増田の内蔵でノスタルジックな蔵見学を楽しむ

この記事の情報提供者

秋田在住トラベルパートナー

秋田県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

増田の蔵どご見にきてたんせ。すんげとこだどー!

秋田県の豪雪地帯、横手市増田長は葉タバコや繭などの県内最大の産地でした。そのことから江戸時代~明治織には多くの商人が移住し、母屋の奥に鞘で囲った土蔵を建てて生活をしていたといいます。秋田県横手市は「かまくら」で有名なほど、国内屈指の豪雪地帯でもあります。雪から保護するために鞘で囲った土蔵を、この地方では「内蔵(うちくら)」と呼んでいます。

家の中に蔵がある!一風変わった蔵町「増田」

外観は一見普通の家のようにしか見えませんが、中に入ると立派な蔵が建っているのが特徴的な増田の内蔵。増田の街の歴史と内蔵が出来たきっかけについて探っていきましょう。

内蔵とは?

内蔵とは、母屋で覆われた蔵のことです。通常は母屋の外に蔵を作りますが、増田にある蔵は母屋の中に作られているのが特徴的です。そのため、外観からは一見普通の家のようにしか見えないのですが、中に入っていくと立派な蔵が建っているので、ほとんどの人は驚きます。

内蔵は雪がたくさん積もってしまう雪深い土地ならではの文化と言われており、雪が積もっている外まで荷物を取りに行くのが大変なため生まれた文化だそうです。そんな内蔵はもし火事があっても大丈夫なように、厚い壁と扉でできており、この地域の人々は大切な家財を内蔵に保管していました。

増田の蔵通り「くらしっくロード」

増田の中心部にある中・七日町商店街は、くらしっくロードと呼ばれ人々に親しまれています。商店街はなんと400mにもわたり、約50件もの蔵が建ち並んでいてまさに圧巻の景色です。蔵だけでなく、ちょっと一息つけるようなカフェや観光案内所なども充実しています。

増田の内蔵を見学しよう

蔵の内部を有料で公開している家が多いです。せっかく増田に来たなら増田の内蔵を内部から見学して堪能しましょう。蔵の作りを見るほかにも長い歴史を感じられる家具や反物、雑貨など、数多くの展示品を見ることも出来ますよ。

蔵の内部も見学できる

増田の内蔵は蔵の内部を有料で公開している家がたくさんあるため、ぜひ一度見学してみてほしいです。料金は家によって異なりますが、だいたい説明つきでも数百円程度でした。

蔵の見学は予約不要なうえ、どの家でも見学料に見合わないほどの丁寧な説明をしてくれます。増田の蔵町を堪能するのなら、ぜひ内部の見学もしてみてください。

昔懐かしいレトロ雑貨も展示

内蔵を持つ各家には、蔵の他にも長い歴史を感じられる家具や反物、雑貨などが数多く展示されています。増田がまだ産業の要として栄えていたころの栄華を象徴するかのような豪華絢爛な品々や、年配の方なら懐かしいと思わずテンションが上がってしまうようなレトロな小物まで、展示品は家によって様々です。

マップをみながら町を歩こう

増田のくらしっくロードは、読んでいるだけでも楽しくなるような素敵なガイドマップを発行しています。商店街のあちこちにおいてあるので、是非手に取っていただきたいです。

このマップを見ながら街を回ると、普通に観光していたら知らずに終わっていたような面白い情報と一緒に楽しめるので、より増田の街を楽しむことができます。

増田くらしっくろーどでおすすめの蔵

増田くらしっくろーどの周辺には国登録有形文化財に指定されている蔵や皇太子さまもいらっしゃったことがある蔵など、魅力的な蔵がたくさんあります。

佐藤三十郎家

増田の佐藤三十郎家は、外観は普通の事務所のような見た目をしていますが、中に入っていくと立派な蔵があって驚きました。

こちらも内部を見学してみたのですが、当主の方が建物の造りや、増田の街の歴史について懇切丁寧に説明してくださいました。こちらの蔵は当時の当主の自室としての役割も兼ね備えていたそうで、蔵の中に珍しい茶室が設えられています。

佐藤又六家

こちらの佐藤又六家は、2014年に皇太子さまもいらっしゃったことがある場所です。内部を見学すると、皇太子さまがいらっしゃった際の貴重なエピソードなども交えながら、当主の方がにこやかに案内しながら解説してくれました。

二階の欄干からは増田の蔵通りが眺望でき、時を忘れて当時の街の賑わいに想いを馳せることができます。

旧村田薬局

増田最古の薬屋さん旧村田薬局は、昔の薬や資料、医療器具などとても珍しいものが展示されているちょっとした薬の博物館です。昔懐かしい薬や、こんなものを使っていたの?と驚くような古い医療器具など、見ていて面白いさまざまなものが展示されています。

当時は劇薬を保管していたという地下室や、珍しい薬の調合室なども見学することができます。

旧石田理吉家

旧石田理吉家は珍しい木造三階建ての家です。もともとは醸造業をしていた家で、戦後は医者として開業もしていたといいます。現在はだれも住んでおらず、建物は市の所有物となっています。

見学をする際は、市のボランティアの方が案内してくれます。蔵だけでなく和洋折衷の豪華な客間や、三階からみられる風情ある景色など見所もいっぱいです。

くらしっくロードを散策しよう

くらしっくロードの周りでは、昔懐かしいレトロな商店街にノスタルジックな風景が広がっています。定期的朝市や骨董市のイベントが介されるなど、蔵町ならではの景色を堪能してください。

昔懐かしいレトロな商店街

昔懐かしいレトロ感漂うくらしっくロードには、蔵の他に茶屋、雑貨屋、酒屋、カフェなど様々なお店が建ち並びます。お土産を探しながら散策するのもとても楽しめるのでおすすめです。ソフトクリームなど散策しながら食べ歩けるものがあちらこちらで売っているので、ゆったりと食べ歩きも楽しめます。

ノスタルジックな風景

くらしっくロードの家と家の間にある水路がある風景は、どこか昔懐かしい印象を受けます。他にも蔵町ならではのノスタルジックな風景が多く、とてもフォトジェニック。スマホやカメラを用意して、ぜひお気に入りの景色を見つけてみてください。

朝市と骨董市

増田では朝市や骨董市といったイベントも定期的に開催されています。骨董市では蔵町ならではの思わぬ掘り出し物が見つかったりもするので、探検感覚で参加してみるのもおすすめです。地元の方々もたくさん参加しており、みなさん気さくなので交流するのも楽しいです。

増田のおしゃれカフェを巡ろう

増田の街を散策して疲れた時にはおしゃれカフェでひとやすみ。蔵をリノベーションして作られたカフェは内装もお洒落で落ち着いていて癒されます。地元民からの人気も高いお店は要チェックですよ。

NS.coffee stand

こちらは蔵をリノベーションして作られたとっても居心地の良いカフェです。特に自家焙煎されているコーヒーが絶品。ランチタイムにいければ、ランチを楽しむこともできます。もちろんスイーツもとてもおいしいです。先進的でおしゃれなカフェとして地元民からの人気も高いので、期待値も高いです。

住所|〒019-0701 秋田県横手市増田町増田字中町74
営業時間|AM10:00 – PM4:00
定休日|不定休
電話|0182-23-9201
公式サイトはこちら

蔵カフェ真山

こちらの蔵カフェ真山は、店内にいろいろなマグカップが飾ってあり、頼んだドリンクを好きなマグカップに入れてもらえる面白いカフェです。内装もとてもおしゃれで、落ち着いた雰囲気で癒されます。なかでも、増田産のりんごを使用したアップルパイは絶品!訪れた時は是非注文してみてください。

住所|〒019-0701 秋田県横手市増田町増田字上町98-1
営業時間|AM11:30 – PM4:30
定休日|不定休
電話|0182-45-2414
公式サイトはこちら

増田の内蔵へのアクセス

車でのアクセス

増田の内蔵へ車で行く際は、秋田自動車道横手ICを経由し、湯沢横手道路十文字ICから約15分で到着します。くらしっくロードには無料駐車場が2か所あり、増田の街並み案内所「ほたる」横と増田観光物産センター蔵の駅横にあります。

電車・バスでのアクセス

電車・バスを利用していく場合は、JR十文字駅から路線バスを利用できます。増田の内蔵の最寄りのバス停は増田中町というところです。

住所|〒019-0701 秋田県横手市増田町増田字上町53番地(増田の町並み案内所「ほたる」)
営業時間|施設による
定休日|施設による
電話|0182-23-6331(増田の町並み案内所「ほたる」)
公式サイトはこちら
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ