元乃隅神社で赤と青のコントラストに魅せられて

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Ray

出身地は神奈川県。得意なエリアは山口県で山口県をメインで書いていきますが、神奈川県、今後留学予定のオーストラリアもメインにしていけたらいいなと考えています。 海や山など自然が大好きで自然を満喫する旅、趣味のダイビングができる旅を好んでいます。また、食べることも大好きなので、美味しいものを見つけることも好きです。

おいでませ、ぶち美しい元乃隅神社へ!

インスタ映えする写真が話題を集める中、山口県長門市にも絶景を写真に収められる観光スポットがあります。ここ元乃隅神社は鮮やかな赤が眩しい鳥居に、青々とした海のコントラストが美しいと話題です。日本全国を探してもここでしか見ることができない光景は、一見の価値あり。

長門市が誇る元乃隅神社へようこそ

山口県長門市にある元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)からは、立ち並ぶ赤い鳥居が美しいと有名な神社。また、神社は海を臨む位置にあるため、建ち並んだ鳥居の赤と海の青がコントラストがとても美しいです。さまざまな神様が祀られており、色々な目的の人が参拝に訪れる地域の人々からの信仰も厚い神社です。

大迫力の鳥居に圧巻

元乃隅神社といえば鳥居の美しさ。鮮やかな赤色の鳥居は、周囲の景色と対比し、とても美しいものとなっています。

海に向かってのびる鳥居

元乃隅神社の一番の見どころは、何と言っても鮮やかな色が美しい鳥居です。123もの鳥居が立ち並んでいる姿は圧巻で、ぜひとも写真に収めたい光景。オススメのポイントは鳥居のスタート地点である高台。ここから海側に向かって写真を撮ると、絶景を収めることができます。美しい鳥居がズラリと立ち並ぶ場所ですが、階段が急な部分もあるので足元に気をつけて歩きましょう。

赤と青のコントラストが美しい

鳥居のスタート地点から収めた写真がこちら。目に鮮やかな鳥居の赤と、広大な海の青を合わせた美しい写真が撮れます。SNSでも話題を集めること間違いなしの美しい1枚を、自分の手で写真に収めてみてくださいね。

反対から見れば違うコントラストが

反対に、立ち並ぶ鳥居を降り切った場所から撮影した1枚がこちら。先ほどは海の青と鳥居のコントラストでしたが、こちら側から写せば空の青と鳥居の赤の美しい対比が楽しめます。晴天時に訪れることができれば、ぜひとも写真に収めたいアングルです。また、目の前にある鳥居の迫力も見逃せません。

ロマンティックモードの夕暮れ

日没時になると、昼間とは違った美しさを堪能することができます。青と赤の対比に加えて、橙が広がる夕暮れの光景は幻想的で非常に美しい景色です。この場所からだと水平線を遮るもののない壮大な海の景色を臨むことができ、他の場所では決して見ることのできない素晴らしい夕日体験となること間違いありません。

日本一困難なお賽銭入れ

元乃隅神社の訪れたら、お賽銭を入れるのに苦労するという面白さを体験できます。頑張った末にお賽銭を入れることができたら、その分ご利益も高くなりそうです。

鳥居の上にお賽銭箱

元乃隅神社にはユニークな点があります。それは、お賽銭を入れるのが日本一難しいお賽銭箱であるということ。お賽銭箱が鳥居の高い位置に取り付けられているため、お賽銭を投げ入れるようにしなければいけません。この難易度からお賽銭が入ると願いが叶うとも言われており、参拝時にはぜひともチャレンジしたいものです。

涙と根性のお賽銭入れ

元乃隅神社のお賽銭箱の位置は、女性の平均身長の3倍ほどの高さです。背の高い男性でこそすぐに入れられる人も少なくないようですが、女性や子供には難しいもの。ジャンプしながら何度も何度も繰り返しチャレンジする姿を見ることも少なくありません。この独特なお賽銭箱だけでなく、そういった参拝客の姿もユニークな見どころの一つと言えるでしょう。

鳥居を抜けるとむき出しの岩場

景観の良い元乃隅神社。鳥居を過ぎた先には岩場があり、その先には潮の吹きだしを見ることができます。自然溢れる元乃隅神社ならではのスポットをお見逃しなく。

長い鳥居の下は岩の上

鳥居を一番下まで降り切ると岩場に出ます。むき出しの岩肌で足元が悪いので、できればスニーカーなど歩きやすい履物を着用し、歩くときは足元に注意しましょう。風が強く吹くこともあるので、天候によってはさらに注意が必要です。

もう一つの観光スポット龍宮の潮吹き

さらに先まで進み、断崖絶壁のところまで行くと龍宮の潮吹きスポットがあります。元乃隅神社の外からでも眺めることができるので、近くに立ち寄ったらぜひチェックしてみましょう。タイミングさえ合えば、岩穴から潮が吹きだす面白い光景を見ることができます。

住所|〒759-4712 山口県長門市油谷津黄498
営業時間|なし(元乃隅稲成神社内で見るなら日の入りから日没)
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

休みの日は渋滞必至の人気スポット

近年、日本人のみならず外国人からも観光スポットとしての人気が高まっており、休日は混雑するようになりました。長期休暇の期間は特に人が多く、駐車場に入るのに1時間半以上待たねばならないことも。駐車場は元乃隅神社の目の前にある第一駐車場と、5~10分ほど歩いた場所にある第二駐車場があります。

少し離れた場所にある第二駐車場の方が一見空いていそうに思えますが、第二駐車場は第一駐車場に比べて狭いので、どちらが混雑しているかは運次第です。また、神社へ続く道はとても細く車が2台すれ違うのもギリギリなほどで、途中で引き返すこともできません。車で訪れるときには慎重に運転するようにしましょう。

元乃隅神社と一緒にアクセスしたい人気スポット

元乃隅神社周辺には、魅力あふれるスポットがたくさんあります。美しい自然に触れたり、美味しいスイーツを味わうことができます。

ピクニックにも最適な千畳敷

元乃隅神社に来たら併せて立ち寄りたい観光スポットの一つが、車で15分もかからない場所にある千畳敷です。美しい丘の上から雄大な海の光景が楽しめるスポットでありながら、子供用の遊具などもあって家族連れにもおすすめ。シートやお弁当を持参してピクニックをするのにもぴったりの場所ですが、風が強いことが多いので風を上手く避けられる場所を見つける必要があります。

住所|〒759-4402 山口県長門市日置中1138-1(中国自動車動『美祢IC』から車で約60分・JR長門古市駅からタクシーで約10分)
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

真っ青な海が魅力

基本的に山口県の山陰側の海はエメラルドグリーン色をしていることが多いですが、千畳敷からは不思議なほどに真っ青な海を眺めることができます。同じ海でも、見る場所によって違った表情を見せてくれる海のロマンを感じる光景です。

必食スイーツのわっふる

長門市に来たら立ち寄りたい必見のグルメスポットが、湯元温泉街にある冨吉幸進堂です。コンビニのようなお店ですが、レジ横にて扱っている和菓子が美味しいことで評判を得ています。人気商品のわっふるは、ふわふわの生地の中に小豆とカスタードが入っており大満足の一品です。リピーター続出の黒糖ロールもおすすめなので、ぜひ併せてゲットしましょう。

住所|〒759-4103 山口県長門市深川湯本門前1031-2(JR長門湯本駅から徒歩5分
営業時間|AM7:30-PM19:00
定休日|月2回不定休
電話|083-725-3971
公式サイトはこちら

やっぱり外せない絶景スポットの角島

山口県でも特に高い人気を誇る角島は、最寄駅であるJR特牛駅からバスで約25分。元乃隅神社からは車で40分ほどの場所にあります。澄んだ空とエメラルドグリーンに輝く海、そして瑞々しい緑の自然が鮮やかで、特に夏の風景は息を飲むほどの美しさ。橋を渡る手前にある丘の上からは、特に美しい絶景を写真に収めることができます。

角島は夜になると満点の星が眺められるスポットとしても高い人気を得ています。角島灯台の下から見ると、灯台からの明かりが時折星明りを遮るように夜空を照らし、その切れ間から覗く星空がさらに幻想的。元乃隅神社や千畳敷に訪れたら、夜景を見るために立ち寄りたいスポットです。

住所| 山口県下関市豊北町大字角島(中国自動車道『美祢IC』から車で約60分・中国自動車道『下関IC』から車で約60分)
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

元乃隅神社へのアクセス

車でのアクセス

中国自動車道 美祢I.Cより約60分。カーナビを利用する場合、元乃隅神社と入力しても行先が出ないケースもあります。その場合は龍宮の潮吹き、またはそばにある食事処の名前である汐風と入力すると目的地までの案内をしてくれます。駐車場は116台分で有料です。

電車でのアクセス

最寄駅はJR山陰本線長門古市駅か人丸駅です。どちらの駅からもタクシーで約20分。バスなどの交通機関がないため、電車を利用する場合は事前にタクシーを手配しておくと確実でスムーズです。

住所|〒759-4712 山口県長門市油谷津黄498
営業時間|日の入りから日没まで
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

まとめ

元乃隅神社は、真っ赤な鳥居と真っ青な海という鮮やかなコントラストが美しい絶景を持つおすすめの観光スポット。日本国内に数ある寺社の中でも、間違いなくここでしか見ることができない光景が魅力です。また、車で移動できる範囲には他の絶景鑑賞スポットも複数あり、併せて訪れることもできます。元乃隅神社を中心に、山口県の美しい光景を巡ってみてはいかがでしょうか。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ
-->