”と呼んでもおかしくないほどの風格で、見る人を圧倒。
本殿手前の大楠(第二大楠)で既に衝撃を受けた参拝客は、ここで再び言葉を失います。
幹の周り23.9m、木の高さはおよそ26mの、本州一の巨木です。

來宮神社はかつて「木宮明神」とも呼ばれていたそうで、木に宿る神様をお祀りする神社として、木に感謝する信仰を集めてきました。

幹からは長い歳月を感じますが、そこかしこに若い葉を茂らせて樹勢は旺盛。
これからもずっと、熱海の町の移り変わりを見守ってくれることでしょう。

熱海温泉の歴史的スポット(5)「今宮神社」

來宮神社から南方面へ車で10分ほど行くと、山の手に静かに佇む神社があります。
源頼朝伝説が伝わる今宮神社です。

平治の乱において父や兄が平家に捕らえられ、一門ことごとく殺されてしまった頼朝。
彼も処刑されるところでしたが、お目こぼしがあって首の皮一枚、伊豆の地へ流刑となります。
流人の身としては比較的自由のある生活をしていたようで、あるとき、伊東祐親という地元の武将に命を狙われることに。
一説には頼朝が祐親の娘に手を出したから、とも言われていますが、事実かどうかは定かではありません。

伊東祐親から逃れようと伊豆山神社へ向かう途中、山中で迷い、湧き水で喉を潤した後、近くの大きな楠木の下に小さな社があることに気づきました。
これこそが今宮神社。
ここで祈願したことで、頼朝は無事に逃れることができ、源氏の再興も平家に勝利することも叶いました。
現在では心願成就のご利益がある神社として、多くの人々が訪れるようになっています。

敷地はそれほど広くはありませんが、趣きある落ち着いた雰囲気。
石造りの鳥居をくぐった先には大楠や銀杏の巨木がたくさん並んでおり、その奥にある社殿のまわりは柔らかな木漏れ日で溢れています。
創建は仁徳天皇の時代(313~399年)と言われていますが、詳しいことはわかっていません。

社殿の裏には、樹齢500年とも言われている大きな楠木が、青々と葉を茂らせて誇らしげに立っています。
熱海には大きな楠木が多いです。
熱海の風土が大楠の成長に合っているのかもしれません。

熱海温泉の歴史的スポット(6)「錦ヶ浦」

熱海温泉の歴史的スポット(6)「錦ヶ浦」

image by PIXTA / 20146034

今宮神社から東方面へ、少し海に突き出たような形の地形が、熱海指折りの景勝地となっています。
2㎞ほどの間に複雑に入り組んだ岩場と断崖が続き、寄せる波が白いしぶきを上げて野趣あふれる風景を作り出すこの地形は、NHKの人気番組「ブラタモリ」でも登場した人気スポット。
周辺には、この岩場を展望できる施設や庭園、遊歩道などが整備されていて、気軽に訪れて絶景を楽しむことができます。

実はこの場所の複雑な形状の岩場は、火山の噴出物が形成したもの。
多賀火山の噴火初期の噴出物が表に露出しており、それらを間近に見ることができる、非常に珍しいスポットなのです。
長い歳月をかけて、火山と波が作り出した異色の地形。
様々な形をした断崖からは、計り知れないパワーを感じることができるはずです。

海に目をやれば、遠くに初島や大島を見ることができます。
海原は穏やかでも崖に打ち付ける波は飛沫をあげて荒々しく、大迫力です。

まだまだあります!熱海の歴史を華やかに飾るオススメスポット

熱海温泉の歴史的スポット(7)「熱海城」

熱海温泉の歴史的スポット(7)「熱海城」

image by PIXTA / 27798321

”城”とありますが、1959年(昭和34年)に建てられた観光施設。
歴史的な城郭ではありませんが、本当にここに城を建てた戦国武将がいても不思議ではないほど見晴らしのよい、築城に適した要塞地に建てられています。
実際、小田原北条氏などが、この地に水軍の拠点となる城を築こうとしたのだとか。
残念ながら実現はしませんでしたが、世が世ならこの地に北条の城が建っていてもおかしくない、そんな場所に、今は多くの観光客が訪れる”城”が建っています。

現代の観光施設といえど、建築様式は桃山時代の様式を模して、外装5層、内部9階。
6階部分には展望台や見晴らし茶屋があり、眺めは抜群。
お殿様になった気分で景観を楽しむことができます。

建物内部には、日本の城に関する資料を集めた「日本城郭資料館」や、鎧兜や日本刀などを展示した「武家文化資料館」など、歴史好きの心揺さぶる展示が目白押し。
”熱海の歴史”というわけではありませんが、戦国武将気分を味わうことができる異色の空間となっています。

熱海温泉の歴史的スポット(8)「熱海梅園」

熱海温泉の歴史的スポット(8)「熱海梅園」

image by PIXTA / 20478493

熱海は四季折々、季節を選ばずいつ訪れても楽しめる温泉地ですが、強いて言えば梅の季節が一番のオススメかもしれません。

熱海梅園は1886年(明治19年)、内務省に勤める長与専斎(ながよせんさい:長崎出身の医師・医学者)が「温泉がよく病気に効くのは、ただその中に含まれている塩気や鉄精にばかり頼らず、適当な運動をするからである」(「熱海風土記」―梅園記より)と唱えたことから造られたとされる庭園。
美しく整えられた園内は、湯治に訪れた人々の憩いの場として愛され続けてきました。
ここは、熱海が保養地として栄えてきた歴史を知ることができる場所でもあるのです。

熱海梅園の梅林は、早咲き・遅咲き様々な種類の梅があることで知られており、11月下旬頃から第一号の梅が咲き始めます。
広大な敷地の中には、樹齢100年を超えるとされる古木を筆頭に59品種・472本の梅の木が。
毎年、1月中旬~3月上旬頃、梅の開花時期に合わせて梅まつりが行われ、春を待ちわびる多くの観光客で賑わいます。
園内には熱海の梅を愛した文人歌人たちの石碑が数多くあり、刻まれた歌を詠みながら歩くのもまた一興です。

また、熱海梅園には紅葉樹が約380本も植えられていて、遅い紅葉が楽しめる場所としても知られています。
新緑の時期、紅葉の時期も、カメラ片手に散策を楽しむ人々の姿が絶えることはありません。

熱海温泉の歴史的スポット(9)「起雲閣」

熱海温泉の歴史的スポット(9)「起雲閣」

image by PIXTA / 31682199

明治から大正にかけて、熱海は多くの政治家や著名人たちの保養の地として栄えていきました。
そのため、市内には彼らの別荘や邸宅が数多く建てられ、そのうちのいくつかが今も大切に保全され残されています。
そのうちのひとつ、起雲閣(きうんかく)は、現在では熱海市指定有形文化財に指定され、見学可能。
日本の近代建築の特徴を随所に備えた邸宅は必見です。

1919年(大正8年)に建てられ、もともとは実業家や政治家たちの別荘として使われていましたが、何度か所有者が変わり、一時期は旅館として営業もしていました。
2000年に入ってからは、熱海市が管理する観光施設となっています。

また、映画やドラマのロケ地となったこともあり、日本の古き良き時代を映し出す場所としても活躍。
比較的市街地に近い場所にあるにも関わらず、敷地内は緑豊かで、大正時代にタイムスリップしたかのような感覚に。
建物内に入ると、今では貴重なガラス板を使った天井からの採光が美しく、和風の建築に暖炉やローマ風呂などを組み合わせたモダンな雰囲気に。
足しげく通った文人たちとのエピソードも数多く紹介されていて、見どころ満載です。

文人たちに愛された温泉「熱海」

♪熱海の海岸散歩する、貫一お宮の二人連れ~♪熱海と言えば尾崎紅葉の小説「金色夜叉」を思い浮かべる人も多いでしょう。
市街地を抜けて海沿いに出ると、国道沿いに寛一に足蹴にされるお宮の像が立っていて、多くの観光客で賑わっています。
海岸沿いは日差しが温かく一年を通して穏やかで温暖。
熱海が多くの文人たちに愛され、数々の文学作品の舞台として描かれてきたことも頷けます。
長い歳月を経て、今なお変化を続ける町、熱海。
豊かなお湯と歴史に触れに、是非お出かけください!
photo by PIXTA