鬼ヶ城は自然が生んだ天然の芸術。無数の洞窟や珍しい形の巨大な岩が迫力満点

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

あじょもあんきに鬼ヶ城に行こに

日常の忙しさから少し離れて、大きな自然を感じたいときには、三重県にある鬼ヶ城がおすすめです。自然の力によって生み出された個性的な岩の数々や、雄大な海の美しさを存分に感じることができるこの場所では、ゆっくりと流れる時間を感じることができます。自然のロマンがたっぷり詰まった鬼ヶ城の魅力や、必見スポットの情報を解説します。

天然の芸術、鬼ヶ城の迫力を全力で堪能しよう

三重県熊野市にある鬼ヶ城は、無数の洞窟や珍しい形の巨大な岩が迫力満点の景勝地です。それらは大地震による隆起や波の浸食によって形成され、まさに自然が生んだ芸術と言えます。和歌山県から三重県にかけて流れる海域、熊野灘に面し、約1キロにもおよぶ岩場が続く壮大な景観です。

個性的で迫力のある岩場の景観のみならず、波の音や海からの心地よい風、そして海面を美しく照らす日の光も感じることができます。ゆっくりと流れる時間の中で、自然の息吹をこころゆくまで堪能できるおすすめのスポットです。

鬼ヶ城は世界遺産

https://www.instagram.com/p/Bo5eIhtAsLY/

鬼ヶ城は1927年に日本百景に選出された後、1935年に国の天然記念物に指定されました。さらには2004年7月7日に、紀伊山地の霊場と参詣道として、ユネスコの世界文化遺産としても登録されました。この紀伊山地の霊場と参詣道は、和歌山県、奈良県、そして三重県にまたがる3つの霊場として知られています。

鬼ヶ城に伝わる鬼伝説

鬼ヶ城という名の通り、ここにはかつて鬼が住んでいたという伝説があります。その鬼とは、当時海を荒らしまわっていた海賊であったとされ、近隣住民から非常に恐れられていました。平安時代になって、日本初の征夷大将軍である坂上田村麻呂が、天皇からの命を受け、菩薩の力を借りてこの鬼を退治したのです。

伝説にちなんだご当地キャラ

名前の由来ともなった恐ろしい鬼の伝説がありますが、現在ではその鬼の伝説にちなんだご当地キャラクターである鬼丸くんと鬼姫ちゃんが人気になっています。

2人は、2014年に鬼ヶ城で開催された第12回全国鬼サミットという、全国にある鬼伝説を持つ市町村による町おこしを兼ねたイベントで誕生しました。同年、名前の公募があり、1,401通にもおよぶ応募の中から、このかわいらしい名前がつけられ、地域の人や観光客から愛されるようになりました。

迫力いっぱいの千畳敷

奇妙な形の岩が多い鬼ヶ城ですが、この千畳敷も見どころの一つ。海側に鋭く突き出した形の岩がとても印象的です。この岩のすぐ下の部分には、丸い穴のトンネルもあり、冒険気分でくぐりぬけることができます。遠くから全体を見ても迫力満点ですが、おすすめは岩の下から見上げる構図。まるで巨大な魚に飲み込まれているかのような迫力を感じることができます。

下から見た千畳敷の様子

見るポイントによって、大きく異なる雰囲気を楽しめるのが千畳敷の魅力の一つ。千畳敷の下に降りると、岩が波のように差し迫ってくるような迫力があります。このポイントでは、実際に千畳敷の岩を触ってみましょう。ザラザラ感と滑らかさの混在した不思議な手触りです。

鬼ヶ城に昇る朝日の鮮やかな魅力

View this post on Instagram

夏休み満喫① ・ 熊野の花火大会🎆 ・ 初めてのガチの花火大会に行ってきました〜◎ ・ 夜中に出発して早朝から駐車場開くの待って、花火の場所取りして観るくらい大人気の花火大会🙋‍♀️ ・ 涼しかったし、的屋もいっぱいでローカル感たっぷりな花火大会でした! ・ 1枚目は、獅子岩から見えた朝日🌤 ・ 花火大会の次の日に、朝から ↓ 鬼ヶ城散歩 ↓ 太地町のクジラ博物館で大好きなイルカと戯れる🐬 ↓ 串本でウミガメを眺める🐢 ↓ 奈良🚘 ・ 帰る道中に雰囲気あるパン屋さんにも寄れて最高の夏休みとなりましたとさ◎ ・ こんなに遊んだ夏休み、いつぶりだろう… ・ ・ #夏らしいことできた #全力で夏を楽しむ #イルカ大好き #クジラ博物館 #獅子岩 #日の出 #鬼が城#吉野熊野国立公園 #熊野花火大会2018 #太地町 #串本海中公園水族館 #ウミガメの赤ちゃん

A post shared by ぴぴ (@happy.seeeds) on

この場所から見る朝日はぜひともチェックしたい美しさです。特に千畳敷の下からは、山と山の間からゆっくりと昇る朝日を眺めることができます。また、朝日が昇る前の千畳敷は、暗闇の中で静かに眠る獅子のような、厳かな空気感です。夜明け前は冷え込むため、朝日を見に行く場合はしっかりと防寒していきましょう。

熊野灘は目と耳で楽しもう

鬼ヶ城では、海の美しさも同時に楽しむことができます。岩を削るほどに強く打ち付ける波は、近くで見ると大迫力です。目を閉じてみると、岩に打ち付ける力強い波の音も感じることができます。ぜひとも見たい景色ですが、海が荒れているときは波にさらわれないよう十分に注意しましょう。

自然が生んだ獅子の岩

View this post on Instagram

和歌山県は熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)を巡って参りました😃🚗 何年も前から観たかったのが獅子岩🌊 感動〜〜😍💖 これだぁ〜〜😮❣️ 迫力ある〜🎵 熊野那智大社では、偶然にも例大祭(扇祭り・那智の火祭り、とも呼ばれる)に遭遇した😮💕 これは観るしかない❣️ 世界遺産である熊野那智大社、例大祭は国の重要無形民俗文化財です❗️ 午前中には「那智の田楽」(重要無形民俗文化財、ユネスコ無形文化遺産)が境内の舞台で奉納され、訪れた多くの参拝者を魅了していましたよ😃💖 BBCが取材に来ていました❗️ 熊野那智大社によると、大社で祭っている熊野の神々はもともと現在の那智の滝付近で祭られており、那智の扇祭りは神々が年に1度、滝に里帰りし、神威を新たにするという神事だそうです🎌⛩ 那智の田楽は五穀豊穣(ほうじょう)を願って奉納される神事芸能で、室町時代に京都から田楽法師を招いて習得したものだそうです😌🙏🎌 兎にも角にも、あぢぃ日でした💦💦 #熊野 #熊野大社 #熊野古道 #熊野神社 #熊野本宮大社 #熊野那智大社 #熊野速玉大社 #鬼が城 #獅子岩 #三重県熊野市 #和歌山県 #那智田楽 #那智の滝 #那智の火祭り #扇祭り #那智の扇祭り #新宮三社詣 #世界遺産 #八咫烏 #那智黒 #那智黒飴 #和歌山県新宮市

A post shared by Yuki Adachi (@makani8yuki) on

周囲210メートルにも及ぶ巨大な獅子岩は、文字通りまるで獅子の頭のように見えることから名づけられました。地震による海岸の隆起と、何度も打ち付ける波による浸食で、時間をかけて誕生したとされます。朝日が昇るタイミングでは、太陽との位置関係次第で、獅子が太陽を食べているような不思議な景色が見られる可能性もあります。

鬼ヶ城で楽しめる季節の風景

春には満開の桜も楽しめる

春になると桜が美しく咲き誇るスポットとしても知られる鬼ヶ城。山頂まで続くハイキングコースには、なんと2,000本にもおよぶ4種類の桜の木が並び、お花見をしながらハイキングを楽しむことができます。桜のシーズンには夜間のライトアップも行われるため、幻想的な夜桜もおすすめです。山間部のため開花は比較的遅く、例年4月下旬から5月上旬にかけて見頃を迎えます。

夏には熊野の花火大会を

8月には熊野市の海岸沿いで熊野大花火大会も開催され、この鬼ヶ城から見物することができます。一般的な花火大会のような迫力ある打ち上げ花火に加え、猛スピードで疾走する船から海に花火を投げ込むなど、珍しい見世物も見られるのでおすすめです。

鬼ヶ城センターで海鮮料理が食べられる

観光中には隣接する鬼ヶ城センターに立ち寄りましょう。ここには食事のできるレストランやカフェ、お土産の購入できる売店が揃っています。

食事の場合はセンター2階にあるレストランがおすすめ。どの席に座っても海を見渡すことができるようになっており、美味しい料理と美しい景色を同時に楽しむことができます。特におすすめなのは、地元で捕れた新鮮な海の幸を贅沢に使った海鮮メニュー。地元ならではのグルメを、特別な海の景色と一緒に堪能しましょう。

名物のソフトクリームも

食後のデザートや、ちょっとした休憩には、ご当地名物の新姫をつかった新姫ソフトクリームがおすすめ。1997年に新種として登録された新しい柑橘系フルーツの1種である新姫は、非常に強い香りが特徴です。そんな新姫を使ったソフトクリームは、贅沢に混ぜ込まれた果肉の粒から、ほのかな酸味が感じられる新感覚のテイストです。

鬼ヶ城へのアクセス

車でのアクセス

熊野大泊I.Cより、国道42号線を新宮方面へ約1分。公共交通機関を利用することもできますが、最寄駅から距離があるので、車でのアクセスがおすすめです。

電車・バスでのアクセス

名古屋駅からは特急 ワイドビュー南紀号で、新大阪駅からは特急 特急くろしお号で新宮駅に行き、新宮駅で普通列車に乗り換えしましょう。熊野市駅下車、三重交通バスに乗り換え鬼ヶ城東口下車、徒歩約5分。土日祝に限り、熊野市を周遊する便利でお得なバスが運行しているので、そちらの利用もおすすめです。

住所|〒519-4323 三重県熊野市木本町1835-7
営業時間|AM9:00 - PM5:00
定休日|なし
電話|0597-89-1502
公式サイトはこちら

まとめ

国の天然記念物や世界遺産としても登録されている鬼ヶ城は、迫力ある景観が楽しめる場所です。地震や波によって長い年月をかけて形成された巨大な岩場からは、自然のロマンを感じられます。春には桜、夏には花火といった季節による魅力もたっぷり詰まっており、何度行っても違った表情が楽しめるでしょう。都会の煩わしさから離れ、鬼ヶ城で大迫力の自然を感じてみてはいかがでしょうか。