九十九島動植物園の空飛ぶペンギンを見に行こう。動物の面白い生態を再発見

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

動物がいっぱい待っとるちゃけんねぇ、可愛かとー

九十九島動植物園は歴史ある動植物園。小規模ながら人気がある理由や、気になるイベント、さらに周辺のグルメなど観光するには気になることを探ってみました。動植物園なんてどこも同じでは、と思ってしまいがちですが、この動植物園には、何度も行ってみたくなる魅力が満載です。

九十九島動植物はこんな面白い動物園

九十九島動植物園は小規模な動植物園ではあるものの、魅力がたっぷりあり、満足度の高いスポットです。園内には美しい花が咲き誇り、動物園では、可愛らしいレッサーパンダや迫力のあるライオンなどさまざま動物を見ることができます。

動物との距離が近い

九十九島動植物園は、長崎県佐世保市にあります。九十九島を見下ろす高台にあり、キリンやレッサーパンダなどの人気の動物が飼育されており、動物との距離が近いことで人気です。動物と植物のどちらも楽しめることから、家族連れが多いです。

花が咲き誇る自然の中でリフレッシュ

View this post on Instagram

✱ ランチの後は佐世保にある動植物園「九十九島動植物園」へ?? 平日やったけど幼稚園児がいっぱいでとっても賑やかでした( ˙꒳​˙ 三/ ˙꒳​˙)/✨ 動植物園だから、お花も動物も一緒に楽しめます? 動物達はめっちゃ可愛いし、花もめっちゃ綺麗で満開の花にとっても癒されました(*´꒳`*)? 動物は特にテナガザルが凄い可愛かった(笑) #長崎 #佐世保 #動植物園 #九十九島動植物園 #西海国立公園 #たまにはちょっとした遠出もいいな #花めっちゃ綺麗やった? #動物達も可愛すぎた? #特にテナガザル最高 #最後ちょっと見てて切なかった笑

A post shared by 朱音 (@akanetomu) on

園では亜熱帯の植物や、四季折々の花など多くの植物が育てられています。その中でも有名なのがバラ園。花が好きという人は定期的に訪れることが多く、古くからあるので、佐世保市民には親しまれており、遠足の定番スポットと言えばここです。

小さな子におすすめの動植物園

小規模の動植物園ということもあり、赤ちゃんや小さい子の動物園デビューにはおすすめ。園内は歩きやすくなっているので、ベビーカーでの移動が便利です。動植物園の貸出ベビーカーは無料ですが、15台ほどしかなく予約は不可。園内にはベンチがあり、芝生エリアも広いので、お弁当を持って行くのもおすすめ。

動植物園で出会える動物たちをご紹介

動植物園では、まずはじめにキリンの姿が。のんびりと草をはむキリンの姿を細部に至るまで見れるのが九十九島動植物園の特徴。近くで見るとその大きさに圧倒されるでしょう。

アミメキリンは動植物園に入ってすぐに出会える

九十九島動植物園では2頭のキリンを見ることができます。土日などの休日は、飼育員の説明を聞けることから、キリンの生体について知るチャンス。動物との距離が近いことで有名な動植物園ですが、キリンとの距離も近く、その大きさに驚きます。加えて、動植物園のテーマが自然と癒しということもあり、動物たちは野生に近い環境で飼育されています。

迫力ある猛獣たちにも会える

ライオン アサヒは、人間に例えると90歳から100歳のご長寿ライオン。ライオン以外にも、クマやチーターなどの猛獣を見ることもできるんです。しかし、ライオンとチーターは交代で展示されるため、一度に両方見ることはできません。時間をずらして見に行くことをおすすめします。

レッサーパンダは園で一番人気の動物

九十九島動植物園の一番人気はレッサーパンダです。子供から大人までその愛くるしさには目を奪われます。

レッサーパンダは動植物園でいちばん人気。好奇心旺盛で元気に動き回り、見た目のかわいさが目を引きます。タイミングがよければエサやりの様子を見ることができ、食べている姿もとにかく可愛いので、ずっと見ていても飽きません。九十九島動植物園で飼育されている4頭のレッサーパンダは家族。名前は、レン(父)、ミカン(母)、レモン(子)、ライム(子)です。4頭のうち日替わりで、2頭ずつを見ることができます。

空飛ぶペンギンに会いに行こう

ペンギンが空を飛ぶように泳ぐ姿が見れるのは、日本最大の天井水槽があるからこそです。珍しい空飛ぶペンギンの姿を見ようと多くの人が訪れています。

ペンギン達が気持ちよさそうに泳ぐ

ペンギン館が新しくなり、日本最大の天井水槽を持つ3階建ての建物ができあがりました。この水槽には屋根が無く、晴れた日は、青空の中を飛んでいるように見え、ペンギンの生き生きとした姿を見ることができます。

3階建ての水槽は、1階から3階までいろんな角度から水槽の中を見ることができる仕組みで、子供の目線でも見られる場所もあります。珍しさも相まって、園内でも人気の高い場所であり、連休などは混雑することも。

九十九島動植物園は動物との距離が近いことで有名ですが、ペンギンに関しても同じです。泳ぐ姿が間近に見ることができる水槽は、ペンギンの泳ぐ速さをリアルに体験できます。

ペンギン館の中は涼しく、夏場はここで涼みながらペンギンを眺めることもでき、休憩にもおすすめ。ときには、ペンギンが外でお散歩するイベントも開催されているので、散歩中は間近で見たり、触れたりすることができます。

ヤギにエサやりしてみよう

おとなしい小動物は小さな子供にもおすすめ。ヤギのエサやりを通して、動物と触れ合いましょう。

動植物園で人気の小動物のエサやりは、オープンすぐから開催されています。ヤギのほかにも、マントヒヒ、ヒツジ、アライグマのエサやりも体験できますが、当日分のエサがなくなったら終了です。遅い時間に行くと、エサやりができないことも。小さな子供におすすめなのが、モルモットを抱っこできる体験です。

動植物園では四季を通して花が楽しめる

動植物園というだけあって、動物だけではなく植物も楽しめます。イベントも開催されるので見逃せません。

春と秋には、毎年大人気のイベントであるローズフェスティバルが行われます。見事に咲き誇る満開のバラは圧巻そのもの。このイベントの時期だけ訪れるという人も数多くいます。常設展示のハイビスカスなどの亜熱帯植物があるエリアも楽しめる施設のひとつです。ホームページの見頃カレンダーでは、四季折々の花を確認できるので、見たい花の見頃を見逃さずに済みます。

moricafeは動植物園内にあるレストラン

家族連れにおすすめなmoricafeはかわいいメニューが揃う、リーズナブルなレストランです。

View this post on Instagram

#11月5日 に#動物園#森きらら にいってきました!(#スワイプ してください) #狼マスキングテープ を発見し思わず大人買い(「゚Д゚)「ガウガウ♡ #年間パス を購入すると、#レストラン#カフェ#お土産 が10%オフになります♪お得♪ . 土日はしゃぎ過ぎたせいか、今日息子は吐いて早退しました( ´△`;) 子どもが具合悪いと代わってあげたいと思う . バンドステッカーにたくさんのご応募いただきありがとうございました! 近いうちに抽選を行いますので、もうすこしお待ちくださいm(_ _)m . #琉生9歳#小学4年生 #このみ7歳#小学2年生 #長崎県佐世保市#九十九島動植物園 #ヤギ#ペンギン#チーター#キリン #限定プリクラ

A post shared by かなえ (@mihara.kanae) on

リーズナブルなメニューが多く、うどんや丼ものなどが中心です。アレルギー表示もしてあるので、パパママも安心。サイドメニューはテイクアウトができ、小腹が空いたときにも利用できそうです。moricafeカフェの場所は、入り口から見て、奥のライオンなどがいる猛獣エリアの近くにあります。

九十九島動植物園のおすすめ周辺グルメ

周辺グルメにも気になるお店が多く、立ち寄りたくなること間違いなし。食事メニューからパン屋さんまで盛りだくさんです。

レストラン蜂の家

九十九島動植物園周辺のおすすめグルメは、長崎の老舗カレー屋。レトロな雰囲気が残るお店はアーケードの一角で営業しています。入り口近くにはスイーツが並ぶショーケースがあり、色々なケーキがテイクアウトできます。こちらのジャンボシュークリームは長崎の名物スイーツとして人気です。夫婦やカップル、観光客の他にも、老舗とあって、三世代で訪れるファミリー層も多くいます。

住所|〒857-0054 佐世保市栄町5-9 サンクル2番館1階
営業時間|AM11:30-PM22:00
定休日|年中無休
電話|0956-24-4522
公式サイトはこちら

森のパン屋さんくるりん

九十九島を見下ろせる山の中のパン屋では、無添加酵母を使ったパンを作っています。手ごねにこだわり、もちもちの食感が人気。パンそのものが可愛いデザインが多く、それに加えて調理パンや揚げパン、全粒粉の食パンなど幅広い種類のパンが。佐世保のパンマルシェなどにも出店しており、評判の良いお店。こちらの店舗以外にももう1店舗あります。

住所|〒857-1231 長崎県佐世保市船越町70-31
営業時間|AM9:00-PM18:00(日曜日は17:30まで)
定休日|毎週水曜日
電話|0956-88-8342
公式サイトはこちら

九十九島動植物園へのアクセス

一度は訪れてみたい九十九島動物園へのアクセス方法は、車か公共交通機関を利用すると良さそうです。

車でのアクセス

車でのアクセス法は、西九州自動車道 佐世保中央ICを出て信号を右折し、車で20分ほどかかります。ナビがない場合は、道沿いの看板を手掛かりに向かいましょう。駐車場は2ヶ所あり、入口前駐車場177台、奥の多目的広場駐車場は200台収納可能であり、料金は無料。駐車場が広く、休日や連休のときも停めることが可能。

公共交通機関でのアクセス

佐世保駅バスターミナル7番乗り場より、動植物園経由の下船越、または展海峰行きのバスに乗り、動植物園前で下車。所要時間約25分ほどです。

住所|〒857-1231 長崎県佐世保市船越町2172
営業時間|AM9:00-PM17:15
定休日|年中無休
電話|0956-28-0011
公式サイトはこちら

まとめ

九十九島動植物園は、小規模の動植物園ながら多くの人に愛されています。その理由は、大きな動物がいるということだけではなく、小さな動物とのふれあいも大切にし、動物との距離が近いから。植物園では参加型のイベントが多く開催されていまるので何度行っても飽きません。