出西窯は民藝の窯元。シンプルモダンな「用の美」を追求した器を買いに行こう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: aoihana

東京出身。住んだことのある北海道や栃木の記事を中心に、ライティングしています。写真が好きで、絶景を求めて日本各地を旅しています。

素敵な器にきっと会えーよ

日常生活で使用している食器に満足していますか。 出西窯は、日々の暮らしの中で使う器にこそ美を見い出そうとする作り手の集まりです。出西窯を訪れてさまざまな器と触れあえばキッチンや食卓で使う器を見直すチャンスが生まれます。

民藝の窯元「出西窯(しゅっさいがま)」

出西窯は、鳥取県出雲市田園風景の中にある窯元です。出西とは出雲の西という意味。出西窯は、昭和22年5人の若者によって開かれ民藝運動を進めた柳宗悦(やなぎ むねよし/そうえつ)バーナード・リーチらの指導を受けました。日々の暮らしの中で使う実用的な、用の美を追求している窯元。柳宗悦、富本憲吉、濱田庄司、河井寛次郎の4名は1926年日本民藝美術館設立趣意書を発表。日本各地の日常的に使われる工芸品、日用品に真の美を発見広く紹介していくいわゆる民藝運動を展開しました。民藝運動の志を受け継いだ出西窯では、土、釉薬、窯焚きの薪木(たきぎ/まき)などすべて地元由来のものにこだわっています。出西窯の器は、すべてが手仕事のためひとつひとつ微妙な焼き上がりの違いがあり窯を訪れる人は器の形や色彩や手触りなどを楽しみながら好みのものを選ぶことができます。出西窯のモダンでシンプルなデザインに惹かれて全国にファンが拡大。最近は、東京のセレクトショップでも出西窯の器が販売されています。

用の美を追求した出西窯の人気商品

出西窯の器の魅力はその美しさだけではありません。器としての使いやすさも追及されており、電子レンジの使用が可能なものや持ちやすい形のカップなどは自宅やお土産として人気です。

深い瑠璃色が美しい「出西ブルー」の器

出西窯の器は、道具としての使いやすさを大切に作られており電子レンジや食洗機でも使うことができます。特に、釉薬の深いブルーが美しい出西ブルーと呼ばれる器に人気があります。シンプルなデザインと、深みのあるブルーにより料理が引き立つ器に仕上がっています。

柳宗理ディレクションの器

柳宗悦の長男であり、プロダクトデザイナーとして知られる柳宗理(やなぎ そうり)がディレクションを行ったシリーズは、海外でも高い評価を受けています。白と黒の釉薬を使ったシンプルかつモダンなデザイン。和食器でありながら洋食器のような印象も受けます。

目玉焼きを作れる「エッグベーカー」

昭和28年、バーナード・リーチに指導を受けて以来作り続けられているデザイン。卵を入れ直接火にかけることができます。蓋をして蒸らす時間も計算に入れながら好みの焼き加減に目玉焼きを仕上げることが可能です。

持ちやすさに定評がある「モーニングカップ」

このカップは、リーチハンドルと呼ばれるデザインを採用。親指が固定できること持ち手を幅広くしてあることなど、使いやすくするための工夫がされています。エッグベーカーと同様バーナード・リーチに指導を受け作り続けられている作品です。

展示販売所「くらしの陶・無自性館」

素朴であたたかみのある展示販売所。その中には窯元でしか手に入ることができない器もあります。販売所の雰囲気も居心地がいいため、ゆっくりと器を見ることができます。

趣ある日本家屋が魅力の展示販売所

くらしの陶・無自性館は、出西窯と同じ敷地にある展示販売所です。建物は明治初期の日本家屋を移設したもの。吹き抜けのある2階建ての空間は、とても開放的です。無自性とは、衆縁に従るが故に必ず自性無しという意味。つまり、世の中は何もかもおかげさまによるものであり、自分の手柄などどこにもないということです。器を作り続けていられるのも、いろいろな人々の支えのおかげさまであるという想いから名付けられました。

窯元でしか入手できない器も販売

無自性館では、皿、鉢、マグカップ、酒器、花瓶など1,000個以上の器が展示販売されています。窯元でしか入手できない珍しい器もそろい、地元はもちろん全国各地から買いに来るファンも増えています。木造の明るい空間にディスプレイされた多様な器は、見ているだけでも楽しくなります。1階では、出西窯の器を使ってコーヒーや番茶を提供する無料のサービスも行っています。

自由に見学できる出西窯の工房

美しい器を作っている工房を自由に見学することができます。工房の様子を肌身で感じることができ、器に込められた情熱もみることができるでしょう。

まじかに見学できるオープンな工房

出西窯の工房は、予約なしで誰でも自由に見学することができます。職人さんのすぐ近くで作業工程をじっくり見ることが可能。フラッシュや三脚を使わなければ写真撮影もOKです。出西窯では器の種類ごとに専門の職人さんがおり、成形から焼いて完成するまで1人で担当しています。このため、工房では職人さんごとに違う作業をしている光景が見られます。

「登り窯」の窯焚きが見られることも

工房の奥は、大きな登り窯が設置され年に3、4回、窯焚きが行われています。窯焚きは、夜も薪をくべ続ける大変な作業。2日間でおよそ5,000個もの器が焼き上がります。運よくタイミングが合えば窯焚きの現場を見ることができます。

2018年オープンのベーカリーカフェ「ルコションドール出西」

出西窯には、器の展示や購入ができるほかにもベーカリーカフェがあります。こちらのカフェでは出西窯で作られた器を使っているため、実際に器の使用感をしれます。

幸せを運ぶ金の豚

ルコションドール出西は、2018年出西窯の敷地内にオープンしたベーカリーカフェ。出西窯とともに出西くらしのvillageとして、暮らしにまつわるさまざまなアイディアを発信しています。ルコションドールはフランス語で金の豚の意味。四つ葉をくわえた金の豚は、幸運のシンボルとしてパンを食べた人が幸せになってほしいという願いが込められています。

美味しいパンと出西窯の器との出会い

カフェで使っている器はもちろん出西窯のもの。日常生活で、どのように器を使ったらいいか盛り付けなどを見て参考にすることができます。メニューには、出西地方の名産しょうがを使ったジンジャエールや、出西紅茶などもあります。カレーや出西ジャージャー麺などパン以外のメニューも大人気。

人気のパンコーナー

パンの種類は、バゲットなどのハード系が中心。小さな子供でも安心して食べられるように原材料にもこだわっていますお昼時には行列ができるほど人気のコーナーです。

人気商品をお得に購入できる「アウトレット掘り出し市」

人気の器を割引料金でゲット

毎年開かれていた人気イベント「登り窯・炎の祭り」は、2017年に終了しました。2018年からは、アウトレット掘り出し市が開催されており少しキズがある器や歪みのある器や試作品などが特別割引料金で販売されています。お好みの器を割安に手に入れるチャンスです。

定期的に開催されるイベント

出西窯では、パンのある食卓展、冬の食卓展などのテーマを設定したイベントが、定期的に開催されています。これらのイベントに合わせて出西窯を訪ね、器の使い方、アレンジの方法を探ってみるのもおすすめ。

出西窯へのアクセス

車での行き方

  • JR出雲市駅から、タクシーで約10分
  • 山陰自動車道、斐川インターチェンジから約16分
  • 40台駐車可能の駐車場があります。

住所|〒 699-0612 島根県出雲市斐川町出西3368
営業時間|AM9:30-PM6:00
定休日|毎週火曜日
電話|0853-72-0239
公式サイトはこちら

まとめ

いつ行っても違う器に出会えるのが、出西窯の魅力のひとつ。道具として使いやすくしかも美しいそんな器に出会うことができたら、幸せな気分になります。

 

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ