鳥取砂丘は砂・陸・海・空が全て見れる日本一の砂丘。日本海に沈む夕日を見に行こう

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

遊びに行かいなぁ

日本一広い砂丘が見られる鳥取砂丘。美しい夕日を眺めたり、砂像を楽しんだりすることもできます。風が生み出した風紋を静かに眺めながら、自然のすばらしさを感じる時間も良いものです。グルメも楽しむことができる、家族みんなで足を運びたいスポットです。

日本一の砂丘で絶対見ておきたい観光スポット!

鳥取砂丘は言わずと知れた日本一の砂丘。まさに一度は行かないと損なスポットです。その景色に目を奪われがちですが、さまざまな楽しみ方があります。

広大な砂丘

鳥取砂丘は日本最大級の砂丘です。南北2.4km、東西16kmのどこまでも広がる砂丘は、十万年もの長い歳月をかけてゆっくりとできあがりました。国の天然記念物であり、鳥取特別保護地区に指定されています。

特にオススメなのは春から秋にかけてのシーズンです。中でも夏のイカ釣り漁船の灯りが海を彩る風景は、まるでホタルが飛んでいるかのようです。幻想的なその風景の中に身を置けば、心がホッとしてリラックスできます。

住所|〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2164-664
営業時間|PM5:30~PM9:00
定休日|開催期間12月8日~12月24日まで無休
電話|0858-85-0046
公式サイトはこちら

馬の背

砂丘の中でも一番の人気スポットがここです。砂丘の入り口から遠く見えるその姿が、まるで馬の背のよう。高さは、およそ50メートル。サラサラした砂を登ることになりますので、気合を入れて登ってみてください。

砂が足についても足を洗える場所がありますので、素足で挑戦しても大丈夫!砂の感覚を足裏に感じながら歩くのも、なかなか楽しい体験です。

ただし、注意したいこともあります。馬の背に落書きをしてはいけません。5万円以下の過料となるので、気を付けましょう。

砂丘のオアシス

馬の背を登ると、そこにオアシスが出現!これは、海水や雨によってできた水たまりではなく湧き水と言われています。雨の降る量が多ければ1m程の深さになるそうですが、場合によっては枯れてしまうこともあります。

夏の砂丘も大変人気があるのですが、どうしても砂が熱くなってしまうので、注意が必要です。

夕日

砂丘の一番の醍醐味は夕暮れ時を静かに眺める瞬間です。夕日の美しさは、感動的!周りに建物がありませんので、ありのままの海とどこまでも広がる砂丘の中、沈む夕日を観ることができます。それは我を忘れるほどの美しさです。

風紋

砂丘観光で絶対に外せないのが風紋です。人の手をかりず、風の力によって砂の上に描かれるそれは、芸術的かつ神秘的。一番のオススメは早朝タイムです。人が歩く前だと、よりはっきりと風紋を見ることができます。

風紋は、馬の背の海側にできるとされているのですが、ほかにも見える場所がありますので是非探してみてください。

風紋について興味がある方は、詳しく学ぶことができる砂丘ジオパークに足を運んでみましょう。

砂丘でラクダ

馬やポニーに乗る機会はよくありますが、ラクダに乗るチャンスはあまり多くありません。ここに来たら、ラクダに乗って散策してみてはいかがでしょうか。砂丘の入り口あたりにラクダが5、6頭待機していますので、是非挑戦してみてください。有料ですが、きっと良い思い出になってくれることでしょう。

ラクダに乗っておよそ7分間の散策。記念撮影だけでも大丈夫です。雨天など悪天候の場合は中止となります。

住所|〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2164-449
営業時間|AM9:00~PM4:00 (天候により変動有り)
定休日|無休(雨天、強風等中止)
電話|0857-23-1735
公式サイトはこちら

砂丘の馬車

馬車を利用して観光することもできます。馬車で砂丘を一周するには、20分くらい必要になりますが、楽に遊覧できますので多くの方にオススメです。高齢者の方やお子さんと一緒の方も、是非検討してみてください。

馬車は予約が不要ですが、有料になっています。また、天気が悪い時は中止になることもあるので注意が必要です。

住所|〒680-0001 鳥取県鳥取市浜坂1157-1
営業時間|AM9:00~PM5:00(GW、お盆は延長)
定休日|第2水曜日(8月は無休)
電話|0857-24-2811
公式サイトはこちら

圧巻!砂の芸術 世界旅行を旅する気分を味わう

砂の美術館では、緻密で成功な砂像たちが待っています。年ごとにテーマが変わるため何度訪れても新たな感動を味わうことができるのです。

砂の美術館

砂の美術館のコンセプトはずばり世界旅行です。様々な砂像を制作していますがこれまでにイギリスやドイツ、イタリアなども制作しています。

その年によってテーマがありますので、足を運ぶ度に新しい世界を感じることができます。ただし、制作期間中は閉館になってしまうので、という美術館に行きたい方はあらかじめ開催日を確認してから行くようにしてください。

無料の駐車場もあります。台数に限りがありますが、駐車できない時は、砂丘センターに駐車することもできるので安心です。

館内の巨大砂像

館内の巨大砂像は細部まで丁寧に再現されているので、そのクオリティに驚く方も少なくありません。頭髪や服のシワまでよく再現されており、圧倒されること間違いないです!

プロジェクションマッピング

春から秋にかけての砂丘も人気がありますが、クリスマスシーズンも素敵な演出が楽しめます。砂像にプロジェクションマッピングが映し出され、独特の世界を醸し出します。たった3か月だけで作り上げたとは思えないほどの芸術作品となっていますので、是非見学してみてください。

ただし、冬は館内も温度が低くなりますので、寒さ対策は必須です。しっかりと防寒対策をして、ゆっくりと楽しみましょう。

砂像

砂像は館内だけでなく外にも展示されているので、こちらも見て行ってください。ただし、雨が降るとシートをかぶせるので、場合によっては見学できないこともあります。入場料は有料となっていますが、未就学児は無料です。

また、館内へのペットの持ち込みができないほか、禁煙となっていますので注意が必要です。砂像に触れることができませんので、気を付けましょう。

住所|〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
営業時間|AM9:00~PM6:00(平日、日曜日)AM9:00~PM8:00(土曜日)
定休日|期間開催中は無休(制作期間中は閉館)
電話|0857-20-2231
公式サイトはこちら

砂丘のは遊び方が面白い!空中散策

砂丘はたくさんアクティビティができるのも魅力です。パラグライダーができるのも、嬉しいところ。広々した砂丘の上を空中散策する時間は、まさに至福の時です。

今まで経験したことがない方も心配ありません。インストラクターが、丁寧に指導してくれますので、初心者の方も挑戦することができます。コースがいくつか用意されていますので、自分に合ったコースを選んでみてください。

ただ冬は防寒着が必要になります。反対に夏は日焼け止め対策をしっかり行ってから始めましょう。要予約です。

住所|〒680-0001 鳥取県鳥取市浜坂1丁目16-45-2
営業時間|予約受付時間 AM9:00~PM7:00
定休日|不定休
電話|080-1939-6640
公式サイトはこちら

日本海を一望できるリフトで心地よい風を感じる

砂丘の楽しみ方は色々あります。砂丘センターから、砂丘の入り口まで続くリフトにも是非乗ってみてください。リフトから見える日本海は格別です。二人乗りですから、カップルで楽しんだり、親子で楽しんだりするのもオススメ。有料ですが、写真撮影も可能です。

砂丘センターは、お土産を買いたい方に嬉しい場所でもあります。特産品である砂丘ラッキョや梨も人気がありますし、他にも様々なお土産が揃っています。無料で利用できる500台の駐車場もありますので、車での移動も便利です。

住所|〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083
営業時間|AM8:30~PM5:00
定休日|無休
電話|0857-22-2111
公式サイトはこちら

足をのばして海の幸豊富な海鮮市場へ

鳥取砂丘から車やタクシーを使えば時間もかからずに海鮮市場へ行くことができます。海鮮を買って帰っておうちで楽しんだり、お店で楽しんでいったりしても良いです。

海鮮市場「かろいち」

砂丘に行く時は是非美味しい日本海の味も楽しみましょう。鳥取砂丘から15分程度車を走らせれば賀露市場があり、美味しい海鮮を楽しむこともできます。

ここでは水産業者もあり、カニが解禁になると観光客の注目のスポットとなります。鳥取特産品である、とうふちくわも楽しみ。また鳥取港も近いので、釣りファンにはこちらもオススメです。

賀露市場のグルメ

賀露市場はグルメを楽しみたい方に嬉しいスポットです。お寿司や海鮮丼なども食べることができますし、特産品のピンクカレーや鳥取カレーも楽しむことができます。是非寄ってみてください。中には、スタバ珈琲ならぬすなば珈琲も!

夏になると、海水浴場も賑わいも見せます。無料で利用できる150台の駐車場があるのも嬉しいところ。市場と海水浴場は隣接していますので、車の運転は注意が必要です。

住所|〒680-0908 鳥取県鳥取市賀露町西3丁目27-1
営業時間|AM9:00~PM5:00
定休日|年中無休(元旦休み)
電話|0857-38-8866
公式サイトはこちら

鳥取砂丘へのアクセス

路線バスでの行き方


まずはJR鳥取駅で下車してください。そこから路線バスを使います。鳥取砂丘へ行ける路線がいくつかあります。

・砂丘線
・ゆめぐりエキスプレス
・岩井線
・ループ麒麟獅子号

この内、もっとも使いやすいのは砂丘線です。ループ麒麟獅子号は週末のみの運行となっています。

自動車での行き方


鳥取県へ入れるルートは複数あります。どの方面から向かうのかを考慮して参考にしてください。
・岡山方面から
国道53号線より、29号線で鳥取砂丘方面へ

・大阪方面から
中国自動車道経由で佐用JCTより、鳥取自動車道で鳥取IC降 車、国道29号線

・広島方面から
中国自動車道経由で佐用JCTより、鳥取自動車道で鳥取IC降車、国道29号線、
もしくは中国自動車道津山IC降車、国道53号線で鳥取方面へ

飛行機での行き方


鳥取砂丘コナン空港へ降りたら砂丘行きのバスが出ているのでそれに乗ってください。鳥取砂丘コナン空港周遊バスと鳥取港経由砂丘会館へのバスが出ています。ただしこの路線は土日祝日のみの運行です。平日に訪れる場合は一度JR鳥取駅へバスで向かい、そこから砂丘行きの路線に乗ってください。

まとめ

鳥取砂丘は、美しい風景や夕日を眺めたり、パラグライダーなどのアクティビティを楽しむことができる楽しいスポットです。ラクダに乗ることもできますし、馬車を利用して楽しむことも可能。近くには、海の幸や鳥取グルメを楽しめる場所もあります!