やちむんの里は自然に囲まれたアートな空間。お気入りの器を探そう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

おしゃれなやちむん探すならここさぁ

沖縄の伝統的な陶器、やちむん。本当中心部には、その窯元の集まるやちむんの里があります。窯元は身近で見学できるほか、他では買えない商品を扱う直売所やギャラリー、カフェなど、陶器好きだけでなく、楽しめるスポットです。

焼き物の里、やちむんの里へ行ってみよう

やちむんの里はのどかな場所にある

沖縄本島中部に位置し、自然に囲まれたやちむんの里は、沖縄の伝統的な焼き物、やちむんを作る工房が集まっています。登り窯はそんなやちむんの里のシンボル的存在で陶芸ファンに限らず人気のエリアで、沖縄ならではのお土産を買いに来る観光客も多く訪れます。観光ついでに寄るよりも、計画をしっかりと立ててじっくりと楽しみたい場所です。

やむちんとは沖縄の伝統的な焼物のこと

やちむんとは沖縄で古くから行われる伝統的な焼物で、その独特の風合いは、使うほどに味わいが増してきます。直売所では数多くのやちむんを取り揃え、じっくりと選ぶことが可能。またリーズナブルな価格帯の焼物も多く、気軽に買い求めることができるのもうれしいです。購入した器などは配送してもらえるので、安心です。

お気に入りのやむちんをじっくり探そう

読谷山焼共同売店で沖縄らしい器をゲットしよう

読谷山焼共同売店では、4つのやちむん工房の作品を販売しています。沖縄らしい作品が数多く並んでいます。沖縄らしいしっかりした作品が多く、価格帯はやや高め。お気に入りの1枚を探すなら、ぜひ訪れてチェックしましょう。

読谷山窯北窯で普段使いの器を探そう

読谷山窯北窯はやちむんでもっとも人気のある工房として知られています。4つの窯元の器を販売しており、豊富な種類の作品が販売。古典的な柄からアートのような柄まで多彩なラインナップで、普段づかいできる器から沖縄土産として買い求めるお客さんも多くいます。

大嶺公房で会える美しい沖縄の海の青

やちむんの第一人者である大嶺さんをはじめ、4人の作品を販売しているお店です。代表作はペルシャブルーの器で、これを目当てにわざわざ訪れるお客さんも多くいます。ペルシャブルーの器はシーサー等の置物から普段遣いできるお茶碗など多彩なラインナップ。人とは違ったこだわりの器や食器をお求めなら、ぜひ立ち寄ってみてください。

ギャラリーうつわ家

こちらの島袋常秀さんのギャラリーでは、現代テイストを取り入れた作風の器が人気。店内にも目移りしてしまうほどの商品が置かれていますが、家の縁側や庭にもたくさん展示されています。普段遣いできるおしゃれな器が多くかわいい作品も多いお店です。

やちむんの里で気を付けること

やちむんの里は職人の作業場です。仕事に集中している職人さんに、むやみに話しかけないようにしてください。また陶器を扱っているので、当たってしまうと割れて危険なものもあります。家族連れで見学する際は注意が必要。

敷地内は自販機やトイレなどが少ないため事前に確認しておくことをおすすめします。敷地は広く、日差しが強くなるエリアなので、散策には帽子などを日よけを、靴は歩きやすいものでいきましょう。営業時間が短く、夕方に閉まってしまうお店やクレジットカードが使えない場合もあるので注意。

カフェでほっこりしよう

ギャラリー森の茶屋

金城氏のギャラリーに併設されたカフェでは、お茶を楽しみながら作品を見ることができます。沖縄ぜんざいがおいしいと評判で、店員さんも明るく店全体の雰囲気がいいカフェ。クリームぜんざいやホットぜんざいなどの種類も選べ自家製のぜんざいはぜひとも食べて欲しい一品。

ユニークでおしゃれな器が揃う

使用している器は、どれもやちむん。実際に使いごこちやシーンを確かめられます。ストローを入れるために工夫された器は独特のフォルムがかわいらしいですね。見た目からはわかりませんが、コーヒーが入っています。

住所|〒904-0301 沖縄県読谷村字座喜味2653-1
営業時間|AM12:00-PM19:00
定休日|正月と旧盆
電話|098-958-0800
公式サイトはこちら

やちむん好きの方におすすめのギャラリー&カフェ

tou cafe and gallery

こちらはやちむんの里からは車で10分ほど入った住宅地にある北窯の陶工、松田さんのギャラリー併設カフェ。美術館のような独創的な外観が特徴です。作品を鑑賞しながらカフェでゆったりした時間を楽しむことができます。展示のほかに松田氏についての紹介や陶芸家たちのドキュメンタリー映画も上映されています。

やちむんの器を使った料理を味わえる

ポークカレーやタンドリーチキンなどカレーをメインとしたメニューが充実しています。なかでもオススメは具材の大きなポークカレー。はちみつやりんごが入った甘口なので子供でも安心です。ワンプレートになっていて、サラダやドリンクが付いたセットが定番メニューです。料理の盛り付けとケンカせず引き立てているやちむんの器もみどころです。

プチギフトにもおすすめな焼き菓子

カフェ内では焼き菓子やかわいいピアスなどのアクセサリーも販売しており、お土産にオススメです。焼き菓子のメニューは様々で、毎日違うラインナップが用意されているので、行った時にぜひチェックしてみてください。日曜日が定休日で土曜日は混雑する時間帯もあります。ゆったりしたい方は平日または開店後すぐの時間がねらい目です。

住所|〒904-0303 沖縄県中頭郡読谷村字伊良皆578
営業時間|AM11:00-PM18:00
定休日|毎週日曜日・月曜日
電話|098-953-0925
公式サイトはこちら

陶芸体験もできるカフェも

やちむん&カフェ群青

やちむんの里から近い場所にあるギャラリー兼カフェで、沖縄らしい魚や植物などをモチーフにした作品が多く展示されています。お店に前には駐車場もあるので、車で来たという人も安心して立ち寄れます。1階はギャラリー、2階がカフェスペース。工房では人気の陶芸体験ができます。工房体験は電話やネットから予約してください。

石窯で焼く焼きたてのピザが最高に美味しい

このカフェのおすすめは窯焼きピザです。シーサーの顔をした形の窯で焼き上げる焼きたてのピザはマルゲリータや島野菜を使ったヘルシーなピザまで種類も豊富。やちむんのおしゃれな器で盛られたスイーツは目でも味でも楽しめます。ゴルゴンゾーラと蜂蜜がのったピザにティラミスがおすすめ。2階のカフェからはギャラリー全体を眺めることができ、作品を楽しみながらゆったりと食事が楽しめます。

陶芸体験ができる

目玉は何といっても陶芸体験。シーサーやお皿などの制作や絵付け体験もできます。職人さんが親切に教えてくれるので初心者でも安心です。5歳以上のお子さんだったら体験ができるので、家族みんなで楽しむことができます。夏休みの自由工作や思い出づくりにおすすめです。

住所|〒904-0301 沖縄県中頭郡読谷村座喜味2898-21
営業時間|AM10:00-PM19:00
定休日|毎週水曜日
電話|098-927-9167
公式サイトはこちら

やちむんの里へのアクセス

車での行き方

那覇空港から国道58号線を北上し県道12号線へ、所要時間約1時間ほどです。

バスでの行き方

那覇バスターミナルから20番系統、120番系統の路線バスに乗り親志入口下車、徒歩10分ほどです。

住所|〒904-0301 読谷村字座喜味2653-1
営業時間|店舗によって異なる
定休日|店舗によって異なる
電話|098-982-9216
公式サイトはこちら

まとめ

やちむんは沖縄独特の焼き物のため、お土産としても人気があります。ですが、お土産を買うだけに訪れるのではなくやちむんの里を目的地にするのがおすすめ。身近な大切な人へのお土産も、自分のためのお土産もじっくり選ぶことができます。カフェで実際の使い心地を確かめたり、体験で作ってみるというのもおすすめです。