208もの島々からできている九十九島で幸せのシンボルのウミガメを見よう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: yuri

出身地は福岡です。現在も福岡県に住んでいて、二児の母です。 福岡県を中心とした九州の様々な観光スポットに、家族四人で出かけては遊び倒しています。子供がまだ小さいので、子供でも退屈せず、興味を持てたり、思いっきり遊べたりする場所を探し出すのが、今の楽しみです。

九十九島のキラキラした自然ば見ちゃらんねー!

九十九島は、多数の島からなる絶景スポット。四季折々の楽しみ方ができますし、遊覧船で船の中から海を眺めることもできます。水族館で、イルカショーを楽しむのもオススメです。

絶景の九十九島

九十九島は九十九という数字が入っているように、無数の小島があります。その小島のほとんどは無人島であり、豊かな自然が残されています。

海と無数の小島の美しい景色

九十九島は、つくもじまと呼びます。佐世保港から北の海域を眺めると、そこに数多くの小島が見えるのですが、それが九十九島。全部で208の島がありますが、現在人が暮らしているのはわずか4島だけで、他の島は無人島となっています。また、九十九島には楽しい体験ができる施設があります。九十九島パールシーリゾートでは、水族館の海きららを楽しんだり、遊覧船を利用して島を巡ったりすることができます。

PRキャラクター ブツブツくんとブツブツちゃん

一目見たらなかなか忘れられない、かなりインパクトがあるPRキャラクター。その名は、ブツブツくんとブツブツちゃんです。こちらは、九十九島の様々な生き物や植物などを多くの方に知って欲しいという願いから誕生したものです。遊覧船の乗り場には、顔ハメパネルがありますので、足を運んだ際は記念写真を一枚撮ってみてはいかがでしょうか。

2種類から選べる遊覧船で九十九島を堪能

美しい九十九島の眺めは、船から見ればまた違った感動を味わることができます。是非、遊覧船にも乗ってみてください。

遊覧船は二種類から選べる

船長さんの高い技術により九十九島の入り組んだ海岸線を進む船。その素晴らしい技術に、きっと感動することでしょう。ここでは、2種類の遊覧船が用意されていますので、お好きな方を選んで試してみてください。ただし、出航時間が違いますので、そこは注意が必要です。また、みらいは、日によって運航をお休みすることもありますので、予め確認しておくことをオススメします。料金は、どちらも同じとなっています。

九十九島遊覧船パールクイーン

九十九島遊覧船パールクイーンは、木目調の装飾が特徴的で、全体的に優雅な印象が感じられる船です。海の女王がイメージされた白い船体で、落ち着いた雰囲気があります。デートで利用する方は、こちらを利用するのも良いでしょう。素敵な時間を二人で過ごせそうです。

海賊遊覧船みらい

海賊遊覧船みらいは、海賊ハットをモチーフとした船、赤を基調としており、見ているだけでワクワクしてきそうな遊覧船です。客室が広めになっていますので、お子さんと一緒に楽しみたい方にもオススメです。船内には、海賊たちの人形もありますので、きっと子どもたちも喜んでくれることでしょう。

海賊遊覧船みらいには、未来に向かって海を走るといった素敵な意味が、込められているのだとか。この意味を知ると、益々子どもたちと乗りたくなる方も多いのではないでしょうか。

海きららでかわいい魚たちに癒されよう

海きららでは、海洋生物たちをたくさん見ることができます。ゆったりと泳ぐウミガメや可愛らしいイルカなどは見ているだけでも癒されます。

魅力たっぷりの水族館海 きらら

遊覧船乗り場のすぐそばに、海きらら水族館があります。あまり大きな施設はないのですが、たくさんの海洋生物が展示されていて、キラキラした世界観が楽しめるようになっています。九十九島の海が上手に再現されている、地域密着型水族館。きっと、お子さんにも良い刺激となってくれることでしょう。

迫力あるウミガメ

ここでは、アオウミガメが3頭展示されています。小さめの水槽の中で泳いでいるので、より近く感じることができるのもメリット。迫力あるウミガメを見ることができます。あまりウミガメに興味がない方であっても、ここに来たら是非見学することをオススメします。ウミガメは、幸せのシンボル。何か良いことがあるかもしれません。

圧巻の九十九島湾大水槽

ここには、日本でも珍しい屋外型大水槽があります。九十九島湾が再現されていて、その様子を手軽に感じることができます。屋外から見下ろすことができますし、屋内から見ることも可能。屋内から大水槽を見ると、そこはまるで、異空間。光が抑えられている屋内に、キラキラと光を反射しながら泳ぎ回る海の生物たちの姿は、とても美しく感動的です。是非、素敵な一枚を撮影してみてください。

美しいグリーンの世界

こちらの水槽の特徴は、エメラルドグリーンに光って見えることです。それが、ブルーの水槽とはまた違った美しさを見せてくれます。どこか幻想的で神秘的。また、見る角度によって色が異なるのも魅力です。

可愛らしいイルカの遊泳

ここでも可愛らしいハンドウイルカを2頭見ることができます。2頭で仲良く泳ぐ姿は、とても微笑ましく可愛らしいです。屋内からイルカプールを見ることもできますので、イルカショーの際にここから水中のイルカの様子を見てみるのもオススメです。

見逃せないイルカショー

イルカショーは必見です。楽しい調教師の掛け合いも、お楽しみ。お客さんを巻き込んで進められる、参加型のプログラムになっています。お客さんに指示を出させることもありますし、クイズを出したりすることもありますので、子どもたちにもとても人気です。

また、どの席も水で濡れてしまうようなショーが行われますが、水しぶきを防ぐためのシートが用意されていますので安心して楽しむことができます。他にも、立ち見できる場所もありますし、室内のテラスからショーを見ることもできますので、そちらを利用するのも良いでしょう。イルカの体調などの理由によって、ショーがお休みになることもあります。

お土産も忘れずに

水族館に足を運んだら、やっぱり水族館ならではのお土産も購入したいところ。パールシーリゾート自体にもお土産ショップがありますますが、海きららには水族館をテーマにしたお土産もありますので、記念に購入してみてはいかがでしょうか。品数も豊富です。大きなぬぐるみもありますし、お菓子なども販売されています。

パールシーリゾート内でランチ

いわゆるご当地バーガーが各地で注目されていますが、ここでは佐世保バーガーを食べるのがオススメです。米軍由来のバーガーで、とってもジューシー。そしてボリューミーです。素晴らしい九十九島の絶景を眺めながら味わう佐世保バーガーは、また格別。おなかを満たしたら、隣にあるお土産ショップに行くのもオススメです。

九十九島へのアクセス

車でのアクセス

佐世保中央ICから車で7分です。リゾート内には、多数駐車場が用意されていますが、駐車場によって無料で利用できる時間帯が異なりますので、予め確認しておくことをオススメします。

電車でのアクセス

JR佐世保駅から佐世保市営バスの路線バスで、およそ25分。有料シャトルバスで、およそ18分です。

住所|〒858-0922 長崎県佐世保市鹿子前町1008番地
営業時間|9:00~6:00(3月~10月)9:00~5:00(11月~2月)最終入館はいずれも30分前まで
定休日|年中無休
電話|0956-28-4187
公式サイトはこちら

まとめ

208からの島々からなる、九十九島。その眺めは大変美しく、見ている人を感動させてくれます。遊覧船でのんびり絶景を楽しんだり、水族館などで幻想的な時間を過ごしたりと、色々な魅力があるスポットです。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ