【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選

アジア最古の人類が発見されているジャワ島にも近いバリ島は、古くから人が住んでいたと考えられ「何らかの影響があったのでは?」と推測されており、未だ謎に包まれる魅惑の島といっても過言ではありません。古代からの伝統文化や慣習が息づく、バリ島の遺跡たちに出会ってみたいって思いませんか?今回は、バリ島観光で見られる歴史的スポットをご紹介したいと思います。

#1 巨人が作ったと伝わるバリ島屈指の景勝地!バトゥール湖

巨人が作ったと伝わるバリ島屈指の景勝地!バトゥール湖

image by iStockphoto

バトゥール湖は、アバン山とバトゥール山に挟まれた、三日月形の火山湖です。
この湖の水は各地の田園に水を供給することから、2012年にバリ州の文化的景観のひとつとして世界文化遺産に登録されています。
バリの説話によると、巨人クボ・イオがバリ島の水源となるこの湖を造ったとの伝説が残っています。

また、バリ島の北部からバトゥール湖周辺からは、822年ごろの碑文が見つかりました。
この碑文からは、ジャワ島の世界遺産ボロブドゥール遺跡などの仏教施設を残した、シャイレンドラ朝の影響を受けた様子も伺えます。
東岸には、原住民族のバリ・アガの村があり、風葬や鳥葬が現在も行われることでも有名です。

#2 300年以上の歴史を誇る古都に残る宮殿!クルタ・ゴサ(スマラプラ王宮)

300年以上の歴史を誇る古都に残る宮殿!クルタ・ゴサ(スマラプラ王宮)

image by PIXTA / 10984737

天井一面に描かれたカマサン・スタイルの絵画が有名な、バリ東部で最も重要な文化遺産です。
16世紀に起こったゲルゲル王朝が、18世紀にスマラプラに遷都しクルンクン王朝として栄えた歴史を語っています。
1940年に再建されたバレ・カンパンは、王族の休憩所として使われており、池の中に浮かぶように建てられています。

バリには8つの王朝があり勢力争いをしていました。
オランダの侵攻後は次々と支配されましたが、クルンクン王朝は最後まで抵抗し、1908年に「ププタン(最後の抗戦)」を挑み滅びたという名誉ある地です。
この地を守り続けた王たちを偲び、大切に保存されているクルタ・ゴサに訪れてみませんか?

#3 迫力ある魔女の顔にビックリ!ゴア・ガシャ

多くの謎が噂される、1923年に発見されたミステリアスな古代遺跡です。
象の洞窟という名前を持ち、これは14世紀にオランダ人が発見した時に半壊していたボマ像が、象に見えたからだとか。
魔女のレリーフのある洞窟は1923年に発見されたもの。
内部には、象の形をした神様ガネーシャや3代のリンガが祀られており、ヒンドゥーの3大神のシヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマーを表しています。
沐浴場には女神像などの彫刻もあり、僧侶たちが瞑想や断食をした15の横穴も必見です。

#4 とっても小さな遺跡は荘厳なレリーフ!イエ・プル

とっても小さな遺跡は荘厳なレリーフ!イエ・プル

image by iStockphoto

バリ島特有の景観、ライステラスに囲まれた神秘の遺跡です。
14世紀後半に岩肌に生き生きと5つの場面が彫られており、ユーモラスな彫刻が人々を魅了しています。
このレリーフは25mに渡って彫られており、バリに伝わる古代神話の世界に触れることができます。

#5 バリ最大の石窟遺跡!グヌン・カウィ

バリ最大の石窟遺跡!グヌン・カウィ

image by PIXTA / 16034039

11世紀にワルマデワ王朝の陵墓として建設された、岩山に彫られた石窟遺跡です。
この遺跡は、王族の死後、世界からの復活を願って造られたものだとか。
岩肌には4つの神殿があり、巨人が爪で彫って造ったとの伝説も残っています。
7mにも及ぶ大きな岩肌の墓は、バリ最大の規模でパクリサン川両岸に広がるダイナミックな墓碑は見る価値があります。
インドにあるアジャンター遺跡やエローラ石窟と同じ様式が見られるようです。

#6 バリ最古のスバック景観!パクリサン川流域

バリ最古のスバック景観!パクリサン川流域

image by PIXTA / 15993808

バリ島は昔から、水田農耕が盛な地です。
パクリサン川流域にはスバック(伝統的な水利組合)が育んできた景観があり、世界文化遺産に登録されています。
水源から流れてきた水を一旦貯水し、水門の設置により各自の田へ公平に配分する独特のシステムを形成しています。
先ほどご紹介したグヌン・カウィもここにあり、棚田の美しい景観が広がっています。

#7 聖なる泉で心身を浄化!ティルタエンプル寺院

聖なる泉で心身を浄化!ティルタエンプル寺院

image by iStockphoto

寺院の外側には沐浴場があり、体を清めながら祈る人の姿が、日本のメディアでもよく登場している寺院です。
このお寺に湧く聖なる泉は、962年に発見したと碑文に残されています。
魔王と戦ったインドラ神が、不老不死の水アムルタを湧きださせた場所と伝わっています。
ここの聖水には病を治す不思議な力が宿っているといわれているので、ぜひ、訪れて沐浴し祈りを捧げてみてはいかがでしょう。

#8 ウブドのランドマーク!ウブド王宮

ウブドのランドマーク!ウブド王宮

image by iStockphoto

ウブドの中心にある、バリ島の伝統舞踏を観賞するのにおすすめの宮殿です。
王政時代には政治経済の中枢だった場所で、現在も王族の子孫が暮らしています。
16世紀から存在し、1978年に改装された王宮を見学できます。
一部が一般に公開されており、赤レンガの門や見事なレリーフも必見です。
王族たちの栄華を体感してみてはいかがでしょう。

#9 バリ島随一の夕景スポット!タナ・ロット寺院

バリ島随一の夕景スポット!タナ・ロット寺院

image by iStockphoto

16世紀にジャワ島から渡ってきたニラルタ僧がこの地の美しさに心を奪われ、「これぞ神が降臨するにふさわしい場所」と村人に寺院の建立をすすめたとして知られる場所です。
「バリのモンサンミッシェル?」ともいわれており、満潮時には孤島となる寺院は、神々しい姿を見せてくれます。
実は、バリ島の六大寺院のひとつで、海の守護神を祀っています。
寺院の岩礁下にある洞窟には、聖なる泉が湧いており聖水を振りかけてくれます。

#10 絶景の地に立つ由緒ある古刹!ウルワツ寺院

絶景の地に立つ由緒ある古刹!ウルワツ寺院

image by iStockphoto

バリ島屈指の観光スポットとしても有名な、バリ島六大寺院のひとつです。
夕陽が美しいことでも知られており、18時のサンセット時には寺院の広場で行われるケチャ・ダンスが行われています。
言い伝えではこの寺院が建立されたのは、10世紀にジャワ島の高層ウンプ・クトゥランによるものだとか。
16世紀には、高層ニラルタがこの寺院に最高神を祀るメルを増築しました。
現在もバリ島で最も由緒ある寺院とされています。
インド洋の荒波が打ち寄せる70mの断崖絶壁に建てられたウルワツ寺院の境内から、美しいバリ島の夕陽を眺めてみてはいかがでしょう。

#11 紙幣に描かれているウルン・ダヌ・ブラタン寺院

紙幣に描かれているウルン・ダヌ・ブラタン寺院

image by PIXTA / 22258572

湖畔に佇む幻想的な姿が、50000ルピア紙幣に描かれている美しい寺院です。
1634年にこの地の領主であるメングイ王によって建立されており、ブラタン湖畔の上には11層のメル(多重塔)が建てられています。
このメルには湖の女神デヴィ・ダヌなど10の神霊が祀られています。
パワースポットとしても有名で、メルには母なるエナジーが宿り、入口にある大きなガジュマルの木には精霊が宿っているといわれています。

#12 バリ島で最も美しい!タマン・アユン寺院

バリ島で最も美しい!タマン・アユン寺院

image by PIXTA / 5342671

バリ島で2番目の大きさとNo.1の美しさを誇る寺院です。
1634年にメングウィ王国の国寺として建てられました。
1937年に改修され境内を取り巻くように堀が巡らされました。
優美な庭園を持つ寺院で、境内に広がる芝生の地は市民の憩いの場とされています。
アグン山を模したメルが10基建てられており、11層の4基のメルと珍しく偶数の2層のメルも1基あります。
境内には入れませんが、整然と並ぶメルの姿は神秘的です。

#13 神聖なるアグン山の麓に佇むバリ・ヒンドゥー教の総本山!ブサキ寺院

神聖なるアグン山の麓に佇むバリ・ヒンドゥー教の総本山!ブサキ寺院

image by iStockphoto

大小30もの寺が建つ、バリ・ヒンドゥー教の総本山です。
張りつめた空気が漂い、バリ島で最も重要かつ神聖な寺院で、バリの人々は「母なる寺院」と呼んでいます。
中央には三大神が鎮座するパドマサナがあります。
10世紀ごろは仏教僧の瞑想の場として使われましたが、16世紀のゲルゲル王朝時代には王家の埋葬が行われました。
その後、ヒンドゥー教の3大神が祀られる3寺院を中心に、周囲の寺院を包括するようになっています。
世界遺産の候補となるも、寺院側が猛反対し実現せず「幻の世界遺産」と呼ばれています。

#14 英雄たちの勇姿を今に伝える!マルガ

マルガは、インドネシア独立戦争時の1946年11月20日に、オランダ軍との大規模戦闘が起こった悲しい歴史を持つ地です。
バリ島の英雄グスティ・ングラライ将軍が94人の兵士を率いて戦いに望みますが戦局は苦しいものでした。
彼らは全員が死ぬまで戦い続けたといわれています。
この名誉ある死者の中には日本人もいたとか。
ここにある、マルガ英雄墓地公園には、彼らを弔う巨大なチャンディ(石造りの霊廟)があり、その周りを独立戦争で亡くなった方、1372基の墓が造られています。
ングラライ将軍は英雄となっており、彼の名前がバリ国際空港に冠せられ、50000ルピア札にも印刷されています。

#15 バリ島の伝統村が美しく保存!パンリプラン

バリ島の伝統村が美しく保存!パンリプラン

image by PIXTA / 8776234

バリ島で一番美しい村と呼ばれ、観光村として公開されている村です。
キンタマーニ、パユン・グデ村から移り住んだ人々が、昔の伝統を守って暮らし続けています。
世界三大美しい村のひとつとなっているパンリプラン村には、一生に一度は訪れてみたいものですね。
バリ伝統的方位観を用いて村が形成されており、典型的な集落の趣を留めています。
すっと一本通った道の両側に並んだ民家は、伝統建築を忠実に再現しており、整然と並ぶ姿は圧巻です。
運が良ければ村独特の儀式を体験できるかも。

海や山の大自然が広がる癒やしの島、バリ島に訪れてみませんか?

スピリチュアルなバリ島には、湖や渓谷、棚田など景勝地が数多く点在しています。
歴史好きにはたまらない世界遺産の遺跡や寺院が多く残っており、エキゾチックな伝統文化に触れることができる地です。
バリ舞踏や美しいビーチ、夕景に癒やされる、バリ島に訪れてみませんか?
photo by PIXTA and iStock